読んだ本の感想をつづったブログです。


成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)
成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)
成毛眞
メディアファクトリー 2011-12-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
社長のためのマキアヴェリ入門 (中公文庫)
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ (知的生きかた文庫)
大人げない大人になれ!
勉強上手
大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)
本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)
情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)
AI時代の人生戦略 (SB新書)
この古典が仕事に効く! (青春新書インテリジェンス)


元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞による、マキャベリの『君主論』の内容を自分なりに解釈し、社長としてどのように活用したかを語っている作品。
他の著作にもあるような、実も蓋もない率直な語り口で書かれている。

例えばマキャベリが失脚して山に隠棲していた時期に友人への手紙で「運命の神が私を苦しめる云々・・・」と書かれていたことについて、リストラされた中年男性が居酒屋でクダを巻いているのに近いと評しているところなどは笑ってしまった。

著者が社長に任命されて早々に副社長に解雇を言い渡したり、部下たちから「殿」と呼ばれたり、役員とではなくその下の部長クラスと飲みに行くようにしていたなど、いかに『君主論』の内容を解釈して実践していたかというエピソードは具体的で興味深い。

リーダーになろうとすると嫌われることは避けられず、これを割り切ってしまえばかえって行動しやすくなることや、ケチと言われたり怖がられることは必然に近いことが書かれていて、確かにそうなのだろうと思わされる。

中には著者が『君主論』の内容に意義を唱えているところもあり、これは恩を受けることの是非についてである。
『君主論』では「タダほど高いものはない」という意味のことが書かれているが、著者はおごった相手のことを忘れにくいことを逆手に取り、自分のことを覚えてもらうためのテクニックとして積極的に恩を受けたことを書いている。
これはお返しができてその意思がある人が実行するのはいいが、そうでない人はやらないほうがいいと感じた。

『君主論』はリーダーとしてだけでなく、対人テクニックの本として現代でも十分活用できるとしていて、活用するかしないかは別として知っておいて損はない内容だと再認識できる。

少しくせのある内容だが、まずまず興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 成毛眞, マキャベリ,

このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ (知的生きかた文庫)
このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ (知的生きかた文庫)
成毛 眞
三笠書房 2014-09-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
勉強上手
40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論
大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)
大人げない大人になれ!
日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫)


元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞による、ムダな努力を無理して行ってしまう傾向に対し、もっと自分の好みに従った生き方をした方がいいと語っている作品。

「最も嫌いなものは、退屈と根性」と語っているように、著者の他の作品にも見られるようなストレートさが随所で出ているので苦笑しながらも一気に読み進んでいける。

いい人とは責任を取らないとか、会社でやりたくないことをやらなかったら他の人がやるとか、こだわる必要があるものなどほとんどないなど、必ずしも自分で自分を窮屈にしなくてもいいのではないかと思わせてくれる。

中でも、人付き合いが悪くても問題ないような記述には少し助けられた気がする。
自分の場合、ここ数年は職場の飲み会などで滅多に二次会に行かなくなったが、たまに同僚からチクリと言われるくらいでそれ以外は問題もないことを思い浮かべたりした。

著者だからできたこと、やり方によっては自分でやっても問題なさそうなことなど内容は選ぶ必要があるが、やってみる価値がありそうな方法がいくつもあったので読んで良かったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 成毛眞, ,

面白い本 (岩波新書)
面白い本 (岩波新書)
成毛 眞
岩波書店 2013-01-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊
ペニシリンはクシャミが生んだ大発見―医学おもしろ物語25話 (平凡社新書)
勉強上手
大人げない大人になれ!
本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする〝読自〟の技術


元マイクロソフト日本法人社長で、現在はノンフィクションを紹介するサイトのHonzを主宰する成毛眞による、100冊を紹介している作品。

日常生活には役立たないが、それでも面白いという視点でチョイスされている。

犯罪や戦争にまつわる虚々実々の駆け引きや、ぶっ飛んだ天才の伝記、オーパーツを真面目に解説した作品に、ノンフィクションと見せかけて全くのフィクションの本など、タイトル通り面白そうな本が次々に紹介されている。

特に、切腹する人を介錯する具体的な方法や、築城の方法など、現代の日本では研究者以外には全く役に立たない知識が詳細に書かれている本があることを知り、楽しくなった。

トイレで読むのに適した本と評するなど、決して素直な褒め方をしないあたりがいい。

他の作品でも見られるあけすけな語り口で書かれており、褒めているところはその分だけ本当にそうなのだろうと納得しながら読んだ。



[本書で紹介されていた本の一部]


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 成毛眞,

儲けたいなら科学なんじゃないの?
儲けたいなら科学なんじゃないの?
堀江貴文 (著), 成毛 眞 (著)
朝日新聞出版 2011-03-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ホリエモンの宇宙論
成金
拝金
君がオヤジになる前に
新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)


先日収監されることが決定したホリエモンと、元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞氏による科学対談。
科学の分野から多くの人が注目していないネタを掘り出すことが、大儲けにつながるという観点で話がなされていく。

まず最初に、ホリエモンがロケットの開発事業を行ってきたことを知り、知らなかったので少々驚いた。
これはロケットエンジンをこれまでよりも大幅に安いコストで作れるようにし、宇宙ビジネスを作り出していこうという野心的な試みである。

ホリエモンによると、ロケットのコストが高いのは政府の事業であるために先端技術を投入していくことにあるとしており、既存の技術や素材を組み合わせることで1000万円程度で宇宙旅行ができると語っていく。

また、地球の近傍にある小惑星を資源の採掘場にしたり、さらにはコロニーや宇宙船にまで利用するプランまで話は広がっていく。

ただ、しばしば話題になる宇宙エレベーターに対してホリエモンは厳しい見方をしていて、大量の物資を必要とするので難しいとしていたのは少々残念だった。

他にも、狂牛病のようなプリオン病とカリバリズムの習慣の関連性や、アップル社の製品が処理速度よりも見せ方にこだわるという方法、エネルギー産業の方向性、医療の進化といった科学の動向についてさまざまな話題が出てきて面白い。

堀江・成毛の両氏ともに歯に衣着せずにストレートな表現をするタイプなので、刺激的な対談を楽しむことができるが、ホリエモンが”要は・・・”というフレーズを多用しているのが少々うっとおしい。
耳で聞く分にはさほどでもないが、文章で読まされると気に障る言葉だと感じた。
ついつい使用してしまう、かっこつけているようでかっこ悪い言葉という印象があるので、あまり使わないよう気をつけたい。

ホリエモンが罪に問われた件が妥当なものかよく分からないが、ロケット開発のような面白くて夢のある事業をやっている人物が収監され、有料ブログで儲けるくらいしかできないというのはつくづく残念だと思う。
失礼ながら最近の写真を見るとかなり太っているように見えるので、もう少し健康に見える状態で出所して再び活躍してほしい。



[ホリエモンの宇宙ビジネスについて書かれた作品]
ホリエモンの宇宙論
「ホリエモンの宇宙論」
 著者:堀江 貴文
 出版:講談社
 発売日:2011-04-19
 価格:¥ 1,500
 by ええもん屋.com

[巻末で成毛氏が推薦している科学読み物]





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 堀江貴文, , 成毛眞,

本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)
本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)
成毛 眞
三笠書房 2008-01-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
インテリジェンス読書術―年3000冊読破する私の方法 (講談社+α新書 317-2C)
成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (Kobunsha Paperbacks Business (013))
モーセと一神教 (ちくま学芸文庫)
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)

元マイクロソフト日本法人社長による読書のすすめ。

合間合間に読むことや場所によって違う本を読む方が結果として多くの本をより理解して読めること、できるだけジャンルの異なる本を読むことなどで大きな結果が得られるといったことなどを論じている。

一見役に立たなそうなジャンルの本の方が長期的には人生に役立つとしている。
本を多く読むことは自認しているが、ジャンルの幅についてはそれほどでもないので、これまで興味はあるがあまり読んだことのないジャンルにも挑戦していくつもりである。

[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 成毛眞,