fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


team A 6th stage 目撃者 ~studio recordings コレクション~
team A 6th stage 目撃者 ~studio recordings コレクション~
AKB48
キングレコード 2012-12-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
team A 5th stage 恋愛禁止条例 ~studio recordings コレクション~
team K 6th stage RESET ~studio recordings コレクション~
team A 4th stage ただいま恋愛中 ~studio recordings コレクション~
ひまわり組 2nd stage 夢を死なせるわけにいかない ~studio recordings コレクション~
team K 5th stage 逆上がり ~studio recordings コレクション~
team B 4th stage アイドルの夜明け ~studio recordings コレクション~
team A 1st stage PARTYが始まるよ ~studio recordings コレクション~
team K 4th stage 最終ベルが鳴る ~studio recordings コレクション~
team A 3rd stage 誰かのために ~studio recordings コレクション~
team B 3rd stage パジャマドライブ ~studio recordings コレクション~


AKB48・チームKの6番目の演目をCD化した作品。
第1回の組閣を受けてのチームAによる唯一の公演ということになる。

先日ブックオフに税抜280円で販売されていたものを購入した。

チームAの公演曲としてはかっこいい感じの曲が多く、表題曲の「目撃者」や「前人未踏」、「いびつな真珠」などがそれに当たる。
高橋みなみの代表曲である「愛しさのアクセル」や、やる気がなさそうなイメージのある小嶋さんが力強く腕を振り上げていた記憶が残る「pioneer」もよく知られる曲だと思う。

秋元康氏の曲では曲調も歌詞も他と毛色が違っていて記憶に残りやすい「サボテンとゴールドラッシュ」や、指原莉乃がやっていて歌謡曲に近い感じの「炎上路線」、他にも「憧れのポップスター」や「摩天楼の距離」あたりも名曲である。

AKB48がピークの時期に書かれていた公演曲であり、なかなか良かったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : AKB48,

team K 6th stage RESET ~studio recordings コレクション~
team K 6th stage RESET ~studio recordings コレクション~
AKB48
キングレコード 2012-12-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
team K 5th stage 逆上がり ~studio recordings コレクション~
team A 6th stage 目撃者 ~studio recordings コレクション~
team K 4th stage 最終ベルが鳴る ~studio recordings コレクション~
team A 5th stage 恋愛禁止条例 ~studio recordings コレクション~
制服の芽
team B 3rd stage パジャマドライブ ~studio recordings コレクション~
team B 5th stage シアターの女神 ~studio recordings コレクション~
team B 4th stage アイドルの夜明け ~studio recordings コレクション~
team K 2nd stage 青春ガールズ ~studio recordings コレクション~
ひまわり組 2nd stage 夢を死なせるわけにいかない ~studio recordings コレクション~


AKB48・チームKの6番目の演目をCD化した作品。
秋元才加がキャプテンだった時期で唯一の演目でもあり、HKT48・チームHの次の演目がこれになることを知ったので購入した。

収録されているのはゴリラに似ているといじられることが多かった秋元がセンターを務める「ウッホウッホホ」や宮澤佐江の代表的なユニット曲でリクアワで1位になったこともある「奇跡は間に合わない」、峯岸みなみのセンター曲「逆転王子様」などが以前から知っていた曲で、改めて楽しいと感じる。

表題曲である「RESET」は1回目の組閣でメンバーの多くが他のチームと入れ替えになったショックを乗り越えて新たなチームを作り上げていこうという曲なのが印象に残ったり、「オケラ」は曲名からは虫のことかと思っていたらギャンブルに負けた方のオケラのことでなるほどと思ったり、特長のある曲が多い。

HKT48のチームK4では今月下旬に次の演目である『制服の芽』が予定されているのに対し、チームHのこの演目の初日はまだ予定が出ていない。
これは中心メンバーの1人である兒玉遥が体調不良で休業中のため、回復待ちということなのだろう。
(指原莉乃が振りを覚える時間を確保するためということもあるかもしれないが)

「ウッホウホウホ」の秋元ポジションは誰がやるのか?豊永阿紀や坂口理子あたりか?とか、「奇跡は間に合わない」の宮澤ポジションは兒玉遥?「逆転王子様」のセンターは矢吹奈子?それとも田中美久?といったように、ポジション予想したりしながら気長に待つ。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : AKB48,

1830m(特典ポスター無し)
1830m(特典ポスター無し)AKB48
キングレコード 2012-08-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
【特典生写真付き】ここにいたこと(初回限定盤)(DVD付)
神曲たち(DVD付)
次の足跡
SET LIST ~グレイテストソングス~完全盤
次の足跡 劇場盤(特典なし)
次の足跡Type B (外付け特典なし)
ここがロドスだ、ここで跳べ!(劇場盤)
次の足跡 Type A 通常盤(外付け特典なし)
この日のチャイムを忘れない (CD+DVD) (初回限定盤)(初回限定フォトブック仕様)
SET LIST〜グレイテストソングス 2006〜2007


AKB48がピークだったと思われる2011~2012年のシングル曲や公演曲、タイアップ曲などを収録しているCDアルバム。
タイトルは秋葉原のAKB48劇場から、コンサートすることを目標としていた東京ドームまでの距離を意味している。

ブックオフに280円で販売されていて、その日はCD・DVDが1割引だったこともあって購入した。

CDは2枚組で、1枚目には以下のように有名な曲が多く収録されている。
  • 篠田麻里子がじゃんけん大会で優勝して書かれた「上からマリコ」
  • そのじゃんけん大会で元々予定されていて(旧)チーム4曲に変更になった「走れ!ペンギン」
  • 前田敦子が選抜総選挙で2度目で最後の1位となって出された「フライングゲット」
  • 3.11を受けて書かれた「風は吹いている」
  • AKB48の全盛期の曲の1つである「Everyday、カチューシャ」
  • チームB「シアターの女神」公演での前座曲である「ロマンスかくれんぼ」
現在もAKB48グループのコンサートやライブで披露される曲が多く、この中では「ファースト・ラビット」と「走れ!ペンギン」の2曲が特に好きな曲である。

そして1枚目の中で初めて聴いた曲では、「アンチ」がチームB「アイドルの夜明け」公演の「拳の正義」と曲調が似ていて印象に残った。

2枚目は比較的知名度が低いと思われる楽曲が多く収録されている。(単純に私が知らないだけ?)
この中では渡辺麻友と指原莉乃が歌う「アボガドじゃね~し…」は、HKT48のコンサートで若手メンバーがしばしば披露するために知っていたが、それ以外は初めて聴く曲がほとんどだった。

こちらでは「家出の夜」、「スキャンダラスに行こう!」、「直角のSunshine」などが印象に残る。

ピークを迎えて盛り上がっていた頃のAKB48のことを思い出す楽曲が多く、懐かしく感じながら聴くことができた。







にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : AKB48,

team B 4th stage アイドルの夜明け ~studio recordings コレクション~
team B 4th stage アイドルの夜明け ~studio recordings コレクション~
AKB48
キングレコード 2012-12-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
team B 3rd stage パジャマドライブ ~studio recordings コレクション~
team B 5th stage シアターの女神 ~studio recordings コレクション~
team K 6th stage RESET ~studio recordings コレクション~
team A 5th stage 恋愛禁止条例 ~studio recordings コレクション~
team A 4th stage ただいま恋愛中 ~studio recordings コレクション~
team K 5th stage 逆上がり ~studio recordings コレクション~
team K 4th stage 最終ベルが鳴る ~studio recordings コレクション~
team A 6th stage 目撃者 ~studio recordings コレクション~
ひまわり組 2nd stage 夢を死なせるわけにいかない ~studio recordings コレクション~
team B 1st stage 青春ガールズ ~studio recordings コレクション~


AKB48・チームB公演の4回目の演目を収録したCD。
ブックオフに500円で販売されていて、その日はCD・DVDが2割引で400円だったので購入した。

これまでAKB48やHKT48の公演やコンサートなどで聴いたことがある曲も、初めて聴く曲も収録されている。

前者ではまず「天国野郎」が印象的で、これはHKT48の「博多レジェンド」公演の演目にも入っていたので覚えている。
これはコスプレをして踊るコミカルな曲で、村重杏奈がパーマをかけたおばちゃん役だったり下野由貴がセーラー服、本村碧唯が幼稚園児の役などをしていたのがはまっていた。

そして現在はAKB48グループでも大ベテランとなったメンバーがセンターを務める「残念少女」(渡辺麻友)や「口移しのチョコレート」(柏木由紀)、「愛しきナターシャ」(指原莉乃)などが入っている。

初めて聴いた曲ではまず「拳の正義」が最も印象に残り、男性でも歌える歌詞と曲調で覚えやすい。
他にも浦野一美による口上が入っている「みなさんもご一緒に」や「タンポポの決心」、「春一番が吹く頃」などが名曲だと感じた。

公演楽曲にはまだまだ知らない名曲がいくつもあることに気づかされ、他にも聴いてみようと思わされる。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : AKB48,

AKB48総選挙公式ガイドブック2016 (講談社 MOOK)
AKB48総選挙公式ガイドブック2016 (講談社 MOOK)
AKB48グループ
講談社 2016-05-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
44th シングル「翼はいらない」Type C 【初回限定盤】
BUBKAデラックス 100%SKE48 (白夜ムック546)
44th シングル「翼はいらない」Type B 【初回限定盤】
44th シングル「翼はいらない」Type A 【初回限定盤】
BOMB!(ボム!) 2016年 06 月号 [雑誌]


6月18日に開票イベントが新潟で行われる、AKB48グループ選抜総選挙の公式ガイドブック。
昨年に引き続いて購入した。

昨年は「注目の100人」がピックアップされていたが、今回は「注目の101人」となっていて101人目が○○仮面とかいうメンバー?になっていた。
色々と言われているようだが、反応したら運営の思うつぼのような気がするのでコメントはしない。

「注目の101人」でこれまでランクインしたことがないニューカマー枠で、劇場で何度か観ているHKT48のメンバーからは、観た回数が比較的多くて感情移入しやすい冨吉明日香や田中優香、山下エミリーなどが入っているのが感慨深い。

正直、上位20人くらいは大体予想ができてその中で何位なのかが異なるだけなのであまり関心はなく、新たに誰がランクインするのか、下位だったメンバーがどれくらい上げてくるのかが主な関心となっている。

多数の投票行動を行うまでのファンがつくには一定の時間が必要なことは傾向として出ていて、これまでランクインがゼロだったAKB48・チーム8や今回初参加となるNGT48は厳しい結果になることが予想されるが、少数でもランクインすればそのメンバーが一気に抜け出すことにもなりうる。

そして、人気の割に扱いがあまり良くないとされるメンバーが躍進するのも見所となっている。

昨年は福岡での開催だったから実際に行ったが、今回は遠いし座り疲れるのもつらいので行かないことにした。
あと1ヶ月弱で結果が出るので、速報発表などそれまでの経過も含めて注目する。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : AKB48,