読書-思想(東洋):雨読夜話

ここでは、「読書-思想(東洋)」 に関する記事を紹介しています。


孟子・荀子―中国古典百言百話 (13) (PHP文庫)
孟子・荀子―中国古典百言百話 (13) (PHP文庫)
久米 旺生
PHP研究所 1995-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
孟子 (講談社学術文庫)
荀子 下 (岩波文庫 青 208-2)
大学 (講談社学術文庫)
老子・列子 (中国の思想)
諸子百家―儒家・墨家・道家・法家・兵家 (中公新書)
宋名臣言行録 (ちくま学芸文庫)
言志四録(4) 言志耋録 (講談社学術文庫)
荀子 (中国の思想)
宮本武蔵「五輪書」 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)


『孟子』と『荀子』に収録されている言葉200を現代語訳し、解説している作品。
『孟子』が90、『荀子』が110という割合になっている。

孟子も荀子も戦国時代の斉での活動が比較的長かったことが共通していて、孟子の方が少し前の世代となる。

前半の『孟子』では孟子が斉の宣王や梁の恵王といった君主たちの諮問に答えたり、他の論客と論争するシーンが多く収録されている。
特に宣王に対しては理想の国を運営してくれる見込みがあると見たのか、誘導尋問めいた問いかけをして痛いところを突かれた宣王が他の家臣に別の話をしてごまかされたり、宣王から呼び出されたのにわざと仮病を使ってもったいをつけたりと、駆け引きをしているところが興味深い。

他の論客との論争も多く、例えば告子(こくし)という人物は人は性善説でも性悪説でもないという説を説いて孟子のライバルとなっていたらしいことが分かる。
この告子がその後忘れられたようなのは、おそらく性善説や性悪説のようにとがったところが足りなかったためではないかと思う。
こうした論客との論争においても孟子は、時々論理が怪しくなったりしながらも積極的に論じているところが印象に残る。

後半の『荀子』では問答するシーンは弟子の李斯(後に秦の始皇帝の宰相)からの質問に回答するところくらいで、多くは著述となっている。

人はあくまで後天的な教育によって良くなるという考えをベースに、当時としては珍しく天と人を分けて考える主張(「政治が悪いから災害が起こった」みたいな考えをしないこと)、君主の性質に応じて宮仕えの方法が異なること、音楽や権威付けのための道具や制度の意義を認めていることなど、表現はともかくとして現代でも通用しそうな考え方であることを再認識させられる。

荀子の思想を推し進めると弟子である李斯や韓非子のような法家思想になるが、法律に任せるのではなくあくまで人間が主体というか人間の性質を信じているというところに楽天的なところが垣間見えるところに好感が持てる。

荀子は戦国時代後期に活動していたため、儒家、老荘、墨子といったそれまでの諸子百家の思想は既に知っているわけで、孔子だけは認めてそれ以外の思想家たちを批判しているところも注目ポイントとなっている。

80年代に書かれたために著者の解説で少し古びた記述も少しあるが、『孟子』と『荀子』の思想における特長や彼らがどのようなことを語っていたのかが分かり、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 荀子,

30歳から読む論語 「自分磨き」のヒントが必ず見つかる!
30歳から読む論語 「自分磨き」のヒントが必ず見つかる!
中島 孝志
マガジンハウス 2010-06-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
30歳から読む孫子 百戦百勝の仕事術
30歳から読む韓非子 思いどおりに人を動かす権謀術数のすべて
30歳から読む呻吟語 不遇・逆境なんかに絶対負けない!
呻吟語を読む (致知選書)


『論語』の言葉を超訳し、現代でもすぐに理解しやすい形で仕事や人間関係、生き方などに応用できる形で語っている作品。

先日『できる人の論語: 「自分の価値」を高める戦略』を読み、そういえば以前購入したままになっていた同じ著者による本書を開いたところ、ほぼ同じ内容だった。

本書も『できる人の論語』も2000年に書かれた『休日にじっくり読む「論語」』という作品を加筆・再構成したものだそうで、タイトルが異なるので違った部分があると思い込んでいた。

買い物としては失敗だが、ブックオフで200円で購入してコストは抑えられているわけだし、たまにあることなのでそのあたりは割り切る。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孔子, 中島孝志,

中国古典に学ぶ 人を惹きつけるリーダーの条件(日経ビジネス人文庫)
中国古典に学ぶ 人を惹きつけるリーダーの条件(日経ビジネス人文庫)
守屋 洋
日本経済新聞出版社 2010-05-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
リーダーのための中国古典 (日経ビジネス人文庫)
「四書五経」の名言録―儒教の精神・経営の心 (日経ビジネス人文庫)
帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)
中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4)
右手に「論語」左手に「韓非子」―現代をバランスよく生き抜くための方法 (角川SSC新書)
兵法三十六計―世界が学んだ最高の”処世の知恵”(知的生きかた文庫)
孫子に学ぶ12章―兵法書と古典の成功法則 (角川SSC新書)
「貞観政要」のリーダー学 守成は創業より難し
男の器量男の値打ち (ロング新書)
中国古典「一日一話」 (知的生きかた文庫)


『史記』、『三国志』といった史書や演義もの、『論語』や『孫子』、『韓非子』といった思想書といった中国の古典から、リーダーが持つべき資質や心構えなどを解説している作品。

項羽と劉邦、劉備、曹操、孫権、諸葛孔明など、比較的有名な英雄たちのエピソードが多く扱われている。
その分、中国の古典に関する本を読んでいた場合、知らなかったマニアックな情報が少なくてつまらない。

著者の悪癖である、中国への礼賛が過ぎることや現在の日本への愚痴が多く出ていて、ハズレの方に転んでいた。
末尾には1986年に書いたものを加筆・修正したとあり、だから毛沢東や周恩来を褒める話が多かったのだと合点もいった。
(この時期は冷戦が継続していたこともあるので・・・)

読みやすくはあるが、あまりおすすめはできない。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 守屋洋,

できる人の論語: 「自分の価値」を高める戦略 (知的生きかた文庫)
できる人の論語: 「自分の価値」を高める戦略 (知的生きかた文庫)
中島 孝志
三笠書房 2015-05-22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
運をつかんで生きる智慧 (ベスト新書)
超訳 韓非子 善をなすために、悪を知る (知的生きかた文庫)
スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
超訳 老子の言葉 「穏やかに」「したたかに」生きる極意 (知的生きかた文庫)
論語の一言: 「ぶれない自分」をつくる最良のテキスト (光文社知恵の森文庫)
人として真価が問われるこの一瞬/この場面で、この「ひと言」が言える人
論語 (中公文庫)
パナソニックV字回復の真実
論語新釈 (講談社学術文庫)
世界同時 超暴落


『論語』の言葉を超訳し、現代でもすぐに理解しやすい形で仕事や人間関係、生き方などに応用できる形で語っている作品。

孔子やその弟子たちの話は抑え、松下幸之助や盛田昭夫のように近い時代の人物、著者自身が出会った人々などを例に出しているので多くの解説を要さずに理解しやすい。

不確かな情報に惑わされずに長期的な視点で物事を考えること、早い変化の中では朝令暮改も恐れずに行動すること、失敗を受け入れて次に生かすことなど、受け入れやすい内容が多く書かれている。

良くも悪くも『論語』っぽさが削ぎ落とされていて、一般的なビジネス書に近い感じを受ける。

著者の『超訳 韓非子 善をなすために、悪を知る』と同様に読みやすい構成にもなっていて、その違いを考えながら読むのもいい。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孔子, 中島孝志,

[超訳]老子 心が安らぐ150の言葉 (PHP文庫)
[超訳]老子 心が安らぐ150の言葉 (PHP文庫)
岬 龍一郎
PHP研究所 2011-08-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
[新訳]老子
超訳 老子の言葉 「穏やかに」「したたかに」生きる極意 (知的生きかた文庫)
老子・荘子の言葉100選―心がほっとするヒント (知的生きかた文庫)
[超訳]論語 自分を磨く200の言葉 (PHP文庫)
[決定版]菜根譚
老子―自由訳
心の疲れがすうっと消える 老子 上善の言葉 (ナガオカ文庫)
老子の無言: 人生に行き詰まったときは老荘思想 (光文社知恵の森文庫)
「いいこと」がいっぱい起こる!老子の言葉: ほっとする!道が開ける!「タオ」の智慧 (王様文庫)
「手放す」生き方 心を晴ればれと軽くする (WIDE SHINSHO 160) (新講社ワイド新書)


『老子』の言葉150を分かりやすい現代語訳で翻訳している作品。

余計なことはしない、自然のままに任せるという印象が強かった『老子』だが、へりくだることや他者への思いやりを語っている言葉がけっこう含まれていることに少し驚く。

そして「大器晩成」、「天網恢恢疎にしてもらさず」、「無為にして化す」、「如水」、「足るを知る」、「小国寡民」、「無用の用」など、日本語の中に定着していると思われる言葉、『老子』からの言葉と知らなかった言葉があることを再認識した。

また、『老子』には「怨みに徳を以て応じる」という言葉があり、『論語』だと孔子がこれに対してそれではダメで、「怨みに直を以て応じる」という趣旨の話があり、孔子より前の時代に書かれたことを思い出したりもする。

著者がまえがきやら解説文やらで3.11の原発事故や現代の世相について憂いてみせ、教訓ぶった話をしているのは『老子』的でない気もするが、本文自体は興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 岬龍一郎, ,