読書-歴史(世界):雨読夜話

ここでは、「読書-歴史(世界)」 に関する記事を紹介しています。


「宗教」で読み解く世界史の謎 (PHP文庫)
「宗教」で読み解く世界史の謎 (PHP文庫)
武光 誠
PHP研究所 2016-08-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本人だけが知らない「本当の世界史」 (PHP文庫)
戦争と革命の世界史 (だいわ文庫 H 320-1)


宗教が世界史に及ぼした影響や、それぞれの宗教や宗派の間での争いがもたらした結果などを解説している作品。

宗教に対しては古臭くて迷信っぽいイメージを持ってしまうことがあるが、宗教が成立してから布教される間は哲学、科学思想、健康法などを含んだ体系的なものであるわけで、現代の視点からだけで考えてはいけないことを再認識させてくれる。

また、一神教と多神教の違いの背景として、以前読んだ『森林の思考・砂漠の思考』を引き合いに出して前者が砂漠の宗教、後者が森林の宗教ということで、それぞれの長所と短所を対比させているのもいい。

そして中近東で生まれた一神教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教がそれぞれ影響を与え合ってきたことや、教義が時代によって少しずつ変更が加えられてきたり、信仰と世俗の風習を別にすることで教義と現実のギャップを埋めようと努力が加えられてきたことも興味深い。

例えば利子はキリスト教でもイスラム教でも元々は禁止されていたわけだが、マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』で考察されたように真っ向から向き合ったか、イスラム金融のように金の貸し借りに事業を挟むことで解決してきたかで、社会や経済の仕組みが違ってくるのも分かるような気がする。

それぞれの宗教における概念についての理解はできたとは言えないが、歴史上の出来事と宗教の関連について分かりやすく書かれていて、思っていた以上にしっかりした内容の作品だと感じた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 武光誠,

日本史もわかる「世界史」地図 (宝島SUGOI文庫)日本史もわかる「世界史」地図 (宝島SUGOI文庫)

武光 誠
宝島社 2009-03-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本史および世界史の時代ごとに、それぞれの地域でどのような国家や政権が存在したり出来事が発生していたかを紹介している作品。

ユーラシア大陸の東西で同時期にどのような国が存在していたかが地図で図解されているのは分かりやすくていいが、文章の構成が非常に読みづらい。

時代の概略と地域別の歴史が分けて書かれているが、記述が重なる部分が多くて、読むリズムが悪くなってしまう。

例えば時代の流れとしてはモンゴル帝国の後にオスマン帝国が登場するのだが、逆の順番で書かれてあれ?と感じさせられてしまったりする。

文庫本という構造上の制約があったのだろうが、多くの情報を詰め込もうとして失敗した作品という印象が強かった。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 武光誠,

地理から読みとく世界史の謎 (青春文庫)
地理から読みとく世界史の謎 (青春文庫)
歴史の謎研究会
青春出版社 2014-07-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
知れば知るほど面白い 地理・地名・地図から読み解く世界史 (じっぴコンパクト新書)
語源に隠れた世界の歴史: 世界史の重要知識もわかる! (知的生きかた文庫)
面白いほど世界がわかる「地理」の本 (知的生きかた文庫)
世界史が面白くなる国名・地名の秘密 (歴史新書)
世界史は99%、経済でつくられる
「地形」で読み解く世界史の謎 (PHP文庫)
地図化すると世の中が見えてくる
2時間でおさらいできる世界史 <近・現代史篇> (だいわ文庫)
図説 ヨーロッパの王朝 (ふくろうの本)
世界史は「戦争」を知ればよくわかる---国の興亡は戦争によって決定づけられてきた! (KAWADE夢文庫)


地図を多用して各国の世界史を解説している作品。

大きく2部に分かれていて、1つ目が世界史の大きな流れを20枚の地図を用いて紹介している部分、そしてもう1つが各国の歴史を解説している部分で、前者:1-後者:4くらいの割合になっている。

何かに構成が似ていると思って過去の記事をたどると、『図説・ゼロからわかる 世界情勢地図の読み方』から対象の国を絞った上でその中から歴史の部分を抜き出したら本書のような構成になるような気がした。

限られたページに多くの国の歴史がコンパクトにまとめられていて、大まかな知識を得るにはまずまずの作品なのかなと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

グローバル時代の必須教養 「都市」の世界史
グローバル時代の必須教養 「都市」の世界史
出口 治明
PHP研究所 2017-03-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
本物の思考力 (小学館新書)
「働き方」の教科書: 人生と仕事とお金の基本 (新潮文庫)
30の都市からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)
座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」
“しくじり”から学ぶ世界史: 古今東西40名の「失敗」から教訓を導く! (知的生きかた文庫)
なぜ、地形と地理がわかると現代史がこんなに面白くなるのか (歴史新書)
経済は地理から学べ!
リーダーの教養書 (News Picks Book)
仕事に効く教養としての「世界史」II 戦争と宗教と、そして21世紀はどこへ向かうのか?
世界基準の働き方 海外勤務を拒み続けた私が超巨大グローバル企業の幹部になれた理由


ライフネット生命会長による、歴史上大きな役割を果たすことが多かった10都市を選び、その歴史を語っている作品。

イスタンブール、サマルカンド、デリー、カイロ、北京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ローマが取り上げられていて、読んでいくと納得できる選択ということが分かってくる。
次点の都市を選ぶとすると、エルサレム、バグダッド、ダマスカス、アムステルダム、ウィーン、京都などが候補に挙がるだろうか。

ペルシアやイスラムの諸王朝、マケドニア、ローマ帝国、モンゴル帝国といった大国の興亡や住民の移り変わり、例えばパリではナポレオン三世とオスマンのように都市建設に貢献した人物の話など、多くの情報が盛り込まれている。
そのため、レビューで具体的な話をすると収まらなくなりそうなくらいになっている。

著者がそれぞれの都市を訪れた際に印象に残ったことなども書かれていて、訪れてみようという人に対しても親切な構成となっていると思う。
都市から歴史という視点で物事を捉えるヒントとなる作品であり、興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 出口治明,

アメリカ人の物語 第1巻 青年将校ジョージ・ワシントン (アメリカ人の物語 1)アメリカ人の物語 第1巻 青年将校ジョージ・ワシントン (アメリカ人の物語 1)

西川秀和
悠書館 2017-01-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アメリカ合衆国の歴史を、人物の活躍を中心に描いているシリーズの第1作。
本作では初代大統領となるジョージ・ワシントンが独立戦争前の若い頃、将校としてフランスとの戦いを指揮したり、ヴァージニア植民地の代表として活動する話が多く書かれている。
(りんごの木を切ってどうのという話は出てこない)

前半ではオハイオ地方をめぐってのイギリスと、フランス・インディアンの連合軍が戦ったフレンチ・アンド・インディアン戦争が描かれている。

イギリス本国から適性のない将軍が派遣されて戦略ミスを重ねたり、インディアンによるゲリラ戦に翻弄されたり、原生林が多くて行軍に支障をきたすこと、物資の不足などにより、しばしばフランスに敗れるシーンが出てくる。
その後、本国が北米に本腰を入れたこともあって勝利することになるが、ワシントンをはじめとする植民地の人々は本国の軍隊に対する複雑な感情を持つことにもなった。

そして後半では、戦後の戦費負担や税制、植民地政策などをめぐって本国政府と植民地で対立が深まり、度重なる交渉も不調に終わって戦争に至る過程が書かれている。

必ずしも本国は圧政を以て臨んだわけでもなく、負担軽減を狙った政策が植民地の人々から圧政と捉えられることが多かったことや、ワシントンたちもはじめのうちは独立を考えていなかったことも書かれている。
それでも多くの失策や行き違いが重なることで、本国の軍隊と植民地の民兵が衝突する事件が発生し、独立戦争のきっかけとなることが書かれている。

予備知識があまりない状態で読み始めたことと、名前が覚えにくいこともあって初めのうちはなかなか頭に入らなかったが、途中から話に身が入って興味深く読み進めることができた。

人物についてはワシントンとベンジャミン・フランクリンしか知らなかった状態から、アダムズやハンコック、ヘンリーといった人物の活躍が印象に残った。

かなり読み応えのある作品で、アメリカに対する関心が深まった。






にほんブログ村 本ブログへ