fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


帰ってきたソクラテス (新潮文庫)
帰ってきたソクラテス (新潮文庫)
池田 晶子
新潮社 2002-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ソクラテスよ、哲学は悪妻に訊け (新潮文庫)
自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)
ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書)
人生が変わる哲学の教室
41歳からの哲学


ソクラテスが現代の政治家、学者、評論家、元左翼、人権擁護団体に釈迦やイエスといった多くの人物と対談をする形式で書かれている本。
ほとんどが屁理屈で、理屈をこねることで現代のいくつかの意見をからかうといった趣向のように感じられる。あまり面白くはなかったが。

どうでもいいが、表紙のソクラテスの絵が中尾彬に似ている。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト