FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む
もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む
水野 大樹
徳間書店 2018-03-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
関東戦国全史~関東から始まった戦国150年戦争 (歴史新書y)
初期室町幕府研究の最前線 ここまでわかった南北朝期の幕府体制 (歴史新書y)
図説 室町幕府
征夷大将軍研究の最前線 (歴史新書y)
享徳の乱 中世東国の「三十年戦争」 (講談社選書メチエ)
中世島津氏研究の最前線 (歴史新書y)
今川氏滅亡 (角川選書)
室町幕府全将軍・管領列伝 (星海社新書)
図説 戦国北条氏と合戦
戦国北条家一族事典


応仁の乱は京都を中心とした畿内を中心に展開されたが、それより以前に関東で続いていた享徳の乱と長享の乱、そしてその前後の政情を解説している作品。

室町幕府は将軍・足利氏の一族を鎌倉公方、足利氏の家宰の家柄に当たる上杉氏を関東管領として関東を管轄するシステムとしていたが、代を経るうちに鎌倉公方や関東の武士たちが自立の志向を持つようになり幕府と対立することが増えていく。

その結果本書でメインに扱われる乱の前にも上杉禅秀の乱、永享の乱、結城合戦と鎌倉公方や関東管領による戦乱が発生している。

そこから鎌倉公方・足利成氏が関東管領・上杉憲忠を殺害したことから享徳の乱が発生する。
これは鎌倉公方VS幕府の支持を得た上杉氏という構図で、関東や周辺の国人がそれぞれの陣営について戦っている。
具体的には結城、宇都宮、小山、千葉、三浦、佐竹といった諸氏で、寝返りや一族間の内紛も多く発生している。

さらに幕府の指示を受けて駿河守護の今川氏や信濃守護の小笠原氏も介入したり、戦いが続く中で山内上杉氏から冷遇されたことに不満を持った重臣の長尾景春も反乱を起こすなど、どんどん情勢が複雑になっていく。

この戦乱は江戸城を築城した扇谷上杉氏の家宰である太田道灌の活躍もあって終息するが、今度は主君の扇谷上杉定正が大田道灌を暗殺することでパワーバランスが崩れ、次の長享の乱が発生することになる。
こちらの構図は上杉氏の本家に当たる山内上杉氏・越後上杉氏VS新興の扇谷上杉氏という一族内の内紛がメインで、これに(鎌倉に戻れなくなった)古河公方、幕府から伊豆に派遣された堀越公方、しぶとく生き延びた長尾景春、今川氏の内紛を解決した伊勢宗瑞(北条早雲)なども絡んでくる。

共通するのは上杉憲実、長尾景信、太田道灌、足利成氏といった実力者が引退したり亡くなったりすることで、パワーバランスが崩れて戦乱が再開したり、例えば足利成氏と山名宗全が結びつくなど、応仁の乱や明応の政変(細川政元や日野富子が将軍・足利義材を追放したクーデター)といった畿内の情勢が密接にリンクしていることである。

応仁の乱もかなり複雑で奥が深い戦乱だが、本書で扱われている関東での戦乱もそれに劣らず時期も長ければ登場人物も多い。
違っているのは応仁の乱に比べて謀略や外交を行う度合いが小さく、直接的に武力衝突になるまでが早いことかと思う。

関東を中心に北条・今川・武田・上杉といった戦国大名が登場する前のことを知ってより幅広い理解ができたような気がしていて、大いに知的な刺激を受けることができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

5日でわかる世界歴史 (小学館文庫)5日でわかる世界歴史 (小学館文庫)

羽仁 進
小学館 2012-08-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


80年代だか90年代だったかにTBSのクイズ番組によく出演していた印象がある映画監督による、自身の経験などを踏まえて大きな視点から世界史を語っている作品。

アメリカ大陸の人類と旧大陸の人類で文明に差が出てきた理由や、人々が求めてきた自由と平等の両立がなかなかできないこと、発明の対価としての特許の是非とキュリー夫人やエジソンを例に挙げての考察など、歴史学者や政治学者、経済学者などがあまり語らない視点からの話がいくつも出てきて興味深い。

それだけに、文章が長くて読みにくさを感じ、ところどころ斜め読みをしながらの読書となってしまった。
これは最初に書かれたのが90年代前半のため、その後インターネットの普及などによる文章の変化が反映されていないためなのではないかと思っている。

一文を短くしたり、細かく区切ったりすることで、より読まれるものになるのではないかと考えている。





にほんブログ村 本ブログへ

お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ (中経の文庫)
お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ (中経の文庫)
大村 大次郎
KADOKAWA 2017-04-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」
お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる
お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない
「お金」で読み解く世界史 (SB新書)
お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ
お金で読み解く明治維新
世界史は99%、経済でつくられる
ブッダはダメ人間だった ~最古仏典から読み解く禁断の真実
元国税調査官が暴く パナマ文書の正体
お金の流れでわかる日米関係 元国税調査官が「抜き差しならない関係」にガサ入れ


元国税調査官による、お金の流れから日本の歴史を解説している作品。

著者の作品では『お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない』などの戦国時代をお金の観点から解説した作品を読んでいたために重なる部分も多いが、古代や近世以降についてもお金の面で歴史上の事件の観方が変わってくるので興味深い。

特に、マルクス主義史観や薩長中心の明治時代から見た江戸時代は立場上問題の多い暗黒時代であったかのように語られることが多いが、町人というほとんどの商工業者はほぼ無税、農民も意外なほどに税負担が軽かったという話には驚かされる。
このように税金が安かったから公務員に当たる武士階級の生活が苦しかったというのも納得がいく。

明治時代も思われていたほど税率が高かったわけでもなく、日清戦争でも酒税と国内での債券を財源とした軍隊で勝利することができた話がなされていて、かなり驚いた。
日露戦争で高橋是清らがヨーロッパで公債を募集した話は有名なので、こちらはそれほど目新しくはなかった。

第二次世界大戦に至る伏線としてはインド市場における日本とイギリスの経済摩擦や、経済的に持ちつ持たれつの関係だったのに満州をめぐってアメリカと戦わなければならなくなった悲劇、国内での経済格差が誤った方向に進んだ要因となった話などが書かれている。
アメリカにしてもイギリスにしても、日本のしぶとさに手を焼かされたというのは間違いないようである。

その後は日本の経済成長や産業の発達における背景として、旧日本軍の遺産が無視できないレベルで重要だったことが書かれている。
このあたりは日教組の教師が歴史の授業で語りたがらないところと思われるので、留意しておきたいところである。

著者の現代の経済政策についての考え方が妥当なのかどうかは分からないが、歴史をお金から分析している話は他の著作と同様に興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

本当は偉くない?世界の歴史人物 世界史に影響を与えた68人の通信簿 (SB新書)
本当は偉くない?世界の歴史人物 世界史に影響を与えた68人の通信簿 (SB新書)
八幡 和郎
SBクリエイティブ 2013-08-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書)
本当は間違いばかりの「戦国史の常識」 (SB新書)
世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)
本当は面白い「日本中世史」 愛と欲望で動いた平安・鎌倉・室町時代 (SB新書)
本当は分裂は避けられない!? 中国の歴史 (SB新書)
本当は謎がない「古代史」 (SB新書)
「領土」の世界史 (祥伝社新書)
日本人の知らない日米関係の正体 本当は七勝三敗の日米交渉史 (SB新書)
誤解だらけの平和国家・日本 (イースト新書)
こんなに弱い中国人民解放軍 (講談社+α新書)


世界史上の人物を68人ピックアップし、十段階評価で偉人度と重要度(歴史に与えた影響度)を評価した上で解説している作品。
日本からは明治天皇と池田勇人の2人が選ばれている。

知っている人物もあまり知らない人物も入っていて、人物評にしても著者の意見や好き嫌いが色濃く出ていて通説とは異なっているが、それくらい思い切った評価でなければ特徴が出ないのでいいと思う。
ただ、なぜそのような評価になったのか?という部分の説明が消化不良に感じるのは、1人当たりのページ数に限界があるためだろう。

偉人度では最高の10にリンカーン、ルイ9世、リシュリュー、ドロール(欧州委員長)、ビスマルク、康熙帝の6人を挙げていて、最低の1がヒトラーになっている。
いい人だけど無能っぽいルイ16世がヒトラーより少し高い3になっているところを見ると、能力だけでなく人格も合わせての評価ということになるのだろうか。

初めて知った人物、名前だけは知っているがどんな人物かは知らなかったケースなどもあり、そこそこ興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 八幡和郎,

日本史のツボ (文春新書)
日本史のツボ (文春新書)
本郷 和人
文藝春秋 2018-01-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
壬申の乱と関ヶ原の戦い――なぜ同じ場所で戦われたのか (祥伝社新書)
日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)
陰謀の日本中世史 (角川新書)
天皇はなぜ生き残ったか (新潮新書)
2時間で教養が身につく 日本史のツボ (青春新書INTELLIGENCE)
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)
人に話したくなる世界史 (文春新書)
歴史の余白 日本近現代こぼれ話 (文春新書)
東大教授がおしえる やばい日本史
素顔の西郷隆盛 (新潮新書)


日本史を天皇、宗教、土地、軍事、地域、女性、経済の7つのテーマを用い、一連の流れとして分かりやすく解説している作品。

律令制が教科書で書かれているほどには実施されていなかったのでは?という話や、「職の体系」と実際の土地管理のギャップが武士階級の出現につながったこと、戦略目標を達成できたかどうかで見ると(南北朝時代の)青野原の合戦、川中島の合戦、関ヶ原の合戦などの構造が理解しやすくなるなど、時代によって対象のテーマが変化する話が面白い。

平易に書かれている分だけとがったところは少なくなっている気もするが、著者がタコツボ的な歴史学界の弊害に問題意識を持って本書を書いた話などの書いていたり、通説での記述では漏れてしまいがちな話が多く書かれていて、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ