読書-伝記(日本):雨読夜話

ここでは、「読書-伝記(日本)」 に関する記事を紹介しています。


大間違いの織田信長
大間違いの織田信長
倉山 満
ベストセラーズ 2017-08-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
世界の歴史はウソばかり
工作員・西郷隆盛 謀略の幕末維新史 (講談社+α新書)
真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任
右も左も誤解だらけの立憲主義
国際法で読み解く戦後史の真実 文明の近代、野蛮な現代 (PHP新書)
倉山満が読み解く 足利の時代─力と陰謀がすべての室町の人々
コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)
誰も教えてくれない 真実の世界史講義 中世編
吉原の真実 知らないことだらけの江戸風俗 (自由社ブックレット10)
倉山満が読み解く 太平記の時代―最強の日本人論・逞しい室町の人々


信長には天才的、革新的、戦争の天才、残虐、権威をないがしろにしたなどのイメージがつきやすいが、史実からは全くそうではないことを語っている作品。

信長は基本的には常識人で負けも多いなど必ずしも強いとは言えず、室町幕府や朝廷といった権威を上手に利用したり必要に迫られれば武田信玄や上杉謙信のような強敵に頭を下げることも辞さないなど、たゆまぬ努力で難局を切り抜けてきたことが書かれている。

そして歴史上の人物で真似がしやすいのは信長と坂本龍馬と語り、いかに他の人物、例えば秀吉の才能、家康の異常な忍耐強さ、高杉晋作の無謀さなどを引き合いに出して説明している。

信長が家臣からすると恐ろしくて仕えにくいというイメージがあるが、これは上杉謙信が死んで調子に乗った晩年の3年くらいの出来事に由来する部分が大きいようで、勝てなくて当然の敵(信玄とか謙信)に敗れても処罰がされなかったり、ノルマも比較的妥当なラインに設定されていたり(家康あたりと異なり)具体的な指示を与えるなど、信長軍団は思われているほどブラックでもないと感じられる。

豊かな地方にありがちな兵の弱さは数や装備を充実させてカバーしたり、何度も作られた信長包囲網に対しては「一番弱い敵を叩く」という基本を徹底したり、奪回されてもいいから進出を続けるなど、トップとして打てる手を次々と打ってきたことが分かり、こうした成果が積み重なって実像と異なるイメージが形成されるというのも興味深い。

また、信長以外にも、例えば上杉謙信は出る時代を間違えたくらい強烈すぎる人物という趣旨の人物評をしたり、毛利一族で輝元のアホさは比較的知られているが賢人とされがちな小早川隆景を現状主義タイプで大嫌いとしていたりと、他であまり読んだことがない評価をしているところも非常に面白い。

こういう信長の見方もあることを知り、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 織田信長,

不屈の人 黒田官兵衛 (メディアファクトリー新書)不屈の人 黒田官兵衛 (メディアファクトリー新書)

安藤優一郎
メディアファクトリー 2013-06-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


少し前に読んだ『「街道」で読み解く日本史の謎』の著者による、黒田官兵衛の事跡を解説している作品。

知略の面で語られることが多い官兵衛だが、本作では慈愛に満ちた面や意外に筋を通すところ、自身の知略が他人から疎まれることへの意識が少し薄くて損をしてきた部分が比較的多く描かれている。

いいところは地図や系図を多用して分かりやすくしているところで、いまいちなところは類書と比較すると目新しいところ、とがったところがあまりないところである。

読みやすいのはいいが、その反面あまり印象に残らなかった。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 黒田官兵衛,

徳川家康の経営学―激動の時代を生き抜く (人物文庫)
徳川家康の経営学―激動の時代を生き抜く (人物文庫)
童門 冬二
学陽書房 2002-12-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
家康の仕事術―徳川家に伝わる徳川四百年の内緒話 (文春文庫)
徳川家康の人間力
家康に訊け!―人情通だからできた「非情の経営」 (ノン・ポシェット)
「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」 (講談社+α文庫)
将の器・参謀の器―あなたはどちらの“才覚"を持っているか (青春文庫)
徳川家康大全
1人で100人分の成果を出す軍師の戦略
「戦国大名」失敗の研究 (PHP文庫)
天下統一 秀吉から家康へ (講談社現代新書)
織田信長の外交 (祥伝社新書)


家康の事跡からたどる、その偉大さを解説している作品。
10年以上前に読んだと思うものを再読した。

広く知られている話も多いが、
  • 忠義に篤いイメージのある三河の家臣団が築山殿事件などで見せた「役に立たない主君は替える」という一面と、それに対する家康からの江戸幕府成立後の冷遇という形での仕返し
  • 家康がタテマエばかり言ってホンネは家臣に言わせるという据え膳主義
  • 信長や秀吉と比較し、家康は家臣と一対一の「ここだけの話」という形で指示を出す傾向
  • 家康が『吾妻鏡』や『孟子』を熱心に研究しつつも知らないふりをして林羅山らの学者に体系づけをさせた話
などが印象に残る。

久しぶりに再読し、読みやすい文章で分かりやすく書かれていることを再認識でき、15年経過しても販売され続けているのも納得だと感じた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 童門冬二, 徳川家康,

戦国武将の実力 - 111人の通信簿 (中公新書 2343)
戦国武将の実力 - 111人の通信簿 (中公新書 2343)
小和田 哲男
中央公論新社 2015-10-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国大名の正体 - 家中粛清と権威志向 (中公新書)
戦国武将 最強の19軍団
名城と合戦の日本史 (新潮文庫)
戦国武将の明暗 (新潮新書)
戦国武将 (中公文庫)
織田信長の家臣団―派閥と人間関係 (中公新書)
戦国時代は裏から読むとおもしろい!―「敗者」から見たもうひとつの戦国合戦史 (青春文庫)
戦国武将の選択 (産経セレクト)
戦国夜話 (新潮新書)
戦国武将の手紙を読む―浮かびあがる人間模様 (中公新書)


戦国武将を111人選び、先見性・統率力・教養・実行力・企画力の5つの基準で能力を評価し、その業績を解説している作品。
通説の評価だけでなく、最近の研究結果が反映されているのが特徴となるかと思う。

戦国武将ではどうしても合戦の話が多くなるが、本書では領国統治や経済政策についての話を多くしているのもポイントが高い。
例えば今川氏親による金山開発、長宗我部元親による商品作物の輸出、島津家でなされた貿易や独自通貨の発行など、伝記や歴史小説で扱われることが少ないと思われるので面白かった。

戸沢政盛や蠣崎(松前)慶広といった遠方の地方勢力、京極高次や亀井茲矩といった少しマイナーな武将、武田勝頼や別所長治のように敗者としてイメージが良くない武将など、必ずしも多くの人が選ぶとは思えない人物が掲載されているのも特徴がある。

パラメーターの評価は参考までというところだと思うが、解説文が読みやすさと興味深さのバランスが取れていてなかなか良かった。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 小和田哲男,

応仁の乱 人物データファイル120
応仁の乱 人物データファイル120
応仁の乱研究会
講談社 2017-07-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)
歴史REAL南北朝 (洋泉社MOOK 歴史REAL)
【完全ガイドシリーズ190】 応仁の乱 完全ガイド (100%ムックシリーズ)
図解 南北朝争乱 (エイムック 3824)
図解 応仁の乱 (エイムック 3743)
イラストで丸わかり! 室町時代 (洋泉社MOOK)
応仁の乱 下剋上への道 (英和ムック)
マンガ 応仁の乱
室町幕府将軍列伝
戦争の日本中世史: 「下剋上」は本当にあったのか (新潮選書)


今年固いイメージのある中公新書としては異例の大ヒットとなった『応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱』を受けて書かれたと思われる、応仁の乱に関係する・関係しそうな室町時代の人物を120人分解説している作品。

足利、細川、山名、畠山、斯波といった応仁の乱で目立つ人物から、朝倉孝景のように下克上を果たした家臣、伊勢貞親のような陰謀をめぐらせた官僚タイプの人物、地方で活躍した人物など、知らなかった人物も多く扱われている。
これは日本史の研究書や小説として扱いづらかったためということもある。

足利将軍家から名前をいただく風習から、持(義持)・教(義教)・政(義政)といった文字が名前につく人物が多いこともあって、予備知識が少ないと最初のうちは少しこんがらがってしまう。

細川や山名といった親族が多数活躍した氏族だとさらに区別をつけるのが難しく、理解を助けるために系図が用意されているのはありがたい。

欲を言うと、登場する人物の領地や活躍した地方を日本地図あるいは近畿周辺の地図で表示するような方法が取られれば、さらに分かりやすくなるのではないかとも思った。

これだけ多くの人物が関係し、分かりやすい英雄や勝利者が見つけにくいというのがこれまで詳しく扱われなかった原因ということが伝わってくる。

小説にするのであればまとまった形の長編よりも、「細川勝元編」、「山名宗全編」、「畠山義就編」のように、それぞれの視点から描かれた連作の形であれば、作家の筆力によっては売れるのではないかと考えている。
例えば本業の作家であれば岩井三四二、脚本家だったら三谷幸喜、他にはバカリズムなどの作品だったら読んでみたい。

多くの人物のデータがきれいな形でまとめられているので、『応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱』の副読本としても役立つ1冊だと思う。





戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本 (じっぴコンパクト新書)戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本 (じっぴコンパクト新書)

水野大樹
実業之日本社 2017-01-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ