FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



1分間君主論 差がつく実学教養3 (1分間名著シリーズ)
ニッコロ・マキャベリ (著), 齋藤 孝 (著)
SBクリエイティブ 2018/6/13



1項目当たり見開き2ページで1分程度で読み終えられるようにし、77項目で構成されているシリーズの『君主論』編。

そのままのニュアンスだとどぎついと感じられる部分も現代のビジネスや社会生活に活かせるような形で解説していて、読みやすい。

読んでいくと、改めてマキャベリの『君主論』をはじめとした著書のリアリズムが時代を越えて通用すること、特に他力に頼り過ぎないことや、どう見られるかの重要性、大衆となった人間の弱さなどがストレートに伝わってきた。

このシリーズの他の作品にも劣らず、なかなか良かったと思う。
(『君主論』に関する本も、このシリーズに属する本も何冊も読んでいくと、さすがに書くことがネタ切れしてくる・・・)





1分間菜根譚 差がつく実学教養4 (1分間名著シリーズ)
洪 自誠 (著), 齋藤 孝 (監修)
SBクリエイティブ 2018/9/20


1分間資本論 差がつく実学教養5 (1分間名著シリーズ)
カール・マルクス (著), 齋藤孝 (監修)
SBクリエイティブ 2019/3/9


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 齋藤孝, マキャベリ,




1項目当たり見開き2ページで1分程度で読み終えられるようにし、77項目で構成されているシリーズの『孫子』編。

原著の言葉にこだわらない意訳によってビジネスにも生かせるような分かりやすい形で書かれているので、読みやすい。

『孫子』に関連する本は10冊以上読んでいるために重なる部分も当然あるが、このシリーズは区切りが短くて明確なので空いた時間に読めるのがいい。

右側のページの文字組みを縦組み・横組みで交互にしているのも、飽きさせないための工夫なのだろうと思う。

1点、朝倉孝景(正)と朝倉義景(誤)を間違えているのは、編集の人も紛らわしくてチェックできなかったのかもしれない。
(前者は応仁の乱でのし上がった梟雄、後者はその子孫で信長に滅ぼされた暗君)

情報の重要性、組織での関係が出来上がっていること、相手の弱点を突くことなど、『孫子』のエッセンスがうまく表現されている作品だと思う。





1分間君主論 差がつく実学教養3 (1分間名著シリーズ)
ニッコロ・マキャベリ 齋藤 孝
SBクリエイティブ 2018/6/13



にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孫子, 齋藤孝,




江戸時代中期に勝田祐義によって編纂され、寺子屋での教科書として広く利用された『金言童子教』の言葉451を現代語訳および解説している作品。

『論語』などの名言が多く収録されていて、韻を踏んだり前後で意味を対応させたりと、リズムよく読むための工夫がなされていることが伝わってくる。

多分繰り返し口に出して読むことで効果が出てくるものであり、単に黙読するだけでは効果が限定的なものなのかもしれない。

このレベルの内容を、幼稚園児や小学生の頃から学ばせていたのはすごいことと思う一方で、それでもダメな人は一定数出ていたと思うので、教育の合う合わないなどはあるかもしれない。
あまり、現代の人がダメだとくさしても仕方がない。

全体的には類書が少なくていい着眼点だと思うし、読みやすい構成となっている。

ひとつ注文をつけたいのは続き物の言葉を分けて訳しているところで、ぶつ切りにされてリズムが悪くなっている。
ここはまとめた形で構成した方が良かったのではないかと思う。








にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 齋藤孝,




ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教など、日本人が必ずしも理解が十分とは言えなさそうな宗教の内容や歴史を分かりやすく解説している作品。

一神教は神の厳しさや人間の原罪みたいな概念は難しいが、教義そのものは比較的明快という印象、仏教やヒンドゥー教は哲学的な概念がかなり難解という印象を受けた。

キリスト教の宗教改革があったからザビエルが属したイエズス会による布教活動で来日することになったこと、プロテスタント国のオランダが誕生して日本と交易するようになったなど、宗教改革は日本にも多大な影響があったという話は、そのような発想があまりなかったので少し新鮮に感じた。

仏教では理論をA面、体験をB面に例えているのが面白い。
仏教は伝来の過程で中国の儒教や道教、日本の神道などが混じって変質を重ねていて、お経が音読みの感じで意味が分かりにくいのもそのせいだと指摘している。
そして現在の日本では元々のお経が書かれたサンスクリットやパーリ語を直截日本語に翻訳がなされていて、「ごく静かな宗教改革」と表現しているところも楽しい。

日本になじみが薄そうだと思っていたヒンドゥー教も実は随所で影響があったようで、荒々しいシヴァ神が大黒様になったり、神に仕えるジャッカルが中国人や日本人に伝わらずに狐みたいなものだろうと解釈されて稲荷信仰になった話が紹介されている。
「日本人は隠れヒンドゥー教徒」という表現も紹介されていて、こうした影響をメインに分かりやすく書かれた本があれば読んでみたい。

日本人は難しい指示をこなさないと厳罰を与える荒々しい神が大の苦手で、伝わってきてもご利益を与える穏やかな神に変質してしまうことなどが書かれ、興味深く読むことができた。
末尾で挙げられていた参考文献にも関心があり、そのうち読んでみたいと考えている。




[本書で紹介されていた参考文献]


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 齋藤孝,


齋藤孝のざっくり!日本史 「すごいよ!ポイント」で本当の面白さが見えてくる (祥伝社黄金文庫)
齋藤孝のざっくり!日本史 「すごいよ!ポイント」で本当の面白さが見えてくる (祥伝社黄金文庫)
齋藤 孝
祥伝社 2010-08-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
齋藤孝のざっくり!世界史 (祥伝社黄金文庫)
齋藤孝のざっくり!美術史
齋藤孝のざっくり!西洋思想
こんなに面白かった! 「ニッポンの伝統芸能」 (PHP文庫)
齋藤孝のざっくり! 日本史


日本史において、他国と比較して特にユニークと思われるポイントを、現代的な視点を交えて分かりやすく解説している作品。

扱われているのは廃藩置県、かな文字、天皇とナンバーツーによる権威と権力の分業、神仏習合、三世一身の方に見られる土地への執着、鎖国による変態文化の発達、モノではなくシステムから導入した資本主義、GHQによる占領政策の功罪で、独自の視点からの話も見られて面白い。

特に、鎖国が生んだクールジャパンの例に春画やAVがいきついたマニアックさを挙げたり、呼吸法などに見られる仏教の影響、漢字に飽き足りずにかな文字を生み出したいい意味でのいい加減さなどの話が印象に残る。

「現代でも口分田を」みたいな、「?」とか「学者だからな・・・」と思う部分もないではないが、全体的にはそれなりに興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 齋藤孝,