読書-歴史(日本:古代):雨読夜話

ここでは、「読書-歴史(日本:古代)」 に関する記事を紹介しています。


最終解答 日本古代史 (PHP文庫)
最終解答 日本古代史 (PHP文庫)
八幡 和郎
PHP研究所 2015-02-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
最終解答 日本近現代史 (PHP文庫)
誤解だらけの韓国史の真実 (イースト新書)
日本と世界がわかる 最強の日本史 (扶桑社新書)
世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)
韓国と日本がわかる最強の韓国史 (扶桑社新書)
本当は謎がない「古代史」 (SB新書)
「立憲民主党」「朝日新聞」という名の偽リベラル
日朝古代史 嘘の起源 (別冊宝島)
なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか 「脱中華」の日本思想史 (PHP新書)
「リベラル」という病 奇怪すぎる日本型反知性主義


戦後の教育の問題や中韓からの歴史に対する勝手な干渉、史料が少ないことを利用した荒唐無稽な珍説の蔓延などを排し、『記紀』の記述を中心に解釈し、「だいたいこのあたりだろう」という日本の古代史を語っている作品。
著者はあの、当時民主党代表だった蓮舫の多重国籍疑惑をおそらく最初に問題にした人物だったと思う。

『魏志倭人伝』に書かれる邪馬台国や『宋書倭国伝』に登場する倭の五王に関する話は扱われるのに、『古事記』や『日本書紀』に出てくる神武天皇からの8代の天皇や、例えば聖徳太子のような呼称を軽視しがちな問題を多く書いていて、これは荒山徹著『秘伝・日本史解読術』にも通じる内容で納得しやすい。

また、考古学上の発見はたまたまの要素が強いとし、何かが発見されるたびにすぐに歴史上の仮説がコロコロ変わることにも苦言を呈していて、捏造事件が起こったのもこうした風潮が一因なのだろう。

そうした問題を元に、邪馬台国は九州の地方政権で大和朝廷は直接のつながりがなかったのでは?ということや、古代の日本が朝鮮半島南部を勢力圏としていたことは中国の南宋などの王朝も認めていたらしいこと、騎馬民族征服説や応神天皇や継体天皇を王朝の始祖とする学説の怪しさなどを語っていて妥当な感じを受ける。

そして飛鳥時代、奈良時代、平安時代前期にかけての話もなされていて、黒幕とされがちな中臣鎌足や藤原不比等がイメージされるほどの権力を持っていなかったらしいことや、持統天皇や橘三千代(文武天皇の乳母で不比等の後妻)、藤原光明子(不比等の娘で聖武天皇の皇后)、孝謙(称徳)天皇といった女性たちが政治を大きく動かしてきたかが語られているところが印象に残る。

奈良時代後期における度重なる政争によって天武天皇系の主だった皇族たちが失脚し、天智天皇系で天武天皇系の皇女を娶っていた白壁王が光仁天皇となり、続いて平安遷都をした桓武天皇になった過程はかなり濃い歴史だったようで、この題材をうまく扱えばけっこう売れるのではないかと思った。

かなり読み応えのある1冊で、史料や物的証拠が少ない時代を考える場合の参考となる。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 八幡和郎,

0から学ぶ「日本史」講義 古代篇
0から学ぶ「日本史」講義 古代篇
出口 治明
文藝春秋 2018-02-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史
「全世界史」講義 II近世・近現代編:教養に効く! 人類5000年史
人類5000年史I: 紀元前の世界 (ちくま新書)
世界史のなかの昭和史
成毛流「接待」の教科書 乾杯までに9割決まる
東大生が身につけている教養としての世界史
日本史のツボ (文春新書)
世界史とつなげて学べ 超日本史 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史
歴史の余白 日本近現代こぼれ話 (文春新書)
素顔の西郷隆盛 (新潮新書)


ライフネット生命の会長による、日本の歴史で摂関政治のあたりまでで解説している作品。
著者の多大な読書量もあって、比較的最近の研究成果も反映されている。

まず、隋、唐、高句麗、新羅、百済、渤海といった古代東アジアの国々が関連した政治的な力学が働いたという構図での話が面白い。
中華の帝国が強大な時期は周辺の国々が精力的に使節を送り、弱体化すれば自立の動きを見せるというのは分かりやすい。

また、白村江の戦いの後に唐から使者として日本を訪れた郭務悰(かくむそう)をマッカーサー、唐の長安を真似た平城京や中国の史書を意識して書かれた『日本書紀』などの唐風文化を「鹿鳴館政策」と表現しているのはなかなかうまい。
天智天皇が近江京に遷都したのは畿内が唐軍に占拠されていたためでは?という説にも驚かされる。

大化の改新(乙巳の変)や壬申の乱といったクーデターや内乱は親唐派と反唐派の対立という要素が強いことや、反唐派が勝利しても政権を握ると現実が分かって親唐派に変じるというパターンが繰り返されること、遣隋使や遣唐使が留学の意味だけでなく外交特使の役割があったことなどは納得しやすい。

「鹿鳴館政策」で面白かったのは『日本書紀』のところで、元々は『史記』のように『日本書』として「本紀」、「世家」、「列伝」とする予定が「本紀」のみとなったのが『日本書紀』で、事前調査でまとめられたのが各国の『風土記』という話に少し驚かされた。

そして奈良時代は唐の武則天に影響されたのか、強い女性、弱い男性、賢い補佐役という構図が続いたという話も面白い。
強い女性が持統天皇、光明子、孝謙(称徳)天皇で弱い男性が聖武天皇や淳仁天皇、賢い補佐役が藤原不比等や藤原仲麻呂(恵美押勝)などが挙げられている。

他にも大衆向けには分かりやすい儒教や浄土宗が受け入れられ、意味ありげで難解そうなものを好むインテリには道教や禅宗が受けたと書かれていて、納得しやすい。
多分、村上春樹とかエヴァンゲリオンが好きな層も後者に当たるのだろう。

多大な読書量からアウトプットされた知見を多く得られ、充実した読書となった。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 出口治明,

古代史の謎は「鉄」で解ける (PHP新書)
古代史の謎は「鉄」で解ける (PHP新書)
長野 正孝
PHP研究所 2015-10-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)
なぜ、地形と地理がわかると古代史がこんなに面白くなるのか (歴史新書)
暦で読み解く古代天皇の謎 (PHP文庫)
鉄から読む日本の歴史 (講談社学術文庫)
地形からみた歴史 古代景観を復原する (講談社学術文庫)
古代朝鮮と倭族―神話解読と現地踏査 (中公新書)
神社の起源と古代朝鮮 (平凡社新書)
海の向こうから見た倭国 (講談社現代新書)
謎の渡来人 秦氏 (文春新書)
継体天皇と朝鮮半島の謎 (文春新書 925)


日本海を介した鉄の交易という視点から、古代史を読み解いている歴史読み物。
著者の『古代史の謎は「海路」で解ける』が面白かったので、本書も続けて読んだ。

「倭国」を中世ヨーロッパにおけるハンザ同盟に例え、朝鮮半島の西南部、九州、出雲、丹後、北陸、信州、群馬といった地方に点在する都市国家の同盟のようなものではなかったかという形で話を組み立てている。

それが騎馬民族の高句麗に押しまくられて半島から撤退に追い込まれ、その結果として百済などから工人が大阪湾岸に移住して日本と朝鮮半島で技術力や工業力が逆転して行ったのではないかという話につなげている。

そして瀬戸内海は治安や補給の問題があって交易路として使用できなかった時代が長く、日本海側の方が多く使用されていたということを強調し、現代の視点で判断してしまう傾向に注意している。

前方後円墳については、元々は陵墓という性質のものだったのが、後に鉄などを取り引きする貿易センターのような役割を果たすようになったとしていて、埴輪はさまざまな言葉を話す人々にとって分かりやすい看板やパーティションとして使用されたのではないかという仮説も面白い。

現在の日本の歴史学界に対しては、古代のさまざまな事象を「王権」、「祭祀」、「神道的な考え方」という言葉で片付けてしまう傾向に対して異論を唱えていて、確かにもっと掘り下げるべきポイントはありそうだと思った。

著者は港湾を多く手がけた建設官僚だったそうで、竹村公太郎氏と近い経歴のようである。
著者に対しては古代だけでなく、中世や近世の水上交通などをテーマとした本も書いてほしいと思う。





[参考文献に挙げられていた作品]


にほんブログ村 本ブログへ

地図で読む「魏志倭人伝」と「邪馬台国」 (PHP文庫)
地図で読む「魏志倭人伝」と「邪馬台国」 (PHP文庫)
武光 誠
PHP研究所 2014-11-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
地図で読む『古事記』『日本書紀』 (PHP文庫)
ここまでわかった!邪馬台国 (新人物往来社文庫)
魏志倭人伝の謎を解く - 三国志から見る邪馬台国 (中公新書)
「古代日本」誕生の謎―大和朝廷から統一国家へ (PHP文庫)
ここまでわかった! 卑弥呼の正体 (新人物文庫)


古代の東アジアを視野に入れた形から、『魏志倭人伝』とそれに書かれている邪馬台国のことを考察している作品。

著者は邪馬台国の所在地については九州説を採用している。
そして距離が長く書かれている理由としては魏の実力者で『三国志』でも知られる司馬懿が、ライバルの曹真が中央アジアの大月氏(クシャーナ朝)と外交関係を結んだことへの対抗上として、日本は遠くにある大国だと思わせたかったという説を語っている。

このように本書では『三国志』のような中国の歴史書ではあまりメインで出てこない周辺の異民族についての話が多く、例えば劉備元徳や諸葛孔明で知られる蜀が魏との戦いではチベット系の部族の協力を得ていたことや、漢が朝鮮半島に置いた楽浪郡が東方の出先機関として交易で栄えていた話が書かれていて面白い。

中国の時代も『三国志』の時代だけでなく前代の漢や後の西晋、五胡十六国時代、南北朝時代、隋・唐までと幅広く扱っていて、周辺では他に遼東半島の公孫氏政権や高句麗などのことも書かれている。

一般的な歴史読み物で書かれているよりも広いスケールから書かれていて、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 武光誠,

地図で読む日本の古代史―90分でわかる!「日本と日本人」の始まり (知的生きかた文庫)
地図で読む日本の古代史―90分でわかる!「日本と日本人」の始まり (知的生きかた文庫)
「歴史ミステリー」倶楽部
三笠書房 2013-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
眠れないほど面白い『古事記』 (王様文庫)
地図で読む『古事記』『日本書紀』 (PHP文庫)
日本の「神話」と「古代史」がよくわかる本 (PHP文庫 に 12-55)
神社に秘められた日本史の謎 (歴史新書)
日本の古代史 ヤマト王権 (別冊宝島)


日本の古代史における重要事件や謎について、地図を用いて具体的な場所とともに解説している作品。
文章で知っている内容でも、具体的に地図上のどのあたりで行われたことなのかが明示されているので分かりやすい。

例えば飛鳥、難波、近江京、藤原京、平城京、長岡京、平安京といった都の位置がどのように移っていき、どのような位置関係にあるか分かるとその事情も伝わりやすくなる。
特に、聖武天皇が何度も遷都を行った話では、近畿地方のあちこちに行っていたので廷臣や領民の方々はさぞ大変だっただろうことが想像できる。

そして神武東征のような神話のエピソードや、壬申の乱、藤原広嗣の乱、恵美押勝の乱といった戦乱における各軍の進路などが書かれているのを見ると、改めて平安時代以前は貴族も積極的に戦闘を行っていたのだと分かって興味深い。

律令などの法律がらみの話ではそれほど地図が必要ないような気がしたり、古墳の位置などではもう少し位置の図解が欲しかったりと、配分についてはちょっと思うところもあるが、全体的には興味深く読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ