FC2ブログ

映画・DVD:雨読夜話

ここでは、「映画・DVD」 に関する記事を紹介しています。




プロ野球・横浜DeNAベイスターズの2020年シーズンにおける裏側を描いたドキュメンタリー映画。
昨年末に最寄りの映画館に観に行った。

主題となっているのは2018年オフにメジャー移籍希望を出し、2019年オフにポスティングシステムを用いてタンパベイ・レイズに移籍した筒香嘉智のキャプテンとしての存在感の大きさと、最後のシーズンになることを意識しながら闘った選手たちに首脳陣、裏方の方々が扱われている。

シーズン序盤の連敗中や優勝争いでメンタル的に厳しい時期に率先して周囲を盛り上げていく筒香の活躍は、ニュースやテレビなどでの試合観戦では分からないところで、充実した内容となっている。

筒香以外にも、エースとして活躍できた今永昇太、守護神としてもだがリリーフ陣のリーダー格だった三上朋也が離脱した後にその代わりになろうとした山崎康晃、序盤は離脱して復帰後は中継ぎに先発に大活躍した石田健大、代打の切り札に外野に活躍した乙坂智、レギュラー争いにもがきながらもシーズン後半に筒香のアドバイスもあって打撃成績の向上が見られた柴田竜拓などの活躍やインタビューも収録されていて見ごたえがある。

首脳陣ではラミレス監督や投手コーチの三浦コーチ、木塚コーチなどのコメントが多く扱われている印象がある一方、打撃コーチの田代コーチや坪井コーチの扱いが少なかったような気がする。

また、チームにも帯同して選手の離脱や苦しい時期にミーティングで演説するなど、フロントのトップであるはずの三原球団代表もしばしば登場し、選手たちとともに闘っていることが伝わってくるのも好印象である。
FA権を取得したが残留して複数年契約を結んだ捕手の伊藤光が三原代表との面談でもいい言葉をかけられたことを語ったとのニュースを読んでいたこともあり、チームの代表として重要な活躍をしてきたことが分かる。
シーズンオフに選手やファンの感情を逆なでする発言を連発した、中日の加藤球団代表とは大きな違いだと感じる。

先日、来年のキャプテンは4年目となる佐野恵太が就任することになったが、筒香が最後の試合後にユニフォームを数人の選手に譲っていて、その中には佐野も入っていることや、声掛けでも主導していたことなどから、佐野も有力候補だと思っていたので納得する部分もあった。

より筒香やベイスターズに感情移入することができる内容のドキュメンタリー映画で、来年以降の活躍を期待している。







にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト





KissBeeWEST 2019/10/27


アイドルグループ・KissBeeWESTが今年の5月3日に大阪のライブハウス・なんばHatchで実施したワンマンライブを収録したDVD。

7月に福岡でのライブを見て関心を持ち、『SIMPLE』『REMIND』のCDを聴いたり、11月に5周年記念のライブを観たりしてすっかりハマり、本作も購入した。

曲としては前述のCD2枚に収録されている曲に加え、「帰り道」という曲も披露されていた。
「帰り道」はメンバーの石橋茄奈と清水真海、それと元メンバーの平衿華の3人の曲らしい。

公式Youtubeで公開されていた「SIMPLE」や、「記念日」や「ニジイロデイズ」のような5人のメンバーのセンター曲、「放課後の夕暮れ」のようなノリのいい曲や「RE:GAME」のようなかっこいい曲など、多彩な楽曲と激しくて楽しいパフォーマンスを楽しむことができ、数回繰り返して観ている。

おっとりした感じの見た目のメンバーも激しいパフォーマンスをしているところに意外性があり、かなりの強度でレッスンをやっていると思われる。

この日のライブは生バンドでやっていて、バンド演奏のパートもあって現地ではかなり盛り上がったであろうことも伝わってきた。

先日リーダーの稗田智優が来年の春に卒業されることが発表されたが、来年の1月にグループに関するいいニュースがいくつか発表するとも予告されているので、どのように変わっていくのか気になっている。
そして、生バンドでのワンマンライブはまだ行ったことがないので、実施が発表されたらぜひ行ってみたいところである。





REPLAY
REPLAY
posted with amazlet
KissBeeWEST
KissBeeWEST (2019-09-03)


にほんブログ村 本ブログへ




人気漫画『キングダム』を実写化した映画が先日公開され、元々中国史もこの作品も好きなので、一昨日観に行った。

扱われているのはストーリーの第1部に当たる、王弟・成蟜(せいきょう)の反乱で、想像していた以上に配役も再現度が高くて金もかけられているように見え、「これはこれであり」と思える出来で、ネット上であまり叩かれていないのも納得できる。

主人公の信役の山崎賢人や嬴政(えいせい)=漂(ひょう)役の吉沢亮はもちろん、怪しいと思っていた河了貂(かりょうてん)役の橋本環奈もそれほど違和感がなかった。
スタイルの良さが求められない役ということもあったと思うし、あとはもう少し小汚いメイクをしてもよかったかもしれない。

難しそうだった山民の王・楊端和(ようたんわ)を務めた長澤まさみも、見た目はあまり問題なくて少し驚いた。
あとは持っていた両刀をもっと立派なものにしたらさらによかったのではないかとも思う。

この作品は気持ち悪いキャラクターをどれくらい再現できるか?もポイントだと思っていて、成蟜役の本郷奏多や肆氏役の石橋蓮司、竭氏役の加藤雅也、左慈役の坂口拓あたりはなかなか良かった。
一方で王騎役の大沢たかお、騰役の要潤、壁役の満島真之介などはちょっとかっこよすぎたので、もう少し面白いメイクでもしたらよかったかもしれない。

この感じだと続編も出そうなので、羌瘣、呂不韋、李斯、蔡沢、蒙武、昌平君、李牧などを誰が演じるのかも含めて楽しみにしている。






にほんブログ村 本ブログへ



アドルフ・ヒトラーが2014年になぜか姿を現し、そっくりさん芸人として大人気になって騒動になるという、毒のこもったコメディー映画。

ヒトラーがある日目覚めるとなぜか公園で横たわっていて、戦時中と現代のギャップに驚き続けるところからシーンが始まる。
街に出ると人々はヒトラーのコスプレをした変な人と思って撮影を求められるシーンが出てきて、そうなるだろうなと納得してしまう。

そしてヒトラーを見つけたフリーのジャーナリストがヒトラーをTV局に売り込んだことで、多くのTV番組に出演したりSNSで拡散されるなど、大人気になっていく。

現代ドイツが抱える中東からの移民問題に対してヒトラーが語る見解にも共感できるものがあるようで、評論家みたいな扱いまでされるようになっているのはありそうだし、当時熱狂的な支持を受けたことを考えてもドイツ人がヒトラーを待望する部分は今もあるのかもしれないとも思わされる。

本作でのヒトラーは好奇心旺盛で行動力があり、現代に意外と早くなじんでしまうところは、以前読んだ『タイムスリップ森鴎外』を思い起こした。

笑いながらも考えさせられるところがある作品で、原作の小説も読んでみようかと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ

尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 DVDコンプリートBOX(4枚組)
尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 DVDコンプリートBOX(4枚組)
HKT48
東宝 2016-09-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
最高かよ(TYPE-C)(DVD付)
最高かよ(TYPE-A)(DVD付)
最高かよ(TYPE-B)(DVD付)
HKT48春のライブツアー ~サシコ・ド・ソレイユ2016~(DVD7枚組)
NMB48 渡辺美優紀卒業コンサート in ワールド記念ホール ~最後までわるきーでゴメンなさい~ [DVD]
【早期購入特典あり】尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 DVD スペシャル・エディション(映画フィルム風しおり付※ランダム1種)
祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢"in 横浜スタジアム(DVD)


HKT48が結成されてからの約4年間に起こった出来事を収めたドキュメンタリー映画で、指原莉乃が監督を務めている。

今年の1月頃に映画館で公開された本編を観ているが、コンプリートボックスの特典映像が好評らしいと知ったので購入した。

本編ではセンターや選抜に選ばれた者と選ばれなかった者の明暗、推され方に応じた人気を得られていないメンバーの苦悩、別の道を志して卒業したメンバーとの別れなど、それぞれの立場で悩みつつも頑張っていることが伝わり、華やかだが厳しい世界なのだと改めて感じた。

そしてメンバーだけでなく、タイトルにもなっている尾崎支配人、村重杏奈の父親、坂口理子のファン代表の男性と、3人の熱い中年男性が強く印象に残る。
特に尾崎支配人はメンバーが働きやすい雰囲気を作ったり、必要以上に怖がられないように接しているなど、現在のHKT48の活躍には不可欠な人なのだということが分かってくる。

特典映像では映画公開時のメンバーによる舞台あいさつ、メンバーたちが本編を観ながらのコメンタリー、今年行われた選抜総選挙のドキュメンタリー、メンバーたちへのロングインタビューで構成されている。

この中では、総選挙のドキュメンタリーが最も面白い。
昨年惜しくも選抜入りを逃した兒玉遥が9位に入ったことや、初めてのランクインを果たした矢吹奈子、田中美久、冨吉明日香らの喜び、大幅に順位を落としてしまった森保まどかや田島芽瑠、神志那結衣らの落ち込みなどが収録されている。
他のグループに関心がなければ、今年の総選挙に関してはこれだけを観ればいい感じである。

ロングインタビューでは本編でも一部入っていた各期ごとの座談会も入っていて、1期で色々あって活動辞退になったメンバーの話や、初めの頃に誰と誰が仲が悪かったという話、この世界に入ってからの葛藤などが語られていて、ファンからするとぜひ知りたいところだと思う。

監督を務めた指原がメンバーのことをよく知っているだけあってメンバーたちの本音をよく聞き出していて、濃い内容だった。
苦しむシーンも多いこのような作品を面白く観ることができるということは、ある種の残酷さを求めているのかもしれない。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : HKT48,