fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


東と西の語る日本の歴史 (講談社学術文庫)
東と西の語る日本の歴史 (講談社学術文庫)
網野 善彦
講談社 1998-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本社会の歴史〈下〉 (岩波新書)
中世の非人と遊女 (講談社学術文庫)
日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)
日本社会の歴史〈上〉 (岩波新書)
日本社会の歴史〈中〉 (岩波新書)

日本人は単一民族で同じ歴史を共有してきたという通説に対し、そうではなく地方によって多くの違いがあり、その中でも東と西に焦点を当てている論考。

言語(方言)から家族形態、稲作と畑作、船と馬(交通手段)など多くの例を挙げ、縄文時代からの歴史の違いについて述べている。

東西は対立する局面が多く、もう少し細かく見ると東-九州の組み合わせと西-東北の組み合わせの二者が対立することも多かったという遠交近攻的な見方は考え方として面白かった。

ただ、予備知識の不足もあり少し難しいというか、途中から退屈してきて斜め読みになってしまったことも確かではある。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト