fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



井沢 元彦 (著)
宝島社 (2021/3/10)


武田信玄について、『甲陽軍鑑』の記載を中心に著者の見解を述べ、「武田信玄が天下を取るにはどうしたら可能だったか?」というIFも含めて書かれている作品。

まず、武田信玄の重臣だった高坂昌信が書いて小幡景憲が遺したとされる『甲陽軍鑑』は明治以降の歴史学界では「小幡景憲が自身の軍学を拍付けするために高坂昌信が書いたことにした偽書」という見方がされていたが、近年になって国語学の酒井憲二氏の研究により、戦国時代でなければ書けない言葉遣いということから、偽書ではないということが明らかにされたことを紹介していて、少し驚いた。

この偽書説は(小幡流よりも後に軍学流派を立てた)山鹿素行の弟子で平戸の大名・松浦鎮信が『甲陽軍鑑』の悪口を書いたことに起因していて、著者はそれを採用した当時の歴史学界の重鎮であった田中義成のことを「常識がない」とばっさり切り捨て、歴史の研究が遅れたと語っている。

そこからは軍師とされた山本勘助や武田二十四将の履歴や、上杉謙信との川中島の合戦の事情や勝敗の判定、信玄が金山を持っていてお金があったことや農業土木での実績などの話が続いている。

そして終盤では、武田信玄が北信濃や西上野に進出した戦略的なミスや、領土拡大の後に本拠地として想定した星谷(神奈川県座間市周辺)という選定センスのいまいちさ、信長に勝利して天下を取るためにはどうすれば良かったのか?といった話をしている。
このあたりはあくまでIFの話で、現実的にはそれらの選択をすることは難しかっただろうとも感じた。

『甲陽軍鑑』が史料としての扱いが上がったことで、今後どのように研究が進んでいくのか楽しみにしている。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 井沢元彦,


井沢 元彦 (著)
小学館 (2006/6/6)


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの信長編。
信長の改革者としての面や宗教に関して誤解されがちな部分、権威を持つためにしてきたことなどについて書かれている。

序盤では「連立政権」を組んだ足利義昭との対立の話で、軍事力と賞罰権を持つ信長と、権威を持つ義昭の対立構造について書かれている。

信長が残虐というイメージがあるのは義弟だった浅井長政(とその父久政、同盟者の朝倉義景)の頭蓋骨に漆を塗ったものを宴会で出したこともあるが、こうした残虐性が出だしたのはその長政に裏切られてからとあり、確かにそれ以前の信長は裏切り者などにも甘い面があるのは分かる。

攻めた場所で虐殺や焼き討ちを実施しているのは敵に「護民ができない領主は頼りにならない」と思われないように攻めてくるように仕向けるためで、通常の攻め方でうまくいかなくて余裕がない場合の手段だったようである。

また、比叡山延暦寺の焼き討ちや一向一揆との戦いで大量虐殺をやったことで宗教の弾圧と見られる場合もあるが、こうした宗教集団は武装組織でもあり、妥協が成立しないという点で通常の勢力より厄介だということは現在の宗教に関する紛争を見ても分かる。
こうした宗教勢力が武力を持つことに対し強引な手段でつぶしたことで、宗教に対して縛られずに済んでいるのは確かにありがたいことと感じる。

信長について時代小説家の藤沢周平が「信長ぎらい」というエッセイを書いていることに対して歴史認識が甘いみたいなことを描いていて、多分この甘さがウケたのだろう。

本願寺については信長が無理難題を持ちかけて挑発したかのようなイメージがあるが、実際に仕掛けてきたのが本願寺で、複数回結ばれた和平を破ったのも本願寺ということで、この裏には「准門跡」だった宗主の顕如が身分的に信長を軽視してきた(身分の低い信長との約束なんて破っても問題ない)ことや、義昭の暗躍があったことを挙げている。

後半では信長は無神論者ではなく宗教に対しても実証精神が強いだけで宗教には強い関心を持っていたことや、自身を神格化するという試みがその後秀吉や家康に受け継がれた話、皇室を相対化するためにどのような手段を想定していたかなど、安土城の構造も含めて書かれている。
このあたりは著者が常々語る「宗教への理解不足」が私にもあって少し難しく感じた。

終盤では本能寺の変についての諸説と、著者の見解を語っている。
それぞれの黒幕説の弱点を指摘し、明智光秀の単独犯行説を支持している一方で、その後の見通しがなくても反乱などを起こす場合も多いことを語っている。

近年の研究では信長が意外と保守的だったという説が有力となっているが、現在の著者の見解がどのようになっているかも含め、諸説あるのが信長の魅力なのだろう。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦, 織田信長,


井沢 元彦 (著)
小学館 (1999/12/3)


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの第5巻で、鎌倉時代を扱っている。

最初は頼朝の話で、頼朝が多くの奇蹟によって成功した「バカヅキ男」であることや、伊豆に流罪になったことで関東武士団の心情を理解して最高の神輿・傀儡になれたこと、罪人の頼朝を担いだ北条時政の先見の明、福原遷都や南都焼き討ちといった清盛のミス、この時期に発生した日照りが西国に飢饉、東国に豊作をもたらしたという気象的な話などが興味深い。

次が義経と奥州藤原氏の話で、まず前九年・後三年の役で源氏が奥州藤原氏に恨みがあるという背景から、義経の天才的な軍才とそれに釣り合わない政治センスの欠如に起因した急激な没落などが書かれている。
そしてこのシリーズらしく、平泉の中尊寺金色堂に頼朝から征伐を受けた藤原泰衡の首を含む4代のミイラが現存していることと、義経が生き延びたという伝説もまた、怨霊信仰が新たな時代になって別の鎮魂方法が生み出されたという見立てをしているのが面白い。

鎌倉幕府が成立した時期が諸説あるのは、頼朝が朝廷から東国支配権、日本国総地頭職、日本国惣追捕使、そして征夷大将軍と個別に利権や役職を獲得していったためで、これは古代ローマでアウグストゥスが元老院から執政官職権や護民官職権、神官長、裁判権などを個別に獲得して事実上の皇帝になった話を連想した。

源氏が三代で滅んだ話では、頼朝が皇室の外戚になろうとしたことと、実朝が和歌に没頭して後鳥羽上皇から『新古今和歌集』をいただいたことが武士たちからするといかに裏切り行為に当たるかを書いていて、実朝が鶴岡八幡宮で多くの公家が見ている中で暗殺された象徴的な意味という話が印象に残る。

その後に発生した承久の乱で主将として戦後処理をしたり執権就任後に『御成敗式目』を制定した北条泰時の話では、日本で初めて「革命」を成功させた人物として書かれていて、それでいて敵方である朝廷などからも評判が良かったという話には、日本的な心情に合った行いをしてきたであろうことが伝わってきた。

泰時の政策などは「大岡政談」などの元ネタにもなっているそうで、法律の順守よりも「納得」を最優先にしたことがポイントのようで、現実に合わない律令を改正や廃止せず、これまでの法制とは整合性もないが実態に合って「納得」が得られる『御成敗式目』を制定した部分がいかにも日本的だという。

この「法律より納得」という部分は現在でもあり、憲法9条(軍隊を保持しないとあるのに自衛隊がある)だけでなく、「護憲派」が触れられると嫌がるであろう憲法89条(公金を公共でない学校に出してはいけないとあるのに私学助成金を出している)の話につなげていて、ある意味現状は日本人にとって「自然」ということらしい。
(他国に通用するかはまた別の話)

泰時の政策に影響を与えた人物には明恵(みょうえ)という華厳宗の高僧がいて、こうした「自然」の考え方を説いたらしいとの話も書かれている。
明恵もまた泰時と同様に実績に対して不当に扱いが悪いようなので、関連した本を読んでみようかと思う。

これまでのシリーズも面白かったが、武士の時代になるとさらに面白くなっていることを感じる。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,


井沢 元彦 (著)
小学館 (1998/12/4)


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの第4巻で、平安時代中期から平氏政権の時代を扱っている。

前半が藤原氏が権力を握った過程と、敗者となった小野小町や大伴黒主、在原業平といった六歌仙、菅原道真、ライバルだった源氏などが、『古今和歌集』や北野天満宮、『源氏物語』など、神に祀ったりフィクションの世界で優遇することで怨霊が祟りをしないようにした話がなされていて、『万葉集』などを扱った前作の続きのような内容となっている。

後半が平安時代に軍隊の撤廃により、元々は私兵でしかない武士階級が出現して平将門の出現、そして院政が始まって白河上皇や鳥羽上皇のわがままにより朝廷内での対立を武士にやらせたことで保元の乱・平治の乱を経て平氏が政権を握って急に滅んだ過程が書かれている。

サブタイトルが「ケガレ思想と差別の謎」となっているのは、後半の背景に当たり、戦後の平和に関する考え方の問題点にも通じているために強調するためと思われる。
戦後に左翼勢力が唱えてきた非武装中立論がデメリットを言わない詐欺に近いものと断じていて、その背景には死のケガレに直面する軍隊もケガレたものという差別的な考え方と、平和は無条件で清らかなものという思い込み、平和の手段もまた正しいものでなければならないという考えなどが、日本人に昔から根付いていると語っている。
(戦乱の時代はそんなことを言ってられないので、あくまで比較的平和な時代の話)

これを読んでいると左翼の憲法9条論やら自衛隊解体論はGHQの洗脳とか中国や韓国などによる情報工作による部分が強いと考えてきたのだが、元々日本人が抱いてきた傾向を利用されているのだということが何となく分かってきた。

それにしても、武士はケガレた階級だから子供に父親を処刑させても問題ないという後白河天皇のやり方はひどく、江戸時代の朱子学的な史観では徳を失ったから武士の世の中になったと考えられていたのも分からないではない。
もっとも実際は、政権担当者であるべき藤原氏が占いと儀式と贅沢ばかりをやってガバナンスが機能しなかったことが直接的な原因であり、平安時代とは「ケガレたと考えたものを排除した社会がどうなるのか?」を教えてくれる時代なのだろう。

オウム真理教とか阪神大震災、司馬遼太郎の逝去といった執筆当時のトピックが多く入っているところには時代の変化を感じるものの、内容自体が古びていないのはすごいことだと思う。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,


井沢 元彦 (著)
小学館 (1995/5/10)


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの第3巻で、奈良時代後期と平安時代初期が扱われている。
称徳女帝、平安京遷都、万葉集の3本立てで、シリーズの中でも特に怨霊や言霊に関する話が多い。

称徳女帝のところでは、道鏡へ譲位しようとしただけでなく女性蔑視という儒教的な感覚からスキャンダラスなイメージをつけられたという話や、光明皇太后の後押しで出世して淳仁天皇(廃帝)の擁立に新羅出兵の企図から簒奪までも狙っていた可能性が高い藤原仲麻呂(恵美押勝)のヤバさなどが語られていて、ドロドロした時代だったことを認識させられる。

禅譲のシステムを使おうとした称徳女帝に、仲麻呂が自他ともに呂不韋のイメージがついていたなど、当時唯一の超大国だった唐の文化にかぶれたと著者は評していて、戦後に旧ソ連やアメリカにかぶれた人たちと似ているというのはなるほどと感じる。

中盤の平安京遷都では、遷都の理由は旧仏教から決別というよりも(無実の罪で結果的に死なせた)早良親王と結びつきが強かった東大寺から離れたかったことや、聖武天皇の時代に国分寺や大仏などを建てた鎮護国家システムが怨霊に対して効果がなかったと判断したこと、そして新たな怨霊から守る手段として風水や真言密教を取り入れた結果が平安京と比叡山延暦寺だという話がなされている。

それだけ怨霊が恐ろしいものとされていた時代だが、蝦夷の指導者だったアテルイを簡単に処刑したのは、違う民族で怨霊の対象にならないという考え方をしているからとの話も分かりやすい。

そして最後の万葉集では、有間皇子や大津皇子、長屋王といった無実の罪で死ぬことになったとされる人々の歌が収録されていることなどから、怨霊への恐れがこのような文化遺産を生み出したという話になっている。
そして、『学校では教えてくれない日本史の授業 謎の真相』でも読んだ、正史には出てこないのに万葉集では「歌聖」とされる柿本人麻呂の謎を考察している。

梅原猛が提唱した、人麻呂は上級官僚だったが流罪の上で死んだために怨霊化したという説を採用していて、なるほどと思う部分もあるが、少し違和感もある。
それは、怨霊がそんなに怖いのなら、正史から抹消もできないのでは?というところで、このあたりの考察が欲しい。

本巻はさらにオカルトに影響を受ける平安時代の前ということもあってか、特に怨霊や言霊に関する話が多く、そうした影響に関して「史料に書かれていない」と否定的な歴史学者や国文学者に対する批判のトーンが強く感じられる。

本書の内容が面白くて刺激的なうちは、研究はまだまだということなのかもしれない。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,