FC2ブログ

読書-エッセイ:雨読夜話

ここでは、「読書-エッセイ」 に関する記事を紹介しています。



藤子 不二雄A (著), 西原 理恵子 (著)
小学館 (2018/1/19)


漫画家の藤子不二雄A(安孫子素雄)氏が、ことわざや名言などからこれまでの体験などのエッセイを語り、西原理恵子氏が本文にツッコミを入れるような挿絵を描くという構成でなされた連載を、単行本化した作品。

小学生時代の藤子・F・不二雄(藤本弘氏)との出会いや駆け出し時代の苦労、年月を経て方向性の違いによる独立、手塚治虫からの影響、赤塚不二夫や寺田ヒロオといったトキワ荘時代の漫画家たちとの交遊などが随所で書かれているのが興味深い。

また、各項ごとに『笑ゥせぇるすまん』や『怪物くん』、『プロゴルファー猿』などの藤子不二雄A作品が紹介されているのも、読んでみる入り口として機能していると感じた。

ユーモアある書き方である一方でそこまでお酒を飲んでいないかのようなことも書かれているが、西原氏のイラストでA氏の酒癖の悪さや編集者泣かせなところを暴露するような挿絵が入っているのが特に面白い。

巻末にはA氏と西原氏による対談も収録されていて、これもまた面白かった。
思っていた以上にアニメなどで観ていたA氏の作品が多いことにも驚いたので、今度は漫画で読んでみようかとも思っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 西原理恵子, ,




中国の『論語』や『史記』、『戦国策』などといった古典で扱われている故事・寓話を紹介し、教訓的な話をエッセイ風に語っている作品。

私からすると既に知っている話が多いが、分かりやすくまとめられている。
ただ、著者の語りにウザさを感じるところもところどころあり、この手の作品の難しさを再認識したりもする。

「ヘタな人生論より」というタイトルなのだが、本書も「ヘタな人生論」的な感じになっていないのか?」というツッコミをしたくもなる。

扱われている内容は日本語として定着しているものも多いしそのもととなった話を知ることができるので、初めて読むには悪くないとも思う。






中国故事 (角川ソフィア文庫)
飯塚 朗
KADOKAWA/角川学芸出版 (2014-12-25)


にほんブログ村 本ブログへ




椎名誠によるエッセイ集で、『パタゴニア』でも書かれていた南米最南端への旅の思い出や、国内外のさまざまな場所でテントなどの天幕生活を送った話、現在『週刊ポスト』で連載中の『あやしい雑魚釣り隊』に関するこぼれ話、最近交通事故に遭った話など、さまざまな雑誌に掲載された文章を集めている。

椎名エッセイは面白くて何冊も読んでいたのだが、本書は既に読んだことがある話が多かったこともあるのか、読み手であるこちら側の気持ちの問題なのか、著者が加齢で筆力や感性が衰えたからなのか分からないが、正直つまらなかった。

『あやしい雑魚釣り隊』シリーズは近年でも面白いので、たまたまはずれだっただけだと思いたい。
そして、『あやしい雑魚釣り隊』の最新作が出ることを首を長くして待っている。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 椎名誠,




漫才師・島田洋七による、『佐賀のがばいばあちゃん』の続編みたいなエッセイ。

笑顔で挨拶すること、身だしなみを整えることの2つは厳しくしつけられた一方で、それ以外の部分では楽天的な言動が目立つばあちゃんのキャラクターが本書でも存分に語られている。

著者は以前出演したテレビ番組「しくじり先生」で、この手の作品は執筆したものではなく、ほとんどがしゃべりを録音して文字に起こしたものだと語っていて驚いた記憶がある。
妙に読みやすいのは、しゃべりの達人が口語で語っているためということもあるだろう。

ただ、著者のキャラクターを考慮するとどこまでが本当でどこからが面白くするために話を盛っているのかは判別できない・・・
そのあたりも魅力といえば魅力ではある。






にほんブログ村 本ブログへ


小休止のすすめ (SB新書)
ヒロミ 藤田 晋
SBクリエイティブ 2019/1/8



40歳くらいで芸能活動を小休止した時期があるタレントのヒロミと、サイバーエージェントの社長として多忙な中でうまく小休止を入れている藤田社長による、小休止の重要さや仕事観、人生観などを交代で語っている作品。

まず、ヒロミがまじめな文章を書いているので、普段のざっくばらんな口調と落差があって面白い。
小休止する前はテレビ局のスタッフなどから「もう少し丸くなれない?」としばしば言われるようになり、急にレギュラー番組がなくなっていった時の話や、藤田社長やホリエモンといったIT社長たちに乞われて遊びの先生として楽しい時間を共有した話、松本伊代というパートナーの存在、休止期間に経営していた加圧トレーニングジムのことなどが語られている。
チンピラっぽい芸風だが、実際はいろいろなことを考えていることが伝わってくる。

藤田社長の場合はまず二十代で上場を果たしたという話や、資本が集まるということはそれだけの利益を上げなければならないというプレッシャー、リスクを取ってさまざまな分野に進出する裏には計算がなされていることなど、経営者としての心構えみたいなことが多く語られている。
2人とも余裕や裏付け、お金など、何かが発生した場合の備えの重要性を説いているところは納得しやすい。

ヒロミはテレビでしか知らず、藤田社長も著作のタイトルや昔女優と結婚していたことがあるくらいしか知らなかったが、参考になる話をけっこうしていたので興味深く読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ