読んだ本の感想をつづったブログです。


古代史を読み解く謎の十一人 (プレイブックス・インテリジェンス)
古代史を読み解く謎の十一人 (プレイブックス・インテリジェンス)
瀧音 能之 (著)
青春出版社 2004-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
「出雲」からたどる古代日本の謎 (プレイブックスインテリジェンス)
蘇我氏四代の冤罪を晴らす (学研新書)
謎の豪族 蘇我氏 (文春新書)
謎の大王継体天皇 (文春新書)
古代中国と倭族―黄河・長江文明を検証する (中公新書)

弥生時代あたりの卑弥呼、ワカタケル大王(雄略天皇)から、平将門や清和源氏にいたるまでの古代の11人を取り上げ、彼らの生涯やその謎を語っている本。

悪徳の天皇とされる雄略天皇や武烈天皇の悪行捏造説や聖徳太子の業績捏造説、長屋王など奈良朝貴族における道教の神仙思想の影響などはちょっと興味深い。

長屋王は簡単に言えばわら人形で呪いをかけたという容疑によって死に追いやられてしまったわけだが、これは中国・漢の武帝時代にわら人形疑惑で多くの要人が刑死した騒動に似ていると感じた。

ただ全体としては文章が硬く、あまり面白くなかった。

[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

大丈夫な日本 (文春新書)
大丈夫な日本 (文春新書)
福田 和也
文藝春秋 2006-04

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
すべての日本人に感じてほしい魂の昭和史 (小学館文庫)
第二次大戦とは何だったのか (ちくま文庫)
日本の決断―なぜ日本人はかくも幼稚になったのか〈4〉 (ハルキ文庫)
俺の大東亜代理戦争 (ハルキ文庫)
贅沢な読書 (ちくま文庫)

近代化や経済発展といった理想に限界が見られる現状を踏まえ、江戸時代のような循環的な社会を目指すことを提唱している本。

以下のような話は知らなかったので面白かったが、それ以外の部分はある程度知っていることが多くそれほど感銘は受けなかった。
  • 幕末の幕臣たちは実は国際法を結構理解しており、ペリーの要求に対してきちんと言い返した。
  • 現代の米国は、ボーア戦争に首を突っ込んで衰退の道を進みはじめた英国に似ている。
  • 第1次世界大戦は、英国の衰退が引き金のひとつで、挑戦者にあたるドイツ・ウィルヘルム2世の戦略は、第2次世界大戦におけるヒトラーのものよりもスケールが大きかった。

発展していくというモチベーションを持たずに継続する社会というのは受け入れにくいので、それなりの説得力は欲しいところである。

[著者の他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ

分身 (集英社文庫)
分身 (集英社文庫)東野 圭吾
集英社 1996-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
悪意 (講談社文庫)
変身 (講談社文庫)
宿命 (講談社文庫)
眠りの森 (講談社文庫)
片想い (文春文庫)

鞠子(マリコ)と双葉、他人のはずなのになぜか似ている2人が、それぞれの出生の秘密を知ることになる先端医学ネタのサスペンス。

この小説に登場するクローンやキメラという遺伝子技術は、学生時代に教養科目で家畜を対象とした遺伝子研究の講義を受講したことがあるため、すんなりと理解ができた。
(クローンもキメラも、羊などではそれなりに成功例がある)

途中から展開が読めてきたが、伏線の張り方や舞台の変化が鮮やかで一気に読み進むことができる。また、鞠子、双葉それぞれの章に登場するレモンという小道具がいい味を出している。

SFではクローンやキメラなど珍しくもなんともないが、ヒトゲノムが解読される時代である現在では現実に起こりうる話なので、怖さがひしひしと感じられる。


モロー博士の島 (創元SF文庫)モロー博士の島 (創元SF文庫)

H.G. ウェルズ
東京創元社 1996-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 東野圭吾,

戦史ドキュメント 桶狭間の戦い (学研M文庫)
戦史ドキュメント 桶狭間の戦い (学研M文庫)小和田 哲男

学習研究社 2000-09
売り上げランキング : 391065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国10大合戦の謎―「桶狭間」から「関ケ原」まで、通説に消された真実 (PHP文庫)
戦国の合戦 (学研新書 27)
集中講義織田信長 (新潮文庫 (お-70-1))
戦国の城 (学研新書)
織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)

織田信長が今川義元の大軍を破ったことで有名な桶狭間の戦いを、資料を元に実態を探っている本。

通説では今川義元は凡将だったため狙われやすい谷底に布陣しており、織田軍は隠れて近づき山上から攻め下ったように考えられているが、実際には丘陵の上に布陣した今川軍に対して、織田軍は正面から攻め上っていって勝利したというのが資料群から導き出しており説得力があった。

また、今川軍の尾張侵攻は上洛を目的としたものではなく、尾張に領地を得ることが目的とするのが真相だったようである。

合戦そのものの他、織田氏や今川氏、そして当時今川軍の部将として丸尾城攻めや大高城兵糧入れを遂行した松平元康(のちの徳川家康)ら主要人物の抱えていた状況についても書かれており理解しやすい。

この手の読み物にしては面白かったと思う。

[シリーズの他の作品]

にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 小和田哲男,

知識ゼロからの外貨投資入門 (PHP文庫)
知識ゼロからの外貨<FX>投資入門 (PHP文庫)Kazu

PHP研究所 2006-11-02
売り上げランキング : 549

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール―『通貨ペア』の選び方から『チャート分析』まで
かんたんFX投資実戦マニュアル (実用百科)
ポケット図解 外為FXの買い時・売り時がわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)
FX「最強」投資術 資産を増やす勝利の方程式!
1万円ではじめるFX講座 改訂版―今さら聞けない外国為替の基礎知識

人気ブログの管理人による、FX(外国為替証拠金取引)の魅力及び投資方法などを書いた本。

著者が専門のトレーダーなどではなく、比較的普通の方なので投資のやり方もそれほど無理がない。
また、例として著者が利用しているオクトキュービックの取引ルールが、私が利用するマネックスFXのものと割と近い感じだったので理解しやすかった。

FXのいいところは、株と異なりマイナスが続いているときでもスワップ金利がたまっていくところとあるのはその通りだと思っている。(※ポジションがロングの場合のみ)

少し前に注文し保持しているポジションが、為替の読みが外れマイナスになっているが、ストップロスがそうそう来ない倍率にしているので、本書にある通りほったらかしてスワップ金利を貯めていくことにしている。

[本書の続編]
知識ゼロからのFX投資&チャート入門 (PHP文庫)
「知識ゼロからのFX投資&チャート入門 (PHP文庫)」
 著者:Kazu
 出版:PHP研究所
 発売日:2008-11-04
 価格:¥ 600
 by ええもん屋.com




にほんブログ村 本ブログへ