fc2ブログ

読書-ミステリ:雨読夜話

ここでは、「読書-ミステリ」 に関する記事を紹介しています。


漂流巌流島 (創元推理文庫)
漂流巌流島 (創元推理文庫)
高井 忍
東京創元社 2010-08-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
本能寺遊戯
柳生十兵衛秘剣考 (創元推理文庫)
邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)
新・世界の七不思議 (創元推理文庫)
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)


シナリオライターと映画監督が時代劇の筋立てを検討する過程で、歴史上の事件を推理する形式の歴史ミステリー連作。
先日読んだ著者の作品『本能寺遊戯』(ほんのうじゲーム)がまあまあ面白かったので読んでみた。

語り手のシナリオライターは、映画監督の三津木から歴史上の事件に関する史料を調べることを命じられ、調査結果を報告する。
そして一通り質疑応答をした後に、三津木が”筋が見えてきた”という意味のことを言って推理を語るというパターンとなっている。

探偵小説で言えば、シナリオライターが汗をかいて調べ回る助手で、三津木が安楽椅子探偵のような役回りである。

本書では4作が収録され、巌流島の決闘、赤穂浪士の討ち入り、新撰組の池田屋騒動、鍵屋の辻の仇討と、時代劇の題材にされることの多い事件を扱っている。

巌流島の決闘では、一般的に佐々木小次郎として宮本武蔵に敗れる人物が、上田宗久や津田小次郎など史料では名称が一定していないことや、江戸城内では浅野内匠頭が吉良上野介に切りかかったこと以外にも刃傷事件は多数あって幕府当局は対応に苦労していたこと、新撰組による池田屋事件で局長・近藤勇が突入を急いだ事情などの謎が書かれている。

他の3章はある程度知っている一方、鍵屋の辻の仇討はあまり知らなかったが、徳川家光の時代に大名と旗本の対立が仇討に発展した事件ということで、時代劇の題材になることも多いと知って興味深かった。

史料に書かれていること、そして書かれていないことから、意外な真相という形で推理され、そう来るかと驚きながら読んでいった。
『本能寺遊戯』より面白かったように感じるのは、ライトノベル臭さがないからだと思う。



[鍵屋の辻の仇討ち関連の作品]


にほんブログ村 本ブログへ

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)
謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)
東川 篤哉
小学館 2012-10-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ここに死体を捨てないでください! (光文社文庫)
キケン (新潮文庫)
悲惨伝
神様のカルテ2 (小学館文庫)
ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件 (幻冬舎文庫)


2011年本屋大賞を受賞し、ミリオンセラーとなった6編から構成されるユーモア連作ミステリー。
その後、桜井翔・北川景子の主演でドラマ化され、近いうちに映画も公開される予定となっている。

設定としては国立市に邸宅のある財閥令嬢なのに刑事を務める麗子が事件を捜査し、その執事である影山が麗子に毒舌を浴びせながら推理していくという、アイザック・アシモフの『黒後家蜘蛛の会 1』に系統が近い安楽椅子もののミステリーである。

金持ちの子息と有能な執事の組み合わせとしては、以前読んだ『ジーヴズの事件簿―才智縦横の巻』に似ている。
ここに麗子の上司で、成金趣味で空回りばかりする風祭警部も登場し、それぞれが自意識過剰な発言や他人に対して空気の読めない言動を繰り返すことで、面白さを煽っている。

『ジーブスの事件簿』は舞台が20世紀初めの英国なので執事に対しそれほど違和感は感じないが、現代の国立市で令嬢と執事という設定には違和感がある。
肝心のトリックや謎解きの仕方も軽いが、これはユーモアテイストで書いていることもあるためかとも思う

本屋大賞を受賞するほど面白いかというとかなり疑問があるが、当時の流行や、書店員の方々からの潜在的なニーズを引き当てたために売れたのではないかと思う。

時間つぶしに読むには悪くないが、続編を読むのはしばらく先になりそうである。




にほんブログ村 本ブログへ『あきらめのよい相談者』a href=

本能寺遊戯
本能寺遊戯高井 忍
東京創元社 2013-02-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
特捜部Q ―カルテ番号64― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
漂流巌流島 (創元推理文庫)
虚空の糸 警視庁捜査一課十一係 (講談社ノベルス)
シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官
人魚姫 探偵グリムの手稿


女子高生3人が歴史の謎を推理するという、5編の連作歴史ミステリー。

登場するのは優等生ツンデレタイプの姫之(ひめの)、さっぱりした気性で体育会系の亜沙日(あさひ)、フランスからの留学生ナスチャの歴女3人で、先日休刊が発表された『歴史魂』に傾向が近い歴史雑誌『ジパング・ナビ』の投稿企画を読むところから話が始まる。

表題作にある本能寺の変を初めとして、日本神話の英雄ヤマトタケルノミコトと草薙剣の関係、春日局と大奥、道鏡事件と称徳女帝の事情といった歴史上の事件を元に、斬新な解釈を組み立てていく。

史料には書かれていてもあまり注目されない事件や人物が出てきたり、宗教や国際関係を絡ませたりするなど、驚かされる推理がどんどん出てきて楽しめる。
これまで読んだ作品の中では、鯨統一郎の『邪馬台国はどこですか?』に傾向が近いように思う。

ただし、アイデアは面白いのだが、登場人物のキャラクターがいまひとつ魅力的に感じられず、ストーリー展開の仕方ももう少し改善できるのではないかと思ったりした。
題材をうまく活かせていないところは、明石散人に通じるものがある。

魅力的なネタが多いことは確かなので、著者の他の作品、例えば『漂流巌流島』あたりも読んでみたい。




[著者の他の作品]

漂流巌流島 (創元推理文庫)漂流巌流島 (創元推理文庫)

高井 忍
東京創元社 2010-08-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

柳生十兵衛秘剣考 (創元推理文庫)柳生十兵衛秘剣考 (創元推理文庫)

高井 忍
東京創元社 2011-02-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈3〉 (創元推理文庫)
都筑 道夫
東京創元社 2003-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
退職刑事〈4〉 (創元推理文庫)
退職刑事〈2〉 (創元推理文庫)
退職刑事 (1) (創元推理文庫)
ちみどろ砂絵・くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ〈1〉 (光文社時代小説文庫)
探偵は眠らない (光文社文庫―都筑道夫コレクション)


捜査一課に所属する刑事である五郎が、退職した元刑事の父親に事件の話をし、父親が推理することで展開される安楽椅子ものミステリー連作集の第3作。

本作では「乾いた死体」、「散歩する死体」、「料金不足の死体」など、死体の名のついた7作収録されている。
死体ということで、ダイイングメッセージや目撃者の証言などから、退職刑事が推理を展開していく。

大抵の場合は五郎の自宅でお茶を飲みながら推理するが、暴力団関係者が殺害された「大魔術の死体」では、捜査四課の刑事に退職刑事が話を聞きに行くということや、「料金不足の死体」ではミステリーのネタ切れ傾向を語るなど、変化が付けられている。

ミステリー評論家の新保博久氏の解説では、本作くらいから著者がこのシリーズを終わらせようか悩んでいたようなことが書かれているのも興味深い。

電話に交換手が必要なことや、携帯電話やネットカフェ、コンビニなどが登場しないあたりは時代の変化を感じた。
安定して楽しめるシリーズだと再認識した。



[著者の他の作品]


にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 都筑道夫,

怪盗探偵山猫 (角川文庫)怪盗探偵山猫 (角川文庫)

神永 学 (著), 鈴木 康士 (イラスト)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-02-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いわくつきの企業などに盗みに入ってカードのみを残して去るという、山猫と呼ばれる怪盗が事件を解決するミステリー。
盗みに入ってカードを残して去るという手口はどこかで目にしたと思ったら、『ついでにとんちんかん』だった・・・

ストーリーとしては出版社の社長である今井が自社で殺され、そこに山猫のカードが残されていたことから、警察は山猫による犯行という線から捜査を進める。
ただし山猫はこれまでの犯行は全て人知れずなされていることから、今井が独立する前に部下だったことのあるライターの勝村は、これまでの今井との関係もあって調査に当たっていく。

また、勝村からすると大学の先輩である女性刑事のさくらは、長年山猫を追っている本庁の警部補である関本とコンビを組んで捜査に当たるよう命じられるが、関本のくせのある性格もあって捜査は難航する。

やがて山猫も姿を現し、飄々としたキャラクターながらもしっかりと活躍をしていくこととなる。

以前読んだ著者の『心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている』のように、エンターテイメントとして楽しめる作品だったと思う。
山猫のキャラクターもなかなか良かったので、続編が出たら読んでみたい。



ついでにとんちんかん 1 (集英社文庫―コミック版)ついでにとんちんかん 1 (集英社文庫―コミック版)

えんど コイチ
集英社 2004-04-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ