読書-ビジネス書:雨読夜話

ここでは、「読書-ビジネス書」 に関する記事を紹介しています。


カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話
カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話
木暮太一
サンマーク出版 2016-02-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話
カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話
カイジ「命より重い! 」お金の話
カイジ逆転の心理学――困難に打ち勝つ・人生を切り開くテクニック――
カイジから経済を学べ
人生を逆転する名言集
福本伸行 人生を逆転する名言集 2
福本伸行 人生を逆転する名言集 F
ずっと「安月給」の人の思考法
僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)


漫画『カイジ』シリーズを用いて、何となくの思い込みや周囲から受ける圧力などをはねのけ、自分が求めるものに対して賢くしたたかに行動するためのヒントを語っている作品。

ノイジーマイノリティを気にしては何もできないことや、クレームには過大な期待による部分も大きいので「相手の期待値を調整する」重要性、受信力よりも発信力を伸ばすべきこと、ルールは全てが説明されるわけではないこと、自分を安売りしてはいけないこと、無用な怒りがチャンスを失う原因となることなど、心に刺さる話が多く書かれている。

積極的な行動をしづらい背景として経済や社会の話もされており、武士へのあこがれがお金の話をしたがらない(けど内心では興味深々な)日本人の行動につながっているとの考察や、経済発展が必要な理由は自分が必要とされているという欲求を満たすための雇用を創出するためという考え(共産主義ではこれが欠落している)、契約や夢といったブラック資本主義者たちがよく用いる手口など、率直で分かりやすく書かれている。

体育会系的な単なる精神論は嫌いだが、本書では多くのことを考慮した上での精神論といった感じがあって受け入れやすい。
一度通読するだけではもったいない内容なので、時々読み返したいと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

仮面社畜のススメ (一般書)
仮面社畜のススメ (一般書)
小玉 歩
徳間書店 2013-12-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
クビでも年収1億円 (角川フォレスタ)
あなたはまだ本気出してないだけ
3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由―自由とお金を引き寄せるこれからの人づきあい
【図解・実践編】クビでも年収1億円 (角川フォレスタ)
給料以外でお金を生みだす あなたの知らない稼ぎネタ
社畜のススメ (新潮新書)
クビでも年収1億円 コミック版
超一流の二流をめざせ!
脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法
親は100%間違っている あなたの価値観を破壊する33のルール (知恵の森文庫)


会社に尽くしすぎる社畜ではなく、会社に所属しつつも会社や上司を利用してしたたかに働く仮面社畜になる方法を語っている作品。
社畜はこうする、仮面社畜はこうする、というように対比して話をしている。

人間関係では職場のしがらみによる必ずしも必要ではない付き合いを最小限にすることや、一人の時間を作ることなどが書かれていて、これは現在やっている二次会に行かないことも多少は当てはまるかと思う。
(さすがに年に数回くらいの飲み会を断る勇気はない)

他にも仕事で何が本質かを見極めて余計な作業を削ることを考えながら実施することや、完成度よりもスピードの方が求められることが多いこと、打ち合わせに時間を使いすぎないように制限を設けておくことなど、効率的な仕事のヒントとなる話も多い。

さらに仮面社畜は独立などやりたいことをやるための手段なので、金銭的な話も書かれている。
具体的には保険や買い物、借金などに関するもので、著者は本当に欲しいものだったら借金をしてでも買い、追い込まれてこそモチベーションが上がるような話をしているが、このあたりは私には合わないと感じた。
まずは心理的な安定を得る方が先決だと考えているためで、このあたりが社畜的なのだろう。
また、金銭の話をするのなら金融商品への投資に触れてもいいところがあまり触れられていないのは、稼ぐためにどんどん経費をかけた方がいいという考え方からなのだろう。

もう少し周囲から目立たない形で活動をするようなことが書かれていることを期待していたが、この期待に対してはやや肩透かしを食らったような感じもある。

本書で書かれている方法を全て実施していたら仮面社畜というよりも、明らかに社畜からはみ出したキャラクターになるのではないか?という気もするが、それなりに参考にはなった。






にほんブログ村 本ブログへ

論語を知らなくても使える ビジネス「論語」活用法
論語を知らなくても使える ビジネス「論語」活用法
小宮 一慶
三笠書房 2011-10-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本
人生が変わる最高の教科書 論語
ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
あたりまえのことをバカになってちゃんとやる
ビジネスマンのための「実行力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
本質思考: MIT式課題設定&問題解決
野心のすすめ (講談社現代新書)
一流に変わる仕事力 (中経の文庫)
どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書)


経営コンサルタントによる、『論語』のエッセンスをいかにビジネスに活かすことができるかを解説している作品。

職業柄か道を踏み外した経営者の話が多く扱われていて、経営者にならなくても多少調子に乗る時期は誰にでもあるはずなので、こうした時期こそ気を引き締めることが必要なのだと再認識させられる。

他にも役立つ話が多いが、強く印象に残ったのは以下の2点である。

1つ目は、分かることはすぐにできるとは限らないということで、中途半端に分かったつもりになっていることがいかに危ういことなのかが書かれている。
できる人ほど謙虚で努力を続けていることが紹介されていて、継続して学習し続けていかなければならないと思った。

もう1つが、目の前の仕事に全力を尽くすことの大切さで、これができていないと広い視野からの意見を出しても受け入れてもらえないわけで、納得ができる。

タイトルには「論語を知らなくても」とあるが、『論語』は読んでおいた方がいいと考えている。
重要なポイントが分かりやすく表現されていて、比較的早く読み進めることができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孔子,

1%の人だけが実行している45の習慣 (PHP文庫)
1%の人だけが実行している45の習慣 (PHP文庫)
井上 裕之
PHP研究所 2013-11-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
年収1億円を引き寄せる1%の人だけが実行している45の習慣 (PHP文庫)
潜在意識を使いこなす人 ムダにする人
たった"ひと言"の影響力
「人」も「お金」もついてくるリーダーの哲学
わたしの人生に奇跡を起こした マーフィー100の言葉
「学び」を「お金」に変える技術
自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語
自分で奇跡を起こす方法 (中経の文庫)
たった一度の人生を、自分らしく思い通りに生きる方法
努力の選び方


歯科医師を本職としてコンサルタントなどとしても成功している人物による、自身の経験から得たと思われる方法論を45項目にわたって語っている作品。

「うまくいっている1%の人は・・・」と「うまくいっていない99%の人は・・・」と対比して考え方や行動についての話を解説している。

プラスの言葉を意識的に使っている、「頑張ります」という言葉は使わない、人と接するときはあえて力を抜くなど、自分を肯定することや積極的な行動、無理して余計に自分を追い込まないことなどが書かれていて、参考になる部分も多い。

著者の書き方が自慢げというかくせが強いように感じたり、考え方として受け入れにくいところが一部あるように感じるのは、それだけ私が「うまくいっていない99%の人」から抜けられない部分なのだろう。
99%がうまくいっていないと書かれるのは少々楽しくない。

合う人合わない人はあると思うが、いいことが書かれている本だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか
仕事が速い人はどんなメールを書いているのか
平野 友朗
文響社 2017-03-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
入社1年目からの「絶対達成」入門
マネジャーのロジカルな対話術
世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか
自分を劇的に成長させる! PDCAノート
一発OKが出る資料 簡単につくるコツ: 「説得」「アピール」「プレゼン」「決裁」最強の方法 (単行本)
伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則 (アスカビジネス)
絶対達成バイブル
小さな会社の儲かる整頓
マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方
SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法


メールを書く速度、送信タイミング、タイトルのつけ方、文章の構成、表現など、メールの書き方についていかに効率よくこなし、潤滑にコミュニケーションを図るかという方法を解説している作品。

タイトルを考慮するとメールの処理が早い人は、これらの対応を経験的にできるようになったか、意識してできるようにしてきたかということなのだろう。

普段やりがちなメールの書き方でなおかつ、あまりしない方がいいことがいくつも挙げられていて、ドキッとしてしまうところも多い。

例えば難しいのが、このメールを送信したことで受け取った相手がどのように考えるのか?ということで、送信タイミングやちょっとした書き方で誤解を生む場合が多々あることには気をつけたいと思った。

気を使いすぎて対応してもらえないケース、伝えたいことをストレートに書いてしまったことで関係がこじれた場合と、対面や電話に比べてメールの文だけで伝えようとすると難しいことが分かる。

本書でも少し触れられているが、メールの文章に自信がない場合は電話などでフォローするくらいはしているつもりだったが、本書に書かれていることを参考にしてさらに的確な方法を模索してみる。

参考になるポイントが多く、非常に役立つ1冊だったと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ