fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


日本SF短篇50 III: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
日本SF短篇50 III: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
日本SF作家クラブ(編)
早川書房 2013-06-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)
日本SF短篇50 II (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
日本SF短篇50 V: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA ニ 3-5)
日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF)


日本SF作家クラブの創立50周年を記念して編纂されたアンソロジーの第3作。
1983~92年の10年間に書かれた作品の中から10作が収録されている。

この時期はSFのブームがひと段落して少し厳しい時代になってきた感じではあるが、戦後SFの第2世代くらいに当たる作家による、第1巻および第2巻に作品が収録されている初期の方々とは異なるタイプのSFが収録されている。

作品を読んだことのある作家たちの作品も多く、椎名誠「引綱軽便鉄道」、田中芳樹「戦場の夜想曲」、谷甲州「星殺し」、草上仁「ゆっくりと南へ」がそれに当たり、良かったと思う。
中でも草上作品は単行本未収録の短編が多数あるようなので、電子書籍だけでもいいので傑作選などが出てほしいところである。

読んだことのない作家の作品で印象に残ったのは川又千秋「火星甲殻団」、森岡浩之「夢の樹が接げたなら」あたりで、関心を持ったので著作を読むことを検討したい。

SFのアンソロジーでありがちなことだが、ジャンルの幅が広いためにあまり関心がなかったり難しく感じる作品もあったりはしたものの、総じては面白い1冊だったと感じている。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 椎名誠, 田中芳樹, 草上仁, ,

流星航路 (徳間文庫)流星航路 (徳間文庫)

田中 芳樹
徳間書店 1987-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『銀河英雄伝説』や『アルスラーン戦記』などで知られる田中芳樹による、初期のSF短編集。
下記の8編が収録されている。
  • ある惑星を訪れる探検隊が次々と全滅してしまう事態に挑む「緑の草原に・・・」
  • タイムスリップを繰り返しての逃亡劇を描く「いつの日か、ふたたび」
  • 惑星間の輸送船でありえないはずの事故が発生する表題作
  • 懸賞金稼ぎをする主人公が、辺境の惑星でサイボーグ化したお尋ね者と戦う「懸賞金稼ぎ」
  • 地球とシリウス星系の間で緊張が高まる中、中立の惑星に住む主人公が襲撃を受ける「黄昏都市」
  • スキーの国際大会で謀略に巻き込まれる「白い断頭台」
  • 火星の生物を食用にしようとしたことから事件が発生する「品種改良」
  • アラスカでヒトラーが輸送しようとした財宝をめぐる事件を描く「深紅の寒流」

全体的にアイデアの意外性やサスペンス的な感じ、謀略によるミステリー的な要素などがあり、楽しんで読んだ記憶がある。
この中では「品種改良」や「懸賞金稼ぎ」、「黄昏都市」などが特に面白かったと思う。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 田中芳樹,

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)
田中 芳樹
東京創元社 2007-02-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
銀河英雄伝説〈3〉雌伏篇 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説〈4〉策謀篇 (創元SF文庫)
銀河英雄伝説〈6〉飛翔篇 (創元SF文庫)


田中芳樹による、『アルスラーン戦記』や『創竜伝』と並ぶ代表的なシリーズ作品である通称『銀英伝』を文庫化した作品の第1作。

人類が宇宙に進出した時代、多くの経緯を経て絶対君主制の銀河帝国と、それに対抗する自由惑星同盟に分かれ、戦闘が膠着状態となっていた。
その状況から、銀河帝国では皇妃の弟として将軍となったラインハルト、そして自由惑星同盟ではなりゆきで軍人にならざるを得なかったヤン・ウェンリーが頭角を現し、戦局に大きな影響を与えていくこととなる。

銀河帝国、そして自由惑星同盟のそれぞれの内部でも、権力争いや政治的な駆け引きがなされ、銀河帝国の自治領だが自由惑星同盟とも交易を行っているフェザーンの動向なども絡んで、かなり厚みのある構成となっている。

本書では1冊目ということもあってストーリーの進行はそれほど早くないが、それでもラインハルトが権力を徐々に掌握したり、ヤンが嫌がりながらも出世していくなど、今後への展開が期待できる話も多い。
かなり長い作品ではあるが、少しずつ読んでいくことになるかと思う。



[本書の続編]
銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)

田中 芳樹
東京創元社 2007-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 田中芳樹,

マヴァール年代記(全) (創元推理文庫)
マヴァール年代記(全) (創元推理文庫)
田中 芳樹
東京創元社 2002-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
七都市物語 (ハヤカワ文庫JA)
王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)
征馬孤影・風塵乱舞 ―アルスラーン戦記(5)(6) カッパ・ノベルス
落日悲歌・汗血公路 ―アルスラーン戦記(3)(4) (カッパ・ノベルス)
王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8) カッパ・ノベルス

『アルスラーン戦記』や『銀河英雄伝説』で知られる著者の、中世ハンガリーを舞台とした架空歴史小説。マヴァール≒マジャールということか。

父を殺し帝位に就いたカルマーンと、その友人でライバルのヴィンツェル、そして2人の友であるリドワーンの3人を軸に戦争と謀略の話が進んでいく。

裏切りや秘密外交、政略結婚にスパイとマヴァール帝国とその周辺諸国のやり取りが展開され、一気に読み進んでいける。

先に『アルスラーン戦記』を読んだので、両作品の登場人物が結構ダブった。
大体このような感じである。
 『アルスラーン戦記』 ≒ 『マヴァール年代記』
・ アンドラゴラス    ≒  カルマーン        ”強い君主”
・ ナルサス       ≒  ヴィンツェル       ”凄腕の策略家”
・ ダリューン      ≒  リドワーン         ”朴訥な武人”

アンジェリナやラザールなど脇役たちもくせのある人物が多く登場して多彩さを加えている。この手の作品は登場人物が多くなって覚えきれなくなる問題がある。
しかしこの作品はあまりハッピーエンドを意識して書かれていないためか、途中でスパスパ殺していくのであまりごたごたした感じになっていないのはいいところだと思う。

結末の部分が強引というか、あまりひねりのない感じだったのにはがっかりしたが、それ以外はまあ面白かった。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 田中芳樹,