FC2ブログ

読書-思想(東洋):雨読夜話

ここでは、「読書-思想(東洋)」 に関する記事を紹介しています。



超訳 論語
許 成準
彩図社 2012/3/17



『論語』の言葉を見開き2ページで右に原文と現代語訳、左に具体的なエピソードを上げての解説文という構成で書かれている作品。

この著者の作品は、例えに使っているエピソードが現代の企業や経営者などによる初めて知るものが多く、ありきたりな例を使っていないところがいい。

例えばグーグル、『ターミネーター』や『アバター』などで知られる映画監督のジェームズ・キャメロン、スティーブ・ジョブズ、ウォーレン・バフェット、孫正義などで、具体的で分かりやすい。

儀礼などの現代で役立てにくい話をばっさりカットしているのもいいし、職権の話を「その職位にいる人への敬意・配慮」と読み替えているのも的確だと感じる。

孔子の弟子たちや各国の政治家たちといった登場人物の説明を最小限に抑えてくれているのも、この手の知識を既に得ている側からすると助かる。

著者はあとがきで、古典で長く残るものは「確実に面白い本」(『三国志演義』や『アラビアンナイト』)か「確実に役立つ本」(『孫子の兵法』や『君主論』)だとして、『論語』も現実的なことが書かれた「確実に役立つ本」という話も納得しやすい。

本書もまた読みやすく役立ったと感じるので、他の著作も続けて読んでみようと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 孔子,


守屋 洋 (著)
PHP研究所 (2012/11/27)


PHP研究所から出ている古典の言葉を現代語したシリーズの1冊で、『孟子』の言葉と現代語訳を右ページ、著者の解説文が左ページという見開きで構成されている。

著者の作品は解説での説教臭さが鼻につくが、本書では特にその傾向が著しいと感じた。
これはおそらく、『孟子』の言葉自体の熱さ・ウザさと、著者のウザさ・老害ぶりが相乗効果を上げているためと思われ、なかなか強烈である。

「昔は良かったが今は道徳が廃れてダメ」とか「昔はどこにでもいた、面倒見が良くて筋の通った人々はどこに行ったのだろう?」といった趣旨の言葉がいくつも出てきて、著名人がSNSでつぶやいたら炎上しそうなものが多い。

これは斉の宣王や魏の恵王との問答の雰囲気や背景などがそぎ落とされていて、言葉だけの響きだけが強く出たための可能性もあるかと思っている。

『孟子』の言葉自体は理想主義的でちょっと重いものが多いが、「賢いと余計なものまで詮索してしまう」みたいに味わい深いものも多いので、もう少し他の作品も読んだ方がいいかもしれない。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 守屋洋,


知識ゼロからの論語入門
谷沢 永一 古谷 三敏
幻冬舎



文芸評論家の谷沢永一が『論語』の言葉から人生論やビジネス論を語った文章と、バーを舞台とした漫画『Barレモン・ハート』のキャラクターによる挿絵で構成された作品。

訳文の時点でかなり谷沢氏による解説というか意見が書かれていて、さらに現代だとこうなるとか、昔に比べて・・・みたいな語りが書かれていて、『論語』で扱われていた言葉の趣旨からはみ出しているところも多く、「入門」というタイトルにはそぐわないような気がする。

谷沢氏の文章だけだったら主張のくどさにより読むのがキツかったと思うが、『レモン・ハート』の挿絵がくどさを緩和してくれる働きを果たしている。
ただ、私が『レモン・ハート』を読んでいてその魅力を感じていたためかもしれず、未読の人からするとそれでもいまいちな感じを受けるかもしれない。

これまで読んだ谷沢氏の作品は当たり外れが大きいように思え、本書も文章だけだとハズレに入ると思う。
なぜこうなるかというと、谷沢氏は自由に書いていい場合は駄作『聖徳太子はいなかった』みたいにダラダラと自己主張を書いていく人で、どれだけ編集者がコントロールできたかにより作品の出来不出来が出たためではないか?と思っている。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孔子,




1項目当たり見開き2ページで1分程度で読み終えられるようにし、77項目で構成されているシリーズの『孫子』編。

原著の言葉にこだわらない意訳によってビジネスにも生かせるような分かりやすい形で書かれているので、読みやすい。

『孫子』に関連する本は10冊以上読んでいるために重なる部分も当然あるが、このシリーズは区切りが短くて明確なので空いた時間に読めるのがいい。

右側のページの文字組みを縦組み・横組みで交互にしているのも、飽きさせないための工夫なのだろうと思う。

1点、朝倉孝景(正)と朝倉義景(誤)を間違えているのは、編集の人も紛らわしくてチェックできなかったのかもしれない。
(前者は応仁の乱でのし上がった梟雄、後者はその子孫で信長に滅ぼされた暗君)

情報の重要性、組織での関係が出来上がっていること、相手の弱点を突くことなど、『孫子』のエッセンスがうまく表現されている作品だと思う。





1分間君主論 差がつく実学教養3 (1分間名著シリーズ)
ニッコロ・マキャベリ 齋藤 孝
SBクリエイティブ 2018/6/13



にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 孫子, 齋藤孝,


中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚
洪自誠 (著), 祐木 亜子 (翻訳)
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007/12/15



中国の古典『菜根譚』の言葉220を、1ページごとの構成で現代語訳している作品。

先日読んだ『中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚 エッセンシャル版』の前作で、エッセンシャル版にするに当たり削られた220-176=44の言葉と、巻末に収録されている原文との対比がある分が異なる。

なぜ8割以上同じ内容の本を読んだのか?というと、本書を購入したまま積読となり、その後文庫サイズで外出先でも読みやすいエッセンシャル版を購入したためである。

そのため再読に近い形になったが、繰り返して味わうのに向いた内容なので、これはこれで良かった。

再読して印象に残ったのは、他人が見ていないところでこそいいことをすべきこと、他人に分かるようにいいことをするのは偽善だという趣旨の言葉である。
「分かるように」と「隠さない」は少し違う気もするし、偽善だと言われないようにいいことを隠そう隠そうとするのも変な気がするので、これはアピールしすぎがいけないということだろう。

好悪を出しすぎると他人に陥れられるという話もあり、これは謀略で日本をかなり上回る中国らしい言葉だと感じた。

『菜根譚』は読むほどに考えさせられることが多く、読み続けられる古典というだけのことがある。
中国よりも日本で人気があるというのも面白い。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 菜根譚,