fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


不思議の扉 午後の教室 (角川文庫)
不思議の扉  午後の教室 (角川文庫)
大森 望 (編集), カスヤ ナガト (イラスト)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-08-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)
不思議の扉 時をかける恋 (角川文庫)
不思議の扉 時間がいっぱい (角川文庫)
不思議の扉   ありえない恋   (角川文庫)
奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)
聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)
美女と竹林 (光文社文庫)
Fantasy Seller (新潮文庫)
宵山万華鏡 (集英社文庫)
聖なる怠け者の冒険


不思議な物語を集めたアンソロジーのシリーズ第4作で、学校がからんでいるというくくりで集められている。
『不思議の扉 時間がいっぱい』がなかなか面白かったので続けて読んだ。

  • 「インコ先生」湊かなえ
  • 「三時間目のまどか」古橋秀之
  • 「迷走恋の裏路地」森見登美彦
  • 「S理論」有川浩
  • 「お召し」小松左京
  • 「テロルの創世」平山夢明
  • 「ポップ・アート」ジョー・ヒル
  • 「保吉の手帳から」芥川龍之介

「お召し」は一度『すぺるむ・さぴえんすの冒険 小松左京コレクション』に収録されているのを読んでいるが、改めてネタバレしても問題ないレベルの作品に仕上がっていることが分かる。

「インコ先生」、「三時間目のまどか」、「S理論」は短いページ数の中であっと驚かされるのが爽快である。
「三時間目のまどか」の著者である古橋秀之はライトノベルを主に書いているようなので、毛嫌いせずに挑戦してみようかと思ったりもした。

「テロルの創世」は光(リュミエール)と影(オンブル)が関わる重い世界設定が心に残るし、スティーブン・キングの息子による「ポップ・アート」は風船人間の友達という妙な存在が気になったりと、独特の感じが楽しめる。

読んだことのある作家の知っている作品や知らない作品、初めて読む作家の魅力を知るというアンソロジーならでわの楽しみ方をすることができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 大森望, 小松左京, 有川浩,

キケン
キケン有川 浩
新潮社 2010-01-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ストーリー・セラー
三匹のおっさん
ラブコメ今昔
植物図鑑
フリーター、家を買う。


工業大学の機械制御研究部(通称キケン=危険)という部活を舞台とした連作。
表紙および裏表紙のギャグ漫画風のタッチが面白そうだったので読んでみた。

爆発物を扱うのが大好きでテロリストにしか見えない部長の上野と、大魔神とあだ名のある副部長の大神を中心に、元山や池谷といった1回生を巻き込んで話が進んでいく。

表紙や上野のキャラの濃さからとんでもない方向に話が進んでいくのでは?と最初思っていたが、むしろ大学生活における若さゆえのやんちゃなエピソードといった要素もあり、意外とリアルなところもあって内容に厚みを加えている。

また、語り手はツッコミ役で常識人というキャラクターの元山が務めているが、徐々に上野や大神のペースに巻き込まれて濃くなっていくあたりも楽しい。

著者については『図書館戦争』シリーズのイメージしか持っていなかったが、他の作品も面白いことが分かった。
他にも何冊か読んでみたいと思う。





[本書の文庫版]
キケン (新潮文庫)キケン (新潮文庫)

有川 浩
新潮社 2013-06-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 有川浩,

図書館革命
図書館革命有川 浩
メディアワークス 2007-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
図書館危機
図書館内乱
別冊図書館戦争 1 (1)
別冊図書館戦争 2 (2)
図書館戦争

アニメ化されたりスピンオフ作品が出ているらしい『図書館戦争』に始まる図書館シリーズの4冊目で完結編。
以前から書店に平積みされたりしていて気になっていたが、どの順序で出ているのかをよく把握しておらず、図書館にあった本書を読んでみた。

ストーリーは検閲制度が存在する日本で、武闘派の図書館員たちが政府機関であるメディア良化委員会とドンパチをやるというもので、個性豊かな図書館員たちの掛け合いとテンポ良いストーリー展開が楽しい。
また、テーマがメディアの自己規制など現実に即している面もないわけでもないため、軽いだけの作品にならずに済んでいる。

読んでなかったこれまでの作品での事件の背景がいまいち分からないこともあるが、勢いで一気に読み進むことができる。



にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 有川浩,