読んだ本の感想をつづったブログです。


刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈2〉―機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈2〉―機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
神野 淳一 矢立 肇 富野 由悠季
アスキーメディアワークス 2012-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈3〉―機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈4〉―機動戦士Zガンダム外伝ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈1〉―機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者〈4〉―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者〈3〉―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 1―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者〈2〉―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 下巻 アドバンス・オブ・Z
ガンダム・センチネル―ALICEの懴悔
機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還 (13) (角川コミックス・エース)


『機動戦士Zガンダム』のサイドストーリーを描いた小説の第2巻。
第1巻が面白かったので、続けて読んだ。

このシリーズはZガンダム本編と並行して話が進んでいて、エゥーゴとアクシズの交渉を護衛するために向かうラーディッシュやエマ・シーンが搭乗するスーパーガンダムも出てきて、ガンダム「ケストレル」を操縦する主人公のヴァンと共闘するシーンが描かれているのはテンションが上がる。

そしてティターンズ所属のアーネストとロスヴァイセが乗るガブスレイとの戦いもあり、その中でヴァンはアーネストからダニカがコンペイトウ(旧ソロモン)にいることを知らされる。
ロスヴァイセはガンダム世界における強化人間のお約束として、戦闘能力を上げるための再調整を繰り返されたために精神に異常をきたしていくところも描かれていて、分かっていても読んでいてつらい。

その後エゥーゴがコンペイトウ攻略作戦を発令すると、ヴァンも巡洋艦デルフォンの一員として参加してダニカを救い出す目的もあって戦っていくが、これまでに何度もヴァンを追い詰めてきたバーダーが操る新型モビルアーマー「ラクシャサ」(ガンダムSEEDのレイダーガンダム・MA形態に色や形が少し似ている)が登場し、ヴァンの「ケストレル」と壮絶な戦いを繰り広げる。

Zガンダム本編のキリマンジャロ基地攻略作戦やダカール演説といったイベントが語られたり、『ティターンズの旗のもとに』の「兎印のガンダム」の話が出てきたりと、他の作品とのリンクがいくつも張られているのはガンダムファンとして嬉しい。
量産型モビルスーツもハイザックやマラサイだけでなく、ガンダムMk-Ⅱを量産化したとされるバーザムが大量に戦線に投入されているのがストーリー進行を感じさせてくれる。

終章にはスピンオフ小説である本作のさらにスピンオフとなる、「アイリス・リターン」という章が収録されている。
ここではヴァンが前作で乗っていて破壊されたジム改のカスタム機「ワグテイル」が修理されていて、ヨーンという青年が「ワグテイル」でキリマンジャロ基地攻略作戦において戦う話が描かれている。
こちらにもティターンズのあの機体が登場するのが印象に残る。

ガンダム世界のストーリーの広がりや、妙なリアルさがあって第1巻と同様に楽しむことができた。
本作で終わりにしてもいいくらいの内容になっているがあと2冊続きがあるので、少し時間を置いてから読んでみようかと考えている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : ガンダム,

サラリーマン山崎シゲル (ポニーキャニオン)
サラリーマン山崎シゲル (ポニーキャニオン)
田中光
ポニーキャニオン 2014-06-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
サラリーマン山崎シゲル ~THE SWORD OF GALAXY~ (ポニーキャニオン)
サラリーマン山崎シゲル 第3巻 (ポニーキャニオン)
ドクター中島の世界征服 (ポニーキャニオン)
サラリーマン 妻夫木マモルの愛妻生活
レタス2個分のステキ 1 (少年サンデーコミックススペシャル)
学研ステイフル サラリーマン山崎シゲル 2017年 カレンダー 卓上 週めくり BM12069
それを、こう。
私たち結婚しました (ビッグコミックススペシャル)
架空OL日記 1 (小学館文庫)
レタス2個分のステキ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)


ほとんどが1コマで構成される、サラリーマンの山崎がぶっ飛んだ言動を取り、上司の部長が呆れながらツッコミをしている漫画集。
作者はお笑い芸人でもあるらしい。

居酒屋で部長を尊敬していると熱弁しながら部長のひじを箸置きに使っているような微妙に失礼なものから、食パンに乗って通勤したりUFOや二塁ランナーを捕まえてくるなど、かなりシュールな笑いが描かれている。

しょうもないと言えばしょうもないのだが、くだらなさを笑って楽しめる。





にほんブログ村 本ブログへ

刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈1〉―機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈1〉―機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
神野 淳一 矢立 肇 富野 由悠季
アスキーメディアワークス 2012-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈3〉―機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈2〉―機動戦士Zガンダム外伝 ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 エゥーゴの蒼翼〈4〉―機動戦士Zガンダム外伝ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者〈4〉―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者〈3〉―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 1―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者〈2〉―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
ガンダム・センチネル―ALICEの懴悔
機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 下巻 アドバンス・オブ・Z
機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還 (13) (角川コミックス・エース)


『機動戦士Zガンダム』のサイドストーリーを描いた小説の第1巻。
図書館に1巻と2巻が置いてあったので、借りて読んだ。

本書には前作があり、地上でジム改のハイスペックな試作機「ワグテイル」と強化人間用のハイザックが戦ったり、両軍の指揮官が壮絶な遂げたりといった話のダイジェストが冒頭で紹介されていて、いきなり本書を読んだ立場からすると助かる。

主人公はエゥーゴに加入した青年のヴァンで、宇宙に上がってから新型ガンダム「ケストレル」のテストパイロットになるあたりから話が始まる。

ケストレルは元々強化人間用に開発されたものらしく、高出力に伴う強力なGのために誰でも乗りこなせるものではないが、近いタイプのワグテイルを操縦したヴァンが選ばれたという事情が語られている。

前作でヒロインに当たるダニカはティターンズに囚われて宇宙に移動したという情報も明らかになったことで、ヴァンはダニカを救い出すという目的でも戦っていくことになる。

そしてティターンズではダニカの兄でヴァンともともに育ってきたアーネスト、そしてアーネストといい仲になりつつある強化人間のロスヴァイセが重要な役割を果たしていく。

エゥーゴではリック・ディアスやメタスのカスタム機、ネモなど、ティターンズではガブスレイのカスタム機、ハイザック、マラサイのようにZガンダムに登場するモビルスーツの他、旧型に属するジムキャノンⅡや偵察型ザクⅡのカスタム機が登場するのも面白い。

また、今野敏の『ティターンズの旗のもとに』や『宇宙海兵隊 ギガース』のように宇宙空間での戦闘における環境的な制限が書かれているのも、設定に厚みを持たせている。

思っていた以上に面白くて比較的早く読み終わったので、本作に続く第2巻も早速読み始めた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : ガンダム,

ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史
デヴィッド・クリスチャン シンシア・ストークス・ブラウン クレイグ・ベンジャミン 長沼 毅
明石書店 2016-11-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
失われた時を求めて フランスコミック版 スワン家のほうへ
ビッグヒストリー入門-科学の力で読み解く世界史-
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
いま世界の哲学者が考えていること
Big Book おおきなかぶ
Big Book うらしまたろう
正倉院宝物: 181点鑑賞ガイド (とんぼの本)
Big History: Between Nothing and Everything
Big History: Examines Our Past, Explains Our Present, Imagines Our Future


宇宙の成立から、銀河→太陽系→地球→生物の発生・・・といったあたりから、人類の発生→農耕の発生→社会の変化など、大きなスケールでの歴史を一通りまとめている歴史書。

自然科学や社会科学の分野だけでなく、昔は世界や宇宙についてはこのように考えられていた、という神話や伝承に関する話も紹介されていて、実に幅広い内容となっている。

また、多くの写真やカラーグラビア、図解などもふんだんに用いられているので、眺めていくだけでも概略を知ることができる。

このようにボリュームと読み応えがありすぎるので、初めから熟読していくのは少し疲れるかもしれない。
まずは書かれている見出しを一通り眺めて進んでいくだけでもそれなりに時間をかけることができるし、大まかな流れがつかみやすいと思う。

理科や社会の授業で習っていたはずの話がかなりの深さにまで掘り下げて書かれているので、これまでの知識の確認、研究の進歩による新たな知識の獲得、思い違いの修正など、多くの結果を得ることができる1冊となっている。

繰り返して読んでいくことで、より得られる知見は増えていくものと考える。





ビッグヒストリー入門-科学の力で読み解く世界史-ビッグヒストリー入門-科学の力で読み解く世界史-

デヴィッド・クリスチャン (著), 渡辺 政隆 (編集, 翻訳)
WAVE出版 2015-10-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

137億年の物語―宇宙が始まってから今日までの全歴史137億年の物語―宇宙が始まってから今日までの全歴史

クリストファー ロイド (著), 野中 香方子 (翻訳)
文藝春秋 2012-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由
世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由
松本 大 (著), マネックス証券株式会社 (監修)
東洋経済新報社 2013-11-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「お金の流れ」はこう変わった! 松本大のお金の新法則
MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法
上昇する米国経済に乗って儲ける法 (株高&ドル高 ダブルで殖やす)
日本の億万投資家名鑑 (日経ホームマガジン)
米国株四半期速報2017年新年号
日本人が知らなかった海外投資 米国株 アメリカをゲートウェイに世界中の成長市場に賭ける
お金という人生の呪縛について
週刊東洋経済 2017年1/21号 [雑誌](トランプ相場に乗れ! 株高はこれからが本番だ)
日経マネー(ニッケイマネー)2017年3月号
米国会社四季報2016年春夏号[雑誌]


マネックス証券の社長による、米国株投資のすすめ。
メインで利用している証券会社ということもあり、読んでみた。

米国株投資を勧める理由としては、米国経済が長期的に最も有望なことと、円安ドル高による円建て資産の実質価値の低下リスクへの備えという2つの方向から書かれている。

そして米国株を購入する方法としては下記の4種類を上げていて、立場上当然ながら4番目を勧める流れとなっている
  1. 国内の株式市場に上場している米国企業の株を購入する(少ない)
  2. 米国株を組み入れた投資信託を購入する
  3. 米国企業の日本法人の株式を購入する
  4. 国内あるいは海外の証券会社を通じて、米国株を購入する
この選択肢の立て方は偏っていて、例えば
  • 国内の株式市場に上場している米国株式のETFを購入する
のような選択があるのに挙げていない辺りは恣意的だと思う。
(ETFも投資信託に含むという言い訳はできるが)

当然ながら米国株には為替リスクと値動きのリスクがあるわけだが、前者に対しては米ドルのまま投資を続けること、後者に対しては米ドル建てのゼロ・クーポン債と組み合わせることでリスクヘッジする方法が紹介されていて、ここは参考になる。

インデックス投資か個別株投資かという話では後者に妙味があるようなことが書かれているが、研究に時間をかけるほどのやる気もないので、私は前者で問題ないと思っている。
(日本株でさえ銘柄選びができているとは言えないのに、米国株の銘柄選びなんて面倒と感じる)

本書では書かれていないが、東京証券取引所には米国株式のインデックスに連動するETFが複数上場されている。
取引数や種類が少ないという弱点はあるものの、手数料や信託報酬が比較的安いものが多く、円建てで損益が分かりやすいのは大きな魅力である。
それで、昨年から今年にかけて以下の3種類を少しだけ購入している。
  • SPDR S&P500 ETF(1557)
  • iシェアーズ エマージング株ETF(1582)
  • iシェアーズ 米国小型株ETF(1588)
この3つはニューヨーク証券取引所でも(おそらく)上場されていて、本書に書かれている時点でのETFの取引数ランキングでそれぞれ1位、2位、6位に該当しているようだったので、そう悪い選択でもなかったのだろうと勇気付けられた。

すぐに実行に移すかといえば上記の理由からしないが、マネックス証券で米国株を取り引きする手続きが丁寧に書かれているので、関心のある人には役立つ内容だろうと思う。






にほんブログ村 本ブログへ