fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



月村 了衛 (著)
早川書房 (2021/8/18)


近未来に警察庁に属する特捜部の機甲兵装(人が操縦する、パトレイバーやボトムズのようなロボット)が活躍する『機龍警察』シリーズの第6作。

国内の軍需企業で開発されていた国産機甲兵装の機密を漏らした罪で国際指名手配されていた君島がミャンマーの奥地で逮捕され、ミャンマー政府からは危険な地域のため日本から身柄を引き取りに来るよう条件が付けられたことで、その任務が特捜部の姿、ユーリ、ライザの3名に回ってくる。

これは政府や警察の組織内で暗躍する<敵>による、3人を亡き者にして体内に埋め込まれている龍騎兵の操作ユニットを奪おうという謀略であることを特捜部長の沖津は察したものの、<敵>の根回しが周到だったために引き受けるしかなくなってしまった。

姿たち3人が連れていかれたのはバングラディシュやインドとの国境に近い密林地帯で、第2次世界大戦でインパール作戦の結果として多くの日本兵が死んだために「白骨街道」と呼ばれている。
ここにはロヒンギャを弾圧する国軍や警察、少数民族の武装勢力、密輸集団などが入り乱れた危険地帯でもあり、警備および監視のために同行している現地の警官たちとも言い合いになるシーンも多く出てくる。

このシリーズでは当然ながら姿たちや君島を付け狙う武装勢力も機甲兵装を用いてくる一方、身一つで入国せざるを得ないために姿たちは機甲兵装を使用できずに苦戦するが…という形で話が進んでいく。

また、国内では特捜部理事官の城木の親族が経営する城州グループが軍需企業や政府との不透明な金の流れが指摘され、前作でも登場した捜査二課の面々や財務捜査官の仁礼も含めて捜査に当たっていて、ミャンマーでの話と並行して語られている。

著者は本作を執筆している最中にミャンマー国軍によるアウンサンスーチー派に対するクーデターが発生していて参ったと書いていて、近未来小説なのか現代の小説なのか判然としなくなったところも印象に残る。

これまでチェチェンや中華企業、ミャンマーなどが扱われてきたので、次とは限らないがいずれウクライナも扱うのではないかと考えている。
果たして機甲兵装はジャベリンを撃たれたら対応できるのだろうか?

本作も重くて読みごたえがあり、ぐいぐいと読み進めることができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 月村了衛,


月村 了衛 (著)
早川書房 (2010/9/22)


忍術使いが活躍する小説を、SF仕立てで描いているような小説。

無限王朝の勢力によって滅ぼされそうになった王が、嫡子と姫を同盟者の元に逃すよう、伝説の忍者組織・光牙(こうが)の1人である零牙(れいが)に依頼するところから話が始まる。

無限王朝からは骸魔六機忍と呼ばれる凄腕の忍者たちが追ってきて、零牙やその仲間たちと壮絶な忍術での戦いが繰り広げられるという話になっている。

戦い方では亜空間への移動や稲妻を飛ばす戦法、高速での移動、オーロラによる攻撃など、忍術使いが出てくる小説に出てくる道具立てをSFで表現したようなものが多い。

また、光牙の者たちは元の世界の記憶を断片的に持っていて、異世界転生もの小説のダーク版と捉えることもできる。

設定の変なところは突っ込まず、単純に楽しめばいい作品ということになる。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 月村了衛,

機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)
機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)
月村 了衛
早川書房 2017-09-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
機龍警察 火宅 (ハヤカワ・ミステリワールド)
機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)
機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
機龍警察 自爆条項〔完全版〕 下 (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察 自爆条項〔完全版〕 上 (ハヤカワ文庫JA)
コルトM1847羽衣
機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・アノニマス3 (ハヤカワ文庫JA)
槐 (光文社文庫)
ダ・フォース 上 (ハーパーBOOKS)


近未来に警察庁に属する特捜部の機甲兵装(人が操縦する、パトレイバーやボトムズのようなロボット)が活躍する『機龍警察』シリーズの第5作。

捜査二課(知能犯・経済犯罪担当)が追っていた経済産業省と香港の企業フォン・コーポレーションとの合同プロジェクト「クイアコン」をめぐる汚職に関連し、関係者が次々と殺害される事件が発生する。

そして殺害された人物の元には事件当日にローマ法王のお札が郵送されていて、予告殺人の疑いもあり意図が不明なことに警察幹部たちは苛立ちを募らせ、捜査一課(強行犯担当)、捜査二課、そして特捜部の合同捜査を進めることとなる。

今回は大きな利権が絡むプロジェクトに関係した事件を扱っているだけに、警察の各部門だけでなく地検、国税、政治家、経産省、法務省、中国共産党、チャイニーズマフィアと、縄張り争いやら裏取引やらで濱嘉之の『警視庁公安部 青山望』シリーズに近いテイストの話になっている。

そして機甲兵装が暴れるシーンよりも特捜部の面々が抱えてきた過去などの話も多く扱われていて、次回以降への伏線となりそうな話がいくつも描かれている。

新たに登場したキャラクターでは財務捜査官(税理士や会計士出身者が警察で経済犯罪を捜査する役職)の仁礼(にれ)が存在感を出していて、ワーカホリックが日常となっている技術班の鈴石主任を気遣うなどのシーンが出てくる。
元々が警察官ではないので飄々とした雰囲気ながら、帳簿から経済犯罪の「声」や「歌」を聴くことができるという表現が面白い。

今回も特捜部は警察内部に勢力を張る<敵>との争いに巻き込まれ、超然とした雰囲気を出している特捜部部長の沖津が悩むシーンも回数を追うごとに増えている。

重くリアルだが読み進めてしまう魅力のあるシリーズで、続きが早く出ることを期待してしまう。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 月村了衛,

黒涙
黒涙月村了衛
朝日新聞出版 2016-10-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
黒警 (朝日文庫)
機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)
ガンルージュ
水戸黄門 天下の副編集長 (文芸書)
影の中の影
追想の探偵
槐(エンジュ)
夜明けまで眠らない
神子上典膳 (講談社文庫)
機忍兵零牙 (ハヤカワ文庫JA)


中国の黒社会とつながる「黒色分子」として活動する組対部の警官である沢渡が主人公を務める警察小説『黒警』の続編。

本作では日本政府から中国への機密漏えいを受け、公安を中心とした対策チームが組織されて沢渡も配属を命じられるところから話が始まる。

敵は中国共産党政府とつながるチャイニーズマフィアや日本で活動する華人のネットワーク、そして日本の警察や政財界にいる協力者たちだが、用心深いために捜査に行きづまった沢渡が兄弟分であるマフィア「義水盟」の幹部である沈に相談したところ、インドネシアの若い実業家として活躍するラウタンを紹介して話が進む。

日本の社交界で華々しくデビューしたラウタンの前には峰不二子みたいな中国系の美女のシンシアが現われ、物語に大きく関わっていくこととなる。

著者の『機龍警察』にも見られるようなリアルさや重さ、そしてある種のベタさも話に華を加えていて、一気に読み進んでいった。
読んでいて気分のいい作品というわけでもないが、次が出たら読もうかと思ってしまう魅力がある。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 月村了衛,

機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)
機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)
月村 了衛
早川書房 2014-01-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
機龍警察 火宅 (ハヤカワ・ミステリワールド)
機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)
機龍警察 自爆条項〔完全版〕 下 (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察 自爆条項〔完全版〕 上 (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察 自爆条項〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
機龍警察 自爆条項〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
黒警 (朝日文庫)
コルトM1851残月 (文春文庫)


近未来に警察庁に属する特捜部の機甲兵装(人が操縦する、パトレイバーやボトムズのようなロボット)が活躍する『機龍警察』シリーズの第4巻。

本作ではチェチェンでテロに遭った女性たちで結成されたテロリスト組織「黒い未亡人」が日本に入国し、自爆テロを含めたテロ活動を開始するところから話が始まる。

「黒い未亡人」はリーダーの「砂の妻」、元兵士で長剣を得意とする「剣の妻」、短剣を用いた変幻自在な動きが持ち味の「風の妻」を中心としていて、女性や子供しか搭乗できない小型の機甲兵装「エインセル」の使用や自爆テロを辞さない戦法に警察が後手に回るシーンが続き、被害が拡大していく。

また、特捜部主任の由起谷が六本木で半グレ集団を叩きのめした少女のカティアと出会ったり、特捜部理事官の城木が兄で与党副幹事長を務める宗方亮太郎が警察内部で特捜部の活動を妨害する<敵>の協力者ではないかという疑惑に苦しむなど、警察内部での話も多く描かれている。

本作では特捜部と合同で対応に当たる公安部外事三課課長である曽我部のくせの強さが印象に残る。
馬面で落語家みたいに間延びした話し方という先代の三遊亭円楽みたいな容貌に、饅頭やお汁粉のような甘いものに目がないことなど、一見とぼけた管理職に見せて実は切れ者というギャップが際立っている。

他の作品と同様に機甲兵装が暴れるシーンは重要なところのみで、それ以外では事件の背景や各人の経歴を描いているところが物語に厚みを加えていて好感が持てる。
また、新潟県警では「毘」(上杉謙信の旗印)のエンブレムをつけているといった小さなネタを入れているところもいい。

警察で配備されている機甲兵装の数が少ないような気がしたり、自衛隊の存在感がないようなつっこみどころは多少あるものの、ストーリーの重さとリアルさが押し切っていく。

本作も一気に読み進んでいったが、機甲兵装が市街地で暴れるような世の中にはなってほしくない。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 月村了衛,