FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



塩野 七生 (著)
新潮社 (2005/8/28)


『ローマ人の物語』シリーズの文庫版17巻で、アウグストゥスの後を継いでローマ第2代皇帝になったティベリウスの治世の前半を扱っている。

前作で血縁者を後継者にしたくて頑張ったアウグストゥスだったが諸事情でかなわず、連れ後の息子で実績・年齢ともに十分なティベリウスが第2代皇帝になったが、2代目の大変さだけでなく、甥に当たるゲルマニクスを次の皇帝に指名されていたこともあって中継ぎと見られたことで、かなり苦労せざるをえない状態で治世が始まっている。

そのティベリウスは、アウグストゥスが帝政を始めるために支出がかさんだことによる財政を健全化するための緊縮策や、アウグストゥスが始めたが少し無理があったかもしれないゲルマニアのライン川以東・エルベ川以西からの撤退など、皇帝が代わってもローマがある程度機能するための体制づくりに多大な貢献をしたことが書かれている。

ただしこの手の政策は地味で目立たないこと、緊縮策の1つとして剣闘士の試合を主催するなどの人気取り政策に消極的だったこと、あまり前線に出ずに大衆へのアピールをしなかったことなどで、ケチで陰気なイメージがついてしまったのは仕方がないことなのかもしれない。
もしかすると、どんなに人気取りをやってもカエサルやアウグストゥスには勝てないので、ハナから人気取りをあきらめていたのかもしれない。

それでもティベリウスは人材の抜擢や登用、情報収集や決断といった能力に優れていたため、例えばローマを不在にしてナポリにいた時期に有事が発生した際も的確な指示を出し、事態を収拾しているのは当時の情報伝達のスピードを考慮するとすごいことだと感じた。
まさに、人を使うことに長けた指導者だったのだろう。

政策は順調に見えたが、才気あふれ大衆からの期待も高かったゲルマニクスが病死、実子のドゥルーススも病死と、後継者に関してはティベリウスもアウグストゥスと同様に苦労することになる。

さらにゲルマニクスの未亡人との確執や、元老院議員たちの能力・意欲の不足にも悩まされる話が書かれていて、次の作品ではカプリ島に引きこもった後の話に続いていく。

ティベリウスは後世の史家たちからは前述の事情もあって評判が良くないようなのだが、本書を読んでいる限りでは現実主義者で堅実な人物だったことが分かる。
ただ、同時代にそのような指導者がいたとしたら、色々と叩かれただろうな・・・というのも分からないではない。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生,


高橋 ヒロシ (著)
秋田書店 (2002/5/30)


ヤンキー高校に入学した主人公がさまざまなライバルたちとケンカをしまくる、王道のヤンキー漫画。
ココイチに置いてあったので読んでみた。

話は携帯電話の圏外からヤンキー高校の鈴蘭高校に入学することになった月島花(つきしまはな)が、下宿に入居するために出てきたところから始まる。

花は坊主頭で素朴で善良そうな見た目だが、初めのところからものすごくケンカが強い描写が出てきて、鈴蘭高校で1番ケンカが強い奴を決める「一年戦争」にも参加することになる。

個性豊かなヤンキーが出てきて軽妙なやり取りをしたり、ストーリー展開のテンポが良かったりと、ウケそうなポイントをしっかり抑えている印象を受けた。

帰宅してから調べると、『クローズ』という漫画のその後に花たちが入学したという設定で描かれたものということを知り、『クローズ』の方にも関心を持った。





にほんブログ村 本ブログへ


加来耕三+嶋健一郎 (著), 大羽快 (イラスト)
メディアファクトリー (2009/7/3)

戦国武将50人のイメージと実像について、4コマ漫画『殿といっしょ』の1~3巻に収録されているカットとともに紹介されている作品。

書かれている文章で目新しさはさほどないが、『殿といっしょ』のカットの中でも特に濃い感じのものが多く収録されていて、全巻読んだ者としては思い出し笑いしながら読むことができた。
というか、それが最大の売りになるかと思う。

収録されているのが1~3巻までのため、後ろの方の巻で登場している加藤清正などのカットが入っていないのは少し残念である。

『殿といっしょ』を読んでいなければ面白さは減りそうな気もするので、このあたりは何とも言えない。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 大羽快,


藤子 不二雄A (著), 西原 理恵子 (著)
小学館 (2018/1/19)


漫画家の藤子不二雄A(安孫子素雄)氏が、ことわざや名言などからこれまでの体験などのエッセイを語り、西原理恵子氏が本文にツッコミを入れるような挿絵を描くという構成でなされた連載を、単行本化した作品。

小学生時代の藤子・F・不二雄(藤本弘氏)との出会いや駆け出し時代の苦労、年月を経て方向性の違いによる独立、手塚治虫からの影響、赤塚不二夫や寺田ヒロオといったトキワ荘時代の漫画家たちとの交遊などが随所で書かれているのが興味深い。

また、各項ごとに『笑ゥせぇるすまん』や『怪物くん』、『プロゴルファー猿』などの藤子不二雄A作品が紹介されているのも、読んでみる入り口として機能していると感じた。

ユーモアある書き方である一方でそこまでお酒を飲んでいないかのようなことも書かれているが、西原氏のイラストでA氏の酒癖の悪さや編集者泣かせなところを暴露するような挿絵が入っているのが特に面白い。

巻末にはA氏と西原氏による対談も収録されていて、これもまた面白かった。
思っていた以上にアニメなどで観ていたA氏の作品が多いことにも驚いたので、今度は漫画で読んでみようかとも思っている。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 西原理恵子, ,


かみゆ歴史編集部 (著)
イースト・プレス (2017/4/9)


小説やゲームなどでキャラクターや名前を引用されることも多い北欧神話について、キャラクターや関係性、世界観、ゲームなどでどのような扱いとなっているかなどを紹介している作品。

これまで北欧神話については、子供の頃に読んだ児童文学全集にあったものと、あとはアニメ『聖闘志聖矢』の劇場版などからオーディン、トール、ロキなどは知っていたものの、本書を読んだら児童文学全集では割愛された話も多かったことが分かった。

例えば神々と巨人族が対立していてラグナロクという最終戦争で戦う話は理解していたが、神々にはオーディンが率いるアース神族と、もう1派にヴァン神族という2グループがあることは知らなかった。

この2グループはグルヴェイグという魔女がアース神族にちょっかいを出したことがきっかけで戦争状態になり、和解のためにヴァン神族からニョルズ、フレイ、フレイヤらが、アース神族からはヘーミルとミーミルがそれぞれ人質を交換する話が紹介されているのが面白い。
これは、ヴァイキングのような部族間の戦いの後にも似たようなことがなされた事例が多かったことが反映されているのではないかと思う。

他にも、神々が使用した武器などの道具を制作した小人たちのキャラクターや、シグルズのような人間世界の英雄、ベルセルクと呼ばれる熊の毛皮を被った狂戦士などの紹介もされていて、改めて奥行きが深い話だと感じた。

スレイプニールやヨルムンガンドなど、漫画やアニメなどで目にしたことがある固有名詞も多く、あまり詳しくないゲームでもこのように北欧神話から引用されたものは多いのだろう。

教養として知っておいて損はない話を多く知ることができ、読んでよかったと思う。







にほんブログ村 本ブログへ