fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



BabooBee
プラチナムパスポート (2019/8/7)


スリーピースバンド・BabooBeeのファーストアルバムで、下記の10曲が収録されている。
  • BUCHIAGE
  • うきうきラリドゥダ
  • あの子がキライ
  • かくれんぼ
  • ななつぼし
  • Right Now!
  • CryCry
  • ハングリーDays
  • Love me Baby
  • Vision
ベースとボーカルを務めるみお(増井みお)が元PASSPO☆のメンバーで以前握手をしたことがあったことで関心を持ち、購入して聴いてみた。

ノリがいい感じでテンションが上がる「Right Now!」や「BUCHIAGE」、しっとりとした感じがまたいい「ななつぼし」など、楽しくて繰り返し聴けそうな曲が多い。
みおの歌唱力がアイドル時代よりも上がっているようにも感じる。

なかなか良かったので、しばらく聴くことになる。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : PASSPO☆,

Beef or Chicken?(ローコストキャリア盤ピーチ)
Beef or Chicken?(ローコストキャリア盤ピーチ)
PASSPO☆
ユニバーサル ミュージック 2015-05-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
Beef or Chicken?(ローコストキャリア盤バニラ)
Beef or Chicken?(ファーストクラス盤)(DVD付)
PASSPO☆フライト 2015「新年だよ!5周年とすこし便~全曲忘れず踊れるかな~」 [DVD]
Beef or Chicken?(エコノミークラス盤)
PASSPO☆ COMPLETE BEST ALBUM “POWER-UNIVERSAL MUSIC YEARS-”(初回限定 ファーストクラス盤)(Blu-ray Disc付)


PASSPO☆のメジャーデビュー後4枚目のオリジナルアルバム。
クルー(メンバー)からは奥仲麻琴が卒業後で、槙田紗子が活動休止を経て卒業する前ということで、8人の時に出された唯一のアルバムということになる。

Amazonマーケットプレイスでローコストキャリア版ピーチがかなり安く出品されていたものを購入した。
ローコストキャリア版に入っていなくて他の上位版に入っている曲は他のアルバムやシングルに収録されているものと、派生ユニットであるはっちゃけ隊の「はっちゃけセンセーション」くらいで、なくてもさほど気にならないのでこの選択になった。

最初と最後はクルーによるトークのパート、2トラック目がイントロ曲なので、実質的には7曲が収録されている。

本アルバムで志向されているのはアメリカンガールズロックだそうで、どのようなものがそれに当たるのか詳しくないのでよく分からないが、以前のアルバムに収録されている曲で言えば、「キャンディー・ルーム」や「Pock☆Star」、「MASK」あたりと近い傾向のように思われる。

具体的には「HONEY DISH」や「ヘブンズバーガー」、「ハイテンションエモーション」などで、アップテンポの曲が多くて楽しく聴くことができる。

人数が減ったりレコード会社が代わったりといった変化もあり少し関心が薄れている部分もないではないが、チェックはしている。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : PASSPO☆, ,

LOVE n' ROLL! ! (Type-B)
LOVE n' ROLL! ! (Type-B)palet
日本コロムビア 2015-03-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
Hello,palet
スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン
early works
LOVE n' ROLL! ! (Type-A)
SEVEN DESTINY


PASSPO☆の妹分に当たるアイドルグループ・paletのファーストアルバム。
ブックオフに980円で販売されていたのを見つけて購入し、聴いてみた。

表題曲のアップテンポに引き込まれて良曲と感じ、他にも「Shake My Soul」や「Believe in Yourself ! 」、「Wonderful Girl」など、いい曲が多いと思う。

例えば「SNOW DISTANCE」がSPEEDの「White Love」に似ていると感じるなど、何か懐かしいというか聴いたことがあるような雰囲気の曲が多いと思っていたら、「SNOW DISTANCE」だけでなく多くの曲をSPEEDのプロデューサーだった伊秩弘将(いじちひろまさ)が書いていて、他にも小室哲哉、元ZEROの阿久津健太郎、リンドバーグの渡瀬マキなど、90年代にヒット曲を連発したアーティストや作詞家、作曲家が担当していることが分かり、その理由がよく分かった。

秋元康が作詞をするAKB48グループの曲と同様、30代以上の人が聴いても楽しめるラインナップになっていると思う。

ただし歌唱力は少し声に伸びが足りないような気もするなど、素人の耳からしてもちょっと怪しい。
本作が出てから1年近く経つので、レッスンその他によって良くなっていればいいと思う。

メンバーについてはほとんど知らなかったので調べてみると、本作のジャケットに載っている7人から昨年4人卒業・3人加入で6人になるなど、けっこう入れ替わりがなされている。
女性のアイドルグループはどうやったって辞めたり(辞めさせられたり)する人は出てくるし、「透明感のある王道アイドル」というコンセプトからすると年齢の高い人ばかりになるとイメージ的に厳しいので、これはこれで必要なのかとも思う。

少しだけ現在いるメンバーを動画で見ると、新メンバーの小磯陽香、キャプテンの平口みゆき、初期からいる藤本結衣などが印象に残った。もう少し知るとまた別の感想になるとは思う。

全体的になかなか良かった印象なので、今後もチェックしておきたい。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : PASSPO☆,

【Amazon.co.jp限定】 TRACKS [エコノミークラス盤](2CD)(PASSPO☆2015年ポケットカレンダー付)
【Amazon.co.jp限定】 TRACKS [エコノミークラス盤](2CD)(PASSPO☆2015年ポケットカレンダー付)
PASSPO☆
ユニバーサルミュージック 2014-12-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
【Amazon.co.jp限定】 TRACKS [ファーストクラス盤](初回限定盤)(CD+DVD) ((PASSPO☆2015年ポケットカレンダー付))
TRACKS(ファーストクラス盤)(DVD付)
【Amazon.co.jp限定】 TRACKS [ローコストキャリア盤バニラ] (PASSPO☆2015年ポケットカレンダー付)
MARQUEE vol.106 特集:夢みるアドレセンス PASSPO☆ 乃木坂46 SKE
【Amazon.co.jp限定】 TRACKS [ ローコストキャリア盤ピーチ ](PASSPO☆2015年ポケットカレンダー付)


アイドルグループ・PASSPO☆のベストアルバム。
名称がぱすぽ☆だった頃も2枚組のベストアルバムが出ていて、第2集という感じとなる。

PASSPO☆は来年1月1日のフライト(ライブ)をもって奥仲真琴が卒業することが発表されており、表題曲の「TRACKS」は奥仲の卒業ソングということになる。
曲調はAKB48の「GIVE ME FIVE!」に近い感じで、前向きな卒業を後押ししようというメッセージが伝わってくる。

半数以上の曲は下記の関連記事に記載したアルバムにも入っていて、これに加えて「向日葵」、「Perfect Sky」、「無題」が収録されている。
知っている曲も多いが並びが異なるので、また違った感想を持つことになった。

今回購入したのはDVDがついているファーストクラス盤ではなくてCD2枚組のエコノミークラス盤で、2枚目には「ペンネとアラビアータ機長Presents わがままRemix」が収録されている。
これは1枚目に収録されていない曲の中から「マテリアルGirl」、「Cosmic You」、「Wish on a star」、「Love Diary」、「ダムダムフリーダム」などを選び、自由な曲調でアレンジしたものが入っている。
この2枚めの方が新鮮で楽しく、これだけでも購入した価値があったとすら思っている。

PASSPO☆の様々な時期の名曲が収録されたいいアルバムだと思う。
奥仲卒業後のPASSPO☆がどうなるのか(例えば8名でいくのか、1名補充して9名でいくのか、2名補充して結成当初の10名にするのかなど)を注目している。








にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : PASSPO☆,

向日葵(エコノミークラス盤)
向日葵(エコノミークラス盤)PASSPO☆
ユニバーサル ミュージック 2014-08-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
向日葵(初回限定盤)(ファーストクラス盤)(DVD付)
向日葵(ローコストキャリア盤バニラ)
向日葵(ローコストキャリア盤ピーチ)
ぱすぽ☆ベストMUSIC CLIPS [DVD]
ぱすぽ☆ベスト2


昨日発売となった、PASSPO☆の13枚目のシングル。
7月13日に福岡で行われたPASSPO☆のフライト(ライブ)に行った際、当日の個別握手券つきで予約販売されていたのを購入していたので、昨日受け取った。
ちなみに握手は増井みおとした。(『One World』

表題曲はその増井がセンターとなっていて、こぶしを振り上げて踊るロック調の曲となっていて、最初に聴いた時からいい曲だと思った。
フライトで披露された際もパッセンジャー(ファン)も全員でこぶしを振り上げて盛り上がっていたので、今後もフライトでの定番曲になりそうだと感じた。

また、この曲はPASSPO☆のサポートバンドでベースを担当していて5月に急逝した横山明裕氏に捧げる意味もあって書かれたそうで、歌詞にいろいろな思いがこもっていることも伝わってくる。

そしてカップリング曲は「Shiny Road」というもので、こちらは表題曲とは違ってバラード調で対比となっているのがいい。

ここ5作くらいの中では最も好きな曲になりそうだと感じた。








にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : PASSPO☆,