読書-漫画:雨読夜話

ここでは、「読書-漫画」 に関する記事を紹介しています。


漫画版 世界の歴史〈3〉十字軍とイスラーム (集英社文庫)
漫画版 世界の歴史〈3〉十字軍とイスラーム (集英社文庫)
後藤 明 (監修), 河原 温 芳村 梨絵 茶留 たかふみ
集英社 2009-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
漫画版 世界の歴史〈2〉三国志と唐の繁栄 (集英社文庫)
漫画版 世界の歴史〈4〉モンゴル帝国と世界の交流 (集英社文庫)
漫画版 世界の歴史〈1〉ペルシア帝国とローマ帝国 (集英社文庫)
漫画版世界の歴史 5 (集英社文庫 特 16-5)
漫画版 世界の歴史 6 フランス革命と産業革命 (集英社文庫 特 16-6)
漫画版 世界の歴史〈7〉アメリカ建国と清王朝 (集英社文庫)
漫画版 世界の歴史〈8〉帝国主義と第一次世界大戦 (集英社文庫)
漫画版 世界の歴史〈9〉ロシア革命と第二次世界大戦 (集英社文庫)
漫画版 世界の歴史〈10〉パレスチナ問題と東西冷戦 (集英社文庫)
漫画版 日本の歴史〈4〉鎌倉時代・南北朝時代・室町時代1 (集英社文庫)


世界の歴史を概説した漫画のシリーズにおける第3巻。
本作ではフランク王国の成立と分裂、ローマ教皇と神聖ローマ皇帝の対立、英仏百年戦争、十字軍の遠征、イスラム教の成立とさまざまなイスラム帝国の興亡などが扱われている。

人物としてはシャルルマーニュ(カール大帝)、ジャンヌダルク、ムハンマド、サラディンといった、それぞれの時代でキーとなる人物が大きく扱われている。
ただ、漫画家によってサラディンの顔が違っているのは違和感が大きい。

基本的には西欧中心の歴史観がベースになっているように感じるが、偶像崇拝を禁じるイスラム教に配慮し、ムハンマドの顔を描かずに後姿や胸より下だけを描く形になっていたのは高く評価できる。

あまり詳しくない時代や地域の話が分かりやく書かれていて、多少は参考になった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

いとしのムーコ(1) (イブニングKC)
いとしのムーコ(1) (イブニングKC)
みずしな 孝之
講談社 2012-04-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
いとしのムーコ(2) (イブニングKC)
いとしのムーコ(3) (イブニングKC)
いとしのムーコ(4) (イブニングKC)
いとしのムーコ(5) (イブニングKC)
いとしのムーコ(6) (イブニングKC)
いとしのムーコ(7) (イブニングKC)
いとしのムーコ(8) (イブニングKC)
いとしのムーコ(9) (イブニングKC)
いとしのムーコ(10) (イブニングKC)
卓上カレンダー付き いとしのムーコ(10)限定版 (プレミアムKC イブニング)


『ササキ様に願いを』や『サボテンキャンパス』などの作品でも知られるみずしな孝之による、柴犬のムーコの視点から描かれるほのぼのとした感じの漫画。
以前たまたまテレビアニメで観た記憶があったので読んでみた。

ムーコは山奥で吹きガラス職人である「こまつさん」の飼い犬で、善意からこまつさんに喜んでもらおうとあれこれ行動を起こすが、こまつさんに伝わらずに怒られたりするという展開になることが多い。
がっかりしながらも立ち直りも早いムーコとこまつさんの組み合わせが楽しい。

続けて読み進めたいほどはまったわけでもないが、雰囲気はいいので時間つぶしにちょっと読む分には悪くないと思う。





にほんブログ村 本ブログへ

サラリーマン山崎シゲル (ポニーキャニオン)
サラリーマン山崎シゲル (ポニーキャニオン)
田中光
ポニーキャニオン 2014-06-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
サラリーマン山崎シゲル ~THE SWORD OF GALAXY~ (ポニーキャニオン)
サラリーマン山崎シゲル 第3巻 (ポニーキャニオン)
ドクター中島の世界征服 (ポニーキャニオン)
サラリーマン 妻夫木マモルの愛妻生活
レタス2個分のステキ 1 (少年サンデーコミックススペシャル)
学研ステイフル サラリーマン山崎シゲル 2017年 カレンダー 卓上 週めくり BM12069
それを、こう。
私たち結婚しました (ビッグコミックススペシャル)
架空OL日記 1 (小学館文庫)
レタス2個分のステキ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)


ほとんどが1コマで構成される、サラリーマンの山崎がぶっ飛んだ言動を取り、上司の部長が呆れながらツッコミをしている漫画集。
作者はお笑い芸人でもあるらしい。

居酒屋で部長を尊敬していると熱弁しながら部長のひじを箸置きに使っているような微妙に失礼なものから、食パンに乗って通勤したりUFOや二塁ランナーを捕まえてくるなど、かなりシュールな笑いが描かれている。

しょうもないと言えばしょうもないのだが、くだらなさを笑って楽しめる。





にほんブログ村 本ブログへ

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
九井 諒子
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-01-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)
ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)
ダンジョン飯 4巻 (ビームコミックス)
ひきだしにテラリウム
竜の学校は山の上 九井諒子作品集
九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)
ハクメイとミコチ 2巻 (ビームコミックス)
ハクメイとミコチ 3巻 (ビームコミックス)


RPGの世界で、ダンジョンに出てくるモンスターを料理して食べる漫画。

あるパーティが竜に敗れ、魔法によってなんとかダンジョンから脱出できたものの、勇者の妹である僧侶が竜に食べられて戻れなかった上に2人がパーティから脱退し、勇者の他にはエルフとライトフット(盗賊?)の2人だけになる。
(RPGの世界なので、死んでも魔法で復活はできる)

僧侶を救いに行こうとするが所持金不足で食料を用意する余裕がなく、モンスターを食用にすることに以前から関心を持っていた勇者はダンジョン内での食料調達を提案し、当然反対はされたが他にいい案がないことと、モンスターの料理を得意とするトロールと出会ったことで、行く先々でモンスターを倒して料理していく。

歩くキノコ、バジリスク(鶏と蛇が合成した化け物)、マンドレイク(根っこが人間に似た形をしていて引き抜かれるとのろいを叫ぶ植物)、大コウモリなどを用い、無駄に詳しいレシピも掲載されている。

分かりやすいモンスターから、さまよう鎧のように衝撃を受けるものまでさまざまなモンスターが登場し、コメディタッチのストーリー展開もあって気軽に読むことができる。
ただし当然ながら、『孤独のグルメ』のような飯テロ効果はない。





にほんブログ村 本ブログへ

荒野のグルメ (1) (ニチブンコミックス)
荒野のグルメ (1) (ニチブンコミックス)
久住 昌之 (著), 土山 しげる (著, イラスト)
日本文芸社 2015-04-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
荒野のグルメ(2) (ニチブンコミックス)
荒野のグルメ ( 3) (ニチブンコミックス)
漫画版 野武士のグルメ 2nd
〆のグルメ (アクションコミックス)
勤番グルメ ブシメシ! おかわり (SPコミックス)
漫画版 野武士のグルメ
勤番グルメ ブシメシ! (SPコミックス)
食の軍師 (4) (ニチブンコミックス)
流浪のグルメ 東北めし
食の軍師(5) (ニチブンコミックス)


『孤独のグルメ』の原作者でもある久住昌之によるグルメ漫画。

商社の課長である東森(48歳)が、仕事でストレスを抱える都会という荒野にオアシスとして見出した行きつけの小料理屋「よし野」で酒と料理を楽しむというシンプルな構造だが、もつ焼き、湯豆腐、おでん、カツサンドなど、料理が実にうまそうに描写されている。

おでんの回などでは読んでおでんを食べに行きたくなったが、近くだとどこの店がおいしいのか分からないのと、読んだのが深夜だったこともあって断念したくらいである。

もつ焼きの回でも、九州では出す店が少ないが東京ではよく食べたやきとん(串に刺したもつ焼き)が出てきたので、久しぶりに食べたくなったりもした。

漫画でも飯テロ効果があり、雰囲気を楽しむことができた。






にほんブログ村 本ブログへ