読んだ本の感想をつづったブログです。


劉邦(下)
劉邦(下)宮城谷 昌光
毎日新聞出版 2015-07-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
劉邦(中)
劉邦(上)
呉越春秋 湖底の城 第六巻
岳飛伝 十四 撃撞の章
他者が他者であること (文春文庫)


宮城谷昌光による、前漢の高祖劉邦を描いた歴史小説の下巻。

関中に入って秦を下す話から項羽との有名な鴻門の会、漢中王に左遷されてからの関中への反攻、反項羽勢力を糾合しての彰城制圧と直後の大敗、河南の城をめぐって項羽に攻められまくる苦闘、そして広武山における項羽とのにらみ合いと、怒涛の時期を描いている。

項羽が絶大な軍事力を持ちつつも、それゆえに弱者や敗北への理解が不足していて部下が育たなかったのに対し、劉邦は敗北を重ねながら多くの人材を見出し、戦いを重ねることで良将が育っていく過程が印象に残る。

そして「国士無双」という言葉の元となった韓信や、奇謀の士である陳平と出会って役者が揃っていく。
司馬遼太郎の『項羽と劉邦』では韓信について繊細な面を描いていたが、本書では「人の下につくことができない男」という面が強調されていて、これもまた韓信なのだろうとも感じた。

項羽についても、タイトルが『劉邦』ということもあってか、軍事能力がありすぎて普通の人の痛みが分からない人物に描かれていて、司馬遼太郎の描く項羽とそれほど離れていないように思う。

一方で劉邦を地神の声を聞きながら行動してきた人物として描き、著者はしばしば筋の通らない行いをしたことに不快感を持っていたようだが、天下や庶民のことを考慮しての判断も多かったということで認識して書いたことをあとがきで述べているのも興味深かった。

劉邦軍の約束違反によって攻められることになった斉の田横を主人公とした『香乱記』では劉邦を悪役に描いているそうで、これも気になっている。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 宮城谷昌光, ,


日付記事タイトル                                      
2015/07/30『ビジネストークを面白くする会話のネタ帳300』
2015/07/28『日本地図から歴史を読む方法 都市・街道・港・城…地勢に隠された意外な日本史が見えてくる』
2015/07/27『史記の風景』
2015/07/24『宇宙軍士官学校―前哨(スカウト)― 6 』
2015/07/23『日本SF短篇50 Volume1 (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)』
2015/07/22『漫画・日本霊異記-日本人の記憶の襞に宿る、醜悪で清雅な原風景』
2015/07/20『街道をゆく 11 肥前の諸街道』
2015/07/19『世界の未来は日本次第-「BtoB」、そして「BtoGへ」』
2015/07/18『家康、真骨頂: 「狸おやじ」のすすめ』
2015/07/17『日本古代史を科学する』
2015/07/16『ヒトイチ 警視庁人事一課監察係』
2015/07/15『だから日本はズレている』
2015/07/14『ぴあ天神博多食本―最新!だけでは終わらない長く使える天神・博多の25』
2015/07/12『劉邦(中)』
2015/07/11『古代史の謎は「海路」で解ける-卑弥呼や「倭の五王」の海に漕ぎ出す』
2015/07/09『聖☆おにいさん 4』
2015/07/08『徳川家康 (講談社 火の鳥伝記文庫)』
2015/07/07『大波乱: 長谷川慶太郎の大局を読む緊急版』
2015/07/06『宇宙軍士官学校―前哨(スカウト)― 5 』
2015/07/05『統計力クイズ そのデータから何が読みとれるのか?』
2015/07/03『聖☆おにいさん 3』
2015/07/02『劉邦(上)』
2015/07/01『株主優待で始める「株」入門』


にほんブログ村 本ブログへ

ビジネストークを面白くする会話のネタ帳300ビジネストークを面白くする会話のネタ帳300

  ビジネス情報研究会
実務教育出版 2015-07-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


仕事をしていてやり取りする人、特に初対面の人と話す際に雑談の話題に困ることがあるが、そうした場合に使えるかもしれないビジネスがらみの雑学を紹介している作品。

主にビジネスにまつわる言葉や道具、習慣などにまつわるうんちく話が多く、例えば下記のようなものが書かれている。
・同じようなニュアンスで使用している言葉の違い
・道具や風習におけるルーツ
・個人や企業によるちょっといいエピソード

深夜番組などで紹介しても十分反響を得られそうなトリビアがいくつも扱われていて、確かにネタとして使えそうな内容だと感じる。

特に、紙幣に使われている人物の逸話や、ビジネスがらみのちょっとしたテクニックなどを熱心に読んだ。

メールで使用される風習であるインラインなど、恥ずかしながらこれまで知らなかったこともけっこう書かれていたりもするので、勉強というか知識の足りないところを補うという用途にも役立つ。

乱用すると知識をひけらかしているのを嫌がられると思うので、ほどほどに活用することも心がけておきたい。





にほんブログ村 本ブログへ

日本地図から歴史を読む方法 都市・街道・港・城…地勢に隠された意外な日本史が見えてくる (KAWADE夢文庫-)
日本地図から歴史を読む方法 都市・街道・港・城…地勢に隠された意外な日本史が見えてくる (KAWADE夢文庫-)
武光誠
河出書房新社 2004-02-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本地図から歴史を読む方法―都市・街道・港・城跡…意外な日本史が見えてくる (KAWADE夢新書)
地図から読む歴史 (講談社学術文庫)
地名から歴史を読む方法―地名の由来に秘められた意外な日本史 (KAWADE夢新書)
日本地図から歴史を読む方法〈2〉―なぜ、そこが“事件の舞台”になったのか…意外な日本史が見えてくる (KAWADE夢新書)
世界地図から歴史を読む方法 (KAWADE夢文庫)


タイトルにあるように日本地図を用いて、地理の観点から日本の歴史を解説している歴史読み物。

古代から続いてきた人々の移動や気候の変化、交通機関の変化によって栄える都市が交代してきたこと、国土改造によって大都市ができた経緯など、多くの事柄が紹介されている。

前半では照葉樹林文化の話が出てきて、以前読んだ『照葉樹林文化―日本文化の深層』のことを思い出しながら読んでいった。

中盤では東京や京都、大阪といった大都市が選ばれた理由や以前の地形をいかに改造したかなどを扱っていて、東京については竹村公太郎氏の著作で読んだところと重なる部分も多かったり、江戸時代の大阪が淀川などから引いてきた堀や運河に囲まれた水の都だったことが分かる地図を見て、以前朗読CDとして聴いた山崎豊子の『船場狂い』で扱われた船場という場所が分かったりしたのも良かった。

他にも、江戸時代に参勤交代や商業の発達によって多くの宿場町や港町が栄えたが、大型の動力船の登場や鉄道が敷設されたことでそれらの町のある程度が衰退したり、その反対に横浜や神戸といった港町、北九州のような産業都市などが発展したりの変化が書かれているのも面白い。

構成や文章によってはさらに面白くなったのではないかと思ったりもしたが、最近好きな内容だったので興味深く読んでいった。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 武光誠,

史記の風景 (新潮文庫)
史記の風景 (新潮文庫)
宮城谷 昌光
新潮社 2000-04-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
中国古典の言行録 (文春文庫)
春秋の名君 (講談社文庫)
春秋名臣列伝 (文春文庫)
戦国名臣列伝 (文春文庫)
楚漢名臣列伝 (文春文庫)


宮城谷昌光による、『史記』にまつわるうんちくや感想などをつづったエッセイ集。

司馬遷の記述による自身の考えの傾向や、もしかすると勘違いしていたかもしれない事項、字句の解釈、知られざるエピソードなどが扱われているl

例えば高祖劉邦にまつわる人物の話や春秋戦国時代を扱った史書によって記述が異なる箇所、燕国には北燕と南燕があって記述が混同していたかもしれないこと、晋国がクーデターで公室が入れ替わった可能性などについて語っているところなどが面白かった。

一方で夏や殷といったあまりに古くて謎の多い時代のよく知らない人物の話や、細かな字句の解釈の話の中には、あまり関心が持てずに読み飛ばした話もけっこうあり、人を選ぶ内容かもしれない。

全体的には、普通という評価となる。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 宮城谷昌光, ,

text-align: menuBlockBody