読書-思想(東洋):雨読夜話

ここでは、「読書-思想(東洋)」 に関する記事を紹介しています。


超訳 孫子の兵法 「最後に勝つ人」の絶対ルール (知的生きかた文庫)
超訳 孫子の兵法 「最後に勝つ人」の絶対ルール (知的生きかた文庫)
田口 佳史
三笠書房 2013-12-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
超訳 老子の言葉 「穏やかに」「したたかに」生きる極意 (知的生きかた文庫)
兵法三十六計―世界が学んだ最高の”処世の知恵”(知的生きかた文庫)
孫子の兵法 (知的生きかた文庫)
超訳 言志四録 佐藤一斎の「自分に火をつける」言葉 (知的生きかた文庫)
小さな会社こそが勝ち続ける 孫子の兵法経営戦略 (Asuka business & language book)
孫子の兵法がわかる本―“生きる知恵”の最高のバイブル (知的生きかた文庫)
論語の一言: 「ぶれない自分」をつくる最良のテキスト (光文社知恵の森文庫)
まんがで身につく 孫子の兵法 ((Business Comic Series))
仕事で大切なことは孫子の兵法がぜんぶ教えてくれる
新訂 孫子 (岩波文庫)


『孫子』に書かれている言葉のエッセンスを、現代の人間関係やビジネスに生かす形で超訳している作品。
著者は会社経営やコンサルティングもやっていたことから、自身が出会った人を例に挙げていたりもする。

地形をシチュエーションに置き換えたり、火攻めの話をイメージ戦略として活用するなど、しばしば「そういう使い方があるのか!」という驚きを受けながら読んでいった。

専門というか得意なことを2つ以上持って活かしていくことや、人を追い詰めてはいけないこと、幅広く長期的な視野から無理はできるだけ避けるべきことなど、経験に裏打ちされたと思われる重要なことが書かれている。

参考になる1冊で、興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 孫子,

巧みな「人心操縦術」中国古典の教え: 華僑大富豪の成功法則 (知的生きかた文庫 お 67-2)
巧みな「人心操縦術」中国古典の教え: 華僑大富豪の成功法則 (知的生きかた文庫 お 67-2)
大城 太
三笠書房 2018-02-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
華僑の大富豪が教えてくれた「中国古典」勝者のずるい戦略: 欲しい「答え」はここにある (知的生きかた文庫)
華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術
頑張らないで幸せになれる 最強のうちなーシンキング
あなたの人生をひっくり返す 華僑の非常識な成功法則
華僑だけが知っている お金と運に好かれる人、 一生好かれない人
一生お金に困らない「華僑」の思考法則
華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え
華僑の起業ノート
世界最強! 華僑のお金術 お金を増やす「使い方」の極意
「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明


華僑の大物から中国古典に由来する人生やビジネスの要諦を学んだ人物による、『華僑の大富豪が教えてくれた「中国古典」勝者のずるい戦略: 欲しい「答え」はここにある』の続編に当たる作品で、成功するために周囲の人を動かす方法を解説している作品。

単に成功を収めて目立つと嫉妬を受けたり謀略を仕掛けられるため、陰陽の考え方から事前工作を密かに実施して表でさっと実行、成功したら目立つ前に身を潜めるという方法論が書かれている。
これは以前読んだ『鬼谷子-100%安全圏から、自分より強い者を言葉で動かす技術』ともかなり通じる内容となっている。

賢い人、成功している人と見られることはある種のリスクを抱えることになるという理屈は、まあ理解しやすい。
目立たないようにするには、自慢したい気持ちを抑えて理性的に考えることができるかどうかがポイントのようである。

そして後半では、上司、同僚、部下とそれぞれのカテゴリーで扱いにくい人の利用法をタイプ別に解説している。
その人が名誉と富のどちらを求めているか、何を恐れているかを把握した上で、こちらの意図を悟られないようにしながら人を動かす方法を語っている。

嫌いなタイプの人を動かすことも多いわけで、このあたりもいかに感情をコントロールして実行するかが試されるのだろう。
成功するには必要なのだろうが、ちょっと実行が難しい。

やりすぎにならないようにうまく実施するヒントが多く書かれていて、かなり参考になる内容だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

華僑の大富豪が教えてくれた「中国古典」勝者のずるい戦略: 欲しい「答え」はここにある (知的生きかた文庫)
華僑の大富豪が教えてくれた「中国古典」勝者のずるい戦略: 欲しい「答え」はここにある (知的生きかた文庫)
大城 太
三笠書房 2017-01-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
巧みな「人心操縦術」中国古典の教え: 華僑大富豪の成功法則 (知的生きかた文庫 お 67-2)
あなたの人生をひっくり返す 華僑の非常識な成功法則
華僑の起業ノート
華僑の大富豪に学ぶ ずるゆる最強の仕事術
一生お金に困らない「華僑」の思考法則
華僑だけが知っている お金と運に好かれる人、 一生好かれない人
世界最強! 華僑のお金術 お金を増やす「使い方」の極意
華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え
定本 華僑商法100カ条
厚黒学 (徳間文庫カレッジ)


華僑の大富豪に師事して成功を収めた実業家による、成功している華僑が中国の古典から得ている考え方の一部を紹介している作品。
以前よりかなり気になっていて、読んでみると気になっていただけのことはあった。

扱われている中国の古典は『論語』や『荀子』、『韓非子』など比較的メジャーなものが多いのだが、それらの言葉から導き出している教訓が、これまで読んできた類書と一線を画している。

「ずるいことは賢いこと」とか「いいずるさは、自分にも他人にも有益」といった趣旨の言葉が語られているのがまず強く印象に残り、解説を読んでいくと納得させられていく。

また、敵は作らずに競合者とは協力関係を結ぶことを試みることや、周囲から悪目立ちして嫉妬されない方法、変なプライドを持たないことなど、正々堂々とは異なるかもしれないがやっておくといい影響があることがいくつも書かれている。

多くの中国人がマスターしている考え方とは思っていないが、(出身の中国から見た)海外で仲間も少なくて風習や考え方が異なる社会で成功を収めるためにあみ出した考え方として大いに参考になる。

著者の他の作品も読んでみたいし、折に触れて本書を読み返してもみる。






にほんブログ村 本ブログへ

世界一わかりやすい「論語」の授業 (PHP文庫)
世界一わかりやすい「論語」の授業 (PHP文庫)
一条 真也
PHP研究所 2011-12-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
高校生が感動した「論語」 (祥伝社新書)
世界一わかりやすい「論語」 (PHP文庫)
論語 (岩波文庫 青202-1)
論語物語 (講談社学術文庫)
マンガ『論語』完全入門 (講談社の実用BOOK)
世界一やさしい「論語」の授業 (ベスト新書)


『論語』の教えを堅苦しくないように思い切った現代語訳と、孔子と5人の弟子(子路、子貢、顔回、冉有、宰我)による漫画で解説している作品。

「世界一わかりやすい」とタイトルにつけるだけあって、現代語訳ではエピソードや人物の背景などをばっさり削ぎ落として解説しているので、意味は伝わりやすい。
一方で、背景に描かれるポイントが書かれていないので、この手の作品が好きな人には物足りないかもしれない。

あまり予備知識がない状態から読むにはいい作品なのだろうと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孔子,

人生を面白くする「中国古典」名言集―これは役立つ!『三国志』から『老荘』『韓非子』『論語』まで (知的生きかた文庫)
人生を面白くする「中国古典」名言集―これは役立つ!『三国志』から『老荘』『韓非子』『論語』まで (知的生きかた文庫)
守屋 洋
三笠書房 2009-01-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
孫子の兵法 (知的生きかた文庫)
兵法三十六計―世界が学んだ最高の”処世の知恵”(知的生きかた文庫)
「韓非子」を見よ! (知的生きかた文庫)
右手に「論語」左手に「韓非子」―現代をバランスよく生き抜くための方法 (角川SSC新書)
新釈菜根譚 (PHP文庫 モ 1-5)
中国古典の名言・名句三百選
孫子の兵法がわかる本―“生きる知恵”の最高のバイブル (知的生きかた文庫)
完本 中国古典の人間学―名著二十四篇に学ぶ
「貞観政要」のリーダー学 守成は創業より難し
図解 最高の戦略教科書 孫子


『論語』、『孫子』、『韓非子』といった諸子百家から『史記』や『三国志』、『戦国策』といった史書や軍記ものに当たる書物など、中国古典の言葉を現代語訳して教訓を語っている作品。

著者の作品は10冊以上読んでいて、本書は少し前に読んだ『中国古典に学ぶ 人を惹きつけるリーダーの条件』などと同じくらい駄作に属するように感じた。

まず、幅広い作品から言葉を取ったのはいいが、既に知っているメジャーどころが多くて目新しさに欠けるために流し読みになった。
また、著者がしばしばやる中国人上げと現代の日本人下げが随所で出てきて、読む気をなくす。

この手の作品は他の書き手も書いているので、著者が改めて何冊も書いて晩節を汚す必要はないように感じる。
それよりも、本書に収録されていてあまりまとまった形で訳されていなさそうな『宋名臣言行録』あたりをまとめた作品でも書いてくれないかと考えている。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 守屋洋,