fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


家康の父親は武田信玄だった! (ぶんか社文庫)
家康の父親は武田信玄だった! (ぶんか社文庫)
武山 憲明
ぶんか社 2006-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
豊臣家を滅ぼしたのは北政所だった! (ぶんか社文庫)
上杉謙信は女だった (八切意外史)
信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う (新書y)
北条氏康―信玄・謙信と覇を競った関東の雄 (PHP文庫)
「風林火山」武田信玄の謎〈徹底検証〉 (講談社文庫)

タイトルの仮説を提起し、検証している本。
家康の長男であった信康殺害事件や、家康の家臣が二つに分かれて戦った三河一向一揆、三方が原の戦いでの家康らしからぬ失敗などの謎を家康が松平家の嫡男ではなかったからではないかという観点より謎解きを試みている。

さらに、武田家における対外戦略の相違による義信廃嫡事件や武田信玄が第四次川中島の合戦後に対外戦略が変化したことを指摘し、信玄はその合戦で戦死し、通説で戦死したとされる信繁が影武者としてその後の信玄役を演じたとして仮説を補強している。

仮説として非常に面白いものであるが、とりあえず家康が松平広忠の息子でなかった説についてはあるかもしれないと思う。しかし信玄だか信繁だかの息子というのは強引すぎると感じた。

疑問に思うのは、武田家が上杉家との北信濃戦争を切り上げて、上京を前提とした西進戦略に方針転換したのはいいとして、弱体化した今川家とともに織田・徳川にあたるという選択肢はなかったのかという点である。
徐々に今川家を属国化するのは時間がかかるため、病魔に冒された信玄(あるいはその影武者)にはその余裕もなかったということか。

あと、別章で上杉謙信女性説についても語っている。
これはおまけ程度の役割であるが。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト