読書-歴史(日本:中世以降):雨読夜話

ここでは、「読書-歴史(日本:中世以降)」 に関する記事を紹介しています。


天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった: 一次史料が伝える“通説を根底から覆す"真実とは
天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった: 一次史料が伝える“通説を根底から覆す
乃至政彦 高橋陽介
河出書房新社 2018-04-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
征夷大将軍研究の最前線 (歴史新書y)
初期室町幕府研究の最前線 ここまでわかった南北朝期の幕府体制 (歴史新書y)
図説 室町幕府
「関ヶ原」を読む: 戦国武将の手紙
今川氏滅亡 (角川選書)
松永久秀と下剋上: 室町の身分秩序を覆す (中世から近世へ)
関ヶ原前夜 西軍大名たちの戦い (角川ソフィア文庫)
戦国大名と分国法 (岩波新書)
ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城
図説 戦国北条氏と合戦


一次資料(当事者たちの手紙や命令書、同時代人の日記など)から、通説として知られているのとは大きく異なる関ヶ原の合戦に際しての大名たちの動きを推察している作品。
BS-TBSで放送されている『諸説あり』でも扱われていた内容だったので読んでみた。

まず、現在の定説は江戸時代に書かれた軍記物(今で言う歴史小説)や戦前の日本陸軍による研究資料、そして司馬遼太郎の『関ヶ原』などの歴史小説などに影響を受けた部分が多く、一次資料では見つけられないものが多いという。

そこから一次資料でこれまで見過ごされがちだった内容を集め、新たな秀吉没後から関ヶ原の合戦に至る時期の歴史を組み立てている。

いくつも驚かされる話があるが、まずは秀吉が後を五大老・五奉行ではなく家康に代行を託していて、さらには家康と淀殿の結婚話までなされていたことにインパクトがある。
これには(秀吉の指示とはいえ)淀殿や大野治長らが猛反発したらしく、家康暗殺計画につながったようである。

次に、ボンボンのイメージが強い毛利輝元は反家康の策謀を繰り返していて、関ヶ原の合戦の首謀者は石田三成ではなく、輝元、増田長盛、長束正家、揺甫恵瓊(安国寺恵瓊)あたりだったことも書かれている。
大坂城で全体の指揮を執ったらしいのが長盛で、戦場の指揮官が正家と恵瓊というのは見栄えだけでなく能力もいまいちだったみたいで、石田三成が不満を述べた書状が残しているのも分かる気がする。

さらには上杉征伐時の上杉景勝が単独で戦う気満々だったらしいことや、関ヶ原や大垣、岐阜、赤坂といった美濃に布陣していた武将たちの布陣は大きく異なること(例えば家康は赤坂にいて桃配山にはいなかった)、土壇場で寝返ったとされる小早川秀秋は早い段階で東軍として動いていたなど、通説で語られるのとは異なる歴史が語られていく。

石田三成や小早川秀秋らのキャラクターが作られていったのは、さまざまな交渉の結果として生き延びた毛利輝元を守るためだったり、死んだ人物にあれこれ押し付けるのが都合が良かったのだろうと感じられる。

確かに本書で書かれていた形で歴史小説が書かれたとしても少し盛り上がりに欠けたと思うので、現在イメージされる関ヶ原に関する定説は、300年以上かけて日本人が好まれる形に作り上げられていったのだろう。

大きく刺激を受ける1冊で、さらに研究が進んでいくことを期待している。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

江戸の都市力: 地形と経済で読みとく ((ちくま新書 1219))
江戸の都市力: 地形と経済で読みとく ((ちくま新書 1219))
鈴木 浩三
筑摩書房 2016-11-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
家康、江戸を建てる
カラー版 - 地図と愉しむ東京歴史散歩 地下の秘密篇 (中公新書)
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
大江戸商い白書――数量分析が解き明かす商人の真実 (講談社選書メチエ)
東京 消えた! 鉄道計画 (イカロス・ムック)
江戸始図でわかった「江戸城」の真実 (宝島社新書)
海に沈んだ大陸の謎 最新科学が解き明かす激動の地球史 (ブルーバックス)
銀の世界史 (ちくま新書)
江戸の大普請 徳川都市計画の詩学
新訳 明日の田園都市


家康が整備を始めた江戸について、インフラ建設や経済政策、法律などの観点から解説している作品。

まずは古くから港湾や河川によって物流の拠点としてそこそこ栄えていた江戸だが、低湿地が多くて人口が増えなかったことが書かれている。

その後家康が江戸に入ってから小名木川開削や平川付け替えのような河川や運河による物流網を建設したり、日比谷入り江の干拓などによって基盤を構築している。

その中で古来から江戸前島の領有権を鎌倉の円覚寺から横領したり、町年寄として金沢(前田家)から大商人を引き抜いたりと、徳川家にとって知られると不都合な歴史も書かれている。

家康が関ヶ原の合戦で天下を取ってからは、江戸城の普請や城下町の建設、江戸湾に流れ込んでいた利根川を太平洋側への付け替え工事など、諸大名へ命じた天下普請も含めて大々的な都市建設をしていったことが書かれている。

他にも度重なる火事が景気回復の役割を果たしていたり、現代よりもセーフティネットが整備されていた可能性があるなど、ソフト面を含めた江戸時代の政策が書かれている。

例えば享保・寛政・天保の三大改革などでは何度も贅沢禁止令のような経済の原理を無視した法令が出されたが、何度も出されたということは守られなかったことを意味していて、経済や庶民についてさまざまなことを考えさせられる。

少し構成や文章に読みにくさを感じたが、興味深い内容が書かれていてなかなか良かったと思う。





江戸商人の経営(ビジネス)戦略 (日経ビジネス人文庫)江戸商人の経営(ビジネス)戦略 (日経ビジネス人文庫)

鈴木 浩三
日本経済新聞出版社 2013-03-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

「本能寺の変」は変だ! 435年目の再審請求 (文芸社文庫)
「本能寺の変」は変だ!  435年目の再審請求 (文芸社文庫)
明智 憲三郎
文芸社 2018-02-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
織田信長 435年目の真実 (幻冬舎文庫)
【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)
信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~(3)(ヤングチャンピオン・コミックス)
織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!
勝海舟の罠――氷川清話の呪縛、西郷会談の真実
教科書には載っていない! 幕末の大誤解
本能寺の変 生きていた光秀
信長を殺した男~本能寺の変431年目のの真実~(2)(ヤングチャンピオン・コミックス)
倒幕の南朝革命 明治天皇すり替え ヴィジュアル増補版 幕末 維新の暗号(祥伝社新書) (祥伝社新書 534)
神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する (新潮新書)


ベストセラーになった『本能寺の変 431年目の真実』の第3部くらいに当たる作品。

再審請求とタイトルにあるように「・・・って変だ!」という書き出しで、本能寺の変にまつわる通説のおかしさを指摘し、著者の持論へ持っていっている。

基本的な内容は下に挙げている著者の作品と同様だが、通説がいかに江戸時代など時間が経ってから書かれた軍記物から影響を受けていたり、権威のある学者の説をおかしさを歴史学会で反論できる人がなかなかいなかったり、奇をてらった学説のおかしさなどを次々と指摘していくところに刺激を受ける。

また、史料を当たる場合にある仮説やこうであってほしいという予断を持って実施する場合、それらに都合の悪い史料の記述をすぐに否定したり、なかったものとしてスルーしてしまうということが書かれていて、これは歴史以外のことでも当てはまるし、多くの人がやってしまっていることだと思うので深いポイントだと感じた。

著者の他の作品を読んでいてもいなくても、興味深い作品だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

「日本の歴史」4江戸篇 世界一の都市 江戸の繁栄 (WAC BUNKO 237)
「日本の歴史」4江戸篇 世界一の都市 江戸の繁栄 (WAC BUNKO 237)
渡部昇一
ワック 2016-06-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「日本の歴史」3戦国篇 戦乱と文化の興隆 (WAC BUNKO 240)
「日本の歴史」2中世篇 日本人のなかの武士と天皇 (WAC BUNKO 242)
「日本の歴史」5明治篇 世界史に躍り出た日本 (WAC BUNKO 233)
「日本の歴史」6昭和篇 自衛の戦争だった「昭和の大戦」 (WAC BUNKO 227)
「日本の歴史」7戦後編 「戦後」混迷の時代から (WAC BUNKO 222)
「日本の歴史」1古代篇 神話の時代から (WAC BUNKO 245)
決定版 日本人論~日本人だけがもつ「強み」とは何か?~ (扶桑社新書)
読む年表 日本の歴史 (WAC BUNKO)
日本人の遺伝子
忘れてはならない日本の偉人たち


渡部昇一による、日本史を語ったシリーズの江戸編。

基本的に鎖国政策には否定的な見解を示していて、鎖国をやっていなければ第二次世界大戦での日米戦争もなかったと語っている。
これは石油の禁輸が要因だったわけだが、日本が江戸時代にも多くの国との幅広い交易を続けていれば東南アジアなどに親日国が多くできていて、日本への石油輸出を止められる事態は発生しなかったというロジックである。
その一方で鎖国によって生み出された繊細な文化もまた大きく評価していて、複雑な感情を持っていることが分かる。

鎖国をはじめとする江戸時代の基本政策は家康の個性による部分が大きいとしていて、明治時代も徳川家のための政治だったという評価も紹介されている。
その後、各時代の為政者による政策を評価している。

まず、新井白石といういかにも儒学者というタイプの人物が政治を担当した場合のユニークな政策の話が印象に残る。
例えば朝鮮通信使や日本に密入国した宣教師のシドッチとも真正面から論戦をしたシーンなどは想像力をかきたてられる。

次に、田沼意次の重商主義や国防、交易といった政策を評価していて、先見性はもっと評価されてもいいと思う。
評判が悪い田沼の時代や11代将軍の家斉の時代に大衆文化が花開いたということは、武士階級は別として民衆の生活が良かったということになると指摘しているのもなるほどと感じた。

そして、徳川吉宗・松平定信・水野忠邦の三大改革のダメさも書いている。
柳沢吉保、荻原重秀、新井白石、間部詮房、田沼意次のような政治家は低い身分から成り上がったために武士の上流階級から評判が悪く、吉宗・定信・忠邦は将軍・将軍の孫・譜代大名と血統の良さで評価される部分が大きいので、史料で過大評価されたとされているのが納得しやすい。
民衆からすれば経費節減と贅沢禁止で経済を冷え込ませた暗君と評価されたようで、歴史を評価するのは難しいと改めて感じる。

幕末に江戸幕府が開国した際の失敗は、幕府が鎖国したのだから自己の判断で開国すればいいものを、諸大名や朝廷に意見を求めてしまったことを挙げている。
次に、井伊直弼が開国路線を進めたのはいいとして、安政の大獄で橋本左内のように有能な人材を多く殺してしまったことを指摘している。彼らの一部が処刑されずに政局が変わってから釈放されていたら、どれだけプラスになったのかが気になる。

他の著作でも見られる論旨の明快さや分かりやすさは本書でも感じられ、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 渡部昇一,

【至急】塩を止められて困っています【信玄】
【至急】塩を止められて困っています【信玄】
スエヒロ
飛鳥新社 2015-04-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡がきました。詐欺でしょうか?
明日切腹させられないための 図解 戦国武将のビジネスマナー入門
もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら
織田信長の天下布武日記 (武ログ壱) (武ログ 1)
もし文豪たちがカップ焼きそばの 作り方を書いたら 青のりMAX
【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0
偉人ブログ
山田全自動でござる
戦国武将の履歴書 教科書には載っていない意外な素顔 (宝島SUGOI文庫)
戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪


武田信玄が今川と北条から塩止めをされた逸話を○ahoo知恵袋風にしたタイトルから分かるように、戦国時代から幕末にかけての日本史上のエピソードを現代のツールで面白おかしくいじっている作品。

扱われているのは本能寺の変や太閤検地、関ヶ原の合戦、徳川将軍、新撰組、赤穂浪士の討ち入りなどで、これらをメール、LINE、招待状、チラシ、チケット、○mazonや○ァミ通のレビューなどにしていて、歴史上の人物が言いそうなこと、書きそうなことなどを書いていて笑ってしまう。

しょうもないところでリアルさを出しているのがじわじわきて、なかなか楽しめたと思う。





豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡がきました。詐欺でしょうか?豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡がきました。詐欺でしょうか?

スエヒロ
幻冬舎 2016-06-30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

明日切腹させられないための 図解 戦国武将のビジネスマナー入門明日切腹させられないための 図解 戦国武将のビジネスマナー入門

スエヒロ
KADOKAWA 2016-07-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ