読書-ライフ:雨読夜話

ここでは、「読書-ライフ」 に関する記事を紹介しています。


『養生訓』 病気にならない98の習慣 (日経プレミアシリーズ)『養生訓』 病気にならない98の習慣 (日経プレミアシリーズ)

周東 寛 造事務所
日本経済新聞出版社 2013-08-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


江戸時代における黒田藩の儒学者だった貝原益軒が書いた『養生訓』から98の言葉を抄訳し、現在の医学の観点から解説している作品。
著者は台湾出身の医師で、1項目当たり見開き2ページの構成になっているので読みやすい。

まず、胃腸などの消化器を労わることが重要で食べすぎ、飲みすぎ、寝る前の食事、刺激物などを避け、温かくて消化のいいものを食べることを勧めているのは理にかなっている。
ただし陰陽五行説による食物の分類が現在から見ると少し怪しかったり、食品の保存技術が発達していなかったことによる言葉もあったりと、現在では通用しないところもいくつかある。

他にも頭を冷やして身体をほどよく温めること、顔や手足などをマッサージする手法、同じ姿勢を続けることの弊害、歯磨きの重要性など、思っていた以上に現在でも通用する話が多い。
この中では足の指をマッサージしたり正座をしている時に動かして足のしびれをやわらげられるという話が特に参考になったように思う。

単に現代語訳したものを読むまではいかない『養生訓』のエッセンスを知ることができたのが最大の収穫で、そこそこ興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

決定版 簡単に「疲れ」をとる! (宝島社文庫)決定版 簡単に「疲れ」をとる! (宝島社文庫)

ライフサポート研究会
宝島社 2007-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトル通り、疲れを取る方法を部位やシチュエーションごとに紹介している作品。

既に知っている方法、初めて知る方法、すぐ利用できそうな方法、合わないのでスルーした方法とさまざまで、気になったところから読んでいくといい。

この中では、胃の調子が悪い時にうつ伏せになって左右に転がる「いも虫ゴロゴロ運動」というのをやってみると確かに効果があり、これを知っただけでも本書を読んだ価値があった。

他にも、ひざの外側の少し下に胃など多くの部分に効くつぼがあることや、眠れない時はテレビやラジオの砂嵐の音をホワイトノイズにすればいいことなど、実践的な知識が多く書かれている。

自分に合った方法が見つかるはずなので、役に立つ作品だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

休む技術
休む技術西多 昌規
大和書房 2013-05-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本
今の働き方が「しんどい」と思ったときの がんばらない技術
「テンパらない」技術 (PHP文庫)
脳を休める 脳科学と睡眠の新しい常識
「凹(ヘコ)まない」技術 (PHP文庫)
「すぐやる! 」コツ (ソフトバンク文庫)
「月曜日がゆううつ」になったら読む本 ―仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39
「疲れない! 」技術 (ソフトバンク文庫)
「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!: 「8割捨てる」発想、そして実行が、あなたの人生を変える
超一流の超休息術 - ハードワーカーは知っている突出した結果を出す51のコツ -


精神科医による、休めない、休んでも疲れが取れない、休みを楽しめない・・・といった問題に対するアドバイスを語っている作品。

職場の雰囲気や仕事内容によって休みが取りづらかったり、休むことに罪悪感を覚えたりという話が出てきて、思い当たることも多い。
それに対しては「休むのも仕事」と捉えたり、歯科医にかかるなどの体のケアや対人関係による疲れを取るという(自分自身に対する)名目で休むこと、休むことで仕事の効率を上げるといった考え方をすることを勧めている。

また、休みを楽しめないことについては、旅行などのイベントを計画して楽しみになるように工夫したり、あえて近くの温泉地やホテルに宿泊してゆっくりした時間を過ごすことを提案している。
ここでは、旅行する前にレストランやルート、周辺の地理などを調べるのが楽しいことを知っているので、納得できる。

そして、仕事に熱中してしまって自覚しているよりも体が疲れてしまうという問題を指摘し、少しの時間だけでも瞑想やストレッチをすることで疲れの溜まりを減らす方法も書かれている。

具体的なテクニックというよりも考え方から「休む」という重要な課題に対応する感じの書かれ方をしていて、感じ入るところも多かったように思う。






にほんブログ村 本ブログへ

血流がすべて解決する
血流がすべて解決する
堀江昭佳
サンマーク出版 2016-03-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
子宮委員長はるの子宮委員会
願いはすべて、子宮が叶える 〜引き寄せ体質をつくる子宮メソッド〜
女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方
「龍使い」になれる本
“奇跡"は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記


漢方の薬剤師による、血液の量を増やすことで血流を良くする方法と、その効果を語っている作品。

読み始めて女性をターゲットとして書かれたことに気づいたが、書かれているうちの7割くらいは男性にも当てはまるし、冷え性や低血圧の傾向があることを自覚しているので役立つ内容となっていた。

まず、「血液をサラサラにする」という話が健康に関してよく語られるが、そもそも血液の量が足りていない人が多く、血液が足りない状態で血流だけ良くするとさらに貧血がひどくなるなど逆効果だということが書かれている。

血液に対しては対策を立てる順番があり、血をつくる、血を増やす、血流を良くするという3つのステップで構成されている。
血をつくるところでは胃腸に休養を取らせるために1週間夕食を断食してみるなどの方法、血を増やすところでは睡眠の仕方、そして血流を良くするところでは運動や呼吸について重点をおいて書かれている。

この中では、現代人は食べる頻度が多いために胃腸の処理が追いついていないというくだりにショックを受けた。
これまでは少々食欲がなくても3食のサイクルをきちんと守らなければならないと考えていたが、朝食は重要で抜くことは勧められず、睡眠時に処理がなされることから夕食の量を減らすのがいいということだった。

夕食をあまり食べないのは少し寂しいが、休日に外食などで好きなものをきっちり食べ、平日は食べないか少しだけで済ませるなどのメリハリをつければいいのかもしれない。

血をつくるのにはたんぱく質は不可欠で、中でも鶏肉がいいとあったので、夕食は焼き鳥2本くらいにしてみようかと思ったりもした。

体質を改善するのには大体4ヶ月くらいかかるそうだが、徐々に良くなっていくことは実感できるらしいので、やってみる価値は十分にありそうである。

血液を改善した結果としては疲れや不眠、肩こり、冷え性のような連想しやすい症状から、抜け毛や精神的な落ち込みにも効果があるそうで、心身はつながっているものなのだと改めて思った。

かなり重要なポイントが多く書かれていたので、まずは夕食の量を減らすところからストレスをためない程度に試みたい。





にほんブログ村 本ブログへ

5回ひねるだけで痛みが消える! 「背中ゆるめ」ストレッチ
5回ひねるだけで痛みが消える! 「背中ゆるめ」ストレッチ
岩井 隆彰
青春出版社 2015-10-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
30秒ストレッチで楽になる! スマホ首のほぐし方 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
首を整えると脳が体を治しだす
ゆるめる力 骨ストレッチ


姿勢の悪い状態を続けることなどで背中の筋肉がこわばることが多くの症状を引き起こしているので、それをゆるめるためのストレッチ方法とその意義を解説している作品。

本書の中心に5つのストレッチ方法が書かれていて、朝と夜にそれぞれ5回ずつ行うのが効果的という。

背中でも上の方と下の方でこわばった際に影響する症状が異なり、前者が肩こりや頭痛、後者が胃もたれや冷え性のような内臓に関連した症状に分かれることが書かれていて、思い当たるところも多い。

実際にストレッチをやって「コキコキッ」と音が鳴るのは、それだけ動かしていなかったためなのだろう。
思っていた以上に快適だったし少しは身体をやわらかくしたいところでもあるので、続けてみたい。

ストレッチの本は毎年かなりの数が出ていて、足首だったり股関節だったり背中だったりと部位も多様なのは人体が多くの筋肉でできていて、それだけ満遍なく使用しなければどこかにゆがみが出るということなのだろうと感じた。

昨年読んだ『腰・肩・ひざは「ねじって」治す - 魔法のリセット・トレーニング』と通じるところがある内容の本で、健康に役立てたいと思う。




体の硬い人によく効く! 筋ストレッチ体の硬い人によく効く! 筋ストレッチ

岩井 隆彰
学研パブリッシング 2015-06-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

太りやすい人ほどやせるツボ&リンパマッサージ太りやすい人ほどやせるツボ&リンパマッサージ

岩井 隆彰
マイナビ 2015-03-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

体が硬い人ほどやせるストレッチ体が硬い人ほどやせるストレッチ

岩井 隆彰
マイナビ 2014-03-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ