fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



椎名 誠 (著)
小学館 (2019/11/28)


椎名誠の『わしらは怪しい雑魚釣り隊』シリーズの第7作。

行くことが多い関東近郊での釣りから、宮古島、伊豆諸島の新島、長崎、宮古島、宮崎、能登半島といったところへの遠征も収録されている。
能登半島では北陸放送から企画が持ち込まれてのタイアップで遠征したことが書かれていて、映像を見たいと思った。

結成から12年が経過して隊員が30人を越えている他、隊員たちの経験値が上がったのか、ドレイ隊員たちが小さめの魚をカッターナイフなどで捌いているシーンも書かれているのが面白い。
また、過去に台湾や済州島で隊員たちが世話になった現地の人が雑魚釣り隊の合宿に参加しているのも、それだけ活動が魅力的だからだろう。

関東近郊の干潟でアナジャコやマテガイ、ホンビノスガイなどを採集する回では、先生役を務めた『捕まえて、食べる』の著者・玉置標本氏も、雑魚釣り隊の料理人・トオル氏が採集した生き物をおいしい料理にしたことに衝撃を受け、入隊することが書かれているので、今後登場するのを楽しみにしている。

本書の初めの方では元気に釣り船に乗っていた古参隊員のタコの介こと樋口氏が体調を崩して最後の参加となった、大雨のために新宿の地下で仮想キャンプをした回では、普段あまり書ききれていない隊員たちの話をしているのも、話に厚みを持たせている。

ごはんをマンガ盛りにして食べる天野氏と「しろめしおかわりくん」こと似田貝氏の食べっぷりを著者が楽しみにしていたり、スポーツジャーナリストとして世界中を飛び回るドレイ隊長の竹田氏を著者の若い頃を思い出させてくれるなど、個性豊かなメンバーが盛り上げていることを再認識する。

著者が講演などで地方に出張することが集合のきっかけになったり、著者が来る前のことは他のメンバーが手記を残しているなど、隊長である著者が宴会の場にいる、ということが大切なのだと伝わってきて好感が持てる。

本書も雑魚釣り隊の魅力が存分に書かれていて、楽しませてもらった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 椎名誠, あやしい探検隊,

おれたちを跨ぐな!: わしらは怪しい雑魚釣り隊
おれたちを跨ぐな!: わしらは怪しい雑魚釣り隊
椎名 誠
小学館 2017-08-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
カツ丼わしづかみ食いの法則 ナマコのからえばり (集英社文庫)
家族のあしあと
ノミのジャンプと銀河系 (新潮選書)
長さ一キロのアナコンダがシッポを噛まれたら (角川文庫)
ずんがずんが〈2〉―椎名誠自走式マガジン
おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊 (小学館文庫)
捕まえて、食べる
本の雑誌おじさん三人組が行く! (別冊本の雑誌18)
本人に訊く〈2〉おまたせ激突篇
古典名作本の雑誌 (別冊本の雑誌19)


椎名誠の『わしらは怪しい雑魚釣り隊』シリーズの第6作。

第1作から10年が経ったことを記念し、比較的若い隊員たちが主体となって隊員が経営する新宿の居酒屋などで10周年イベントを行う回も収録され、椎名の親友で弁護士の木村晋介氏が「木村家べんご志」として得意の落語を披露している写真が掲載されていて、しばらく椎名作品に登場していなかったと思うので健在なようで安心した。

初期は10人ちょっとだった隊員数も30人以上に増え、ドレイ隊員を志願する人たちが入隊待ちの状態になっているそうで、このシリーズの楽しさが浸透しているためだと思う。
それに伴って釣りの技術や意欲にばらつきが出たことで、「怪しい雑魚釣り隊」の中にさらに精鋭部隊として「雑魚釣り隊釣り部」が結成され、岡本、海仁、コン、ザコ、太陽といった隊員たちが大物を狙って船で出て行くシーンが多くなっている。

トオル、ザコ、太陽といった調理担当による料理が魅力的だったり、中盤からは若手隊員たちが積極的に魚をさばくシーンも出てくるなど、とれたての食材を大人数でワイワイやりながら食べるのはおいしそうである。

連載している週刊ポストの担当編集者であるケンタロウ氏も3冊目となったこともあって初期は不運が付きまとうキャラだったのが、この時期になると多くの企画を成功させる有能な面と、魚が釣れ出すと編集者としての役割を忘れて熱中してしまう面のギャップが出てきて面白い。

「おかしら」(ドレイ隊員のリーダー)である竹田をはじめとするドレイ隊員たちが徐々に目立つようになった一方で、副隊長の西澤や名嘉元、天野といった古参隊員たちも変わらずキャラの濃さを出しているのが楽しい。

隊員の中には椎名作品を読んで自殺を思いとどまった話をしている者もいて、これを受けて椎名が「バカ本はときとして若者を救うのだ」という名言を語っており、妙に印象に残る。

椎名の孫が小学校を卒業したことで初参加した回があるなど、本書でもさまざまな出来事の発生を楽しむことができる。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 椎名誠, あやしい探検隊,

あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入
あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入
椎名 誠
KADOKAWA/角川書店 2016-03-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
おなかがすいたハラペコだ。
おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊
雨の匂いのする夜に
ここだけの話 (PHP文芸文庫)
旅ゆけばヒトモノケモノバケモノと会う とつげき! シーナワールド! ! 4


椎名誠の『あやしい探検隊』シリーズにおける、北海道、済州島に続く書き下ろし三部作ファイナルに位置づけられた作品。

今回は台湾東南部にある沿岸の町で貸家に滞在し、釣りや宴会といったいつものような活動を行うというもので、沖合いの島へマグロ釣りに出かけたり、地元の小学生たちと野球を行うエピソードが収録されている。

本作では「ドレイ頭」というポジションにあるスポーツライターの竹田氏が旅行の手配や担当編集者へのレクチャー、著者が本作を書くに当たっての元ネタとなるレポート作成と大活躍している。

初期の『あやしい探検隊』シリーズでは隊長の著者が、『あやしい雑魚釣り隊』シリーズでは副隊長の西澤氏がリーダー格として目立っていて、竹田が活躍しているのはキャラクターの他に年齢が30代後半~40代前半くらいで体力と序列のバランスから活動しやすい時期ということもあるのだろう。

また、飲食店を経営する名嘉元氏やトール氏の参加日数が短かったこともあり、ザコこと小迫氏が料理長として腕を振るっているシーンも多く出てくる。

今回は角川書店から出た書き下ろしなので、似田貝氏と榊原氏の2人が担当編集者として参加している。
また、「週刊ポスト」で連載中である『あやしい雑魚釣り隊』を担当する小学館のケンタロウ氏、海釣り専門誌「つり丸」で『あやしい雑魚釣り隊』を連載していた頃に担当編集者だったコンちゃんこと近藤氏も参加していて、担当を外れても参加し続けたくなるような集団であることが伝わってくる。

荒天を呼び込むケンタロウ氏、マグロ釣りで普段の冷静さを失う海仁氏、今回はマンゴーにこだわる長老格のトクヤ氏とメンバーたちのキャラが立っている他、貸家付近でやかましく鳴き続ける野良のニワトリたちや椎名の部屋に居ついていたコウモリまで登場している。

著者が70歳を超えたためか『あやしい探検隊』シリーズとしてはファイナルであると随所で書いていたり、巻末に収録されている座談会で過去を振り返っているところからすると、『あやしい探検隊』を冠する作品は本作が最後なのかもしれない。

ただし『あやしい雑魚釣り隊』の活動は今後も続けたい旨のことが書かれているので、次作が出ることを期待しておく。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 椎名誠, あやしい探検隊,

あやしい探検隊アフリカ乱入 (角川文庫)
あやしい探検隊アフリカ乱入 (角川文庫)
椎名 誠
角川書店 1995-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
鍋釜天幕団ジープ焚き火旅 あやしい探検隊さすらい篇 (角川文庫)
インドでわしも考えた (集英社文庫)
あやしい探検隊 北海道乱入 (角川文庫)
わしらは怪しい雑魚釣り隊―マグロなんかが釣れちゃった篇 (新潮文庫)
トンカチからの伝言 (文春文庫)


椎名誠によるあやしい探検隊シリーズの第5作で、アフリカへ行ってマサイ族と出会ったりキリマンジャロへの登山をした話などが書かれている。

参加しているのはレギュラーである椎名と沢野、そして第2期に当たる「いやはや隊」とされる三島悟(アウトドア誌編集者)、大蔵喜福(登山家)、佐藤秀明(写真家)といったアウトドアの専門家が多い構成となっている。

サバンナでライオンを見たり、ワニ目と呼ばれることの多い沢野がワニと対面する話、登山病に悩まされながらのキリマンジャロ登頂と多くのエピソードが出てくる。
中でも、登山の際は颯爽としていた大蔵が、ビーチだとダサい服装で浮いてしまっている話が面白い。

登山における過酷さや数々の危険についての話、アフリカの都会で遭遇した治安の悪さによる危険、そしてちょっとした危機と、アフリカを甘く見てはいけないことも書かれていて、かなり久しぶりに再読しても変わらない読み応えがあった。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 椎名誠, あやしい探検隊,

おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊
おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊
椎名 誠
小学館 2015-10-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
旅ゆけばヒトモノケモノバケモノと会う とつげき! シーナワールド! ! 4
雨の匂いのする夜に
ここだけの話 (PHP文芸文庫)
寝ころび読書の旅に出た (ちくま文庫)
メンチカツの丸かじり (丸かじりシリーズ38)


椎名誠による怪しい雑魚釣り隊シリーズの通算では第5作、週刊ポストでの連載に移ってからは第2作。
既に結成から10年が経過しているとあり、このシリーズも長いことに驚かされる。

雑魚釣り隊ではこれまでにも活躍してきたメンバーに加え、新たなメンバーが多く加入している。
まず、急逝した西川氏や、釣り雑誌の元編集長なのに釣りが嫌いなタコの介こと樋口氏のように、雑魚釣り隊なのに釣りをしなくて椎名の話し相手になるメンバー枠として、元編集者で「仙人」と呼ばれる土屋氏を招聘している。
このところ活動休止中の「長老」ことタカハシ氏のように、深いのか適当なのかよく分からない迷言を語るのが印象的である。

また、ドレイ隊員でも前作から登場している徳島出身で阿波踊りを踊ることの多いショカツ氏や、頭の形から名づけられたピスタチオ氏、なぜかキャンプに特製スプーンを持ってきて見せびらかすヤブちゃんなど、関西にゆかりのあるメンバーが多く加入している印象がある。

そのためか中盤では古株のドレイ隊員のうち、ザコ氏が料理長、天野氏や太陽氏が正隊員に昇格、竹田氏がドレイ頭に就任などの人事が発令されている。
このあたりはAKB48で研究生が正規メンバーに昇格する人事を思い出して笑ってしまった。

そして昇格するだけあり、本作ではその竹田氏や天野氏、ザコ氏らの活躍が目立っている。
一方で副隊長の西澤氏の出番が少ないような気もするが、要所で暴言を吐いたり二日酔いで倒れたりと、相変わらずの破天荒さを見せているのもいい。

新島のような離島への遠征では何度か天候などの事情で中止になり、隊での扱いはドレイというケンタロウ氏が『週刊ポスト』の担当編集者になってからなのでは?という疑惑が発生して騒動になるのもありがちな展開で面白い。

以前の作品でも出てきた神奈川県の通称・タクワン浜や、静岡県のこれも通称・流木海岸などでのキャンプも扱われている。
具体的な地名を書くと読者が大挙して訪れて楽しめなくなるから書いていないとあり、それはそうだろうなと思った。

バリ島へ釣りコンテストに招待されてい遠征したときの話など、本作で書ききれないくらいの出来事が発生していたそうなので、また別の機会に書いてくれればと思う一方、著者が執筆に忙しくて釣り船に乗らないシーンもあったりするので、このあたりは無理しすぎずにほどほどに続けてほしいと思う。

本作でもこの一団の魅力を楽しむことができ、面白かった。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 椎名誠, あやしい探検隊,