fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


プロ野球「人生の選択」 (広済堂文庫)
プロ野球「人生の選択」 (広済堂文庫)
二宮 清純
廣済堂出版 2004-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
最強のプロ野球論 (講談社現代新書)
戦力外通告―プロ野球を「クビ」になった男たち
悪漢たちのプロ野球―超個性派ヒーローの系譜
スポーツ名勝負物語 (講談社現代新書)
プロ野球の一流たち (講談社現代新書 1941) (講談社現代新書 1941)

現在多くの問題を抱えているプロ野球。その中で選手として、監督としてあるいは構成としてどのような選択をして、どのような結果になったかなどを多くの例を挙げて書かれた本。

前田智徳に落合といった天才から「進化する怪物」松井秀喜、そして西本、高津、星野伸之、元木、あるいは大森など多くのプロ野球選手への分析とインタビューが出てきて入り込みやすい。

巨人に異常にこだわった大森という選手は覚えているが、確かに巨人というのを取ったらあまり印象に残らない選手であった。現在は巨人のスカウトか。

また、広島時代は全く大したことなくてヤンキースで盗塁王を取ったソリアーノは広島のコーチから”足が遅くて使えない”と酷評されていた話があり、指導者が変われば選手は化けるということが実感として分かった。
ヤンキースのコーチが良かったのか、あるいは広島の・・・

二宮さんはプロ野球OB解説者などと違って比較的冷静かつ理論的にスポーツを語っていくので非常に分かりやすい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト