読書-伝承・神話:雨読夜話

ここでは、「読書-伝承・神話」 に関する記事を紹介しています。


抄訳・ギリシア神話 (PHP新書)抄訳・ギリシア神話 (PHP新書)

ロバート・グレイヴズ (著), 椋田 直子 (翻訳)
PHP研究所 2004-07-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イギリスの詩人で作家だったロバート・グレイヴスによる、ギリシア神話のエピソード紹介した作品を抄訳したもの。

子どもの頃に世界文学全集か何かでギリシア神話を読んで概略は知っているが、阿刀田高の解説にもあるように周辺の話がいくつもあるらしく、知らなかった話も結構収録されている。

まず印象に残るのはゼウスをはじめとする神々のあまりな人間臭さで、好色なゼウス、嫉妬深いヘラ、八つ当たりをしてしまうアポロン、いたずら好きなヘルメスなど、しばしば地上の人間たちが理不尽な目に遭っていたりする。

しかも必ずしも全能というわけでもなく、冥界の王であるハデスが人間であるシシュポスの姦計にはめられたり、巨人族との戦いで劣勢に陥った際には神々が動物に化けて逃げようとしたなど、かっこ悪いエピソードも入っているのは日本神話とも通じるところがある。

ヘラクレスのように別々の話に登場する人物がいるなど、地域によって異なる話になっていたり、話を面白くするために有名なキャラクターをねじ込んだのではないかと思われるなど、神話が編纂される過程が垣間見られるのも面白い。

そして大地母神や蛇などがオリンポスの神々に敵対する役回りを演じているのは、ギリシアと敵対していた地域で信仰されてきた神々だったという説をどこかで読んだことがあり、当たっているように思う。

本書の最終話ではローマ帝国の皇帝としてギリシア・ローマの神々を最期まで信仰していたユリアヌスが死んだことでヨーロッパがキリスト教世界となり、オリンポスから神々が去ったことが書かれている。
多神教であるオリンポスの神々と、一神教であるキリスト教は相容れない存在ということなのだろう。

元々は子供向けに書かれたものらしく、1つの話の長さもそれほど長くなく、平易な文章で書かれていて分かりやすかったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

よくわかる「伝説の亜人種」事典 (廣済堂文庫)
よくわかる「伝説の亜人種」事典 (廣済堂文庫)
幻想世界を研究する会 (著), ブレインナビ (編集)
廣済堂出版 2009-04-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで (PHP文庫)
「天使」と「悪魔」がよくわかる本 ミカエル、ルシファーからティアマト、毘沙門天まで (PHP文庫)
「世界の魔法使い」がわかる マーリン、パラケルススから近代魔術師まで (ソフトバンク文庫)
世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本 (PHP文庫)


世界各地に伝わる神話や民話、ファンタジー小説、都市伝説などに登場する亜人種(ヒューマノイド)を紹介・解説している作品。

本書で扱う亜人種とは、少なくとも一部だけでも人間の姿を持っていて、神や悪魔、天使などを除外した存在を指しているようである。
例えば巨人、小人、妖精、鬼、獣人、宇宙人などがそれに当たる。

既に知っている亜人種も多いが、トールキンという作家の作品、例えば『指輪物語』などに登場するという亜人種が多く扱われていて、これは読んだことがないのでかなり気になった。
例えばトレントという人面樹みたいな存在は初めて知ったので、気が向けば読んでみることを検討してみたい。

全体的にはもう少しイラストが欲しいところではあったが、ブックオフで108円で購入したことを考えるとまずまず楽しめたかと思う。





新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)

J.R.R. トールキン (著), 瀬田 貞二 (翻訳), 田中 明子 (翻訳)
評論社 1992-07-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

幻想世界の幻獣・討伐者ベストセレクション―決定版
幻想世界の幻獣・討伐者ベストセレクション―決定版
幻想世界調査委員会
学研パブリッシング 2012-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
幻想世界 幻獣事典
幻獣×幻想世界イラスト大事典―決定版 (Gakken Mook)
決定版 幻想世界の職業FILE


神話や伝説に登場する幻獣に分類できそうなものを80種類、そしてRPGや小説でそれらを討伐する職業を23種類、解説1ページとイラスト1ページの見開き2ページで紹介している作品。

RPGなどに出てくるものを中心としているため、ギリシア・ローマ神話、北欧神話、メソポタミア神話、旧約・新約聖書などに由来するものが多く、日本や中国、インドなどのものはあまり扱われていない。

章立てでは危険度が高い順で分けられているが無理やり感が強く、ドラゴンやアンデッドのように種類別で分けたほうが良かったように思う。

記述については、限られたページの中で対処法のような幻獣によってはあまり意味のなさそうな記述(例えば大陸サイズの幻獣への対処法などあるわけがない)を入れた上でも細かな情報を入れていて、記述にこもった著者たちのマニアックな情熱が感じられる。

ワイバーンというドラゴンに似た幻獣はドラゴンよりも少し下のポジションで、これは王家の象徴とされることが多いドラゴンを使いたくても使えない人々が拠り所とする需要に対して生み出されたなどの事情が書かれていたり、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーといったRPGでの扱われ方など、キャラクターとしてどのように変遷してきたかが分かるのも興味深い。

ゾンビとマミー(ミイラの化け物)は伝説ではなく呪術から連想されたフィクションとして生まれたので本書の対象から除外していたり、ゴーレムのような魔法生物とロボットはどれくらい異なるものなのか?という考察など、各章末に入っているコラムも面白い。

日常では役立たないがゲームをする上で知っていて損はない情報が思っていたよりも丁寧に書かれていて、そこそこ読みごたえがあった。





[参考文献に挙げられていた作品の一部]



にほんブログ村 本ブログへ

魅力的すぎる世界の神々と神話 (ビジュアルだいわ文庫)魅力的すぎる世界の神々と神話 (ビジュアルだいわ文庫)

水島朱音 榎本事務所
大和書房 2015-06-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


世界各地に伝わる神話や宗教に登場する神々や天使、悪魔や巨人、怪物といったキャラクターを、ゲームに登場するような感じのイラストとともに紹介している作品。

これまで近い傾向の作品も読んでいるが、本書で目立ったのは類書で扱われることの少ない、ケルト神話やスラブ神話、ゾロアスター教、メソポタミア神話などのキャラクターが登場しているところである。

ギリシア神話や北欧神話が定番で、次いでインド神話やエジプト神話、それからマヤ・アステカ神話にユダヤ・キリスト教あたりといった順番で扱われるイメージだったので、マニアックな関心をくすぐるところがいい。

読んでいくとヨルムンガンド、ヘリオポリス、アグニなどは『機動戦士ガンダム』シリーズで、ネルガルは『機動戦艦ナデシコ』で、リリスやマルドゥックは『新世紀エヴァンゲリオン』でといったように、神話から取られた固有名詞がけっこうあることに気づく。
アニメや小説などで気づかないうちに使用されていた神話経由の固有名詞は、他にも沢山あるのだろう。

イラストのタッチは好き嫌いが分かれそうだが、これはこれでありだと思う。
まずまず楽しみながら読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ

肥後の民話 ([新版]日本の民話 27)肥後の民話 ([新版]日本の民話 27)

荒木 精之
未来社 2015-12-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本各地に伝わる民話をまとめているシリーズの熊本編。
阿蘇、城北(菊池など)、熊本周辺、城南(八代など)、球磨・天草と地方別に分けて書かれている。

「古家のもり」や「さるの花嫁」、「ノッペラボン」(のっぺらぼう)、「めしくわぬ嫁御」のように昔話で読んだことのある有名なものも多く、熊本もまた民話が多く残っているところだということが分かる。

特定の主人公が出てくるシリーズものもあり、中でも一休さん(京都)や吉四六さん(大分)とともにとんち話で知られる、八代の彦一さんの話は子どもの頃に何度も読んでいて、懐かしく思いながら読んだ。
彦一さんの話に出てくる殿様というのは藩主の細川氏ではなく、家老で八代を任されていた松井氏のことだというのは本書で初めて知った。

シリーズものでは泣くことで怪力を出して大仕事をする「なば」少年や、とぼけた行動を連発するびゃァどんなども面白い。

他にも、「うそつきウソ助」、「タニシの孝行」、「老人とえんま大王」、「月見の枝」など、面白い話がいくつも収録されている。
嫁と姑や村人同士といった古いコミュニティ内での対立や、わりと普通の人が欲望に取り付かれて身を滅ぼす話、狐や狸が人間を化かしたり逆に懲らしめられる話など、安定した内容となっている。

このシリーズは現在復刊を進めていて、他にもどんどん出てくるようなので他の地方の作品も読んでみようかと考えている。





にほんブログ村 本ブログへ