fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



関裕二 (著)
PHP研究所 (2019/2/16)


縄文時代に関する近年の研究結果から、これまでの通説と違う部分、ヤマト建国に及ぼした縄文文化の影響、その後現在に続く日本史に出てくる縄文の思想などについて考察している作品。

かつては縄文時代は未開の文化とされる言説が多かったが、縄文時代がそれまで考えられていたよりも1万年以上という長期にわたっていたらしいことや、縄文時代から弥生時代に急激に変わったわけではないこと、それ以前に縄文時代と弥生時代の区別をつけるのが難しくなっていることなどが語られている。

例えば騎馬民族征服説のように大陸から多くの人々が渡ってきて日本を征服したようなことは遺伝子の研究などから否定されているようで、当時の航海技術を考慮しても短期間の多数の人が日本に来ることは考えにくいこと、そしてそれ以前から住んでいた人々の文化が定着していたらしい話につながっている。

さらに、文化や人の移動は大陸などからの西から東への流ればかりではなく、東から西へと縄文文化を持つ人々が移動する流れも多かったようで、この辺りは少し驚かされた。

そして稲作文化は縄文時代の早い段階から伝わっていたものの、あえて採用しない時期が続いたこと、その理由として「農耕をする社会は戦争ばかりする」という危険性に早くから気づいていたためという話が興味深い。

そこから、著者によるヤマト建国が東海や近江の勢力が大和に集まって北九州の勢力に打ち勝つことで成立したという話につながっている。
つまり、縄文の影響が強い地方の人々が弥生の影響が強い地方に勝利したという構図となる。

この2つの流れはその後も続いていて、好戦的な弥生タイプの代表が藤原氏で、平和的な縄文タイプが蘇我氏、そして時代を下って家康だとしていて、日本では時々縄文の思想が顔を出すという話がなされている。

研究結果のところで少し分かりにくいところもあったが、なかなか興味深い内容だったと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 関裕二,

神武東征の謎―「出雲神話」の裏に隠された真相 (PHP文庫)
神武東征の謎―「出雲神話」の裏に隠された真相 (PHP文庫)
関 裕二
PHP研究所 2003-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
天孫降臨の謎―『日本書紀』が封印した真実の歴史 (PHP文庫)
「出雲抹殺」の謎 ヤマト建国の真相を解き明かす (PHP文庫)
消された王権・物部氏の謎―オニの系譜から解く古代史 (PHP文庫)
大化改新の謎―闇に葬られた衝撃の真相 (PHP文庫)
壬申の乱の謎―古代史最大の争乱の真相 (PHP文庫)


関裕二の歴史読み物で、神武東征を扱っている。

かなり前に買ってそのままにしていたが、先日神武東征を扱った八木荘司の『古代からの伝言 日本建国』を読んで面白かったので、同じ題材を扱っている本書を読んでみた。

本書では神武天皇という神という言葉の秘める意味や、トヨという名に関連する人物が『古事記』や『日本書紀』に複数登場すること、出雲に由来する銅器の分布が北部九州にも及んでいることなどから考察を進めていく。

その中から
  • 北部九州の国家群がヤマトの勢力拡張を恐れて鉄の流通経路である関門海峡を封鎖していた
  • 著者が邪馬台国の所在地と推定する久留米付近を背後から脅かす位置にある日田を、出雲の勢力が押さえていた
  • 神武天皇がヤマトに入る前にヤマトを支配していたニギハヤヒという人物に代表される勢力は、出雲から出てきた物部系の勢力だった
  • さらに、出雲の勢力内でも神武天皇を迎えるかどうかで2派に分裂していた
など、古代の地政学や国際関係が描かれていて興味深い。

ただ、どうしても『古事記』や『日本書紀』における藤原不比等による曲筆を探るというスタイルで考察が進められている関係からか、人物や神社の名がいくつも出てきて、ついていくのが少々しんどい。

久しぶりに関裕二の作品を読むと、怨霊や祟りを恐れる話が多いというところは井沢元彦にもやや作風が近いようにも感じた。

信憑性についてはともかく、スケールの大きな古代史の物語を楽しむことができて面白かった。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 関裕二,

日本古代史 謎と真説 (学研M文庫)
日本古代史 謎と真説 (学研M文庫)
関 裕二
学習研究社 2005-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
古代日本列島の謎 (講談社プラスアルファ文庫)
「入鹿と鎌足」謎と真説 (学研M文庫)
[図解]誰も教えてくれなかった「古代史」の真実 ついに解き明かされた「歴史の闇」
天皇家誕生の謎 (学研M文庫)
消された王権・物部氏の謎―オニの系譜から解く古代史 (PHP文庫)

邪馬台国、大和朝廷の誕生、聖徳太子そして大化の改新と壬申の乱など、日本古代史の解明を試みている本。

著者の他の著作でも述べられているが、日本書紀の記載を藤原氏に都合よく書かれているという観点から読み解くことで、古代史の真相を推測している。
大化の改新の首謀者の一人である藤原鎌足に始まり不比等、房前、仲麻呂、百川、時平など藤原氏はライバルを様々な手段を用いて葬ってきた。その範囲は蘇我氏、物部(石上)氏、大伴氏、菅原道真といった朝廷の臣下だけでなく、有馬皇子、大津皇子、長屋王、井上内親王といった皇族まで及び、枚挙に暇がない。
そのため、買った恨みも並大抵のものではなく、藤原氏はその祟りに悩まされ、怨霊を鎮めることに苦心することとなる。

かぐや姫の『竹取物語』も、実は藤原氏の天下に対する批判が盛り込まれていることは知らなかった。かぐや姫に求婚する5人の貴公子のうち、姫に求められた宝を偽造して求婚した「くらもちの皇子」という卑怯な貴公子は藤原不比等をキャラクター化したものという説があるとのこと。藤原氏からの糾弾を恐れて”藤原”とか”中臣”といった言葉を使わなかったようである。

皇室を別にして日本最高の名門となるにはきれいごとだけではすまないだろうが、藤原氏はかなりえげつないことをやっていたようである。



にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 関裕二,

聖徳太子の謎 (学研M文庫)
聖徳太子の謎 (学研M文庫)
関 裕二
学習研究社 2002-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「入鹿と鎌足」謎と真説 (学研M文庫)
日本古代史 謎と真説 (学研M文庫)
天皇家誕生の謎 (学研M文庫)
「出雲抹殺」の謎 ヤマト建国の真相を解き明かす (PHP文庫)
壬申の乱の謎―古代史最大の争乱の真相 (PHP文庫)

関・古代史シリーズの1冊。
本書では聖徳太子についてで、法隆寺の金石文に対する考察が多かった。
これまで読んだ関氏の著作になく目新しかったのは下記の点。

聖徳太子は『上宮聖徳法王帝説』のように、「上宮太子」とも呼ばれることがあるが、本書では「中宮太子」「下宮太子」はどうなっているかという切り口を提唱し、

中宮太子:大海人皇子(天武天皇)
下宮太子:長屋王
であると仮定している。

この三代の皇族が蘇我系の人物であり、共通点は独裁的な皇室及び藤原氏に”消された”ということである。

他の著作にもあるように、日本書紀は藤原氏による蘇我氏の抹殺を意図されている部分が少なからずあり、鎌足以来の藤原氏のやり方はあくどかったと思わされてしまう。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 関裕二,

消された王権・物部氏の謎―オニの系譜から解く古代史 (PHP文庫)
消された王権・物部氏の謎―オニの系譜から解く古代史 (PHP文庫)
関 裕二
PHP研究所 2002-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
神武東征の謎―「出雲神話」の裏に隠された真相 (PHP文庫)
「出雲抹殺」の謎 ヤマト建国の真相を解き明かす (PHP文庫)
大化改新の謎―闇に葬られた衝撃の真相 (PHP文庫)
天孫降臨の謎―『日本書紀』が封印した真実の歴史 (PHP文庫)
壬申の乱の謎―古代史最大の争乱の真相 (PHP文庫)

古代日本で、仏教伝来に際してこれに激しく反発して仏教導入派の蘇我氏に滅ぼされた氏族、というのが物部氏に関する一般的なイメージか。

本書では物部氏を導入として、古代から日本における天皇家と鬼の関係を大胆な仮説で分析している。

物部氏の”モノ”とは神や鬼のような人間の力では逆らえないような大きな存在といった意味であるそうで、酒呑童子や金太郎のように子供の姿をして現れるというのが日本における伝説の1つのパターンである。

この鬼というのが誰から見た鬼かというと、独裁を志向した天皇および百済と縁の深い藤原氏から見た鬼という意味で、この勢力に敵対したものは鬼とされてきた。
具体的には、物部氏、蘇我氏、出雲、吉備、朝鮮半島の新羅、伽耶などで、日本書紀ではあまりいい扱いをされていないか、意図的にその事跡を消されている。

この勢力は排斥されたわけだが、これで衰亡してはおらず、闇の勢力として皮肉にも天皇家を永続させる働きをしてきたと結論付けている。

書かれていない、というのは単に事実がなかったからではなく、記録した者にとって都合が悪かったから記録しなかったという考え方があることを痛感した。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 関裕二,