読書-雑誌:雨読夜話

ここでは、「読書-雑誌」 に関する記事を紹介しています。


ETF(上場投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017 (日経ムック)
ETF(上場投資信託)まるわかり!  徹底活用術2017 (日経ムック)
東京証券取引所 (監修)
日本経済新聞出版社 2016-12-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投信の窓口が作った投資信託のワナ50&真実50―――退職金も老後のお金も積み立てもこれが重要! (毎月分配型・インデックス型・通貨選択型にも、ラップ口座・NISA・確定拠出年金にも危険あり!)
REIT(不動産投資信託)まるわかり! 勝てる投資術 (日経ムック)
「iDeCo(イデコ)」で自分年金をつくる 個人型確定拠出年金の超・実践的活用術(祥伝社新書)
週刊東洋経済 2017年1/21号 [雑誌](トランプ相場に乗れ! 株高はこれからが本番だ)
個人投資家が勝てる低位株投資 (少額資金から3倍高も高配当もねらえる! NISA口座で非課税投資にも最適!)
週刊東洋経済 2015年 9/19号
うねりチャート底値買い投資術―――100万円から始めて1億円を稼ぐ!
東証公式 ETF・ETN名鑑(2016年7月版)
ダイヤモンドZAI(ザイ) 2017年 02 月号 (2017年の「株」全予測&儲け方)
会社四季報プロ500 2017年 新春号 [雑誌]


東京証券取引所(東証)で取引されているETF(上場投資信託)について、銘柄紹介や投資方法などを解説しているムック本。
東証が監修しているので、情報自体の信頼性が高いと思う一方、広告が多かったりETFの品揃えのような弱点にあまり踏み込んでいないなどの部分もあり、そのあたりも考慮して読む必要がある。

ETFについては下に挙げる関連記事にした本を読んだり、ETFの森というサイトを参考にしたりしていくつか購入してきたが、本書を読んでいくと改めてまだまだ知らないことも多いことに気づく。

ちなみにこれまで購入したことがあるETFは下記のもので、ブラックロック社の「iシェアーズ」シリーズが多めなのは、投資しようと思った指数に連動したETFの中で信託報酬が安かったからである。(かっこ内は東証の銘柄コード)
  • TOPIX連動型上場投資信託(1306)
  • iシェアーズ TOPIX ETF(1475)
  • iシェアーズ Jリート ETF(1476)
  • SPDR® S&P500® ETF(1557)
  • マザーズ・コア上場投信(1563)
  • iシェアーズ エマージング株ETF(1582)
  • iシェアーズ 米国小型株ETF(1588)
投資対象で大別すると日本株式、米国株式、新興国株式、Jリートの4種類ということになる。

先進国全体に投資するタイプのETFを購入していないのは、同じ指数に連動するインデックスファンドの信託報酬が下がってETFと差が0.1%未満と小さくなってETFを選ぶ必然性がないと判断したためである。
信託報酬に差がなければ、購入手数料がかからず積み立て投資が可能なインデックスファンドの方がメリットが大きい。

ヨーロッパの株式指数に連動するETFもそれなりにあるようだが、今後長期的に下がっていく可能性が高いと思っているのもあってあまり調べていない。本書を読んでもう少しチェックしてみようと思った。

債券については日本債券や先進国全体の債券に投資するものがあまりなく、米国債券と新興国債券のものが多い。
新興国債券はコストやリスクに見合った投資対象という印象があまりないので候補に入れていないが、米国債券のものは今後チェックしてみる。
競合する金融商品は証券会社で時々既発債として販売される米国債だと思うで、これと比較する。

他にもリートや商品、エンハンストという金融工学を用いたと思われる指数に投資するものなど多くの種類が紹介されている。
基本的には自分が理解できるETFを検討し、理解できないものには手を出してはいけないなと感じた。

多くのETFに関するトピックが分かりやすく書かれていて、大いに参考になった。
今後もETFを活用して、少しずつでも資産形成に取り組みたい。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

日経エンタテインメント! HKT48 5周年Special (日経BPムック)
日経エンタテインメント!  HKT48 5周年Special (日経BPムック)
日経エンタテインメント!
日経BP社 2016-11-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
【Amazon.co.jp限定】バグっていいじゃん(TYPE-A)(DVD付)(Amazonオリジナル生写真付)
【Amazon.co.jp限定】バグっていいじゃん(TYPE-C)(DVD付)(Amazonオリジナル生写真付)
HKT48夏のホールツアー2016~HKTがAKB48グループを離脱?国民投票コンサート~ [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】バグっていいじゃん(TYPE-B)(DVD付)(Amazonオリジナル生写真付)
バグっていいじゃん(TYPE-B)(DVD付)
バグっていいじゃん(TYPE-C)(DVD付)
バグっていいじゃん(TYPE-A)(DVD付)
FLASHスペシャル グラビアBEST 2016初冬号 (FLASH増刊)
BUBKA (ブブカ) 2017年1月号
BOMB!(ボム!) 2017年 01 月号 [雑誌]


『日経エンタテインメント! 』におけるHKT48の5周年を記念して出された特別号。

全メンバーのインタビューが掲載されていて、1~3期生とドラフト生は1人当たり2ページ、今年入ってそれほど経っていない4期生は1人当たり1ページが割り当てられ、HKT48を受けた経緯や過去の出来事への印象、今後についての意気込みなどを語っている。

HKT48の1期や2期、NMB48、AKB48・チーム8などを受けて不合格になったことがあったとか、加入後に体験するアイドルとして演じることの難しさ、選抜などに選ばれるか選ばれないかの明暗など、それぞれのメンバーの口から語られているので印象に残る。

ドキュメンタリー映画の『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 』を観た後なので、より感じが伝わってくる。

HKT48のファンならば読む価値のある1冊だと思うし、また劇場公演に行ってみようと思わせてくれる。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : HKT48,

地理 2016年 09 月号 [雑誌]地理 2016年 09 月号 [雑誌]

古今書院 2016-08-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトル通り、地理に関するトピックを扱った雑誌の第735巻。

本巻では特集が[魚を得る・売る・食べる」として、これまであまり食べられてこなかった魚の利用や、生息数が減少しているウナギの話、カキ養殖における宮城県と他の産地のつながりなどの話が扱われている。

あまり食べられてこなかった魚の利用については日本のあちこちで捕れるシイラと、富山県で主に網にかかるゲンゲという魚が扱われている。
シイラが昔は食べられていたとか地中海では高級食材として珍重されているなど、時代や地域によって魚も扱われ方が異なることが分かって興味深い。

カキ養殖については、稚貝のカキを宮城県で多く生産されて各地に出荷されていることにまず驚く。
そして、その方法としてはホタテの貝殻を海に沈めてカキがつくようにして育てていることが口絵の写真にも掲載されており、一定の大きさで入手しやすいためだろうと思われ、なるほどと感じた。

執筆している方も大学の教授や専門の学者だけでなく、社会学や水産に関する学部の大学院生や大学生のような学生による論文も掲載されているのもいい。

他のテーマとしては中央アジアのヤルダン地形という風で浸食された地形の話や、熊本での地震に関する話など、さまざまなテーマが扱われていてこれらも読みごたえがある。

あまり読んだことのない分野の雑誌だが、初めて知ることも多くて興味深かった。






にほんブログ村 本ブログへ

空から見る日本ふしぎ絶景spot50
空から見る日本ふしぎ絶景spot50
渋川 育由
河出書房新社 2010-09-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
なごみの風日本の名景ベスト50
ほほえみの四季 日本の名景ベスト50
日本楽園の旅ベスト50---日本の名景
日本ふしぎ絶景ベスト50---日本の名景
空はたかく日本の名景ベスト50


空から見た日本の絶景を写真で紹介しているムック本。

出たのが3.11よりも前だったので、波に削られた浜通りの海岸の光景のような福島県の風景も収録されている。
おそらく現在は変わってしまった光景も多いと思うので、貴重なショットということになるのだろう。

他に印象に残ったのは、伊豆半島にあって独特の形で登ってみたい気分にさせられる大室山や、海に迫ったきれいな円錐型をした「薩摩富士」こと鹿児島県の開聞岳、広大な範囲に棚田が広がる長野県の姨捨千枚田、酸性が強くて生物が住めないがエメラルド色に輝くのがきれいな蔵王の五色沼などで、テレビなどで日本の絶景を紹介されていてもまだまだ観たことがない光景は多いものだと改めて気づかされる。

できれば西日本のものがもう少しあればいいと思うが、興味深く眺めた。
いつか近くに行くことがあれば、ぜひ観てみたいものだと感じる。





にほんブログ村 本ブログへ

AKB48総選挙公式ガイドブック2016 (講談社 MOOK)
AKB48総選挙公式ガイドブック2016 (講談社 MOOK)
AKB48グループ
講談社 2016-05-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
44th シングル「翼はいらない」Type C 【初回限定盤】
BUBKAデラックス 100%SKE48 (白夜ムック546)
44th シングル「翼はいらない」Type B 【初回限定盤】
44th シングル「翼はいらない」Type A 【初回限定盤】
BOMB!(ボム!) 2016年 06 月号 [雑誌]


6月18日に開票イベントが新潟で行われる、AKB48グループ選抜総選挙の公式ガイドブック。
昨年に引き続いて購入した。

昨年は「注目の100人」がピックアップされていたが、今回は「注目の101人」となっていて101人目が○○仮面とかいうメンバー?になっていた。
色々と言われているようだが、反応したら運営の思うつぼのような気がするのでコメントはしない。

「注目の101人」でこれまでランクインしたことがないニューカマー枠で、劇場で何度か観ているHKT48のメンバーからは、観た回数が比較的多くて感情移入しやすい冨吉明日香や田中優香、山下エミリーなどが入っているのが感慨深い。

正直、上位20人くらいは大体予想ができてその中で何位なのかが異なるだけなのであまり関心はなく、新たに誰がランクインするのか、下位だったメンバーがどれくらい上げてくるのかが主な関心となっている。

多数の投票行動を行うまでのファンがつくには一定の時間が必要なことは傾向として出ていて、これまでランクインがゼロだったAKB48・チーム8や今回初参加となるNGT48は厳しい結果になることが予想されるが、少数でもランクインすればそのメンバーが一気に抜け出すことにもなりうる。

そして、人気の割に扱いがあまり良くないとされるメンバーが躍進するのも見所となっている。

昨年は福岡での開催だったから実際に行ったが、今回は遠いし座り疲れるのもつらいので行かないことにした。
あと1ヶ月弱で結果が出るので、速報発表などそれまでの経過も含めて注目する。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : AKB48,