読書-ビジネス書:雨読夜話

ここでは、「読書-ビジネス書」 に関する記事を紹介しています。


成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)
成毛眞の超訳・君主論 (メディアファクトリー新書)
成毛眞
メディアファクトリー 2011-12-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
社長のためのマキアヴェリ入門 (中公文庫)
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ (知的生きかた文庫)
大人げない大人になれ!
勉強上手
大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)
本は10冊同時に読め!―本を読まない人はサルである!生き方に差がつく「超並列」読書術 (知的生きかた文庫)
情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)
AI時代の人生戦略 (SB新書)
この古典が仕事に効く! (青春新書インテリジェンス)


元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞による、マキャベリの『君主論』の内容を自分なりに解釈し、社長としてどのように活用したかを語っている作品。
他の著作にもあるような、実も蓋もない率直な語り口で書かれている。

例えばマキャベリが失脚して山に隠棲していた時期に友人への手紙で「運命の神が私を苦しめる云々・・・」と書かれていたことについて、リストラされた中年男性が居酒屋でクダを巻いているのに近いと評しているところなどは笑ってしまった。

著者が社長に任命されて早々に副社長に解雇を言い渡したり、部下たちから「殿」と呼ばれたり、役員とではなくその下の部長クラスと飲みに行くようにしていたなど、いかに『君主論』の内容を解釈して実践していたかというエピソードは具体的で興味深い。

リーダーになろうとすると嫌われることは避けられず、これを割り切ってしまえばかえって行動しやすくなることや、ケチと言われたり怖がられることは必然に近いことが書かれていて、確かにそうなのだろうと思わされる。

中には著者が『君主論』の内容に意義を唱えているところもあり、これは恩を受けることの是非についてである。
『君主論』では「タダほど高いものはない」という意味のことが書かれているが、著者はおごった相手のことを忘れにくいことを逆手に取り、自分のことを覚えてもらうためのテクニックとして積極的に恩を受けたことを書いている。
これはお返しができてその意思がある人が実行するのはいいが、そうでない人はやらないほうがいいと感じた。

『君主論』はリーダーとしてだけでなく、対人テクニックの本として現代でも十分活用できるとしていて、活用するかしないかは別として知っておいて損はない内容だと再認識できる。

少しくせのある内容だが、まずまず興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 成毛眞, マキャベリ,

残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)
残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)
山崎将志
アスコム 2010-09-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
残念な人の働き方 (日経ビジネス人文庫)
残念な人の思考法 (日経ビジネス人文庫)
残念な人の口ぐせ
残念な人のお金の習慣 (青春新書プレイブックス)
残念な会議の救出法 (日経ビジネス人文庫)
ルフィの仲間力  『ONE PIECE』流、周りの人を味方に変える法
残念なエリート (日経プレミアシリーズ)
残念な人の英語勉強法
スラムダンク勝利学


以前読んだ『残念な人の思考法』の続編に当たるような作品。
残念な仕事の仕方と、どうすれば改善できるかを考えるためにヒントとなりうる話が書かれている。

冒頭では仕事ができるかというものさしと、周囲に気を配れるかというものさしによって、「できる人」、「可愛げのある残念な人」、「冷たい残念な人」、「本当に残念な人」、「残念以前の人」に分類しているのが印象に残る。

ビジネスに関する話では「損してトク取れ」方式として、ゴルフ場の朝食無料サービス、餃子の王将での特定の日に特定のメニューを半額にする目的、アパホテルでの大浴場が無料になっている背景など、一見コストがかかりそうだが実は頭のいい方法が書かれていて参考になる。

メールの残念な使用例としては、夕方から夜にかけての時間に緊急でもないがいい内容でもないメールを送信された側の大変さを語り、その時間帯はいい話と緊急の話以外は口頭あるいは電話でした方がいいとあり、帰宅する前に送信するメールの内容に気をつけようと思った。

後半ではベンチマーキングといって他業種の手法を真似する方法について語っていて、例えば買い物でビニール袋を断ったら値引きするスーパーの手法や、セルフレジの利用を、書店に適用したらどうなるかという例を挙げている。

セルフレジは少し前に近くのスーパーで初めて経験したので、その時の感想を思い出した。
商品のバーコード読み取りまでは店員さんが行い、その後は客がセルフレジの端末を操作してお金を投入する形であり、店の込み具合によっては確かに効果がありそうだと感じた。

あまり肩肘張らずに読むことができる文章と構成になっていて、図書館の古本市で10円で購入したことを考えるといい買い物だったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

情報の強者 (新潮新書)
情報の強者 (新潮新書)
伊藤 洋一
新潮社 2016-02-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
学者は平気でウソをつく (新潮新書)
個人を幸福にしない日本の組織 (新潮新書)
考具 ―考えるための道具、持っていますか?
情報を活かす力 (PHPビジネス新書)
【完全ガイドシリーズ138】 ビジネス書完全ガイド (100%ムックシリーズ)
アイデアのちから
いますぐ書け、の文章法 (ちくま新書)
カウンターから日本が見える 板前文化論の冒険 (新潮新書)
プレゼン資料のための正しいデザイン ビジネスを成功に導くレイアウトの技術
本物の英語力 (講談社現代新書)


経済評論家の伊藤洋一による、多くの情報がやり取りされる現代でいかに自分にとって不要な情報を捨て、役立つ情報を思考に役立てられるかという方法を解説している作品。

まず、テレビ、新聞、ネットなど、さまざまなメディアにおける長所と短所を分かりやすく対比している。
例えば構成上テレビのニュースは一定のサイクルで繰り返されるために1日に何時間も見る必要はないこと、偏向報道などで叩かれることが多い新聞なども情報が一定のルールで整理されているという点は捨てがたいということ、ネットの弱点は情報の価値に応じて扱いを変えづらいことなど、言われてみればという感じの話が多い。

情報のさばき方として、テレビのニュースは重要なものから初めてだんだん「暇ネタ」になっていく逆三角形の構造になっているので最初の方だけ見ればいいことや、毎年恒例の行事などは情報の価値が極めて低いことなどが書かれているという話も思い当たる。

また、関連情報ばかり追いすぎてはいけないこと、「快楽情報」ばかりを見るのはいけないことという部分については、ついついやってしまうことを自覚していて、直すことはできないだろうが多少は気をつけたい。

後半では、集めた情報を関連付けてループを作る方法について書かれている。
ここではさまざまな種類の情報を集めて異質な部分を脳の中で組み合わせたり、意識して得た情報を処理するなど、参考になる部分が多い。

そして情報を集めるだけでは効果に限度があり、アウトプットすることでその価値を上げることが書かれている。
方法の1つにブログを書くことがあり、当ブログでも気になっていたり身近なエピソードがあれば本などの情報と関連付けて書くようにしていて、なかなかいい方法であることを再認識できた。

著者がラジオNIKKEI第1で伊藤洋一のRound Up World Now !という30分の番組をやっていて、ポッドキャストで聴くことができることを知ったのも、本書を読んでいて良かった点である。
著者の論調は比較的まともであるように感じられるので、時々聴いてみることにしたい。

方法によっては合わないものもありはするが、情報の処理について考えさせられること、参考にしたいことなどが多かったので、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 伊藤洋一,

3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉
3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉
ロビン シャーマ (著), 北澤 和彦 (翻訳)
海竜社 2009-11-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
3週間続ければ一生が変わる〈Part2〉最高の自分に変わる80の英知 ポケット版
普及版 モリー先生との火曜日
読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)
TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫)
ビジネススキル・イノベーション ― 「時間×思考×直感」67のパワフルな技術
3週間続ければ一生が変わる〈Part2〉きょうからできる最良の実践法―最高の自分に変わる101の英知
自己評価の心理学―なぜあの人は自分に自信があるのか
TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
(文庫)お金と人生の真実 (サンマーク文庫)
今すぐやらなければ人生は変わらない―もっと運がよくなるシンプルな法則


続けることで人生にポジティブな影響を与えると思われる行動を101項目で紹介している作品。

1人になって考え事をしたり集中して休憩したり、普段漠然と抱いている心配事を受け止めるために時間を取ることの重要性や、日誌をつけて自分と対話すること、全ての本を読み終えなくてもいいことなど、やってみると効果がありそうなことがいくつも書かれている。

対人的なことについても書かれていて、人と会ったり家族と顔を合わせる際に負の感情を持ったままだといいことがないので、会う場所に着く前に一息ついて気持ちを落ち着けることなどは気をつけたほうがいいと感じた。

あと、読むことでいい影響を与えてくれそうな本(この記事の下にリンクを張ったもの)も紹介されていて、気になったら読んでみようとも思う。

内容にはできそうなこと、できなさそうなこと、実行に移す以前にやりたくないことと分かれるが、参考になる内容だった。






にほんブログ村 本ブログへ

初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式
初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式
石田 章洋
日本能率協会マネジメントセンター 2016-12-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
一瞬で心をつかむ文章術 (アスカビジネス)
人生を変える最強の英語習慣
複数の問題を一気に解決するインクルージョン思考
脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法
モテるメール術
降りてくる思考法 世界一クレイジーでクリエイティブな問題解決スキル
完全決定版 誰でもビジネス書の著者になれる! 出版の教科書
企画は、ひと言。
「言葉にできる」は武器になる。
スーパー速書きメソッド (マイナビ新書)


元落語家の経歴を持つ放送作家による、話し方論。

著者が落語家を廃業したのは弟弟子にあたる伊集院光と比べてウケる才能がないことを痛感したこと、そして放送作家に転身後も面白さをいかに出すかという問題に直面し、業界で生き残るために編み出した方法が本書の内容ということになる。
(おそらくそれだけではなく、仕事を続けるために他にも守っている内容はあると思う。)

まず目につくのは、笑いは緊張と緩和によって生み出されるという「キンカンの法則」という概念が多く使用され、相手の様子を観察したり、話の流れを読んだ上でキンカンをいかに生み出すかという話になっている。

また、相手がいかに話の情景をイメージできるような話し方をできるかという部分にも重点が置かれている。

ウケを狙ってスベることへの注意もされていて、自分の周りにもそうした反面教師にできる行動をしばしばする人がいるので、非常によく理解できた。
例としてビートたけしのスピーチを挙げ、芸人やタレントがやっている毒舌でウケる技術は非常に難易度が高く、真似をすると人間関係に支障を及ぼすような失敗をしてしまう恐れがあるのも、話としてつながっている。

空気を読んだり自分を客観的に見る手法として、自虐ネタをすることも書かれている。
ただ、うまく使えば好感度を上げられる一方で、自虐ネタでも相手が反応に困るもの、しつこくなって嫌がられる場合もあるわけで、これもまた使い方に気をつける必要がある。

内容が内容なだけに、主張したい部分がよく伝わる文章になっていて、興味深く読むことができた。
例の出し方に少し感性が古いように感じる部分もあるが、全体的には参考にできるところが多くて役立つ1冊だと思う。





企画は、ひと言。企画は、ひと言。

石田章洋
日本能率協会マネジメントセンター 2014-05-30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スーパー速書きメソッド (マイナビ新書)スーパー速書きメソッド (マイナビ新書)

石田 章洋
マイナビ 2014-04-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 石田章洋,