FC2ブログ

読書-歴史(日本:古代):雨読夜話

ここでは、「読書-歴史(日本:古代)」 に関する記事を紹介しています。



井沢 元彦 (著)
小学館 (1995/5/10)


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの第3巻で、奈良時代後期と平安時代初期が扱われている。
称徳女帝、平安京遷都、万葉集の3本立てで、シリーズの中でも特に怨霊や言霊に関する話が多い。

称徳女帝のところでは、道鏡へ譲位しようとしただけでなく女性蔑視という儒教的な感覚からスキャンダラスなイメージをつけられたという話や、光明皇太后の後押しで出世して淳仁天皇(廃帝)の擁立に新羅出兵の企図から簒奪までも狙っていた可能性が高い藤原仲麻呂(恵美押勝)のヤバさなどが語られていて、ドロドロした時代だったことを認識させられる。

禅譲のシステムを使おうとした称徳女帝に、仲麻呂が自他ともに呂不韋のイメージがついていたなど、当時唯一の超大国だった唐の文化にかぶれたと著者は評していて、戦後に旧ソ連やアメリカにかぶれた人たちと似ているというのはなるほどと感じる。

中盤の平安京遷都では、遷都の理由は旧仏教から決別というよりも(無実の罪で結果的に死なせた)早良親王と結びつきが強かった東大寺から離れたかったことや、聖武天皇の時代に国分寺や大仏などを建てた鎮護国家システムが怨霊に対して効果がなかったと判断したこと、そして新たな怨霊から守る手段として風水や真言密教を取り入れた結果が平安京と比叡山延暦寺だという話がなされている。

それだけ怨霊が恐ろしいものとされていた時代だが、蝦夷の指導者だったアテルイを簡単に処刑したのは、違う民族で怨霊の対象にならないという考え方をしているからとの話も分かりやすい。

そして最後の万葉集では、有間皇子や大津皇子、長屋王といった無実の罪で死ぬことになったとされる人々の歌が収録されていることなどから、怨霊への恐れがこのような文化遺産を生み出したという話になっている。
そして、『学校では教えてくれない日本史の授業 謎の真相』でも読んだ、正史には出てこないのに万葉集では「歌聖」とされる柿本人麻呂の謎を考察している。

梅原猛が提唱した、人麻呂は上級官僚だったが流罪の上で死んだために怨霊化したという説を採用していて、なるほどと思う部分もあるが、少し違和感もある。
それは、怨霊がそんなに怖いのなら、正史から抹消もできないのでは?というところで、このあたりの考察が欲しい。

本巻はさらにオカルトに影響を受ける平安時代の前ということもあってか、特に怨霊や言霊に関する話が多く、そうした影響に関して「史料に書かれていない」と否定的な歴史学者や国文学者に対する批判のトーンが強く感じられる。

本書の内容が面白くて刺激的なうちは、研究はまだまだということなのかもしれない。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,


井沢 元彦 (著)
小学館 (1998/3/1)


井沢元彦による『逆説の日本史』シリーズの第2巻で、飛鳥時代と奈良時代が扱われている。
序盤が聖徳太子に関する呼称や「徳」のついた天皇の話、中盤が天智天皇、天武天皇、持統天皇といった動乱の時代の話、終盤が聖武天皇や光明皇后が当時の国力から不相応な東大寺の大仏や国分寺の建立をした経緯の話をしている。

厩戸皇子が聖徳太子と呼ばれる背景には悲劇があるとしていて、歴代天皇で「徳」の諡号がついたり殯の期間の異常な短い天皇の傾向から読み解いている。
例として崇峻天皇、孝徳天皇、崇徳上皇、安徳天皇、顕徳天皇(=後鳥羽上皇)などを挙げていて、祟りを避けるための対応が歴史学界の重鎮たちに理解されていないとの話に続いている。

中盤の話では唐と新羅が百済を滅ぼした国際情勢から国内でも旧百済派と新羅派の対立が大きく影響していた話、『日本書紀』に天武天皇の年齢が書かれていないことなどの不自然さから読み解く怪人・天武天皇の素性の考察、「大本営発表」の『日本書紀』で隠されたとする天智天皇暗殺説、持統天皇による血統へのこだわりや『古事記』との類似点など、謀略やらそれをごまかすための曲筆の話が多く出てきて重いが最も面白い。

天智天皇系と天武天皇系の系統が出てくるのは、中国の宋王朝で初代の趙匡胤(太祖)の系統と二代目で趙匡胤の弟の趙匡義(太宗)の系統があった話を思い起こしたりもした。

そして終盤の大仏の話では、やはりというかここでも怨霊信仰の話になる。
長屋王の悲劇からしばらくして発生した藤原四兄弟の死という、当時の人々には祟りとしか思えない事態、そして聖武天皇の嫡男の死や光明皇后など藤原氏の后からその後男児が生まれなかったことなどが大工事につながったとの話は理解しやすい。
ただ、話が少しくどいとも感じた。

久しぶりに再読した形だが、20年以上経過しても内容が古びていないようなのは改めてすごいと思う。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,


井沢 元彦 (著)
小学館 (1997/12/5)


井沢元彦による『逆説の日本史』シリーズの第1巻。
最初に現代日本の歴史学界たちの三大欠陥である、
  • 日本の呪術的信仰の無視ないし軽視
  • 史料に書かれていないこと(例えばあまりに当たり前で書かれなかったこと)は存在しなかったとする史料至上主義
  • 先輩の学説を批判しづらい権威主義
を批判し、これがあるから自分のような素人が本を書けると語っていて、これは書かれた時代より20年以上経過してもそれほど変わっていないだろう。

古代の日本が中国から「倭」と呼ばれたことについて、「わ」→「環」→「倭」→「和」と話を展開し、日本が「和をと貴しとする」話し合い至上主義の国であることを語っていて、なるほどと思う。
民主主義などと異なるのは、表立っての討論ではなく根回しを重視するところなどで、内輪の和が保たれるために大東亜戦争を反対できなかったことを例に挙げている。

そして、日本には神道や仏教よりも先に、怨霊信仰があるという著者ならではの話が続く。
日本最大とされた出雲大社に祀られるオオクニヌシも祟り神で、神話では国譲りがなされたとあるものの、実際には戦争の結果処刑されたのではないか?と語っていてここも興味深い。
ただ、現在の出土結果からは大戦争という感じがあまりしないため、自分としてはある種のだまし討ちがなされたのでは?と思っている。

次が邪馬台国と卑弥呼についての話で、詳細を省くと著者は東遷説を採っている。
ここでも怨霊信仰の影響を語り、卑弥呼は古代日本で科学的に解釈しづらい事象のために殺されたのではないかという説を語っている。

終盤では神功皇后や皇室と半島のつながり、宮内庁の役人による問題、さらにはコリアでは学者ですら日本との関連やルーツや文化の話題になるとまともな会話にならないことなどを語っている。
本書の連載時は韓国の悪口ばかり言っていると批判されたらしいが、現在の観点から見るとコリアの異常性が周知されてきたため、全くその通りと思える。
著者は現在宮内庁により立ち入り禁止となっている古墳の一部だけでも日本・韓国・中国の学者で調査することを提案しているが、日本の学者だけで調査すべきだと思う。

書かれたのが1993年で古くなった部分もあるのだろうが、歴史学の闇やコリア人心理の闇などはおそらく現在もそれほど変わっていないと思うので、残念ながら効力はあると感じた。
著者も、古びるくらい意識が変わった方が望ましいと考えているのではないかと思う。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,


関裕二 (著)
PHP研究所 (2019/2/16)


縄文時代に関する近年の研究結果から、これまでの通説と違う部分、ヤマト建国に及ぼした縄文文化の影響、その後現在に続く日本史に出てくる縄文の思想などについて考察している作品。

かつては縄文時代は未開の文化とされる言説が多かったが、縄文時代がそれまで考えられていたよりも1万年以上という長期にわたっていたらしいことや、縄文時代から弥生時代に急激に変わったわけではないこと、それ以前に縄文時代と弥生時代の区別をつけるのが難しくなっていることなどが語られている。

例えば騎馬民族征服説のように大陸から多くの人々が渡ってきて日本を征服したようなことは遺伝子の研究などから否定されているようで、当時の航海技術を考慮しても短期間の多数の人が日本に来ることは考えにくいこと、そしてそれ以前から住んでいた人々の文化が定着していたらしい話につながっている。

さらに、文化や人の移動は大陸などからの西から東への流ればかりではなく、東から西へと縄文文化を持つ人々が移動する流れも多かったようで、この辺りは少し驚かされた。

そして稲作文化は縄文時代の早い段階から伝わっていたものの、あえて採用しない時期が続いたこと、その理由として「農耕をする社会は戦争ばかりする」という危険性に早くから気づいていたためという話が興味深い。

そこから、著者によるヤマト建国が東海や近江の勢力が大和に集まって北九州の勢力に打ち勝つことで成立したという話につながっている。
つまり、縄文の影響が強い地方の人々が弥生の影響が強い地方に勝利したという構図となる。

この2つの流れはその後も続いていて、好戦的な弥生タイプの代表が藤原氏で、平和的な縄文タイプが蘇我氏、そして時代を下って家康だとしていて、日本では時々縄文の思想が顔を出すという話がなされている。

研究結果のところで少し分かりにくいところもあったが、なかなか興味深い内容だったと思う。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 関裕二,




古代の自然環境や航行技術、各地に残る神社や遺跡、伝承などから、『日本書紀』のどのあたりが盛られていて、どのあたりが隠されたりなかったことにされたかなどを考察している作品。

著者は港湾などを担当してきた元建設官僚で、実際に各地を旅したり歩いたりして当時の地形や自然環境を考察している。

まず前提として、古代日本の陸路は悪路で大軍が進むことができず、瀬戸内海は水の補給に問題があって長距離の航海は不可、日本海側は海流に乗れば比較的進むことができるが秋や冬の航海はできないと、大軍を派遣した記述は怪しいとしている。

また、遺跡や神社などから繁栄していたのが明らかな壱岐、対馬、北部九州、出雲、丹後、近江といった地域の王権に関する記述が不自然に少ないことや、祀られている神様に関する疑問などから、『日本書紀』では藤原氏による大和中心史観みたいな創作がなされたのではないか?と話を続けている。

信憑性とか出遅れていたはずの藤原氏がどうやって主導権を握ったのか?などよく分からないところもあるが、大和朝廷が思われていたよりも新しかった可能性があるとの記述には少し衝撃を受ける。

他にも、王の墳墓とされてきたが『日本書紀』ではほとんど無視されている巨大古墳について、古墳のある場所の近くには水害をもたらす川が流れていて定期的な浚渫が必要なはずだが・・・という話から、著者ならではの推理を述べているところも面白い。

定説と異なる話が多く書かれ、いろいろと考えさせられた。





にほんブログ村 本ブログへ