FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術 (講談社+α新書)
働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術 (講談社+α新書)野村 雅道

講談社 2005-12
売り上げランキング : 37250

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
野村式「ID為替」──プロが教えるFX短期トレード超投資法 (講談社+α新書 280-2C)
DVD FX(為替証拠金取引)の短期売買
今すぐ始めるFX―5人の個人投資家が明かす勝利のルール
外国為替取引(FX)はこうして稼ぐ―リスクを最低限に抑えながら、利益を最大化するための売買テクニック (アスカビジネス)
FXシステムトレード 年率200%儲ける投資術

これまで読んだ投資の本では、初心者はFX(為替証拠品取引)は手を出すべきではないということが多く書かれていて、下手に手を出すと大きな痛手を被りそうだと感じていた。イメージとしては通貨版の商品先物取引というところだった。

しかし資産運用では最近脚光を浴びており、またリスクを限定的にすることもできるようなことも書かれていたので1冊くらいは読んでおこうと軽めの気持ちで読んでみた。

本書では通常イメージされるチャートを利用した短期的な売買による為替差益を得る方法ではなく、NZドルのように高金利通貨に投資して、スワップ金利を受け取り続けるという方法が述べられていた。

高金利通貨にするというのがミソで、2~3倍のレバレッジをかけた分金利が複利で蓄積されることで為替差損を被るリスクを減らしていき、長期的になるほどリスクが軽減されると語っている。

やや地味ではあるが確実性の高い投資方法であると感じた。もう少しリスクやリターンに対する理解を整理してから、実際にFXに挑戦してみようと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト