FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


破産しない国イタリア (平凡社新書)
破産しない国イタリア (平凡社新書)
内田 洋子
平凡社 1999-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
イタリア人の働き方 (光文社新書)
三面記事で読むイタリア (光文社新書)
イタリア的考え方―日本人のためのイタリア入門 (ちくま新書)
イタリア式少しのお金でゆったり暮らす生き方―一年240万円の豊かな生活術 (講談社プラスアルファ新書)
イタリア病の教訓 (新書y)

イタリア人の生活の実態について、13章にて具体的な人物描写にて語っている本。

誘拐産業の隆盛、コネ社会、政府や公的機関のあまりのいい加減さなど、あきれすぎて逆に半笑いしてしまうほどである。
とりあえず日本とはかなり異なった風土を持つ国であることが実感される。

政府はいい加減で公的サービスもお粗末、そして隙あらば税金をかけようとする。それに対し国民は脱税にコネなどを駆使して対抗する・・・と中国にある言葉である「上に法あれば下に対策あり」というのがこの国にも当てはまりそうである。

これほどでたらめ振りを繰り返す(と他国人には思える)割には、アルゼンチンのようにデフォルトになることもなく続いていることに対しては、庶民のしぶとさ、したたかさを感じてしまう。

でも中には日本と似ている部分もあって、それは年金問題である。
イタリアは年金生活者天国の面があり、1995年の法律改正前はうまくやれば三十代半ばで年金を受給できてしまった。
当然これは国家財政に響き、現在の日本で問題になっている年金の未納問題などイタリアでは10年以上前に問題となっていて、ある意味年金問題については日本の先を進んでいる国である。
今後イタリア政府の採る年金対策は、日本も参考になるのやらならないのやら・・・

ただ、四十歳前に楽隠居ができたのは日本の江戸時代なみで、怠け者の私としてはかなり羨ましい。

[著者の他の作品]
トマトとイタリア人 (文春新書)
「トマトとイタリア人 (文春新書)」
 著者:内田 洋子,シルヴィオ ピエールサンティ
 出版:文藝春秋
 発売日:2003-03
 価格:¥ 735
 by ええもん屋.com

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト