FC2ブログ

CD:雨読夜話

ここでは、「CD」 に関する記事を紹介しています。



Kiss Bee
Kiss Bee Records(2018/5/8)


アイドルグループ・KissBeeのアルバムで、下記11曲が収録されている。
1. LOVEすぎて死亡っ!!(仮)
2. アドベンチャージャー!withゲーム
3. フリックフラック
4. キボウノ -just one time-
5. 枯れ木に花を
6. 普通の女の子
7. Hello Hello
8. どっきんふわっふー
9. OKAWARIパラドクス
10. 駆け出せBravery!!
11. キミハジ

昨年KissBeeの姉妹グループであるKissBeeWESTのライブを観てから曲を聴くようになったが、KissBeeの方は「どっきんほわっふー」くらいしか知らず、それほど関心を持っていなかった。

しかし、年明けに開催されていたKissBeeグループのコンサートであるKissフェスのダイジェスト動画が公開されていたので視聴したところ、パフォーマンスの良さや楽曲の多彩さを知り関心を持ったので本作を購入した。

聴く前は「 どっきんふわっふー」のイメージが強く、楽しい曲調の曲には「LOVEすぎて死亡っ!!(仮)」や「アドベンチャージャー!withゲーム」、「OKAWARIパラドクス」などもあるが、「キボウノ -just one time-」や「フリックフラック」のようなかっこいい曲、元気づけられそうな「駆け出せBravery!!」など、思っていた以上に引き出しが多いことが分かる。

思っていた以上に良かったので、他の曲を聴いたりライブに行ったりしてみたいところである。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト





KissBeeWEST (2019/1/15)


関西を中心に活動するアイドルグループ・KessBeeWESTのミニアルバム。
先日購入した『SIMPLE』がなかなか良かったのと、その後行ったライブで知らない曲が歌われていたこともあって購入した。

表題曲と「放課後の夕暮れ -Acoustic Ver-」に加え、昨年の段階で正規メンバーで今年初めも在籍しているメンバー5人のセンター曲である、「68」(稗田智優)、「記念日」(森下ありさ)、「ニジイロデイズ」(小山涼香)、「Girl Friend」(山本杏奈)、「アネモネ」(平山花菜)の7曲が収録されていて、いずれも良曲である。

11/22に梅田で開催され出かけたKissBeeWESTの5周年ライブである、リクエストアワー(ファン投票での上位10曲を披露)では、「記念日」が1位となり、レッスン中の怪我で休演していた森下も登場して踊れないものの歌を披露され、1位になるだけあってファンに愛されるいい曲だと感じた。

また、小山のセンター曲「ニジイロデイズ」もランクインしていたことを思い出し、明るくてポップな曲調が好きになった。

この時のライブの終演前にリーダーの稗田が来年春の卒業を発表して衝撃を受けたが、このグループのスケジュールを見ると他の活動を並行してやるのは難しいだろうとも思い、納得した部分もあった。

すっかり好きなグループになったので、今後もチェックしていく。





REPLAY
REPLAY
posted with amazlet
KissBeeWEST
KissBeeWEST (2019-09-03)


にほんブログ村 本ブログへ


SIMPLE
SIMPLE
posted with amazlet
KissBeeWEST
KissBeeWEST (2019-09-03)



アイドルグループ・KissBeeの姉妹グループで関西を中心に活動するKissBeeWEST(AKB48に対するNMB48みたいなものか)のベストアルバム。
9月3日に発売され、オリコンチャートで2位になっている。

7月に複数のアイドルグループが出演するフェスティバルで初めて観て、楽曲やパフォーマンスがいいことといかにもアイドル然とした他のグループと少し雰囲気が異なることで関心を持ち、先日行われていたリリースイベントに行った際に購入した。

このグループは2014年に結成されて現在正規メンバー7人、研究生3人の構成になっていて、本作に収録されている多くの曲を作詞した佐々木雅之氏がプロデューサーを務めている。

プロフィールで「多様なジャンルの音楽性や圧倒的なライブパフォーマンスにこだわり、ライブで魅了するグループ。」とうたっているだけあり、歌もダンスもアイドルの中でも一定以上のレベルだと思う。

本作は16曲が収録されていることになっているが、16曲目の表題曲の後にもう1曲、「僕たちの場所」が入っているのは何かの事情があるのか、ミスなのか、サプライズ的に入れたのか分からないが、お得感がある。

最近YoutubeでMVが公開されてる表題曲や「REPLAY」、「僕たちの場所」、それから「Just Sing!」、「放課後の夕暮れ」、「HERO」など良曲が多くて繰り返し聴いている。

思っていた以上に良かったので、機会があればライブに行ってみたい。





REPLAY
REPLAY
posted with amazlet
KissBeeWEST
KissBeeWEST (2019-09-03)


にほんブログ村 本ブログへ


74億分の1の君へ(TYPE-B)(DVD付)
HKT48
Universal Music =music= (2016-04-13)



3年前に出た、HKT48の7枚目のシングルCD。
収録されているカップリング曲「HKT城、今、動く」が聴きたくて、これが収録されているタイプBを中古にて購入した。

表題曲は初めてのウエディング曲で、同梱のDVDに収録されたMVではメンバーたちと沢山のカップルたちが撮影されている。
選抜メンバーでは現在は卒業している指原莉乃や兒玉遥、穴井千尋、多田愛佳など、韓国のグループに期限付き移籍中の宮脇咲良や矢吹奈子、選抜に入らなくなったがそれぞれの路線で活躍している坂口理子や神志那結衣、田中菜津美、今作から選抜入りしてその後センターになった松岡はななど、時代の流れを感じる構成になっている。

2曲目の「Chain of love」は指原が監督を務めたドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 DVDコンプリートBOX』の主題曲で、主人公格の上野遥がセンターをしているのもいい。

そして3曲目が「HKT城、今、動く」で、盛り上がる曲なのでコンサートのセットリストに入っていることも多く、楽しい。
選抜メンバー以外から選ばれた「プラチナガールズ」(AKB48のCDで言うところの「アンダーガールズ」)は、HKT48の歴代でも史上最強と評されていて、その通りだと思う。

表題曲で初めて選抜落ちしたがその後チームKⅣのキャプテンになったこともあり選抜常連に返り咲いた本村碧唯、選抜経験があった植木南央、下野由貴、村重杏奈、若田部遥、秋吉優花、岡本尚子、栗原紗英、山下エミリー、山本茉央、その後に複数回選抜入りを果たした井上由莉耶、駒田京伽、田中優香、冨吉明日香、荒巻美咲と、現在選抜経験がないのがセンターの村川緋杏だけで、しかも半数が卒業したことを考えても、1つの時代を代表する個性豊かなメンバー構成だと思う。

同梱されているDVDには表題曲と「HKT城、今、動く」のMVの他、そして「日本一スポット ミステリーバスツアー Vol.2」が収録されている。
バスツアーでは多田、宮脇、朝長美桜、森保まどか、本村、村重、下野、熊沢世莉奈、今田美奈、渕上舞、冨吉のチームKⅣメンバーと、当時研究生だった山下が参加している。
山下はその後新設のチームTⅡのキャプテンになっているが、この時期の運営はチームKⅣに昇格させるプランを持っていたのでは?と考えたりもした。

時間の経過でいろいろなことを考えたが、全体的にはなかなかいい作品だと思う。





74億分の1の君へ (TYPE-A)(DVD付)
HKT48
Universal Music =music= (2016-04-13)


74億分の1の君へ (TYPE-C)(DVD付)
HKT48
Universal Music =music= (2016-04-13)


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : HKT48,




乃木坂46のファーストアルバム。
昨年に1回だけコンサートを観に行ったが曲はきちんと聴いたことがなかったので、ブックオフで購入した。

デビュー作の「ぐるぐるカーテン」や「おいでシャンプー」、「気づいたら片思い」、「ガールズルール」、「君の名は希望」など、聴いたことがある曲がそれなりに入っていて、抵抗なく聴くことができた。
この中では「ガールズルール」が明るくて好みである。

タイトルが『透明な色』とあるように、透明感を連想させる曲が多く収録されていると思った。

初めて聴いた曲では予備知識がなかったら歌謡曲と言われても分からない『バレッタ』や、明るくポップな「夏のFree&Easy」、かっこよさのある「革命の馬」などが印象に残った。

乃木坂46の正式なアルバムは第4作まで出ているそうなので、これらもチェックしておく。






にほんブログ村 本ブログへ