fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


東京アンダーワールド (角川文庫)
東京アンダーワールド (角川文庫)
Robert Whiting(著)、 松井 みどり(訳)

関連商品
東京アウトサイダーズ―東京アンダーワールド〈2〉 (角川文庫)
東京アンダーナイト―“夜の昭和史”ニューラテンクォーター・ストーリー
You Gotta Have Wa (Vintage Departures)
菊とバット〔完全版〕
六本木水脈―六本木・赤坂・銀座「夜の帝王」と呼ばれた男の東京夜物語 (Big BirdのBest Books)
by G-Tools

終戦直後に連合軍のGIとして日本に来て、「東京のマフィア・ボス」と呼ばれるまでに東京の裏社会を牛耳ったニコラ・ザペッティ(通称ニック)の生涯を描いたノンフィクション。

戦後の混乱期からバブル期まで、政治家や企業のような表社会とやくざなどの裏社会の関わりが次々とニックの視点を通して述べられていく。
関わった人物も力道山にハマコー、田中角栄といった大物が登場し次から次に事件が起こっていく。

ニックが基本的に儲けたのは終戦直後に六本木で開いた”ニコラス”というピザ専門店の経営だったが、作家の椎名誠が若い頃バイトしていたのがそのニコラスだったと思う。
ま、安全でうまい料理を適正な値段で食わせてくれれば少々経営者が問題のある人物でも文句はないかな。

印象的なのは、抱えている裁判を有利に進めるために米国籍を捨てて(前科だらけなのに裏口を使って)日本国籍を取得したこと、しかも何のためらいもなしに。
米国に戻るときの入国手続きを「単なる事務手続き」と言い切ってしまうあたりニックはさすが大物だと思った。




[椎名誠がニコラスでアルバイトしていたことが書かれている作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト