読んだ本の感想をつづったブログです。


無病息災エージェント (集英社文庫)
無病息災エージェント (集英社文庫)
大沢 在昌
集英社 1990-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
絶対安全エージェント (集英社文庫)
ダブル・トラップ (集英社文庫)
流れ星の冬 (双葉文庫)
悪夢狩り (角川文庫)
追跡者の血統 (角川文庫)

書店で目に付く場所に置いてあったので、衝動買いをした。

プレーボーイで臆病者のガードマン会社の日本支社長が、美人秘書に尻を叩かれ活躍をしてしまうユーモア・サスペンスの連作。

読み始めは軽さが少しばかり気に入らない部分もあったが、しょうもないドタバタを読み続けるうちに面白くなってきた。
もう少しこの著者の本を読んでから評価を確定させたい。

これは冷戦が終わる前に書かれたようで、CIAやKGBのエージェントも登場して彩りを加えている。このあたりを読むと、冷戦で敵と味方が分かりやすい状態は小説や映画のネタとしていい題材だったことを実感する。
現状の世界は、アメリカの一国主義があって、あまり面白みがないといえば面白みがない。
日本としては、弱ったソ連をこっそり援助して、冷戦を続けさせるべきだったかも知れないと思わないでもない。出来レースであればなお結構。

また、『新宿鮫』の原作者と知らなかったのは私の不明。

新宿鮫 (光文社文庫)
「新宿鮫 (光文社文庫)」
 
 著者:大沢 在昌
 出版:光文社
 発売日:1997-08
 価格:¥ 620
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 大沢在昌,

フランケンシュタインの方程式―梶尾真治短篇傑作選 ドタバタ篇 (ハヤカワ文庫JA)
フランケンシュタインの方程式―梶尾真治短篇傑作選 ドタバタ篇 (ハヤカワ文庫JA)梶尾 真治

早川書房 2003-09
売り上げランキング : 232941

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
もう一人のチャーリイ・ゴードン―梶尾真治短篇傑作選 ノスタルジー篇 (ハヤカワ文庫JA)
美亜へ贈る真珠―梶尾真治短篇傑作選 ロマンチック篇 (ハヤカワ文庫JA)
ヤミナベ・ポリスのミイラ男 (光文社文庫)
ムーンライト・ラブコール (光文社文庫)
未来(あした)のおもいで (光文社文庫)

「最近感性が鈍ったのかいい作品がないのか、SFをあまり読まなくなった」と言うと、「これなんてどう?保証はしないけど」と友人に薦められて購入した。

宇宙船内で、人数分の酸素がない・・・という『冷たい方程式』のシチュエーションで”げげっ!”というような展開を繰り出す表題作の他、味覚で会話をする宇宙人の話である「地球はプレイン・ヨーグルト」など6つのドタバタ作品集。

「地球はプレイン・ヨーグルト」での会話で具体的な料理がやたらと出てくるところが特に面白かった。

全体的に見て、筒井康隆の影響があるように感じた。表題作なんていかにも出てきそうなシチュエーションだし、「地球はプレイン・ヨーグルト」は筒井氏の「関節話法」や「最悪の接触(ワースト・コンタクト)」に出てきたとんでもない形での宇宙人との接触というあたりが似ている。

『黄泉がえり』の著者とのことで、叙情的な作品も書く人らしい。

[「間接話法」を収録している筒井作品]
傾いた世界―自選ドタバタ傑作集〈2〉 (新潮文庫)
「傾いた世界―自選ドタバタ傑作集〈2〉 (新潮文庫)」
 著者:筒井 康隆
 出版:新潮社
 発売日:2002-10
 価格:¥ 460
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 梶尾真治,