読書-エッセイ:雨読夜話

ここでは、「読書-エッセイ」 に関する記事を紹介しています。


論語抄 (中公文庫)
論語抄 (中公文庫)陳 舜臣
中央公論新社 2009-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
儒教三千年 (中公文庫)
弥縫録(びほうろく)―中国名言集 (中公文庫)
中国傑物伝 (中公文庫)
論語のこころ (講談社学術文庫)
中国の歴史 近・現代篇(一) (講談社文庫)


陳舜臣による、『論語』の言葉についての解釈や時代背景などを語っているエッセイ。
原文が編集された順に話を進めている。

まずまえがきで、説教調にならないよう気をつけたと書いていて、上から目線や説教臭い文章がいかに読者から嫌われるかを分かっていると好感が持てる。
この種の古典や思想に関する本ではこれが分かっていないのか、分かっていてもどうしてもそうなってしまうのか、そのような書き方になっている人が多いのには辟易させられる。

『論語』が編纂された当時は文字を竹簡や木簡に書き付けていて手間がかかることから、分かりきっていたことを省略しているケースが多かったようで、そうしたところの解釈が分かれがちなことが書かれていて、なるほどと思う。

そしていくつかの学説を紹介していて、漢文だと接続詞のニュアンスが伝わりづらくて複数の受け取り方ができてしまうものだと改めて感じる。

弟子たちの問答については彼らのキャラクターや、『春秋左氏伝』や『史記』などの歴史書で描かれた彼らの活動も紹介されている。
例えば子貢が仕えていた魯の国が隣国の斉から攻められないように呉や晋といった斉のライバル国と外交交渉を行っていたなどの話が書かれていて、孔子の弟子たちが政治の世界で活躍していたことが分かる。

この中では清廉潔白すぎて面白みがない顔回よりも、表裏がなくて感情をストレートに表す子路、才能豊かだがしゃべりすぎの傾向がある子貢、孔子に遠慮なく質問するシーンが目立つ子張などの方が感情移入しやすい。

後世に国教化したり朱子学のように原理主義的になった儒教とは合わないような言動を孔子がしていたり、弟子の派閥によって異なる解釈や話が書かれているなどの類推がされているのも興味深い。

著者らしい丁寧で分かりやすい語り口が読みやすかった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 孔子, 陳舜臣,

ビジネスエリートの新論語 (文春新書)
ビジネスエリートの新論語 (文春新書)
司馬 遼太郎
文藝春秋 2016-12-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
没後20年司馬遼太郎の言葉 3 (週刊朝日ムック)
没後20年号「司馬遼太郎の言葉」 (週刊朝日ムック)
没後20年「司馬遼太郎の言葉」2 (週刊朝日ムック)
新聞記者 司馬遼太郎 (文春文庫)
僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
戦国の女たち―司馬遼太郎・傑作短篇選 (PHP文庫)
風塵抄 (中公文庫)
司馬遼太郎スペシャル 2016年3月 (100分 de 名著)
全文完全対照版 論語コンプリート: 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文
この国のかたち〈3〉 (文春文庫)


司馬遼太郎が産経新聞記者を務めていた32歳の時期に、本名の福田定一名義で書いた『論語』などから名言を取ってサラリーマンの大変さや生き方について語ったエッセイ集を復刊したもの。
タイトルは初版刊行時の『名言随筆サラリーマン ユーモア新論語』の方がしっくりくるように思う。

前半の第1部では『論語』以外にも孟子やリンカーン、大江広元など、古今東西の名言を用いてサラリーマンが経験する出世、格差、嫉妬、家庭での不和などの話が出てきて、会社勤めをした事がある人にとってはリアルな話が書かれている。

60年以上経過してもあまり変わっていない部分、社会の変化などによって現在から見ると違和感がある部分に分かれていて、時代の変化を感じることができる。

前者は会社に入社してくる新人に対して頼りなさや物足りなさを感じるところ、後者では女性の会社における役割の変化などがそれに該当する。
また、サラリーマン生活への不安はこの時期から書かれていて、安心できる時代なんて滅多に来るものではないのだろう。

本書では文体がまだ司馬遼太郎のものになっておらず、現在の視点からするとカタカナの使い方や表現方法に違和感を覚えるというか、時代を感じる。

後半の第2部では著者がであった2人の老新聞記者との出会い、そして学徒動員から復員後に一緒に新聞社の就職試験を受けた仲間の話をしていて、こちらの方が面白い。

初版が出た昭和30年(1955年)は、現在で言うところのフリーライターや週刊誌の記者くらいのスタンスで仕事をしていた新聞記者が生き残っていたことが分かる。

著者が新聞記者になった頃の新聞業界は小さい会社が乱立していて比較的移籍しやすかったようたが、その後しばらくしてから新聞業界では淘汰が進んで大企業ばかりになったのか、新卒一括採用されたエリートサラリーマンというイメージの新聞記者が多くなってきたことも書かれている。

それによって「新聞などのメディアによる報道は正しい」という思い込みが広がったような気もするが、インターネットの普及などによって偏向報道がされてきたことが暴かれてきたのはいい傾向なのだろう。

「司馬遼太郎著」ということを外すと名言がらみの部分はあまり面白い作品ではないが、当時の新聞業界の雰囲気についての話がそこそこ興味深かったかと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 司馬遼太郎, 孔子,

となりの婚活女子は、今日も迷走中
となりの婚活女子は、今日も迷走中
大西明美
かんき出版 2016-08-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
糟糠の妻はなぜ捨てられるのか
男のための絶対に結婚できる超婚活術
こじらせ女子でも失敗しない婚活ガイド (おもしろ役立つ実録シリーズ)
恋愛すっとばし婚 恋愛経験ゼロのオタクが結婚にこぎつけるまで (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
「成功している男」の服飾戦略: ほんの少し「意識」するだけでいい (単行本)
一流の人は、本のどこに線を引いているのか
お金が貯まる「体質」のつくり方
婚活恋愛は気楽が一番!
100回お見合いしたヲタ女子の婚活記 (Next comics)
「時間がない」を捨てなさい―死ぬときに後悔しない8つの習慣


結婚相談所の所長による、実際にあった婚活にまつわる多くのエピソードから、失敗した事例や成功した事例をコミカルに語っている作品。

それぞれの事例を扱った章の最初に4コマ漫画で概略が書かれていて、話に入り込みやすい。

不安な心理からこまめな連絡を求めたり、いきなり立ち入ったことをあれこれ聞き出そうとしたり、相手の何気ない行動に対して拒否反応をしてしまったりと、婚活を行っている人がやってしまいそうな行動がいくつも書かれている。

また、フェイスブックのようにSNSが婚活にもたらす悪影響の数々も扱われていて、やり方によってはかなり気持ち悪い行動ができたりするものだと感じた。
(自分の顔や名前、プロフィールが公開されるフェイスブックは好きでないのでやっていないが)

全体的には自分自身を客観的に見つめること、お互いが求めているもののマッチング、相手の心理状況を考慮すること、話をきちんと聞くこと、相手を知ろうとする努力をすることなど、婚活だからといって必ずしもおろそかにできない、人と接する場合の心がけを行うことが大切なのだと改めて感じさせられる。

本書は登場する相談者が主に女性となっているが逆に男性側の立場から書かれていると、おそらくこんなものではないくらいの破壊力のある話、生々しくて引いてしまうような話になるような気がする。
読んでみたいような、読んでみたくないような・・・

男性が読んでも興味深くかつ楽しんで読むことができる内容となっていて、色々と考えさせられる。




にほんブログ村 本ブログへ

ヒルティ 老いの幸福術
ヒルティ 老いの幸福術
鷲田小彌太
海竜社 2015-01-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
永遠の知的生活
寒がりやの竜馬
山本七平 (言視舎 評伝選)
死ぬ力 (講談社現代新書)
日本人の哲学5 大学の哲学/雑知の哲学


『幸福論』や『眠られぬ夜のために』などの著作で知られるカール・ヒルティによる幸福になるための方法論について、著者自身の経験や意見と結び付けて語っているエッセイ。

著者はヒルティの幸福論は日本人に最も合っていると語り、これは勤勉の美徳や効用を説いている部分がそれに当たるようである。

物事を始める前に考え込んだり、他の事をやったりしてなかなかできないことがあるが、こうした問題に関する話が多い。

とりあえず始めること、少し基本の過程を後回しにしても全体的なところを描いてみること、規則正しく続けることなど、できそうだが続けることは困難と思えることが多く書かれている。

ヒルティの要素よりも著者が主張している要素の方が強く出ていて、ヒルティのことを知らない人が1冊目に読むにはあまり向いていないように感じた。

著者のファンならいいが、それ以外の人にはあまり面白く感じられないように思う。

ヒルティについて最初に読むなら、 齋藤孝氏の『生きる喜びは、仕事とともにある-ヒルティの幸福論: すぐ実行できて結果が出せる76の言葉』の方がおすすめである。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 鷲田小彌太, ,

しがみつかない――『徒然草』のススメ (知的生きかた文庫)しがみつかない――『徒然草』のススメ (知的生きかた文庫)

鈴村 進
三笠書房 2010-01-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『徒然草』から77の話を抜き出して現代語訳し、現代でも通じるような生き方のヒントになるような話をしている作品。

教科書に出てくる「仁和寺の和尚」(知らないところにいくのならちゃんと人に聞きなさい)とか「慣れていなければ矢を2本持ってはいけない」(もう1本に頼ってしまうから)などから、さらに知らなかった話がいくつも出てきて興味深い。

仏教的な無常観と思われる話も多く、「人付き合いを一部捨ててみる」とか「金銭だけでなく、名誉や道徳も重荷になる場合がある」など、そういう考え方もあると気づかされたりする。

長い年月を経て読み続けられてきた古典からは得られる教訓が多いことが分かり、なるほどと思いながら読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ