fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


嫁洗い池 (創元推理文庫)
嫁洗い池 (創元推理文庫)
芦原 すなお
東京創元社 2003-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
わが身世にふる、じじわかし (創元推理文庫)
ミミズクとオリーブ (創元推理文庫)
月夜の晩に火事がいて (創元推理文庫)
雪のマズルカ (創元推理文庫)
サンタクロースのせいにしよう (集英社文庫)

『ミミズクとオリーブ』 から続く、語り手の妻が名推理を展開するミステリ連作の第2作。

語り手の友人である河田刑事が事件を持ち込み、うまい料理を食べながら事件の内容が話されることで、語り手の妻が推理をしていくパターンは健在で、まあ面白い・・・と言いたいところだが、2作目で少し飽きてしまった。

料理の描写や語り手と河田の掛け合いが特徴なのだが、毎回続くとこれがまどろっこしく感じる。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 芦原すなお,

ミミズクとオリーブ (創元推理文庫)
ミミズクとオリーブ (創元推理文庫)
芦原 すなお
東京創元社 2000-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
嫁洗い池 (創元推理文庫)
わが身世にふる、じじわかし (創元推理文庫)
月夜の晩に火事がいて (創元推理文庫)
掌の中の小鳥 (創元推理文庫)
サンタクロースのせいにしよう (集英社文庫)

作家の奥さんが名推理を披露する安楽椅子ものミステリー。
語り手は少々おっちょこちょいの作家で、彼には不相応なほどよくできた奥さんがおり、料理上手で性格もいい。しかも時折作家の友人である刑事が持ち込んでくる事件まで解決してしまう。

ミステリーのトリックとしてはそこまで奇想天外なものではないが、奥さんのキャラクターの魅力や料理の描写、八王子の田舎にある作家の自宅のひなびた感じなどは、他に代えがたい良さがある。
奥さんの多才ぶりや男女のトラブルに心を痛める純粋さ、不機嫌さがすぐ表れてしまうような可愛らしさなどは、理想の妻の1つの形と思える。

続編もあるようなので、そのうち読むことにする。



にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 芦原すなお,