fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


DEATH NOTE デスノート the Last name
DEATH NOTE デスノート the Last name大場つぐみ 小畑健 大石哲也

バップ 2007-03-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
DEATH NOTE デスノート
L change the WorLd [通常版]
どろろ(通常版)
リアル鬼ごっこ スタンダード・エディション
陰日向に咲く 通常版 [DVD]

6月に前編を観に行き、先日もテレビでも前編が放送されたのを観たDeath Note The Movie [後編]を週末に観に行った。
公開したての人気作品だけあって佐世保だったにもかかわらず完全入替制で行列ができ、満席近くの入りだった。

前編に引き続き藤原竜也(ライト役)や松山ケンイチ(L役)、鹿賀丈志(総一郎役)などが登場し、また戸田恵梨香が演じる弥海砂(あまね・ミサ)が第2のキラとして重要な役割を果たす。

また、新たにニュースキャスターの高田清美役で片瀬那奈、その先輩の西山冴子役に上原さくら、第2の死神レムの声として池畑慎之介らが新たに出演する。

内容的には、最後の映画オリジナルの展開についていささか納得できないものがいくつかあったが、それを除けば原作の良さに出演者の良さが合わさっていて面白かったと思う。

特に、海砂を演じた戸田恵梨香は良かった。アイドルとしての派手な格好と重い過去を抱える複雑な役柄を想像以上によくこなしていて、将来は菅野美穂のようなタイプになるのではないかと思った。

あと、戸田が監禁され脚を出して目隠し状態で縛られたり、片瀬が自室で脚を出しくつろぐなど、色っぽかったりマニア向けっぽかったりするシーンも出てきたりする。

本名と顔を知られると殺されてしまうというストーリーは、古代に本名を知られないようにしたり、普段呼び合う際は通称を利用した風習を思い起こす。


スポンサーサイト