fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 11)
爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学 (爆笑問題のニッポンの教養 11)
太田 光 田中 裕二 福岡 伸一
講談社 2008-01-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見 (文春文庫)
できそこないの男たち (光文社新書)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
世界は分けてもわからない (講談社現代新書)
せいめいのはなし (新潮文庫)
ルリボシカミキリの青―福岡ハカセができるまで (文春文庫)
福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー新書)
センス・オブ・ワンダーを探して ~生命のささやきに耳を澄ます~
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書)


NHKで放送されていた爆笑問題の教養バラエティ番組を新書化したシリーズの1作で、青山学院大学の相模原キャンパスに分子生物学が専門でベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』の著者でもある福岡伸一教授を訪ねた回を扱っている。

生物と無生物の違いや遺伝子といった話からシェーンハイマーが行った実験の話になり、一気に本題に入った感じとなる。
この実験はマウスのえさを分子レベルでトレースできるようにしておいて食べたものがどのように移動するのか?というものだったが、えさの分子はマウスの体中に速いスピードで広がっていくという結果となった。
これは食べ物の分子がマウスの身体を構成する分子と入れ替わったわけで、シェーンハイマーはこれを「動的平衡」と名づけている。

この話から生物は分子レベルでは常にダイナミックに入れ替えをやっているわけで、ある瞬間の自分は他のいつの自分とも異なるという形で話が進む。
太田と田中の間でも大学で知り合った頃の2人は既に死んでしまっていると表現したり、「千の風になって」の歌が分子生物学と相性がいいといった話題になったりもしていて考えさせられる。

そして太田がしばしば学者たちにぶつける哲学的な問いかけを福岡氏にもしている。
福岡氏は科学者としては文章や文体にこだわりのある人のようで、真摯に応え、科学とは一つの文体と表現しているなど興味深い話をしている。

分子が動き回っているという現象は少し常識を揺らがせる感じがあり、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 爆笑問題,

爆笑問題のニッポンの教養 この世はすべて錯覚だ 知覚心理学爆笑問題のニッポンの教養 この世はすべて錯覚だ 知覚心理学

太田 光 田中 裕二 北岡 明佳
講談社 2008-05-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


NHKで放送されていた爆笑問題の教養バラエティ番組を新書化したシリーズの1作で、本書では立命館大学に知覚心理学として錯視を研究する北岡明佳教授を訪ねている。

研究室に飾ってある、動いて見える錯視の絵を爆笑問題の2人が見ていて、入ってきた人に「撮影中なので・・・」と追い出そうとするとそれが北岡教授だった・・・という、バラエティ番組でしばしば見られるやり取りから始まっている。

北岡教授の慎重な言葉遣いに対して太田から、間違うことを恐れているためにそのような話し方になっているのかと質問があり、北岡教授は錯視には説明が必要となるためと回答していて、なかなか読みごたえがある。

北岡教授は研究のために錯視の絵を多く制作していて、その多彩さに驚嘆する。
これらは偶然見つけてできたものが多く、論理的にこう見えるはずとして作成したのは1作だけというのも興味深い。

錯視の種類によってはそれを感じる人と感じない人がいて、北岡教授も錯視として感じ取れない絵があり、感じ取れないのはつまらないと正直に語っている。
この話を読む限り、妙に見えるから面白いというのはあると感じる。

後半では太田が完全な客観視みたいなものを求める質問をして、北岡教授から「無理無理」とあっさり否定されて脱力している画像が掲載されているのも面白い。

人の見え方は完全でないところがあるということがよく分かり、楽しく読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 爆笑問題,

爆笑問題のニッポンの教養 ひきこもりでセカイが開く時 精神医学
爆笑問題のニッポンの教養 ひきこもりでセカイが開く時 精神医学
太田 光 田中 裕二 斎藤 環
講談社 2008-03-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
家族の痕跡 いちばん最後に残るもの (ちくま文庫)
ひきこもりはなぜ「治る」のか?―精神分析的アプローチ (ちくま文庫)
社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書)
思春期ポストモダン―成熟はいかにして可能か (幻冬舎新書)
文明の子


爆笑問題が各界の学者に話を聞きに行くシリーズの1作で、今回は大学や研究所ではなく病院へ、精神科医の斎藤環氏を訪ねている。

斎藤氏は多趣味で爆笑問題のファンでもあるのか、太田が高校時代に友達がいなかったことや、カート・ヴォネガットの大ファンであることなど、爆笑問題のことをあまりにも知っていることに驚きながらやり取りを読んでいった。

斎藤氏の専門は引きこもりの研究や治療で、引きこもること自体は必ずしも否定的には捉えておらず、いろいろな分野で大成した人物にもそうした傾向や時期があったことを紹介している。

問題は引きこもった状態にあること自体を苦にして、周囲に迷惑をかけているという思いや、プライドは高いが自信はないという状態に陥って行動ができない状態が続くことにあるとしていて、その難しさを語っている。

そしてお笑いは不安や不満など満たされない部分がベースとなって生まれることや、「自分はそこまでの人物ではない」とか「これもまた自分」、「今の状態もそれなりになのでは?」といった心理的な重荷を軽減するような言葉を語り合っているのが良かった。

特に心理面では正常な状態を判別することは不可能に近いような話もあり、なるほどと思いながら読んだ。



[斎藤氏の作品]


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 爆笑問題,

爆笑問題のニッポンの教養 万物は渋滞する 渋滞学
爆笑問題のニッポンの教養 万物は渋滞する 渋滞学
太田 光 田中 裕二 西成 活裕
講談社 2008-01-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
渋滞学 (新潮選書)
東大人気教授が教える 思考体力を鍛える
爆笑問題のニッポンの教養 「体内時計」はいま何時? システム生物学
「渋滞」の先頭は何をしているのか? (宝島社新書 291)
爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由 分子生物学


爆笑問題が各界の学者に話を聞きに行くシリーズの1作で、本作では渋滞学を提唱した東大の西成活裕准教授を訪ねている。
東大へ向かう自動車も渋滞にはまり、テーマにふさわしいオープニングとなっている。

太田は出会った早々西成氏が自分より2歳年下だということが分かって先輩風を吹かせたり、2車線以上の道では3台前の自動車の動きを読むことで渋滞を回避できるテクニックを披露したりして、西成氏を感心させている。

西成氏は数学のモデルを用いて渋滞が発生するメカニズムを研究しており、自動車の渋滞は車間距離を詰めていて急にブレーキを踏んで減速することが大きな要因だとしていて、納得できる。

また、行列で自分より前に並んでいる人数と、後ろに並んでいる人数ができる時間から待ち時間を算出する方法を紹介したり、障害物が適切な場所にあった方が渋滞が発生しにくいことなどを語っていく。

渋滞は自動車や行列の他に電車や飛行機、さらには人間関係と、多くの分野で存在するという話となる。
そして爆笑問題の2人はネタを出す間が詰まっていたために糸井重里から注意されたエピソードを出し、ネタも渋滞を起こすことに西成氏はまたも感心する。

太田も西成氏も渋滞を避けるためにトップダウンで強制することは良くないという考え方で共感し、それぞれの個人が少しずつ視野を広く持って行動するだけでも大きく渋滞は緩和されるはずだという話で盛り上がっている。

テーマがが渋滞という具体的でイメージしやすいものだったこともあってか、西成氏と爆笑問題の両者がいい手ごたえを感じているようなところが伝わってきて、なかなかの良回だったのではないかと思う。



[西成氏の作品]


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 爆笑問題,

爆笑問題のニッポンの教養  教授が造ったスーパーカー 環境工学爆笑問題のニッポンの教養 教授が造ったスーパーカー 環境工学

太田 光 田中 裕二 清水 浩
講談社 2007-10-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


NHKで放送されていた教養番組「爆笑問題のニッポンの教養」を単行本化したシリーズの1冊で、慶応大学に環境工学者として電気自動車を開発している清水浩教授を訪問している。

清水教授は以前読んだ『脱「ひとり勝ち」文明論』の著者でもあり、そこでも触れられていた8本のタイヤで走る電気自動車「エリーカ」に爆笑問題の2人が試乗している。
スピードと加速は違うと清水教授は語り、一気にトップスピードに達するというエリーカのすごさに太田と田中も興奮しているのが伝わってくる。
エリーカはタイヤにモーターを積んでいてエンジンが存在せず、電気自動車の特徴としてギアチェンジという概念自体がないことにも少し驚く。

清水教授は環境庁の官僚だったのが、環境を守るというやるべきことと、自身が車好きという趣味を考えた結果として環境への負荷がガソリン車よりも段違いで小さい電気自動車の開発をしようと思った経緯を語っている。
そして環境にいいというだけでは弱いので、スピードや乗り心地も重視した自動車を開発してきたという。

そしてこのプロジェクトリーダーを務めている、元住友銀行副頭取の吉田博一教授も出てきて、エリーカの意義や夢について熱く語っている。
こちらの教授はビジネスやプレゼンに強いタイプで、清水教授との組み合わせが実にいいという話になっている。

電気自動車の普及については太田がもっとメディアに出るべきだと話したり、環境を最初に持ってくるのは話として弱いのでスピードやかっこよさをもっと前面に押し出すべきだと主張していて、清水教授もなるほどとうなずいているのが印象的だった。

太田のボケに清水教授が乗ってきたりしていて、終始楽しい雰囲気で収録が行われていたのではないかと感じられ、こちらも楽しく読むことができた。
そして、電気自動車の発展にも期待したい。



脱「ひとり勝ち」文明論脱「ひとり勝ち」文明論

清水 浩
ミシマ社 2009-06-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 爆笑問題,