fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


フランケンシュタインの方程式―梶尾真治短篇傑作選 ドタバタ篇 (ハヤカワ文庫JA)
フランケンシュタインの方程式―梶尾真治短篇傑作選 ドタバタ篇 (ハヤカワ文庫JA)
梶尾 真治
早川書房 2003-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
もう一人のチャーリイ・ゴードン―梶尾真治短篇傑作選 ノスタルジー篇 (ハヤカワ文庫JA)
美亜へ贈る真珠―梶尾真治短篇傑作選 ロマンチック篇 (ハヤカワ文庫JA)
ヤミナベ・ポリスのミイラ男 (光文社文庫)
ムーンライト・ラブコール (光文社文庫)
未来(あした)のおもいで (光文社文庫)

「最近感性が鈍ったのかいい作品がないのか、SFをあまり読まなくなった」と言うと、「これなんてどう?保証はしないけど」と友人に薦められて購入した。

宇宙船内で、人数分の酸素がない・・・という『冷たい方程式』のシチュエーションで”げげっ!”というような展開を繰り出す表題作の他、味覚で会話をする宇宙人の話である「地球はプレイン・ヨーグルト」など6つのドタバタ作品集。

「地球はプレイン・ヨーグルト」での会話で具体的な料理がやたらと出てくるところが特に面白かった。

全体的に見て、筒井康隆の影響があるように感じた。表題作なんていかにも出てきそうなシチュエーションだし、「地球はプレイン・ヨーグルト」は筒井氏の「関節話法」や「最悪の接触(ワースト・コンタクト)」に出てきたとんでもない形での宇宙人との接触というあたりが似ている。

『黄泉がえり』の著者とのことで、叙情的な作品も書く人らしい。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 梶尾真治,