FC2ブログ

読書-歴史(日本:中世・近世):雨読夜話

ここでは、「読書-歴史(日本:中世・近世)」 に関する記事を紹介しています。





室町時代から信長の出現に至る時代を、経済や金融の観点から解説している作品。
タイトルに信長とついているのに、4部構成のうちの第4部で初めて信長が登場するというのがなかなかすごい。

それでは何が書かれているかというと、信長が戦った既得権益層としての寺社勢力の経済力や軍事力と、それらと持ちつ持たれつの関係を持ってきた室町幕府、そして信長の先駆者に当たる足利義教や細川政元、三好長慶らの事跡などが書かれている。

この時代の背景にあるのは、日本で貨幣を発行しておらず明から銅銭を輸入して流通していたことであり、銅銭の輸入が減ったり途絶えたりするとすぐにデフレになるという問題である。
これと天候の問題により、冷静な判断が下せない人が増えて殺伐とした時代になったと語っている。

その中で力を得たのが
  • 大和の大名として振舞った興福寺(法相宗)
  • 多くの荘園や琵琶湖の物流を握って軍事力もあった「恐怖の山」こと比叡山延暦寺(天台宗)
  • 室町幕府と癒着して貿易利権や税の徴収などでのし上がってきた京都五山(臨済宗)
  • 商工業者としての町衆を支持者に多くの動員力を誇る法華一揆(日蓮宗)
  • 大衆の支持を集めて寺内町システムを構築した本願寺(浄土真宗)
といった大寺院であり、軍閥、商社、銀行、商工ファンド、地主と多くの機能を持つ強大な存在で、朝廷や幕府、大名たちが大変な目にあったことがよく分かる。

こうした大寺院は宗教の権威を背景にかなり暴力的なことをやらかしていて、例えば天文法華の乱で比叡山が法華を攻撃したことによる京都での被害は応仁の乱よりも大きかったというのはすさまじい。

そして権力を宗教から世俗に戻すことに成功した信長の実績は、考えられているよりも大きいものだったことが分かってくる。
これがなければ現在まで宗教勢力の政治への介入と、それに伴う内乱も大変なものだったと思われる。

近いテーマを書いている大村大次郎著『お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない』では書かれていない京都五山や法華の話もあり、大変興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト



作家・安部龍太郎による雑誌などの連載をまとめて再構成している歴史読み物。

前半は本能寺の変を朝廷黒幕説、特に元関白の近衛前久が大きな役割を果たしたという流れで話をしていて、以前読んだ著者の『信長街道』に書かれていた内容と重なっている。
また、イエズス会などのキリシタン陰謀説も扱っている。

後半はさらにキリシタンの影響力が強かった話や、大航海時代の中で戦国大名たちも思われている以上に海外とのやり取りをしていたエピソードが書かれている。
高山右近、黒田官兵衛、小西行長、蒲生氏郷といったいかにもなキリシタン大名たちから、加藤清正や福島正則、毛利家や豊臣家などもキリシタンとの交流があった話には少し意外性がある。

弱い根拠を元に前のめりに語っている感が強いが、ネタというかそういう説もあるという受け取り方でそこそこ楽しめた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 安部龍太郎,

戦国武将の選択 (産経セレクト)
戦国武将の選択 (産経セレクト)
本郷和人
産経新聞出版 2015-05-29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国武将の明暗 (新潮新書)
戦国夜話 (新潮新書)
真説・戦国武将の素顔 (宝島社新書)
日本史のツボ (文春新書)
壬申の乱と関ヶ原の戦い――なぜ同じ場所で戦われたのか (祥伝社新書)
天皇はなぜ生き残ったか (新潮新書)
「戦国大名」失敗の研究【群雄割拠篇】 (PHP文庫)
戦国武将の実力 - 111人の通信簿 (中公新書 2343)
戦いの日本史 武士の時代を読み直す (角川選書)
東大教授がおしえる やばい日本史


東大の歴史学者が産経新聞での連載をまとめた歴史読み物。
戦国武将だけでなく、頼朝や執権の北条氏についての話も扱っている。

当時の常識は現代と異なる例として、ギャンブルに負けて全裸に近い状態でも烏帽子だけはきちんとかぶっている絵の話を紹介していて、かなり分かりやすい。

桶狭間の合戦での信長軍の兵力は実際よりもかなり少なく書かれていたのではないか?という疑惑や、三好長慶と信長における意識付けや動員兵力の違い、執権北条氏によるライバルを追い落とすためのえげつない陰謀などが印象に残った。

特に、頼朝の舅に当たる北条時政が比企氏や梶原景時、畠山重忠らを謀略によって葬ったが、今度は長男だが「江間」氏を名乗っていて後継者から外されていた義時や娘で頼朝の妻となった政子から逆に謀略を仕掛けられて失脚するなど、儒教などの道徳がなくて何でもありだった中世の武士における事情が伝わってくるのが興味深い。

史料を精査する学者の立場として、毎年のように出てくる歴史の奇説に対する苦言を書いているなど、自らの立場からの歴史に対する考え方を語っているのもいいところだと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 本郷和人,

本当は面白い「日本中世史」 愛と欲望で動いた平安・鎌倉・室町時代 (SB新書)
本当は面白い「日本中世史」 愛と欲望で動いた平安・鎌倉・室町時代 (SB新書)
八幡 和郎
SBクリエイティブ 2013-04-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
本当は間違いばかりの「戦国史の常識」 (SB新書)
本当は謎がない「幕末維新史」 幕府再生はなぜ失敗したのか? (SB新書)
本当は謎がない「古代史」 (SB新書)
韓国と日本がわかる最強の韓国史 (扶桑社新書)
日本と世界がわかる 最強の日本史 (扶桑社新書)
誤解だらけの韓国史の真実 (イースト新書)
本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書)
本当は誤解だらけの「日本近現代史」 世界から賞賛される栄光の時代 (SB新書)
「領土」の世界史 (祥伝社新書)
世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)


少し前は蓮舫(当時民進党代表)の多重国籍疑惑、最近では池上彰の番組での有識者への敬意が感じられないひどい番組作りと、マスコミが報じたがらない類の問題を指摘することが多い元官僚による、日本の中世史を語っている作品。

中世の範囲は諸説あるが、本書では「小さな政府」の時代である平安時代から室町時代までと、比較的長い期間で定義している。

まず印象に残るのは、藤原氏の摂関政治の印象が強いが、それ以上に女性の力が強かった時代ということである。
例えば藤原不比等は当初はさほど高い地位にあったわけではなく、文武天皇の乳母だった橘三千代という女性と再婚したことが出世のきっかけだったり、藤原仲麻呂(恵美押勝)が政権を握ったのも光明皇后の引きによるものだったなどのエピソードが書かれている。

他にも保元の乱が摂関家の家督争いがベースだったとか、後白河法皇が若い頃からどうしようもなく素行の悪い人物とされてきたこと、足利義満は朝廷を乗っ取ろうとしたよりも取り込まれたとする方が実態に近いのではないかなど、教科書や概説書とはまた異なる歴史の話が出てきて少し驚く。

登場人物が多くて複雑なため、ところどころで人名のミスが散見されるのは仕方ないかもしれない。
これについては皇室、藤原氏、平氏、源氏などの系図が掲載されているので、これと見比べながら読んでいくとある程度はついていくことができる。

著者の作品にありがちなくせの強い歴史観が気になったりもするが、幅広い対象をうまくまとめてあって興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 八幡和郎,

もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む
もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む
水野 大樹
徳間書店 2018-03-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
関東戦国全史~関東から始まった戦国150年戦争 (歴史新書y)
初期室町幕府研究の最前線 ここまでわかった南北朝期の幕府体制 (歴史新書y)
図説 室町幕府
征夷大将軍研究の最前線 (歴史新書y)
享徳の乱 中世東国の「三十年戦争」 (講談社選書メチエ)
中世島津氏研究の最前線 (歴史新書y)
今川氏滅亡 (角川選書)
室町幕府全将軍・管領列伝 (星海社新書)
図説 戦国北条氏と合戦
戦国北条家一族事典


応仁の乱は京都を中心とした畿内を中心に展開されたが、それより以前に関東で続いていた享徳の乱と長享の乱、そしてその前後の政情を解説している作品。

室町幕府は将軍・足利氏の一族を鎌倉公方、上杉氏を関東管領として関東を管轄するシステムとしていたが、代を経るうちに鎌倉公方が自立の志向を持つようになり幕府と対立することが増えていく。

その結果本書でメインに扱われる乱の前にも上杉禅秀の乱、永享の乱、結城合戦と鎌倉公方や関東管領による戦乱が発生している。

そこから鎌倉公方・足利成氏が関東管領・上杉憲忠を殺害したことから享徳の乱が発生する。
これは鎌倉公方VS幕府の支持を得た上杉氏という構図で、関東や周辺の国人がそれぞれの陣営について戦っている。
具体的には結城、宇都宮、小山、千葉、三浦、佐竹といった諸氏で、寝返りや一族間の内紛も多く発生している。

さらに幕府の指示を受けて駿河守護の今川氏や信濃守護の小笠原氏も介入したり、戦いが続く中で山内上杉氏から冷遇されたことに不満を持った重臣の長尾景春も反乱を起こすなど、どんどん情勢が複雑になっていく。

この戦乱は江戸城を築城した扇谷上杉氏の家宰である太田道灌の活躍もあって終息するが、今度は主君の扇谷上杉定正が大田道灌を暗殺することでパワーバランスが崩れ、次の長享の乱が発生することになる。
こちらの構図は上杉氏の本家に当たる山内上杉氏・越後上杉氏VS新興の扇谷上杉氏という一族内の内紛がメインで、これに(鎌倉に戻れなくなった)古河公方、幕府から伊豆に派遣された堀越公方、しぶとく生き延びた長尾景春、今川氏の内紛を解決した伊勢宗瑞(北条早雲)なども絡んでくる。

共通するのは上杉憲実、長尾景信、太田道灌、足利成氏といった実力者が引退したり亡くなったりすることで、パワーバランスが崩れて戦乱が再開したり、例えば足利成氏と山名宗全が結びつくなど、応仁の乱や明応の政変(細川政元や日野富子が将軍・足利義材を追放したクーデター)といった畿内の情勢が密接にリンクしていることである。

応仁の乱もかなり複雑で奥が深い戦乱だが、本書で扱われている関東での戦乱もそれに劣らず時期も長ければ登場人物も多い。
違っているのは応仁の乱に比べて謀略や外交を行う度合いが小さく、直接的に武力衝突になるまでが早いことかと思う。

関東を中心に北条・今川・武田・上杉といった戦国大名が登場する前のことを知ってより幅広い理解ができたような気がしていて、大いに知的な刺激を受けることができた。






にほんブログ村 本ブログへ