読書-マネー:雨読夜話

ここでは、「読書-マネー」 に関する記事を紹介しています。


お金に強くなる生き方 (青春新書インテリジェンス)
お金に強くなる生き方 (青春新書インテリジェンス)
佐藤 優
青春出版社 2015-10-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「ズルさ」のすすめ (青春新書インテリジェンス)
人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス)
政治って何だ! ? - いまこそ、マックス・ウェーバー『職業としての政治』に学ぶ - (ワニブックスPLUS新書)
ケンカの流儀 - 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ)
人生の極意 (扶桑社新書)
あぶない一神教 (小学館新書)
世界を裏側から見る私の手法 ロシア報道を読み解くことで真実がわかる (経済界新書)
知の教室 教養は最強の武器である (文春文庫)
右肩下がりの君たちへ (ぴあ書籍)
資本主義の極意 明治維新から世界恐慌へ (NHK出版新書)


元外務省で外交、インテリジェンス、歴史、資本主義など多岐にわたるテーマの著作を出している佐藤優による、お金に関する考え方を語っている作品。
外交官として旧ソ連・ロシアに赴任していた頃のエピソードや、多くの本から得た多くの知識に裏付けられた話がしばしばなされている。

まず、マルクスの『資本論』を引き合いに出し、サラリーマンでは年収を増やすことに限界があり、一定以上を稼ぎたければ経営者側になる必要があるとしている。
そして経営者になったらなったで、従業員を搾取するなど孤独な立場になるという修羅の道を歩むことになるとも語っている。
そして多く稼ぐために厳しい道を歩むか、少ない稼ぎなりに充実した人生を目指すかという話になっている。

金持ちになった場合は何もしなければ周囲からの妬みや恨みを買って潰されることも多く、その例としてホリエモン(堀江貴文氏)を挙げている。
それを防ぐために効果的なのは味方を増やすことで、ビル・ゲイツが奨学金を出すことで多くの学生からの支持を得たことを例に挙げていて、欧米で大金持ちによる寄付が盛んなのは税制や宗教だけでなく、こうした理由もあるのだと少し納得した。

お金で失敗しがちな要因である、借金やギャンブルなどへの依存の恐ろしさについても、当然書かれている。
ここでは『闇金ウシジマくん』のように具体的な例を描いた作品を紹介しているので伝わりやすい。

さらに、お金があれば多くの問題を解決できるが、それで幸福になれるかはまた別問題と、まあ当然ながら忘れがちなことも書かれている。
人生でうまくいかない場合はお金がないことよりも人間関係の構築に失敗したことによるものが多いようで、人への投資が重要ということはこのところ少しずつ分かり始めた部分でもあり、参考にしたい考えだと感じた。

お金についての考え方の本はある程度の範囲で重なるものだと思う一方で、著者らしい例の出し方や考え方を知ることができ、興味深く読むことができた。





[ブックガイドに挙げられていた作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

お金がいままでの10倍速く貯まる法 (知的生きかた文庫)
お金がいままでの10倍速く貯まる法 (知的生きかた文庫)
午堂 登紀雄
三笠書房 2014-08-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣
33歳で資産3億円をつくった私の方法
やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 だれでも人生を複線化できるお金と時間の仕組み
グーグル検索だけでお金持ちになる方法-貧乏人が激怒する2020年のマネー戦略
ほったらかし不動産投資で月50万円稼ぐ!
年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人
「突き抜ける!」時間思考術
お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人
新版 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識 あなたが貧しくなる理由と40の処方箋 (知恵の森文庫)
僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。


米国公認会計士の資格を持つコンサルタントによる、節約や投資についての手法をあれこれ解説している作品。

のっけから資産運用でお金をかなり稼いでいる話をして少し引いたが、節約や節税に関するテクニックは(人によって合う合わないはあるものの)妥当なものが書かれていると思う。
特に、お金を貯めるには会計よりも税金についての勉強をすることが役立つとしていて、苦手意識が強くてあまり調べない分野なので心に刺さった。

その中でも例えば、生命保険の年間掛け金が8万円以上であれば保険料控除が最大で受けられるので、現在掛けている額がそれより少なければ貯蓄性の生命保険を掛けるのは有効という話が印象に残った。
現在それよりも少ない額だったはずなので、最近売れているらしい明治安田生命の「じぶんの積立」を利用してみようかと検討している。
これは払い込み期間が5年間で満期が10年、満額以上が返ってくるというものなので、かなり心が動いている。

後半では投資についての話がなされていて、株式、外貨、不動産、商品先物取引など幅広く書かれていて、怖いイメージがあるものもレバレッジをあまりかけずに試しにやってみることを勧めている。
投資に対する考え方で合わない部分もあるが、利益を確定することの重要性については確かにそうだと思った。

終盤では自己投資についての話で、著者はものを買う時でもそうだが、売却しての利益や収入増につなげられるかという視点を常に意識することに力を入れて話をしている。

少しくせのある書き方のような気もするが、広く浅くお金に関する役立つ情報が多く書かれていて参考になった。






にほんブログ村 本ブログへ

銀行員だけが知っている (PHP文庫)
銀行員だけが知っている (PHP文庫)
長岐 隆弘
PHP研究所 2014-07-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ
老後破産したくなければいますぐ「都市型新築アパート」に投資しなさい
銀行員しか知らない! 元手0円から無理なく1,000万円貯める技術 (TJMOOK)
20代でも給料以上稼げる不動産投資術
銀行員しか知らない 無理なく1000万円貯める技術 (宝島SUGOI文庫)
「超優良物件」を格安で入手する不動産投資法 〜初心者でもできる! 不動産投資プラチナ指値術〜
銀行員が教える 一生困らないお金の増やし方
税理士だけが知っている お金を残すしくみ
見える化すればお金は増える! 書き込むだけでみるみる貯まるマネバナノートの作り方
賢くお金を残す! 大家さんのための節税対策


元銀行員による、銀行員が行っていることが多い行動や考え方を語っている作品。
以前著者の『銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ』を読んでいて、本書がブックオフに108円で販売されていたので購入して読んでみた。

「実質価値」と「感情価値」の違い、それは本当に必要なものか?本当に欲しいものなのか?を考えること、購入する前によく調べること、お金のまめな把握、売り手の戦略に乗せられない行動など、冷静に考えればその通りだが必ずしもできているとは言えないことが多く書かれていて、自らの行動を振り返って心を引き締める効果がある。

印象に残ったのは高級なホテルに泊まってみるなど、本当に価値のある物品やサービスを利用してみる話で、これによって雰囲気を味わったり、価値観の幅を広げるなどの効果がある旨の話がなされていて、何かでやってみることを検討してみようと思った。

著者は銀行員になる前は不動産業界で活躍していて、不動産投資で結果を出したことが(業務が大変な)銀行を退職するきっかけになったことを語っている。
だから『銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ』で不動産投資を推していたのかと合点がいった。
著者だから不動産投資に成功しやすかったという部分が大きかったと思われるので、安易に真似するのは危険だということも認識できた。

部分では合う方法、あまり好きでない方法などばらつきはあるものの、お金に好かれるという観点からはまっとうな方法が書かれていると思う。






にほんブログ村 本ブログへ

今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の"37のルール" (PHPビジネス新書)
今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の菅下 清廣
PHP研究所 2013-05-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
一生お金に困らない「未来予測」の技術 (PHPビジネス新書)
ゼロから富を作る技術
大富豪だけが知っている「金の坐」の法則
10年後に差が出る! 富を作るために「お金」と「経済」を学びなさい
第4次産業革命で一人勝ちする日本株 (【2017年上半期版】資産はこの「黄金株」で殖やしなさい)
2020年までにお金持ちになる逆転株の見つけ方 (青春新書プレイブックス)
これから3年でお金持ちになる株式投資超入門
人生をアップトレンドに乗せる方法 スガシタ式「心・技・体」を磨く
【2016-2017】資産はこの黄金株で殖やしなさい vol.2:金融相場で勝ち残るスガシタ流最強投資戦略
歴史から学ぶお金の「未来予測」


「経済の千里眼」と呼ばれる投資家・コンサルタントによる、お金に困らない人生を送るための考え方や行動について、37の項目としてアドバイスしている作品。

孟子の「恒産なくして恒心なし」(一定の資産や収入がなければ気持ちも落ち着かない)という言葉を用い、まずは年収の3年分を貯めることで気持ちに余裕ができるとしていて、それはそうだと思う。

そして節約するのはいいが、食事を安く済ませようとして健康をおろそかにしてしまう人があまりに多いことを指摘し、食事に気をつけること、体調不良の兆候が出たらすぐに休養を取ること、と、お金を貯める前に健康であることがいかに重要かを語っているのも納得できる。

他にも消費するものにめりはりをつけることや、他人のためにお金を使うことがいい結果をもたらすこと、本を読んだり映画を見るなど多くの情報に接することでインスピレーションを得やすくするなど、もっともな話が多い。

そして「お金持ちがしていること」はやり方が分からなかったりして必ずしもできるとは限らないが、「お金持ちがしないこと」は内容がはっきりしているので、ある程度は努力できそうに思える。
例えばたばこ、メタボ、お酒、ギャンブルなどがそれに当たり、確かにポジティブな要素は少ない。

傷を負わないと分からないこともあるので何度もチャレンジしてかすり傷を負うことは重要だが、致命的な傷を負わないようにすべきだという話も印象に残る。

正直あまり期待せずに読み始めたが、思った以上に響く内容が書かれていて参考になった。
著者のこれまでの来歴を語りながら話をしているので、伝わりやすかったということもあるのだと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

年収300万円でもお金持ちな人、年収1000万円でも貧乏な人
年収300万円でもお金持ちな人、年収1000万円でも貧乏な人
横山 光昭
PHP研究所 2016-05-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
貯められる人は、超シンプル
「老後貧乏」はイヤ! 貯められない家計の治し方
はじめての人のための3000円投資生活
やたらとお金が貯まる人の習慣: 「何があっても、だいじょうぶ」な人生のために (王様文庫)
そのお金のムダづかい、やめられます
1年で150万円貯める家計管理術
ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法
年収200万円からの貯金生活宣言
誰も教えてくれなかった! 「確定拠出年金」利回り20%の投資法
神さまが教えてくれたお金の話


先日読んだPHP文庫から出ている『「お金が貯まらない! 」が治る本』がベースとなって加筆された作品。
体裁を比較すると、本書の方が読みやすいように感じる。

先日ブックオフで本書が200円、『「お金が・・・』が108円で販売されていて、その日は活字本20%オフの日だったので安く抑えられたとはいえ、ほとんど同じ本を童子に購入したのはちょっと失敗で、本書の趣旨と反する買い物となった。
(タイトルが異なるので、違う内容もそれなりにあると思い込んだ)

再読することで理解を深めたり記憶しやくする効果があったかもしれないので、必ずしも無駄ではないと自分に言い聞かせることにした。
そして本書の方を保管し、『「お金が・・・』を売却することにした。

著者が同じで趣旨が似ている本で立ち読みが可能であれば、確認して無駄な買い物にならないよう気をつけているつもりだったが、たまにこういうこともある。






にほんブログ村 本ブログへ