FC2ブログ

読書-心理:雨読夜話

ここでは、「読書-心理」 に関する記事を紹介しています。


嫌われないコツ (ディスカヴァー携書)
植西聰
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014-07-30)



対人関係で気をつけすぎたり無頓着すぎたりして、人から嫌われないためのポイントを見開き2ページで86項目にわたり解説している作品。

他人の都合や気持ちを考慮した言動をすることはもちろんだが、気を悪くすることを気にしすぎておどおどしたり、言いたいことをはっきり言えない場合も不信感を抱かれることにつながることが書かれていて、特に注意したいところだと感じた。

先に言いにくいことを言ったり、断ったり反対するにしても代替案を出すこと、脅しや権威を持ち出すことに対しての対応など、たいしたことでもないのにトラブルになりがちなポイントへの対応が書かれているのもいい。

そしてまともな対応が期待できない人へは距離を置くことと書かれているが、さすがにこの部分ではあまり具体的な話にまで及んでいない。
まともな対応が期待できない人や既に嫌われてしまった後の対応は、また別の対策が必要ということだろう。

不用意に人間関係を悪くしてしわまないための予防的措置という感じのことが分かりやすく書かれていて、参考になる。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ダン・アリエリー (著), 櫻井 祐子 (翻訳)
早川書房 2014-03-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ずる――噓とごまかしの行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
アリエリー教授の「行動経済学」入門 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
「行動経済学」人生相談室 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
お金と感情と意思決定の白熱教室: 楽しい行動経済学
ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
経済は感情で動く : はじめての行動経済学
アリエリー教授の人生相談室──行動経済学で解決する100の不合理
やさしい行動経済学 (日経ビジネス人文庫)


行動経済学の作品としてよく売れたらしい『予想通りに不合理』の続編で、人の合理的でない判断や行動を実験結果とともに紹介し、不合理さを前提としてどのようにしたらいい結果を出せるかまでを語っている作品。

指摘されれば確かにそうだと思われる話がいくつもあり、例えば人がいいことにもいやなことにも慣れる傾向というのが分かりやすい。
これをうまく使うには、いい気分になるイベント(例えば買い物)は何度かに分けて嬉しさをリフレッシュさせる一方、いやなこと(これは面倒な家事など)はつづけてやってしまうことで慣れてしまえばいいと書かれている。
(意識しなければ逆にやってしまいがちだが・・・)

他にもあるレベルまで報酬を弾むことは成果につながりやすいのだがそれを越えた報酬はプレッシャーになって逆効果としていたり、自分が考えたり作ったりしたものは過剰に評価する傾向、報復することは明らかに不合理な行動だが抑止力としての意味があるなど、しばしば想定と異なる結果が出ているのが興味深い。

著者が学生の頃に事故で重傷を負ってかなりの苦労を強いられた話をしばしば例に出したり、学生が物価の安いインドで実験をした際に起こったエピソードを紹介したりもしていて、話に厚みを加えているところもいい。

結果に対していくつかの仮説を立ててより具体的な傾向を見出すなどして話を勧めているのが分かりやすく、著者の他の作品も読んでみようというだけの魅力を見出すことができた1冊だった。






にほんブログ村 本ブログへ

使えるマキャベリ のし上がるための心理学 (ちくま新書)
使えるマキャベリ のし上がるための心理学 (ちくま新書)
内藤 誼人
筑摩書房 2011-03-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術 (日文PLUS)
イヤなやつほど成功する! -マキャヴェリに学ぶ出世術
社長のためのマキアヴェリ入門 (中公文庫)
ゾーンを引き寄せる 脳の習慣 (祥伝社黄金文庫)
成功者の習慣が身につく「超」心理術
継続は、だれも裏切らない
非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術 (日文PLUS)
ズルい奴ほど成功する!
超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学


心理学の観点から『君主論』などで知られるマキャベリの言葉における妥当性や有効性を解説している作品。

本音を明かさないことや、怖れられることやケチと見られることは問題ないが憎悪や嫉妬は避けるべきこと、他人の悪行を改善させることはあまり効果がないなど、マキャベリの思想を多くの実験結果やデータなどで裏付けているのが興味深い。

また、他人に頼っての成功を狙うのはその人に支配されることにつながるので、あくまで自力がベースという話ももっともだと思う。
それが難しいわけだが・・・

読んでいて思ったのは、マキャベリズムを活用して成功した人にはサイコパスの人も多く含まれていたのでは?ということだった。
変に情があってできないことも、こうした人だったら戦略的に判断して行動できるのかもしれない。

マキャベリと内藤氏の心理ネタという、どちらも関心のあるテーマの組み合わせが自分の中で盛り上がっていて、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 内藤誼人, マキャベリ,

薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ)
薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ)
榎本 博明
日本経済新聞出版社 2015-06-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「上から目線」の構造 (日経プレミアシリーズ)
「上から目線」の扱い方 (アスコムBOOKS)
「イラッとくる」の構造 (ベスト新書)
「俺は聞いてない!」と怒りだす人たち (朝日新書)
「過剰反応」社会の悪夢 (角川新書)
ほめると子どもはダメになる (新潮新書)
「すみません」の国 (日経プレミアシリーズ) (日経プレミアシリーズ 157)
「正論バカ」が職場をダメにする (青春新書インテリジェンス)
「やりたい仕事」病 (日経プレミアシリーズ)
「やさしさ」過剰社会 人を傷つけてはいけないのか (PHP新書)


近年の日本で目立っている行動などについて、心理学の観点から分析している作品。
具体的には裏づけもないのに自信満々な言動をすることや、「意識高い系」と呼ばれる言動、SNSの普及でつながりに依存というか縛られがちになる傾向などである。

まず、裏づけもないのに自信満々なのは元々人間にある自己評価が高い傾向に加え、リスクや問題に対する考慮が足りないためとばっさり切り捨てていて、ポジティブになることが正しいと言い過ぎる風潮がそれを助長していると補足している。
成功している人は多かれ少なかれ不安を抱えた状態を乗り越えてきたわけで、ネガティブさによる慎重さもまた必要との意見は納得しやすい。

次に意識高い系になる背景には、周囲に見られることへの意識の強さと、認められるために地道な努力をする意欲にギャップがあることを挙げている。
結局、これも自分のことばかりで周りが見えていないという話になる。

そしてSNSへの依存については、24時間ずっと周囲の意向に振り回されがちになったり、仲間うちだけの狭いつながりに引きこもる例が書かれている。
さらには職場でもウェットな関係を求めたり、1人になることの恐怖についても書かれていて、この傾向が1人でじっくり考えることができなくなり、上記の行動につながっている部分もあるようである。

この手の本ではありがちな提言のところが弱いのは本書でも同様だが、心理が行動につながるプロセスが分かりやすく解説されていてなるほどと思いながら読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ

なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方 (ディスカヴァー携書)
なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方 (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・コミュニケーション・ラボラトリー
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007-11-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方 (WAC BUNKO)
抜群に評価される人の教科書 〜誰からも評価される魅力的な人が実践している人間力が高まる行動法則〜
大人のマナー 敬語の便利帳―意外なことばの落とし穴 (SEISHUN SUPER BOOKS)
人に好かれる話し方、人を傷つける話し方
誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール
話し方のマナーとコツ (暮らしの絵本)
一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門~人に好かれる!信頼される!禁断の話術&心理術「ホワイト・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK)
恋愛マトリックス 相手を思い通りにする究極の恋愛戦略
なぜか好かれる人 27のルール: 相手の心をがっちりつかむ心理テクニック! (知的生きかた文庫)
政治の修羅場 (文春新書)


ふと口に出した言葉、あるいは話す流れで話さなかった言葉などによって、意図したことが伝わらずに悪意と受け止められるケースや、言葉の送り手と受け手でどのように齟齬が発生するかなどを具体的な言葉(および仕草)とともに解説している作品。

トラブルが起こりちなやり取りでしばしば見られる感情としては、「自分を認めさせたい」、「相手よりも優位に立ちたい」というものが多いようで、確かにこれはあると思った。

「嫌われる人の話し方」については多く書かれているが、「好かれる人の話し方」については書かれている分量が少なく、ちょっとタイトルとあっていない部分があるようにも感じる。

起こさなくていいトラブルを回避するために使用するのが正しい使い方なのだろうが、悪意を効果的に伝えたい場合や問題のある人を遠ざけるためのテクニックとしても使用できそうである。






にほんブログ村 本ブログへ