読んだ本の感想をつづったブログです。


論語抄 (中公文庫)
論語抄 (中公文庫)陳 舜臣
中央公論新社 2009-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
儒教三千年 (中公文庫)
弥縫録(びほうろく)―中国名言集 (中公文庫)
中国傑物伝 (中公文庫)
論語のこころ (講談社学術文庫)
中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)


陳舜臣による、『論語』の言葉についての解釈や時代背景などを語っているエッセイ。
原文が編集された順に話を進めている。

まずまえがきで、説教調にならないよう気をつけたと書いていて、上から目線や説教臭い文章がいかに読者から嫌われるかを分かっていると好感が持てる。
この種の古典や思想に関する本ではこれが分かっていないのか、分かっていてもどうしてもそうなってしまうのか、そのような書き方になっている人が多いのには辟易させられる。

『論語』が編纂された当時は文字を竹簡や木簡に書き付けていて手間がかかることから、分かりきっていたことを省略しているケースが多かったようで、そうしたところの解釈が分かれがちなことが書かれていて、なるほどと思う。

そしていくつかの学説を紹介していて、漢文だと接続詞のニュアンスが伝わりづらくて複数の受け取り方ができてしまうものだと改めて感じる。

弟子たちの問答については彼らのキャラクターや、『春秋左氏伝』や『史記』などの歴史書で描かれた彼らの活動も紹介されている。
例えば子貢が仕えていた魯の国が隣国の斉から攻められないように呉や晋といった斉のライバル国と外交交渉を行っていたなどの話が書かれていて、孔子の弟子たちが政治の世界で活躍していたことが分かる。

この中では清廉潔白すぎて面白みがない顔回よりも、表裏がなくて感情をストレートに表す子路、才能豊かだがしゃべりすぎの傾向がある子貢、孔子に遠慮なく質問するシーンが目立つ子張などの方が感情移入しやすい。

後世に国教化したり朱子学のように原理主義的になった儒教とは合わないような言動を孔子がしていたり、弟子の派閥によって異なる解釈や話が書かれているなどの類推がされているのも興味深い。

著者らしい丁寧で分かりやすい語り口が読みやすかった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 孔子, 陳舜臣,

“迷わない心”をつくる論語100選 (知的生きかた文庫)“迷わない心”をつくる論語100選 (知的生きかた文庫)

境野 勝悟
三笠書房 2013-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


禅宗の僧侶による、『論語』の言葉100を引き合いに出して生き方などについての自身の考え方を語っている作品。

徳とか仁とかの言葉が出てくるたびに「宇宙の力に生かされて云々・・・」という話につなげている箇所が多く、法話として聞くならありがたいお話なのだろうが、文章で読む分にはあまり面白くない。

『論語』の言葉と関連しているかどうか納得しづらいというか、『論語』に求めれているのと異なるような感じを受け、あまりはまらなかった。

これはおそらく、孔子が「怪力乱心を語らず」という言葉を語っているように、確認できないような存在の話(宇宙の力も当然当てはまる)をしたがらなかったことを知っているためではないかと自己分析した。

著者の作品は『超訳 菜根譚』『陽明学と禅のこころ』を読んでいてどちらも良かったので本書をよんだのだが、残念ながらはずれという感想となった。
著者の語ることと、私がイメージする『論語』の相性が良くなかったのかもしれない。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孔子,

[新訳]論語
[新訳]論語久米 旺生
PHP研究所 2009-02-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
[新訳]老子
[新訳]孟子
[新訳]荀子 性悪説を基に現代人にこそ必要な「礼」と「義」を説く
新訳 菜根譚―先行き不透明の時代を生き抜く40歳からの処世術
論語の一言: 「ぶれない自分」をつくる最良のテキスト (光文社知恵の森文庫)
[新訳]大学・中庸
論語入門 (岩波新書)
[新訳]呻吟語
[新訳]荘子
[新訳]風姿花伝


『論語』から百言百話として、孔子とその弟子たちなどによる200の言葉とエピソードを現代語訳している作品。
現代語訳と読み下し分が併記されているバランスが読みやすい。
(白文は読まないので、私にとっては必要ない)

前半では子路、子貢、顔回など、弟子たちとのエピソードに関する話が多く収録されている。
それぞれの言葉が語られた背景や、他の言葉との関連性についても丁寧に書かれているところに好感が持てる。

中島敦の短編「弟子」に描かれているように元々ごろつきだった子路もそうだが、弁舌にたくみで商才もある子貢なども、孔子に出会っていなければ悪の方で名を知られていたかもしれない。

ストレートに疑問をぶつける子路、ひねった言い回しで孔子に問いかける子貢など弟子たちの個性が出ていて、それに対して孔子が回答の内容や表現に工夫をしているシーンを随所で見ることができる

孔子の御者をやっている弟子はあまり飲み込みが早い質ではないのか、他の弟子がしないような初歩的な質問をあれこれしていて、後世の我々にとっては理解を助けてくれる存在となっている。
孔子に対して農作業のやり方まで聞いているのも、ちょっと面白い。

後半では孔子の「吾十有五にして学に志す」から始まる人生での出来事と関連した言葉やエピソードを、時系列で構成している。

出身国の魯だけでなく、斉、衛、陳といった国々の君主や大臣たちとのやり取りがなされていて、中には陽虎(日本で言えば松永久秀)のような梟雄、衛の南子(素行が悪いとされる君主夫人)、さらには隠者などとの話も収録されている。
孔子の弟子で誰が優れているかという問いをしばしば受けているのは、人材豊富な集団だと評価が高かったためだろう。

言葉やエピソードとの関連性については、本書内の項目番号を振って表示しているのが、ゲームブック(選択肢によって××ページに移動、という形式の読み物)を思い起こさせてもくれて分かりやすい。
『論語』関連の訳書としては構成が整っていて、いい部類に入ると思っている。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孔子,

ビジネスエリートの新論語 (文春新書)
ビジネスエリートの新論語 (文春新書)
司馬 遼太郎
文藝春秋 2016-12-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)
没後20年号「司馬遼太郎の言葉」 (週刊朝日ムック)
没後20年「司馬遼太郎の言葉」2 (週刊朝日ムック)
新聞記者 司馬遼太郎 (文春文庫)
僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
戦国の女たち―司馬遼太郎・傑作短篇選 (PHP文庫)
風塵抄 (中公文庫)
司馬遼太郎スペシャル 2016年3月 (100分 de 名著)
全文完全対照版 論語コンプリート: 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文
この国のかたち〈3〉 (文春文庫)


司馬遼太郎が産経新聞記者を務めていた32歳の時期に、本名の福田定一名義で書いた『論語』などから名言を取ってサラリーマンの大変さや生き方について語ったエッセイ集を復刊したもの。
タイトルは初版刊行時の『名言随筆サラリーマン ユーモア新論語』の方がしっくりくるように思う。

前半の第1部では『論語』以外にも孟子やリンカーン、大江広元など、古今東西の名言を用いてサラリーマンが経験する出世、格差、嫉妬、家庭での不和などの話が出てきて、会社勤めをした事がある人にとってはリアルな話が書かれている。

60年以上経過してもあまり変わっていない部分、社会の変化などによって現在から見ると違和感がある部分に分かれていて、時代の変化を感じることができる。

前者は会社に入社してくる新人に対して頼りなさや物足りなさを感じるところ、後者では女性の会社における役割の変化などがそれに該当する。
また、サラリーマン生活への不安はこの時期から書かれていて、安心できる時代なんて滅多に来るものではないのだろう。

本書では文体がまだ司馬遼太郎のものになっておらず、現在の視点からするとカタカナの使い方や表現方法に違和感を覚えるというか、時代を感じる。

後半の第2部では著者がであった2人の老新聞記者との出会い、そして学徒動員から復員後に一緒に新聞社の就職試験を受けた仲間の話をしていて、こちらの方が面白い。

初版が出た昭和30年(1955年)は、現在で言うところのフリーライターや週刊誌の記者くらいのスタンスで仕事をしていた新聞記者が生き残っていたことが分かる。

著者が新聞記者になった頃の新聞業界は小さい会社が乱立していて比較的移籍しやすかったようたが、その後しばらくしてから新聞業界では淘汰が進んで大企業ばかりになったのか、新卒一括採用されたエリートサラリーマンというイメージの新聞記者が多くなってきたことも書かれている。

それによって「新聞などのメディアによる報道は正しい」という思い込みが広がったような気もするが、インターネットの普及などによって偏向報道がされてきたことが暴かれてきたのはいい傾向なのだろう。

「司馬遼太郎著」ということを外すと名言がらみの部分はあまり面白い作品ではないが、当時の新聞業界の雰囲気についての話がそこそこ興味深かったかと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 司馬遼太郎, 孔子,

野村の実践「論語」
野村の実践「論語」野村 克也
小学館 2010-11-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
リーダーのための「人を見抜く」力 (詩想社新書)
野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)
野村ノート (小学館文庫)
野村の「人生ノート」 夢をつかむ特別講義
弱者の兵法 野村流 必勝の人材育成論・組織論
野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くか
そなえ ~35歳までに学んでおくべきこと~
野村の「監督ミーティング」 (日文新書)
なぜか結果を出す人の理由 (集英社新書)
「本当の才能」の引き出し方 (青春新書インテリジェンス)


ノムさんによる、『論語』の言葉と自身の経験に基づく教訓を合わせて語っている作品。

以前ノムさんの著書を読んだ人から「『論語』をよく読んでいますね?」という意味のことを言われたことから『論語』をじっくり読んでみると、考えたことと重なる部分が多いことに気づいたという。

自分は何をするために生まれてきたのかと自問してみることのメリットや、自発的に考えて気づくことが重要なので教えすぎるのはいけないこと、個性を発揮する以前にやるべきことが多いのではないかなど、野村節を『論語』で補強している。

『論語』の文言とノムさんの話の組み合わせでちょっと苦しいところや、編集部による現代語訳に誤りがところどころあったりする欠点はあるが、内容自体は納得できる部分も多い。

蛭子さんの『蛭子の論語 自由に生きるためのヒント』などと比べてそれほど売れていないようなのは、他の著作と重なる部分が多くてギャップや意外性がないためだと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 野村克也, 孔子,