fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


仏教と資本主義 (新潮新書)
仏教と資本主義 (新潮新書)
長部 日出雄
新潮社 2004-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
マックス・ヴェーバー物語―二十世紀を見抜いた男 (新潮選書)
天皇はどこから来たか (新潮文庫)
足るを知る経済―仏教思想で創る二十一世紀と日本
世界四大宗教の経済学―宗教とお金、その意外な関係 (PHP文庫)
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

宗教社会主義者であったマックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』によれば、プロテスタントの禁欲的な行動原理が資本主義の成立につながったという。
これに対して、本書において日本では奈良時代に宗教改革がなされ、資本主義の精神が誕生したと主張する。

代表的な人物として東大寺の大仏建立に貢献した行基、徳川家の武士から僧に転進した鈴木正三、そして石門心学を興した石田梅岩の業績を紹介して、彼らの思想や仏教信仰の中に資本主義の精神が日本にも根付いていたことを述べている。

そして近現代は資本主義は宗教というたがが外れたことで、人々からすがるべき対象がなくなった結果、拝金主義やオウム真理教のような怪しげな新興宗教の跋扈、ファシズムが発生したことを指摘し、このあたりが資本主義の欠陥であることを述べている。

要するに、資本主義には宗教のような倫理による制限が必要であると言っているようである。
話は分かったが、あまり得意でないキリスト教的な話であったため今ひとつ気が乗らなかった。

社会学の古典のようなものなので、学生時代に『資本主義の・・・』を途中まで読んだが、キリスト教的な知識のなさからつらくなってきたので挫折したことを思い出す。

一番面白かったところは、鈴木正三がしきりに世間がいやになって切腹覚悟で勝手に頭をそったものの、将軍の徳川秀忠から”それは出家でなくて隠居じゃよ”と許された場面である。
秀忠の人柄が感じられる、なかなかいいエピソードだった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト