fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


思わずナットク 基礎から学ぶ最新お金運用術 (講談社文庫)
思わずナットク 基礎から学ぶ最新お金運用術 (講談社文庫)
横田 濱夫
講談社 2001-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
暮らしてわかった!年収100万円生活術 (講談社+α文庫)
年収100万円の豊かな節約生活


銀行業の裏側を暴露する作風で人気を博した人物による、資産形成で気をつけるべきことを基礎から解説している作品。

重要なポイントとして、節約は地味なイメージではあるものの、節約した額を投資で得ようとするのは大変なことを考えると馬鹿にしてはいけないことや、食費などを減らして健康を損ねては元も子もないなど、その通りと思えることを語っている。

また、借金にはいい借金と悪い借金があって悪い借金が多すぎることや、当時放送されていた、こっそりクレジットカードで借金して海外旅行に行こうとする消費者金融のCMのひどさにも触れている。

本書が出版された当時、投資のすすめ的な本としてベストセラーになった『金持ち父さん貧乏父さん』については、90年代後半のアメリカで株式が好調だったことを背景としているので、いつでも応用できるわけではないと戒めている。
そして景気の局面や物価、為替などによって有利な金融商品が異なってくることが具体的に書かれ、このあたりが特に参考となる。

1億以下の投資家を見下す金融機関や、資産家とも限らないファイナンシャルプランナーの言うことをあまり真に受けてはいけないことや、成功した人を妬む時間で何か他のことができないかという話、金銭についての哲学を持つ必要など、考え方についての部分に熱心に語っていることが伝わってきて、本書もまた参考になった。



金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん

ロバート キヨサキ (著), シャロン・レクター(公認会計士) (著),
白根 美保子 (翻訳)

筑摩書房 2000-11-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DVD はみ出し銀行マンの《こんなに儲かっちゃっていいんですか?》投資法 (<DVD>)DVD はみ出し銀行マンの《こんなに儲かっちゃっていいんですか?》投資法 ()

横田濱夫
パンローリング 2008-10-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 横田濱夫, ,

はみ出し銀行マンの資産倍増論 (講談社文庫)はみ出し銀行マンの資産倍増論 (講談社文庫)

横田 濱夫
講談社 2000-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元エリート銀行員による金融ネタを扱ったエッセイシリーズの1冊で、資産防衛や利殖について語っている。

出版時の世相を反映してか、危ない金融機関のネタを中心に、知識の少ない一般庶民を狙った金融商品のあやしさ、贅沢のための借金が招く恐ろしい事態など、過去の銀行業務で見てきた話がリアルに書かれている。

この中には最近カップ焼きそばやハンバーガーで話題になった異物混入の話も入っていて、一定の割合で起こるものなのだろうと感じた。当時と現在で最も異なるのは、SNSなどで拡散した結果、炎上するかどうかだろう。

資産形成については、株で勝負できる時期は一生のうち3回程度としていたり、金利や物価、為替レートをチェックしておく重要性、小口の金融商品に手を出す前にまとまった元手を貯めるべきなど、もっともだと思えるような話が多い。
特に、期間が決まっていて為替のタイミングを動かせない外貨預金よりも、預けた1ヵ月後には自由に引き出せる外貨MMFの方が圧倒的に有利だという話はその通りだと思ったことを覚えている。

金融にまつわる悲喜劇のエピソードを語りつつ、お金に関する知識やしっかりした考えを持つ必要があるとのメッセージが強く感じられ、参考になったと思う。



DVD はみ出し銀行マンの《こんなに儲かっちゃっていいんですか?》投資法 (<DVD>)DVD はみ出し銀行マンの《こんなに儲かっちゃっていいんですか?》投資法 ()

横田濱夫
パンローリング 2008-10-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 横田濱夫,

お金が「殖えて貯まる」30の大法則 (講談社プラスアルファ文庫)お金が「殖えて貯まる」30の大法則 (講談社プラスアルファ文庫)

横田 濱夫
講談社 2002-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元銀行員が本音を語るシリーズの1冊で、タイトル通り利殖と貯金について語っている作品。
同じ講談社プラスアルファ文庫から出ている『はみだし銀行マンの「金持ちになれる人・なれない人」講座』の内容をさらに進めたものという感じである。

内容としては資産を保全するための方法や銀行や証券会社からカモにされないための方法、そして金融商品の種類と話が進み、昨今の経済情勢では有利な商品なんてそうそうないことを続く。

まずはそこそこの額を貯めないことには話にならないとし、利子を考慮するよりも、借金を返済することと無駄な出費を削ることの方が先としているのには説得力がある。
小口の借金をする癖をつけると、後々大変なことになることが書かれていて、怖い思いをした。
社会人になってからクレジットカードを作るまで時間がかかったのは、本書などの影響もあると思う。

そして最終章では、投資で儲けるよりも節約する額の方が大きくなることから「節約は最強の資産運用」とし、その考え方を語っている。

具体的な額やエピソードを用いて分かりやすくもまっとうなことを書いていて、読んで役立った記憶がある。



DVD はみ出し銀行マンの《こんなに儲かっちゃっていいんですか?》投資法 (<DVD>)DVD はみ出し銀行マンの《こんなに儲かっちゃっていいんですか?》投資法 ()

横田濱夫
パンローリング 2008-10-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 横田濱夫,

はみだし銀行マンの「金持ちになれる人・なれない人」講座はみだし銀行マンの「金持ちになれる人・なれない人」講座

横田 濱夫
講談社 2001-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元銀行員による金融業界をぶっちゃけたシリーズのうちの1冊で、本書ではいかに貧乏に陥ることを避け、金持ちに近づけるかの初めの一歩について語っている。

まずは金持ちと貧乏を分ける習慣や趣味の違いあたりから話が始まり、金融商品でハズレが多い話に銀行員が客をどう見ているか、そして借金の恐ろしさなどと続いていく。

勝ち組に入っていない人にはそうそううまい話はないとはっきり断言していて、その見も蓋もないところが購入した当時は斬新に感じたような気がする。

これまで金銭的に大きな攻めをやってこなかったのは単に金がないこともあるが、本書などを読んでリスクの高さを意識したことも影響したのかもしれない。
本書を読み返してみると、税金の確定申告を進めている項があり、これはまだやったことがないので、税務署のパンフレットをもらって読んでみるだけでもやってみようかと思った。



DVD はみ出し銀行マンの《こんなに儲かっちゃっていいんですか?》投資法 (<DVD>)DVD はみ出し銀行マンの《こんなに儲かっちゃっていいんですか?》投資法 ()

横田濱夫
パンローリング 2008-10-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 横田濱夫,

はみ出し銀行マンの金融裏事情 (講談社文庫)はみ出し銀行マンの金融裏事情 (講談社文庫)

横田 濱夫
講談社 1999-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


90年代後半に書かれた、元銀行員による銀行のブラックな部分を赤裸々に描いたシリーズのひとつ。

銀行が不祥事を隠すためのあの手この手のやり方や、辞表を出させるために採られた陰湿な嫌がらせ、体育会系の学生を使い捨て用の兵隊として採用した後の末路など、(少なくともこの時期の)銀行もなかなかにブラック企業だと感じさせられる。

銀行員が固い職業ということもあってか、資格商法などの詐欺に引っかかる話なども書かれていて、著者が多くの実例を見てきたのだろうということが伝わってくる。

銀行の顧客が注意すべき事項として、危ない銀行の見分け方や、投資信託のリスクといったところにも言及されている。

15年くらい経過して実情に合わなくなった部分も多いだろうが、銀行というものの本質が変わったとも思わないので、それなりには参考になる。



[著者の他の作品]


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 横田濱夫,