博物館・美術館:雨読夜話

ここでは、「博物館・美術館」 に関する記事を紹介しています。




先週末、福岡市博物館で開催中の「徳川家康没後400年記念 大関ヶ原展」(2015年8月7日~10月4日)を観に行った。

関ヶ原の合戦の模様を描いた屏風や絵巻物、秀吉が亡くなる前後から関ヶ原の戦後処理にかけての時期のさまざまな書状、合戦に参加した武将たちの鎧兜などが展示されていて、タイトルに「大」がつくだけあってかなりのボリュームとなっている。

合戦の模様を描いた絵では武将の名前がついていたり、旗指物の模様などから有名な武将の位置が分かるのでじっくり見ることができる。
旗指物では徳川軍の「厭離穢土 欣求浄土」、石田軍の「大吉大万大一」、宇喜多軍の「兒」、井伊軍の赤く染め抜かれた「井」、蜂須賀軍の「卍」、徳川軍伝令の「五」などが識別しやすい。

他にも家康のそばに「南光坊」と書かれた鎧兜の人物が南光坊天海(徳川家の顧問に当たる僧侶)のことらしかったり、石田三成の家老である島左近が黒田長政軍に銃撃を受けて家来に運ばれる模様なども見ることができた。

書状のところでは、毛利輝元が国元にいる叔父の元康に宛てた書状が多く、徳川派が増えていらだったり、毛利家と親しい細川家や黒田家が家康につくことを知ってショックを受けるなど、刻々と移る情勢に対する感情が伝わってくる。
また、石田三成が真田家に対して味方するように働きかけている書状では、かなり必死に説得している感じが分かる。

そして書状の宛先が苗字、氏名、官名などを略したものが多く、例えば房州(真田安房守昌幸)、豆州(真田伊豆守信之)、備中(備前中納言宇喜多秀家)、芸中(安芸中納言毛利輝元)といった具合で、歴史小説などで予備知識があるとちょっと面白い。

鎧兜については、九州国立博物館「戦国大名-九州の群雄とアジアの波涛」でも見ている黒田長政(一の谷型兜、水牛の角つき兜、羊歯つき兜)や立花宗茂(日輪ととさか)といった九州に縁が深い武将の他にも、加藤清正(烏帽子型兜)、加藤嘉明(イカに見えるが富士山型兜)、榊原康政(胴に「無」の篆字)、鍋島勝茂(深緑のおしゃれな甲冑)などバラエティ豊かな意匠が楽しい。

また、先日読んだ『家康、真骨頂: 「狸おやじ」のすすめ』で扱われていた、家康の60歳頃の肖像画(一般的に太ったイメージのものと比較すると中肉中背に描かれている)や、久能山東照宮に収められている島左近の兜も展示されていて、読んでからさほど期間が経っていなかったこともあってテンションが上がった。

戦国時代や戦国武将が好きな人なら満足できる内容の特別展だと思うので、おすすめする。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2015080916270001.jpg


先日東京へ旅行した際、国立科学博物館に特別展の「生命大躍進-脊椎動物のたどった道」(2015年7月7日~ 10月4日)を観に行った。
あまり予備知識はなかったが、結論から言えば思っていた以上に楽しむことができた。

海で発生した生命が腸とか内臓だけが海を泳いでいるような生物から、徐々にアゴやひれといった器官が徐々に獲得される過程が時系列的に展示されていて、進化とは一気に行くものではないのだと感じた。

化石の展示が多いだけでなく、海の支配者として活動していた節足動物のウミサソリ(上の画像で掲載している食べられそうになっているやつ)や、単弓類に分類されるディメトロドンなどは再現したレプリカが展示されていて、しかも動画以外のほとんどの展示が撮影OKというのも実に寛大で良かった。

あまり知らなかった生物の進化についての話や、現在の人類に至るまでのさまざまな種がいたことなどを知ることができて興味深かったと思う。





にほんブログ村 本ブログへ

2015080915390002.jpg

先日東京へ旅行した際、上野の森美術館「メカニックデザイナー 大河原邦男展」(2015年8月8日~ 9月27日)へ行った。

大河原氏については『機動戦士ガンダム』のメカニックデザイナーということで名前は知っていたが、タイムボカンシリーズや勇者ロボシリーズ、『装甲騎兵ボトムズ』、『蒼き流星SPTレイズナー』など知っている作品や、『太陽の牙ダグラム』のように存在すら知らなかった作品も手がけていたことを知り、かなり驚いた。

また、ガンダムシリーズでもZガンダムやZZガンダムには関わっておらず、F91やウイングガンダム、SEEDなどを手がけていたことも少し意外だった。

展示では原画や宣伝用の絵などが展示されていて、例えばガンダムにしても多くの変更を重ねていった上で完成版になったことが分かるのが面白い。

ガンダムは当初は兵器らしく白のモノトーンだったのがおもちゃ会社の要求によってトリコロールにされ、一方でザクのような量産型MSは兵器らしさを出すことができたという話をどこかで読んだことがあるが、ガンダムの原画でもスポンサー担当者によると思われるコメントが書き込まれているのも見ることができる。

かなり以前から描かれているにも関わらず、当時から現代でも通用しそうなデザイン、そして時代を感じるデザインの双方を見ることができ、充実した展示で楽しかった。





にほんブログ村 本ブログへ

2015080910500000.jpg


先日東京を訪れた際、三菱一番館美術館で開催されていた「画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展(2015年6月27日~9月6日)を観に行った。
これまで河鍋暁斎の作品が何作か展示されている特別展は観たことがあるが、暁斎をメインにしている展示は初めてでテンションが上がった。

この展示では暁斎と、彼に弟子入りして暁英と称した英国人のジョサイア・コンドルについて扱っている。
コンドルは建築関係のお雇い外国人として三菱一号館や鹿鳴館の設計をした他、東京駅を設計した辰野金吾など明治の名建築家たちを指導したことでも知られている。

コンドルの作品としては多くの建築の設計図の他に、日本画も多く展示されていて、日本の絵師の作品として紹介されても全く違和感がないものとなっていて少し驚く。

そして暁斎の作品では強烈なインパクトのある絵も多い一方で、狩野派の絵師というアイデンティティも強かったそうで、締まった風景画や美しい人物画などもあり、多才さを再認識することになる。

以前読んだ『河鍋暁斎絵日記: 江戸っ子絵師の活写生活』で扱われている絵日記も展示されていて、実物を観るのはおそらく初めてなのでけっこう興奮した。
暁斎はコンドルの自宅に毎週訪れて指導していたことから、コンドルも「コンデール君」として多く登場しているのも楽しかったので、物販コーナーで河鍋暁斎記念美術館が出している『暁斎絵日記の中のコンデル』という冊子(650円)を購入した。

好きな画家の一人である暁斎の作品を多く観ることができ、充実した体験だったと思う。


※上に掲載している画像は、撮影OKだった河鍋暁斎『惺々狂斎画帖』のパネルを撮影したもの。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 河鍋暁斎,


先日九州国立博物館へ、「戦国大名-九州の群雄とアジアの波涛」展を観に行った。

大友宗麟、毛利元就、島津義久、龍造寺隆信、小早川隆景、黒田長政、加藤清正、立花宗茂、松浦隆信、宗義智などの九州で活躍した戦国大名たちを扱っていて、比較的人気の出やすい特別展となっている。

歴史小説などにも登場する茶器、さまざまな人物による書状、肖像画や襖絵や屏風絵、刀剣などが多く展示されている。
加藤清正所用で有名な片鎌槍の穂先も展示されていて、例えば「黒田節」で知られる母里太兵衛所用の日本号と比較すると小さく、いかに日本号が大きかったかということが分かる。

先日読んだ『変り兜-戦国のCOOL DESIGN』に掲載されていた、立花宗茂所用の日輪ととさか付の兜や、黒田長政所用の水牛の角がついた兜も展示されていて、読んでから期間が経っていなかったのでテンションが上がった。

また、江戸初期に書かれたと思われる、諸藩の旗指物の一覧を描いた絵も展示されていて、文字が崩されていて読みにくいが、井上家の旗が「井」、鳥居家の旗が鳥居のマークになっているのが非常に分かりやすくて面白かった。

充実した展示内容で、行ってみるだけの価値があると感じた。
夏には福岡市博物館で「大関ヶ原展」が催されるそうなので、これにも行ってみたい。




にほんブログ村 本ブログへ