fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



福井健太 (編集)
東京創元社 (2021/11/29)


1970年代に発表されたSF漫画を集めたアンソロジー。
手塚治虫、松本零士、石ノ森章太郎、横山光輝、諸星大二郎など、漫画やアニメで読んだことがある漫画家の作品が多い。

また、SF作家が本業である筒井康隆の「急流」も収録されていて、短編を漫画にしたものだと思っていたら、実際は漫画をオリジナルで描いていて、ネタ切れ気味の時期に漫画をノベライズしたと書かれていたのに少し驚いた。
確かに、シュールさというか馬鹿馬鹿しさは漫画の方が適した内容だと思う。

鉄腕アトムが登場するが主人公というわけでもない「アトムの最後」、人を裁くコンピュータが運用される時代を描いた松本零士の「ヤマビコ13号」、超能力を持った少年の受難を描く萩尾望都の「あそび玉」など、当時の世相を反映しているのかコンピュータに支配される世界とか、人類が滅亡したり限られた空間でしか生きられないディストピアものが多い。

諸星大二郎の「生物都市」もそれに近い感じの作品だが、以前読んだ『妖怪ハンター 地の巻』と同様の気持ち悪さがくせになりそうなタッチで、妖怪ものを扱ってもSFを扱っても同じような感じになっているのが面白い。

手塚治虫は『ブラックジャック』などで、横山光輝は『三国志』で絵柄を見慣れている一方で、それなりの割合を占めている少女漫画はあまり読んできていないためか、少し眼が慣れない感覚があった。
これらの中では水樹和佳子の「樹魔」あたりが良かった。

絵柄や設定が古びている部分があるのは当然としても、時代を超えて印象に残りそうな作品が多かった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 筒井康隆,

不思議の扉 時間がいっぱい (角川文庫)
不思議の扉  時間がいっぱい (角川文庫)
大森 望 (編集)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-03-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
不思議の扉 時をかける恋 (角川文庫)
不思議の扉 午後の教室 (角川文庫)
不思議の扉   ありえない恋   (角川文庫)
短編工場 (集英社文庫)
きみが見つける物語 十代のための新名作 こわ~い話編 (角川文庫)


書評家やアンソロジストをしている大森望による、時間にまつわる事件が発生する短編を集めたSFアンソロジー。
下記の作品が収録されている。
  • 「しゃっくり」 筒井康隆
  • 「戦国バレンタインデー」 大槻ケンヂ
  • 「おもひで女」 牧野修
  • 「エンドレスエイト」 谷川流
  • 「時の渦」 星新一
  • 「めもあある美術館」 大井三重子
  • 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 フィツジェラルド

ある時点からある時点までの時間がリピートする作品が「しゃっくり」、「エンドレスエイト」、「時の渦」で、「しゃっくり」では筒井作品らしいパニック度合い、初めて読んだ『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズ作品である「エンドレスエイト」では夏休みにイベントをこなすことにこだわるハルヒとSOS団員たちのかけあい、「時の渦」では奇妙な事態なのに淡々とした会話がなされる星作品っぽさが出ていて、似たシチュエーションでも作風によって大きく異なるものだと感じる。

ミュージシャンのイメージが強い大槻ケンヂの「戦国バレンタインデー」では、女子高生が過去へタイムスリップするが持ち前のバイタリティーを発揮するところは、鯨統一郎の『タイムスリップ森鴎外』に始まるシリーズや、宮本昌孝の『もしかして時代劇』を思い起こさせてくれた。

ブラッド・ピット主演の映画になった「ベンジャミン・バトン」は映画は観ていないのでどのような感じなのか分からないが、単純に短編として読むとフィッツジェラルドがSF作家ではないためか、描写などにつっこみどころというか弱いところがあるように感じた。
単純に好き嫌いの問題なのかもしれない。

どの作品もテンポが良くて読みやすく、一気に読み進むことができた。
時間SFの面白さを再認識したので、他にも読んでみようかという意欲がわいてきた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 大森望, 星新一, 筒井康隆,

日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
日本SF作家クラブ(編)
早川書房 2013-02-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本SF短篇50 II (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)
日本SF短篇50 III: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
日本SF短篇50 IV 1993-2002―日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA)
日本SF短篇50 V: 日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー (ハヤカワ文庫 JA ニ 3-5)
SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF)


日本SF作家クラブの創立50周年を記念して編纂されたアンソロジーの第1作。
1963~72年の10年間に書かれた作品の中から、それぞれの年に1冊ずつ、合わせて10作が収録されている。

福島正実や石川喬司など、作家としてよりも編集者や評論家としての評価や知名度が高そうな人物の作品も入っていて、作品の面白さよりも日本SF作家クラブへの貢献度などを考慮して選ばれたのではないかと思った。
言い換えると、あまり面白く感じなかった。

一方で光瀬龍、豊田有恒、星新一、半村良、筒井康隆といった、日本SFのレジェンドとも言える作家たちの作品は文句なしに面白く、古い作品ということもあまり気にならない。

この中では半村良によるタイムとラベルものである「およね平吉時穴道行」が最も印象に残った。
これは江戸時代に活躍した山東京伝に傾倒した主人公がある奇書を手に入れたことから展開していく作品で、時代考証などの作りこまれた設定が活かされているので引き込まれる。

そして筒井康隆の「おれに関する噂」では、マスコミが報道価値があると判断すれば人の迷惑を顧みずにニュースにしていく一方、マスコミ自身のことなど都合の悪いことについては「報道しない自由」を行使する傾向がある部分を痛烈に描いていて、この時期からあまり変わっていないなと感じた。

時代を感じたのは小道具の他、テレビ番組のスタッフや広告代理店の社員、コピーライターなどが主人公となっている作品が目立つところで、この時期がテレビに影響力があって威勢が良かったのだろうとも思った。

思っていた以上に楽しく読むことができたので、続編も読んでみるつもりである。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 星新一, 筒井康隆, 半村良,

ウィークエンド シャッフル (講談社文庫)
ウィークエンド シャッフル (講談社文庫)
筒井 康隆
講談社 2006-09-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
笑うな (新潮文庫)
ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)
俗物図鑑 (新潮文庫)
東海道戦争 (中公文庫)
壊れかた指南 (文春文庫)


1978年に初版が出た筒井康隆の短編集の新装版。
13の短編が収録されている。

初めて読んだ作品の中で最も印象に残ったのは表題作で、週末をのんびり過ごそうとした主婦の身の上に起こるドタバタじみた悲喜劇が二転三転し、思い込みが激しい主婦の言動と相まって笑いながら読み進んでいった。

また、どこにでもいそうな見栄っ張りの主婦たちが引き起こす悪行を描いた「如菩薩団」や、主人公の作家が政党間の争いが激しすぎる市に転入したことからストーリーが始まる「旗幟不鮮明」、余命いくばくもない人物に手術をすることがあっという結末を迎える「生きている脳」などが面白かった。

他のアンソロジーなどで読んでいた短編では、アンソロジーの表題作にもなっている『佇むひと』が、暗い世界観ながらも独特の雰囲気があって良かった。

好みでない作品もいくつかあるが、全体的にはまずまず楽しめたと思う。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 筒井康隆,

出世の首―ヴァーチャル短篇集 (角川文庫)
出世の首―ヴァーチャル短篇集 (角川文庫)
筒井 康隆
角川書店 2007-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
最後の喫煙者―自選ドタバタ傑作集〈1〉 (新潮文庫)
陰悩録―リビドー短篇集 (角川文庫)
佇むひと―リリカル短篇集 (角川文庫)
夜を走る トラブル短篇集 (角川文庫)
くさり―ホラー短篇集 (角川文庫)


筒井康隆の短編から、現実ともう一つの異世界が微妙にシンクロする感じの作品12編を収録している作品集。

この中で最も好きな作品は「馬は土曜に蒼ざめる」である。
これは馬が好きすぎて馬になりたいと公言していたSF作家が、交通事故をきっかけに脳を馬に移植される話で、共同馬主だった友人とともに競馬で一儲けしようとするドタバタが描かれていて面白い。

他には買い替え時期の都合でテレビが見られなくなった一家が、子どもにおとぎ話をするつもりが変な話にばかりなってしまう「団欒の危機」もいい。
特に、それぞれの願望や不満が現れた話になるあたりのくだらなさに笑ってしまう。

ただ、他の作品では文壇の内輪ネタが全面に出たものだったり、フリを引っ張りすぎたように感じるものだったりと、全体としては最近何冊か読んだ筒井作品のアンソロジーの中ではいまひとつと思った。
筒井作品の短編集として最初に読むなら、『日本以外全部沈没―パニック短篇集』『傾いた世界―自選ドタバタ傑作集〈2〉』あたりの方をお勧めする。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 筒井康隆,