fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



安部 龍太郎 (著)
小学館 (2020/12/28)


小学館の雑誌『サライ』で連載されている「半島をゆく」を単行本化した作品の1つで、古代史にまつわる場所を訪れている紀行文。

具体的には、大和、丹後、出雲、宇佐、熊野、房総半島を訪れている。

大和が東国とのつながりがあるために首都となった説や、蘇我王朝の可能性、国東半島が大和の勢力が九州を支配する最初の地だった話、熊野に徐福と神武天皇の伝説が残っているという符合など、興味深い話が語られている。

個人的には国東半島の熊野摩崖仏が書かれていたことが読んで、以前行ったことを思い出した。
山の中の道をずっと登って行って突然出現する摩崖仏は印象的で、もう一度見たい気持ちと、またあの道を歩くのはちょっと…という気持ちの両方を抱いている。

予備知識や関心が足りなくて読み飛ばしたところも多いが、それなりに楽しめたとは思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 安部龍太郎,


安部 龍太郎 (著)
小学館 (2023/1/6)


小学館の雑誌『サライ』で連載されている「半島をゆく」を単行本化した作品の1つで、家康や戦国時代と大航海時代の関わり、キリシタンなどにまつわる地方を訪れている紀行文。

東京周辺を巡った章では竹村公太郎氏の作品やNHKの番組「ブラタモリ」などでも登場した、埋め立てによる土地造成や運河の開削、利根川東遷、江戸の都市計画などの話がなされていて、割と関心が深いテーマなので興味深く読んだ。

徳川家関連の史書では家康が入るまでの江戸は寒村だったかのように書かれていることが多いが、江戸湾や多くの河川による水運でそれなりに繁栄していたことが書かれている。

また、日本海の交易で栄えて信長が攻めた金ケ崎城が近くにある敦賀、大村純忠の領地でポルトガルとの交易地だった横瀬浦や長崎、著者が大坂の陣に続く第二次キリシタン戦争と位置付ける島原の乱の舞台となった原城などを訪れている。

印象に残ったのはそれほど石高があったわけではない島原を領地とした有馬氏が日野江城や原城のような巨大な城を築くことができたのは貿易による利益があったためでは?という話や、島原の乱で幕府軍が苦戦したのには一揆方に相応の準備がなされていたという話で、考えさせられるところも多かった。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 安部龍太郎,


安部 龍太郎 (著)
NHK出版 (2022/10/28)


小説家の安部龍太郎が、家康の事績からなぜ覇者となれたのか、どのような思想を持っていたのかなどを考察している作品。
今年の大河ドラマ「どうする家康」に関連して書かれたものと思われる。

小説家の想像の部分も多そうだが、歴史学者による歴史読み物では出てこなかった話もあって面白い。

例えば、家康が遠江や駿河の国衆を味方につけることができたのは今川家の人質時代に築いたコネクションが活きた可能性や、家康が旗印に「厭離穢土 欣求浄土」を用いるようになった時期の考察、三河一向一揆では一向宗との矢作川流域の経済利権をめぐる争いという側面があったのではないか?という話などが読みごたえがあった。

また、家康と武田信玄が今川領の切り取りをやった際、家康が北条や上杉、今川を動かして信玄に外交的な勝利を収めたことによって信玄が抱いた恨みが、3年後の三方ヶ原の合戦につながっている話も面白い。

一方で、信長の革命政権VS足利義昭の鞆幕府という、著者と親交の深い歴史学者の藤田達生氏に影響を受けているが現在の歴史学の主流ではなさそうな歴史観のところは、根拠もなく「こんなはずだったと思う」という感じで書かれているのでちょっと論理的な弱さを感じた。
著者は歴史学者ではなく小説家なので、あれこれ言うことではないのかもしれないが。

それなりに整った構成になっていて、読みやすかったと思う。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 徳川家康, 安部龍太郎,


安部 龍太郎 (著)
小学館 (2022/6/29)


小学館の雑誌『サライ』で連載されている「半島をゆく」を単行本化した作品の1つで、伊豆半島、三浦半島、津軽半島、下北半島、渡島半島、牡鹿半島、半島ではないがしまなみ海道などを訪れている。

以前読んだ『半島をゆく 第1巻 信長と戦国興亡編』でも伊豆半島と北条時政の話があったが、本作でも扱っているのはNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にからめてということだろう。

伊豆半島のところでは北条氏が駿河湾の交易で巨富を築いたことが書かれているのが印象に残るが、じゃあなぜ兵を集められなかったのか?という疑問が出てくる。

三浦半島では小栗上野介忠順が建造を立案した横須賀のドックの話が出てきて、鎌倉がらみの話も含め、司馬遼太郎の『街道をゆく 42 三浦半島記』とテーマが重なっているので読み比べてみるのもいい。

北方の半島の話ではアイヌがアムール川付近で元の大軍1万と戦っていたというあまり知らなかった話や、北方の交易が儲かっていたために和人とアイヌのいざこざが絶えなかったこと、津軽為信という野性的な英雄の出現、会津藩の人々が下北半島の斗南藩に移封されてすさまじい生活を強いられたことなど、多くの話が扱われている。

歴史学者の藤田達生氏も著者に同行していて、学者ならではの考察を語っているところもいい。
前作の『日本はこうしてつくられた: 大和を都に選んだ古代王権の謎』も読んでみようかと思う。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 安部龍太郎,



作家・安部龍太郎による雑誌などの連載をまとめて再構成している歴史読み物。

前半は本能寺の変を朝廷黒幕説、特に元関白の近衛前久が大きな役割を果たしたという流れで話をしていて、以前読んだ著者の『信長街道』に書かれていた内容と重なっている。
また、イエズス会などのキリシタン陰謀説も扱っている。

後半はさらにキリシタンの影響力が強かった話や、大航海時代の中で戦国大名たちも思われている以上に海外とのやり取りをしていたエピソードが書かれている。
高山右近、黒田官兵衛、小西行長、蒲生氏郷といったいかにもなキリシタン大名たちから、加藤清正や福島正則、毛利家や豊臣家などもキリシタンとの交流があった話には少し意外性がある。

弱い根拠を元に前のめりに語っている感が強いが、ネタというかそういう説もあるという受け取り方でそこそこ楽しめた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 安部龍太郎,