FC2ブログ

読書-歴史(日本:通史):雨読夜話

ここでは、「読書-歴史(日本:通史)」 に関する記事を紹介しています。



本郷 和人 (著)
河出書房新社 (2018/11/21)


現在の日本史の授業が暗記科目となっていて考えることがおろそかになっていることを憂い、考えることの重要性から日本史を語っている作品。

編集者から信、血、恨、法、貧、戦、拠、三、知、異と10の漢字でお題を出してもらい、それに対し著者が即興で話した内容をまとめた構成となっている。

中世では法律の記録がずさんで判例や法の根拠があるか否かから裁判をしていたという、現代から見ると恐ろしい話や、律令を導入した際に科挙を採用しなかったことで世襲の社会となって知識を軽んじて儀礼を重んじていた話、昔から軍事の研究が進んでいなかったり発展を必ずしも望まない傾向が日本にはあったことなど、興味深い論点がいくつも語られている。

「拠」の話では城攻めのシーンがある漫画として『キングダム』と『狼の口』が紹介されていて、『キングダム』は読んでいるが『狼の口』は未読なので関心を持った。

最近読んだ著者の『世襲の日本史: 「階級社会」はいかに生まれたか』『怪しい戦国史』と重なる話もしばしばあるが、多作となった場合につきもののことではある。

他国の歴史と比べての日本の歴史や、現代から見た過去の特徴などの一端が分かるようになっていて、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 本郷和人,


本郷 和人 (著)
NHK出版 (2019/9/10)


日本史における世襲がなされてきた実態や、その理由、メリットやデメリットなどを考察している作品。

律令国家でも科挙を採用せずに豪族が貴族になっていった事情、摂関政治や院政のシステム、世俗も宗教も階級制度では同等だったこと、イエ制度の観点から武士が養子をとっていた話、明治維新で能力主義が採用されたことなどが扱われていて、天皇や征夷大将軍といった「地位以外で実権を持つ人」の存在が政治などを動かしていた事情を知ることができて興味深い。

鎌倉幕府の北条氏が将軍にならなかったのは地位についたことによるトラブルを避けるためという話と、それでも名目だけの地位だった藤原氏の将軍にからんで陰謀がなされたように、実権があってもなくても地位をめぐる争いは発生するという話が特に印象に残る。

著者の専門が中世ということで、江戸時代における世襲の話がなかったのは少し物足りない気もするが、全体的には歴史の読み物で何となく感じるが言語化しにくかったと思われる部分を突いていて、なるほどと思わせてくれたと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 本郷和人,


河合 敦 (著)
実業之日本社 (2012/7/5)


日本史のそれぞれの時代を、同時代の世界市場の出来事と並べることで、より理解や関心を深めるべく書かれた作品。

とっつきやすくするために、手塚治虫の『火の鳥』や『陽だまりの樹』、『アドルフに告ぐ』などのカットも多く収録されているので、これらの作品への入り口にもなっている。

例えば聖徳太子とムハンマド、信長・秀吉・家康らとフェリペ2世やエリザベス1世が同時代人とか、藤原氏が摂関政治をやっていた頃にカペー朝フランスや神聖ローマ帝国が成立したり、日本の南北朝時代とジャンヌダルクで知られる英仏百年戦争が重なるなど、日本と西欧の歴史を比較した結果の意外性が面白い。
(中国史との比較もあるが、日本とはそれなりに交流があるのでそれほど意外性はなかった)

基本的には学習に役立ってもらうことを意識したのか教科書みたいな文章なので面白みは少ないが、話のネタとなる話を盛りこんでいるので、これらを読むだけでも大まかなところを知ることができるのがいい。
(例えば享保の改革では「大岡越前」、寛政の改革では「鬼平」、享保の改革では「遠山の金さん」が活動していたなど)

それなりに興味深い話が入っていて、まずまずの内容だったかと思う。






にほんブログ村 本ブログへ


竹村 公太郎 (著)
宝島社 (2019/8/9)


元建設官僚の竹村公太郎氏による、地形と水脈から日本史を語っている作品。
他の著書と重なる部分もあるが、水脈というキーワードで語っているところがポイントとなる。

古代に大和盆地にあったと思われる広大な湖が地形変動あるいは長年にわたる亀の瀬からの水抜き工事によって肥沃な耕地に作り替えられた説や、源平の合戦では源氏にも東国の水軍が多く味方していた一方で木曽義仲軍にはろくな水軍がなかったという話、戦国時代に長島の一向一揆が信長に長年敵対できたのは輪中地域という地の利を得ていたという理由、秀吉には大阪への遷都構想があったなど、初めて知ったと思う話がそれなりに書かれていて興味深かった。

NHKで放送中の「ブラタモリ」でも扱われた、信玄堤でお祭りによって堤を踏み固めていた話や、秀吉による京都をお土居で囲んで防御を固めていた話も出てきて、懐かしく思い出したりもした。

地形図がモノクロで分かりにくいとか、もう少し地図があればもっと分かりやすかったと思うなど注文を付けたいところもあることはあるが、なかなか良かったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 竹村公太郎,


日本史の新常識 (文春新書)
文藝春秋 (編集)
文藝春秋 2018/11/20



古代から明治時代にかけて、通説と異なることが判明した最近の日本史の研究結果について、歴史学者や研究者、歴史作家などが解説している作品。
当ブログで著作をしばしば紹介している、出口治明氏や本郷和人氏も執筆している。

古代では「日出ずる国の天子・・・」と仏教の関連、壬申の乱と唐VS新羅の戦争の関連、平安貴族がしきたりで激務だったこと、光源氏のような貴族が『殴り合う貴族たち―平安朝裏源氏物語』にもあるように暴力的だった話などで、貴族が暴力的だったのはしきたりの激務でストレスがたまったこともあるのかもしれない・・・と思ってしまった。

中世以降では信長がけっこう世論を気にしていたことや、「慶安のお触書」が実は慶安時代に全国的に発令されたわけではないという衝撃、明治時代の留守政府がラディカルな改革を次々と断行したのはリーダーシップが弱くて各省庁が頑張りまくったためという話、西郷隆盛がイメージに反して繊細でストレスで何度も体調不良になっていたエピソード、西郷隆盛幻想の危険性などの話が興味深い。

中でもマニアックで印象に残ったのは、姫路藩酒井雅楽頭家の家老として藩の名誉回復に活躍した河合道臣(隼之助)の話である。
道臣のことは小説『財政再建の名家老 河合道臣』で財政再建に成功していたことは知っていたが、酒井雅楽頭家を没落前の状態に再興させた話は初めて知り、前述の小説では彼の業績が多くて書ききれなかったのだろうと思った。
(あるいは、書かれていたけど私が読み飛ばしてしまっていただけかもしれない)

新たに知ることができた日本史の知識が多く、興味深く読むことができた。





世界史の新常識 (文春新書)
文藝春秋 (編集)
文藝春秋 2019/3/20


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 本郷和人, 出口治明,