読書-思想(西洋):雨読夜話

ここでは、「読書-思想(西洋)」 に関する記事を紹介しています。


人生がばら色に変わる50の言葉 (PHPビジネスライブラリー)人生がばら色に変わる50の言葉 (PHPビジネスライブラリー)

ジェームズ アレン (著), 坂本 貢一 (翻訳)
PHP研究所 1999-06

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


19世紀の作家であるジェームズ・アレンの著作から50の言葉をセレクトし、現代語訳した作品。

自身に発生していることは偶然ではなく、自分がそうなるべく思ったり行動した結果の必然だという考え方のようで、そのプロセスを正しい方向に向けることで幸せな人生にしていくという話になっている。

また、苦しいことやつらいことも見方を変えると次につながるいいことだという趣旨の言葉も目立つ。

正直、偶然という考えを否定するのはあまり好きではないし、良心などに反さない形で避けられる苦労は避けたいと思っているので、ちょっと厳しいように感じてしまう。

そのため、避けられる困難は避け、避けられなかった場合は教訓を得たり試練として発生したものと腹をくくるくらいのスタンスにするのならばまあ受け入れられるかと考えている。

不平を言う暇があったら目の前のことをきちんとやることで改善に努めるべきという話や、運の良さは努力を続けた結果という話は確かにそうだと思っている。

合う言葉、ちょっと厳しくて合わないかもしれない言葉に分かれるが、読み返すことで考えが変わるような気もするので、重要なポイントを突いているのだろう。
考えさせられる言葉が並ぶ、なかなかいい作品ではあると感じた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 決定版 (ディスカヴァー携書)
誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 決定版 (ディスカヴァー携書)
ジム・ドノヴァン (著), 桜田直美 (翻訳)
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-08-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 (ディスカヴァー携書)
1分間でやる気が出る146のヒント (ディスカヴァー携書)
うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 (2)
自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)
心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)
自信の法則
新・夢が勝手にかなう手帳(4月スタート・2017年度版)
あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言
できる人の習慣


1項目当たり見開き2ページで103項目にわたり、成功するための方法論を語っている作品。

こうしたい、こうなりたいという理想を明確にし、計画を立てて着実に実行していくこと、全て実現できなくても最初の状態からするとかなりいい状態になっているであろうことが書かれている。

うまくいったとしたら感謝を忘れずにさらに上を目指すことや、ビジョンを持つ際は健康、人間関係、物質的なものなどバランスの取れたものにすることなど、一生懸命になりすぎて意識がおろそかになりがちなことへの注意がなされているのもいい。

人はダメだったことはよく覚えているが、いいことはあまり意識しなかったりするので、いいこと、達成したことを記録して見返すことで、自信をつけるというくだりは特に印象に残った。

「ごくわずかな人しか実行していない」という理由も、読んでいて分かってきた。
これは面倒だから、自分に向き合うのは抵抗があるから・・・といった理由のためだろうと考えている。

全てを実施することはないだろうが、いくつかはできそうなのでやってみようと思うものもあった。




[本書の中で紹介されていた作品]

こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語

ジャック キャンフィールド (著), マーク・ビクター ハンセン (著)
ダイヤモンド社 1995-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)
自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)
ジェリー・ミンチントン (著), 弓場 隆 (翻訳)
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2016-08-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)
うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
あなたがなりうる最高のあなたになる方法
何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 (ディスカヴァー携書)
じょうぶな心のつくり方
価値ある自分に出会う20の質問 「自分ダイヤモンド」の見つけ方
誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 決定版 (ディスカヴァー携書)
人望が集まる人の考え方
心の持ち方
自信の法則


自分の価値を認識して前向きに生きるためのヒントについて、1項目当たり見開き2ページで100項目で語っている作品。
著者の『うまくいっている人の考え方』『心の持ち方』の2冊が良かったので、続けて読んだ。

本書でも心に響く方法がいくつも書かれていて、中でもポジティブなことについて方法や計画を色々と考えてみることや、過去に自分がうまくできたことをリストアップして書き出しておくことなどは、快適な形で効果がありそうだと感じた。

また、他人からのアドバイスや批判についてはまずは内容を吟味すること、その上で本当に自分のために言われたものか、それとも悪意や支配する意図があるものかを判別してそれに応じた行動をすべきというくだりも印象に残る。

自尊心の低さを他人を下げることで晴らそうとする人、他人を支配して操ろうとする人は必ずいることがしばしば書かれていて、こうした人からの影響をいかに排除するかが重要ということは非常に納得できる。

自分の中に批判者と支援者が存在するという表現も面白く、これらが過去に他人から受けた言動に起因するところも大きいとしていて、たまには自分を見つめなおすための方法論としていいと思った。

本書もよく売れていることが納得できるし、折に触れて読み返したい。






にほんブログ村 本ブログへ

自分を敬え。超訳・自助論
自分を敬え。超訳・自助論
辻秀一
学研マーケティング 2015-01-27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ハイパフォーマーは知っている 恐怖に負けない技術
自分を「ごきげん」にする方法
メンタル・トレーニングの第一人者が明かす 一生ブレない自分のつくり方
禅脳思考
一瞬で心を「切り替える」技術
なぜ、一流の人は「ポジティブ思考」をしないのか?
ゾーンに入る技術 (Forest2545Shinsyo 34)
感情にふり回されないコツ
フロー・カンパニー“飛躍し続ける個人と組織に生まれ変わる法則”
スラムダンク勝利学


スマイルズの『自助論』からエッセンスとなる言葉を1つ当たり見開き2ページの構成で抽出し、著者なりの解釈で語っている作品。

『自助論』は竹内均訳齋藤孝訳の作品を読んいてためになる作品だと思っており、期待して読んだものの少し期待外れだった。

それぞれの項目で冒頭に書かれている言葉は非常にいいと思うのだが、それに続けて書かれている著者の解説文が何か気に入らない。
スマイルズ要素よりも著者の主張の方が強く出ているように感じるのか、説教されているように感じるのか、あまり好きになれなかった。

これは出来不出来の問題というよりも、合う合わないの問題によるものだと思う。
著者の別の作品を読んだらまた感じ方が変わってくるのかもしれないが、しばらくは読まないような気がする。






にほんブログ村 本ブログへ

バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵
バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵
バルタザール・グラシアン (著), 齋藤 慎子 (翻訳)
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2006-12-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚
アランの幸福論
賢く生きる智恵 (East Press Business)
古代ユダヤ賢人の言葉
超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学
人間交際術 (智恵の贈り物)
超訳 鴎外の知恵
超訳 ブッダの言葉
超訳 努力論
超訳 ニーチェの言葉


17世紀のスペインで修道士として活躍したバルタザール・グラシアンによる240の言葉を現代語訳している作品。
つまらない災いを避けるための処世術が多く書かれている。

自分よりも優れた人と付き合うことで自分も同様に優秀だと思わせるのがいいと語っている言葉がある一方で、自分よりも優れた人と比較されるとダメさが目立つので平凡な人と一緒にいた方がいいと、矛盾したように感じられる言葉があったりするが、どちらにも理があるのが面白い。

貸し借りについて、貸しを作ってここぞという時まで回収しないでおくことや、あまりに大きな貸しは相手の負担となって逆効果になるのでやめた方がいいこと、一度に与えたり与えすぎることは問題など、確かにそうだと思わせられる。

自分自身についてあまりさらけ出すのは良くないこと、礼儀正しさや良識、冷静さなどの重要性、一時の感情やうわさ話にまどわされてはいけないことなど、社会生活を営む上で失敗しがちなポイントを抑えていて、気をつけなければならないと思わせられる。

ただし、あくまでこうした考えは他人からは見られないようにし、計算高そうな人と見られてはいけないというのもポイントである。

悪意を持って近づいてくる人、悪意がなくても傷つけてくる恐れのある人はどこにでもいるので、こうした人たちから自分自身を守るためにも役立てたい1冊だと感じた。





にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : バルタザール・グラシアン,