読書-ホビー:雨読夜話

ここでは、「読書-ホビー」 に関する記事を紹介しています。


機動戦士ガンダムMSV‐R ザク編 (カドカワコミックス・エース)
機動戦士ガンダムMSV‐R ザク編 (カドカワコミックス・エース)
草刈 健一
角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-02-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
機動戦士ガンダムMSV‐R ジオン編 (カドカワコミックス・エース)
機動戦士ガンダムMSV‐R 連邦編 (カドカワコミックスAエース)
機動戦士ガンダムMSV‐R アクショングラフィック編 (カドカワコミックス・エース)
機動戦士ガンダムMSV-R アクショングラフィック編 (2) (カドカワコミックス・エース)
機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 14 特装版 (角川コミックス・エース)
オールジオン大百科
グレートメカニックG 2016WINTER (双葉社MOOK)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 (1) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還 (14) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム 光芒のア・バオア・クー (角川コミックス・エース 83-10)


『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツであるザクとグフについて、派生型のデザインや設定を紹介している本。
ベースとなるザクⅠ(旧ザク)、ザクⅡ、グフから、名のあるパイロット専用の機体、用途別の機体などが解説されている。

シャアや黒い三連星のようなエース、ドズル、ガルマといったザビ家の人物のザク、ノリス・パッカードやアナベル・ガトーのような渋い敵役の専用機、ジョニー・ライデンやシン・マツナガのようなスピンオフ作品に登場するものと、知っているものも知らなかったものも扱われている。

ロバート・ギリアムとかギャビー・ハザードのような知らないエースパイロットの専用機があったり、グフの特殊任務型であるグフ・ヴィジャンタとグフ戦術強行型というタイプがけっこうかっこよかったりと、面白いものも多かった。

グフのバリエーションを多く見ることができ、まあまあ楽しめた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : ガンダム,

ホリプロ南田の鉄道たずねて三千里
ホリプロ南田の鉄道たずねて三千里
南田 裕介
主婦と生活社 2015-09-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
なんでもわかる! 鉄道用語大事典 (朝日文庫)
鉄道手帳[2016年版]
「快速」と「準急」はどっちが速い? 鉄道のオキテはややこしい (光文社新書)
首都圏鉄道ウォッチングガイドDATA200
カラー版 - 東京鉄道遺産100選 (中公新書)


ホリプロのマネージャーながら、その鉄道オタクぶりからTV番組「笑神様は突然に・・・」で鉄道好きの芸人3人(中川家礼二、ダーリンハニー吉川、ななめ45°岡安)と「鉄道BIG4」として活動したり、「タモリ倶楽部」などにも出演している南田氏が、鉄道への思いや活動を語っている作品。

TV番組で観たことはないが、たまたま聴いていたFMラジオで著者が北陸新幹線開通などの鉄道トピックについて熱く語っていたことを覚えていたので読んでみた。

はじめのところで現在運行数が少ない103系の車両が走っているのを見るため、何度も乗ったことがある筑肥線の鹿家あたりを訪れている話が出てきた。
何となく乗っていた車両の中にもそういった古いものがあるのかと驚いた。

他にも一般では入ることができない車両基地の見学や、企業の専用線で走る車両を見に行く話、渋谷駅で東横線が地上での運行を終わる日のドキュメント、お勧めの鉄道ツアー日程など、鉄道オタクらしい濃い話がいくつも書かれている。
知識があまりなくてよく伝わらないところもあるが、鉄道に対する熱量を感じることができる。

東京の路線で走っていた車両が払い下げられて青森や熊本で走っている話はあまり知らなかったのでなるほどと感じた。
予算や日程の問題はあるが、東南アジアなどで日本から払い下げられた車両を見に行くという企画あたりをやってもらえるとさらに面白いと思う。

後半では子供の頃から鉄道好きだった話や、アイドル好きなタレント・優香の担当マネージャーとして「タモリ倶楽部」に呼ばれた際にタモリから鉄道好きなことを知られ、その後何度も呼ばれるようになった話などが書かれている。

そして終わりの方では、「鉄道BIG4」の中川家礼二との対談が収録されている。
礼二は「普通のサラリーマンの南田くんが鉄道好きとしてテレビで熱くしゃべっているのが面白い」という意味のことを語っていて、これはその通りだと思った。

鉄道に対する愛情が込められた1冊で、著者は今後もホリプロのマネージャーのかたわら活動を続けて欲しい。





にほんブログ村 本ブログへ

機動戦士ガンダム モビルスーツ最強図鑑
機動戦士ガンダム モビルスーツ最強図鑑
オフィスJB
双葉社 2013-08-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
総解説 ガンダム事典 (KCデラックス プレスクール第三出版)
ガンダムの常識 ガンプラ図鑑
オールジオン大百科
ガンダムの常識 ガンプラ図鑑 HG篇 2014-2015
ガンダムの常識 モビルスーツ大事典 U.C.0079~0083編


機動戦士ガンダムの一年戦争時代を中心に、モビルスーツ(MS)のイラストと解説を掲載している図鑑。

解説文は類似する本と基本的に似ているが、一部のMSを描いたかっこいいイラストとキャッチフレーズが本書の特徴となっている。

キャッチフレーズは例えばやられ役のイメージが強いジムでも「集団戦法の鬼 数で押しまくる!」のような具合で、無駄にかっこよくしている。
他にも、グフ:「陸の王者」、ヅダ:「歴史の犠牲者」、ギゃン:「マ・クベの剣!!」などもなかなかいい。

図鑑的な作品でも、色々な切り口があるものだと感じた。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : ガンダム,

ジオン公国軍全発言 一年戦争編
ジオン公国軍全発言 一年戦争編
株式会社レッカ社
PHP研究所 2013-07-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
オールジオン大百科
シャアに学ぶ“逆境”に克つ仕事術
ガンダムMS&人物列伝SpecialEdition機動戦士ガンダム・機動戦士Zガンダム編
機動戦士ガンダム モビルスーツ最強図鑑
ガンダムの常識 モビルスーツ大事典 U.C.0079~0083編


『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国にまつわる人々の発言を取り上げ、その背景などを解説している作品。
ただし、シャア・アズナブルの発言だけは『シャア・アズナブル全発言』として別になっているので入っていない。

ギレン、キシリア、ドズル、ガルマといったザビ家の人々をはじめ、ランバ・ラルやマ・クベといった中堅クラス、そしてちょい役にあたる一般兵士などによる、さまざまな発言が収録されていて面白い。

あまりに有名な発言、再放送などで観たアニメで聴いた発言、初めて知った発言などさまざまで、場面ごとの光景がイメージされて、どんどん読み進んでいった。

初めて知ったことで最も印象に残っているのは、ランバ・ラルが実はまだ35歳だったということで、40台半ばくらいに見えるのでけっこう衝撃を受けた。

ゲームなどガンダム関連の作品を楽しむ上で、こうした発言を知っておくとより楽しめると思う。



シャア・アズナブル全発言シャア・アズナブル全発言

株式会社レッカ社
PHP研究所 2012-11-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : ガンダム,

ガンダムの常識 モビルスーツ大百科 ガンダムSEED 連合・オーブ篇
ガンダムの常識 モビルスーツ大百科 ガンダムSEED 連合・オーブ篇
オフィスJB
双葉社 2011-11-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ガンダムの常識 ガンプラ図鑑
機動戦士ガンダムSEED外伝〈2〉―電撃データコレクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)
ガンダムの常識 ガンプラ図鑑 HG篇 2014-2015
機動戦士ガンダム モビルスーツ最強図鑑
機動戦士ガンダムUC (電撃データコレクション)


本編に当たる『ガンダムSEED』と続編の『ガンダムSEED DESTINY』、そしてそれらの派生作品に登場する、連合軍とオーブ軍にまつわるモビルスーツ(MS)やモビルアーマー(MA)、戦艦などを解説している作品。
以前読んだ『ガンダムの常識 モビルスーツ大百科 機動戦士ガンダムSEED ザフト篇』と対になる感じである。

本編である作品に登場するMSはシミュレーションゲームの『スーパーロボット大戦』や『ジージェネレーション』に登場しているので大体分かるが、スペックや武装などについては細かく知っているわけではなかったので設定になるほどと思ったりした。

また、派生作品に登場するMSはあまり知らないもの、小説版で読んだがいまひとつ絵柄が伝わらなかったものも多く、カラーで紹介されていて新鮮だった。
特に、アストレイ系統の作品に登場するライブラリアンという謎の組織が従来のガンダムを改修しているMSは見たことがなかったのでかなり興味を持った。

比較的新しい作品でも多くの派生MSが出ていることを知り、楽しく読んだ。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : ガンダム,