読書-時代小説:雨読夜話

ここでは、「読書-時代小説」 に関する記事を紹介しています。


茶坊主漫遊記 (集英社文庫)
茶坊主漫遊記 (集英社文庫)
田中 啓文
集英社 2012-02-17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
鍋奉行犯科帳 (集英社文庫)
猿猴 (講談社文庫)
ハナシがうごく! 笑酔亭梅寿謎解噺 4 (笑酔亭梅寿謎解噺)
ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺 (笑酔亭梅寿謎解噺) (集英社文庫)
聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)


関ヶ原の戦いの34年後、老僧の長音上人と従者の腐乱坊、そして謎の芸人?彦七の3人が旅の先々で事件に遭遇するという5作の時代ミステリー連作。

この長音上人は、実は関ヶ原後に捕えられて三条河原で処刑されたはずの石田三成が落ちのびた姿であり、米沢を起点に近江、備前、天草、薩摩と西に向かって旅をしていく。

そして三代将軍・徳川家光がこのことを知って柳生十兵衛に暗殺を命じ、十兵衛は長音を各地で付け狙うも大抵取り逃がすという、お約束のパターンを繰り返す。

本書ではチェスタトンのミステリーである『ブラウン神父』シリーズやドラマ『水戸黄門』シリーズのフォーマットを使用していて、他にも随所でさまざまな小ネタを仕込んでいる。

若いころにあれほど潔癖ぶりが伝えられてきた三成が、いかに年月を経てもあれほど円熟した人格になるとも思えないなど、歴史考証が雑に感じるところもあるが、あまりこのあたりをツッコむのも野暮というものだろう。

エンターテイメントとして、気軽に読むことができた。
著者の作品は本書が初めてだったので、他も読んでみようと思う。



[著者の他の作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

勝小吉事件帖―喧嘩御家人 (祥伝社文庫)
勝小吉事件帖―喧嘩御家人 (祥伝社文庫)
風野 真知雄
祥伝社 2004-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
八丁堀育ち (朝日文庫)
初恋の剣 八丁堀育ち2 (朝日文庫)
薔薇色の人 姫は、三十一 4 (角川文庫)
格下げ同心 瀬戸七郎太 情け深川捕物帖 [ベスト時代文庫]
厄介引き受け人 望月竜之進 二天一流の猿 (竹書房時代小説文庫 か 1-1)


勝海舟の父であり、不良旗本とされながらも破天荒な生き方をした勝小吉が、座敷牢で推理をするというミステリー時代小説の連作。

小吉は自伝の中で、20代はじめの頃に悪行が過ぎて父親から3年間ほど座敷牢に入れられていたと書いており、その頃を舞台としている。

流れとしては、子分に当たる又四郎や岡っ引きの仙吉から話を聞き、生まれて間もない麟太郎(後の海舟)の仕草から推理をするという形を取っている。

不良浪人と警戒されるだけあって当然正義のためなどではなく、金儲けや座敷牢から出たいという考えからの推理だが、このあたり著者の『四十郎化け物始末』シリーズとかなり似ている。
また、推理は当たっても当初の目論見が果たされずにがっかりするところも比べることができて楽しい。

気軽に楽しめる1冊だった。



[本書の新装版]

喧嘩旗本 勝小吉事件帖 新装版 (祥伝社文庫)喧嘩旗本 勝小吉事件帖 新装版 (祥伝社文庫)

風野 真知雄
祥伝社 2013-10-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 風野真知雄,

姫は、三十一 (角川文庫)
姫は、三十一 (角川文庫)
風野 真知雄
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-12-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
恋は愚かと 姫は、三十一 2 (角川文庫)
君微笑めば 姫は、三十一 3 (角川文庫)
薔薇色の人 姫は、三十一 4 (角川文庫)
嘘つき 女だてら麻布わけあり酒場8 (幻冬舎時代小説文庫)
慕情の剣 女だてら 麻布わけあり酒場5 (幻冬舎時代小説文庫)


風野真知雄による、平戸松浦家の姫が活躍する時代小説のシリーズ第1巻。
先日読んだ著者の『幻魔斬り 四十郎化け物始末3』のあとがきで、『姫は、三十一』シリーズを執筆するために『四十郎化け物始末』はしばらく休む旨が書かれており、関心を持ったので読んだ。

主人公は『甲子夜話』の著者としても知られる平戸松浦藩主・松浦静山の娘・静湖(せいこ)姫で、タイトルにあるように31歳である。

そのため婚期を逃した話が多く出てくるが、30歳の年の年末に行きつけの居酒屋を営むおかまから、31歳はかなりモテる年になると占いの結果を告げられる。

そして年が明けて初めて行った歌会の席で、屋根の上に死体があることが発見され、静湖姫がなぜか事件解決に張り切ることになる。
そして多くの男性が登場し、今後に含みを持たせる記述が多く描かれる。

強気でストレートに感情を表す静湖姫のキャラクターを、楽しみながら読むことができた。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 風野真知雄,

幻魔斬り 四十郎化け物始末3 (角川文庫)
幻魔斬り  四十郎化け物始末3 (角川文庫)
風野 真知雄
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-04-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
百鬼斬り 四十郎化け物始末2 (角川文庫)
妖かし斬り   四十郎化け物始末1   (角川文庫)
女だてら 麻布わけあり酒場 (幻冬舎時代小説文庫)
王子狐火殺人事件―耳袋秘帖 (文春文庫)
未練坂の雪 女だてら 麻布わけあり酒場2 (幻冬舎時代小説文庫)


風野真知雄による、「からす四十郎」と呼ばれる浪人が化け物がらみとされる事件を解決していく時代小説シリーズの第3巻。

数々の化け物がらみとされる事件を解決してそれなりに報酬をもらうが、結核で臥せっている妻の薬代や息子の学費、嫁いだ娘の失敗などで借金に悩まされつづける四十郎は、かわらず化け物退治の依頼をこなしていく。
今回は下記の4作が収録されている。
  • 「骸骨の過去」
  • 「枕もとの人」
  • 「海坊主」
  • 「のっぺらぼう」

ミステリーの要素もあるのであまり細かく書かないが、医者のところで手伝いをしている娘のお多恵が新たに出てきたり、行きつけの飲み屋のおかみが2人から3人に増えたりと、連作ものながら変化がつけられている。

また、遠山の金さんこと南町奉行の遠山金四郎も出てきて、偽者の遠山桜を名乗る悪人探しを頼まれたりもし、前作・前々作同様に楽しめる。

著者はあとがきで、しばらくこのシリーズはお休みするようなことを書いているのは少々残念だが、本シリーズをお休みして書いたという『姫は、三十一』シリーズや、本書の主人公である月村四十郎の子孫にあたる『月村弘平の事件簿』シリーズも読んでみたい。



姫は、三十一 (角川文庫)姫は、三十一 (角川文庫)

風野 真知雄
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-12-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東海道五十三次殺人事件 -歴史探偵・月村弘平の事件簿 (実業之日本社文庫)東海道五十三次殺人事件 -歴史探偵・月村弘平の事件簿 (実業之日本社文庫)

風野 真知雄
実業之日本社 2012-12-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 風野真知雄,

百鬼斬り 四十郎化け物始末2 (角川文庫)
百鬼斬り 四十郎化け物始末2 (角川文庫)
風野 真知雄
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
幻魔斬り 四十郎化け物始末3 (角川文庫)
妖かし斬り   四十郎化け物始末1   (角川文庫)
濤の彼方 妻は、くノ一 10 (角川文庫)
夢泥棒 女だてら 麻布わけあり酒場3 (幻冬舎時代小説文庫)
未練坂の雪 女だてら 麻布わけあり酒場2 (幻冬舎時代小説文庫)


浪人の四十郎が妖怪がらみとされる事件を解決していく時代小説である、四十郎化け物始末シリーズの第2作。
前作が面白かったので続けて読んだ。

本作では、下記の4編が収録されている。
  • 「閻魔のざるそば」
  • 「首洗い屋敷」
  • 「化け猫が足を食う」
  • 「百鬼夜行を追え」

前作から出てきた妻のお静や近所に住む美女の桃千代の他、江戸町奉行の遠山金四郎をはじめとする北町奉行所のメンバーなども登場し、それぞれの作品が時系列でつながっているのもいい。
北町奉行の遠山金四郎が味方、南町奉行の鳥居耀蔵が敵役というのはベタではあるが、分かりやすい。

時代小説版ライトミステリーという感じの作品で、今回も楽しめたと思う。



[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 風野真知雄,